隠れた逸品・・・

隠れた一品は地方にあり!
数日前、そんな逸品を送って頂いた。
秋田県の素朴なお菓子として少しずつ知れわたってきた『とうふかすてら』
もともとは秋田県南部の郷土菓子だった。
和菓子でも、洋菓子でも、はたまた笹かまぼこでも、大型店などに入って売られているものではない
その地方の小さな店の品がとても美味しいと言うことがよくある。
柴田豆腐店の『とうふかすてら』もそんな一品だった。
d0337265_1733347.jpg

真っ白な薄紙に包まれた四角いかすてらを取り出すと、厚い胴鍋でじっくりと焼いた美味しそうな焦げ目がついていた。
おとうふの水分を切って砂糖、卵、塩などを加え焼きあげたかすてらは甘くしっとりとしている。
日持ちのしないとうふから、このようなお菓子を考えたことはすごい。
お祝い事の口取り菓子などとしてすでに江戸末期には存在し重宝していたらしい。
母の祖母(私の曾祖母)も、大晦日が近づくと、『とうふかすてら』をコンロの火で焼いていたものだと母が教えてくれた。
オーブンなどない時代、厚い銅鍋の蓋の上には炭火を乗せて両面を焼いていたらしい。
焼きあがったものを切り分け、年取りのお膳の一品にしたのだろう。

そんな思い出話をしながら、母と煎茶を淹れていただいた。
私が今まで食べていたものとは明らかに違う、美味しさがあった。
とうふの大好きな人なら、この味の違いがわかると思う。
豆の風味が生きているというのだろうか。
しっかりと焼いてある表面の油からはこくが出て、美味しい美味しいかすてらだった。
ご馳走様でした。
d0337265_1758558.jpg

日本食から『とうふ』ははずすことができない食材だ。
湯豆腐にはじまり、冷奴、白和え、お味噌汁の具、炒め物、炒り豆腐、揚げ出し豆腐・・・・・・その料理法はとても多い。
これからの季節だったらおとうふだけいれた茶碗蒸しも美味しい。
あ~けんちん汁も体がぬぐだまる。(暖まるの秋田弁)

昨日届いたアドベントカレンダーの白い袋を受け取った時もその美しい切手を見て感激した。
新聞でこんな切手が出ますというのを知って、是非手にとって見たいと思っていたものだったのだ。
和の食文化シリーズ第一集
おなじみの日本食が美しい絵の切手になっていた。
栗ごはん、みそ汁、天ぷら、白米と奈良漬け、ひじきの煮物、茶碗蒸し、あじの干物、五目ごはん、けんちん汁、かぼちゃの煮物と冷ややっこ。
今の季節にあった切手を貼って送ってくださった心にも感謝したい。
狐さんがじ~とみているのはなんだろう?やっぱりお揚げかな?
d0337265_18101815.jpg

*************************************************************
すっかりクリスマス♪
 可愛いカレンダーの横の手ぬぐいを替えた。
 先日出かけたときに求めた『起き上がりサンダ』
 赤と緑ですっかり楽しい雰囲気になった。
d0337265_18145267.jpg


おべんとう
おこわおにぎり、大根葉で菜めしおにぎり
おかず(笹かまぼこ、海老ときゅうりのサラダ、赤蕪の漬物、さつまいも、ブロッコリー
干し柿、みかん
d0337265_18171265.jpg





夫の元上司の奥様の手作りの『とうふかすてら』
これも丁寧な仕事で美味しかった。
d0337265_18125080.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-12-03 17:40 | 美味しいもの | Comments(20)
Commented by oshibanayoshimi at 2015-12-03 19:20
こんばんは。
「豆腐カステラ」は、"お菓子"なのですね!!!
珍しいです!!!

この切手、知りませんでした。郵便局にはしょっちゅう行くのに・・・
Commented by pallet-sorairo at 2015-12-03 19:53
最後のお写真の「とうふカステラ」食べたことがあります。
どなたかから頂いたんだったかしら。
なんで秋田のお菓子が我が家にやって来たのかちょっと思いだせないけれど
あんな味だったかな?と優しい味わいが口の中いっぱいに蘇ってきたような気がします。
和の食文化シリーズ切手素敵ですね。
私も買ってこようっと(^^ゞ
Commented at 2015-12-03 21:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saheizi-inokori at 2015-12-03 21:56
家で食べるときはほとんど毎晩湯豆腐(豆腐だけ)は欠かせません。
豆腐カステラなんて、驚き、うまいだろうと思います。
Commented by こんの at 2015-12-04 11:48 x
>2009年には、東京都千代田区の秋田ふるさと館でナンバー1の売れ行きを記録している

あぁ、やはりそうなのですねぇ
秋田南部の名産・特産菓子
Commented by sidediscussion at 2015-12-04 12:29
食文化って、地方にしかないものもあり歴史を背負って興味あります。
伝統を守っている方素晴らしいですね。今や、デパートでなんでも売ってる時代、
そういう地方色豊かなものに関心があります。知識だけでも知ることができ嬉しいです。

そんな切手があったのですね。
Commented by pass8515 at 2015-12-04 12:33
こんにちわ。
全国には美味しいものがまだまだあるのですね。すごく美味しそうです。お菓子なのですね。焦げ目がこくのあるカラメルソースのようで、味をいろいろ想像しております。

手ぬぐい、かわいいですね。起きあがりサンタっていうのもまた愛らしいですね。
Commented by aomeumi at 2015-12-04 18:50
青目
珍しい食べ物ですね。そこだけで食べられているもの・・・いいなと思います。取り寄せて食べたりするのは、あまり・・・想像して、いつか出かけて新しい味に出会う・・・というのが好きです。一生食べられなくてもいいのです。そこで、その味が守られていれば・・・。
Commented by aamui at 2015-12-05 06:17
切手買に行かなきゃ!有難うございます
Commented by hanamomo08 at 2015-12-07 07:09
> oshibanayoshimiさん
おはようございます。
とうふかすてらはその名のとおりお菓子です。
私が子どものころは結婚式やお葬式などのときに口取り菓子としても使われていたようです。
子どもの頃は口取り菓子は皆甘く、食べませんでしたが・・・・・。
箱一杯の羊羹もありました。

本物のカステラはまだ高価で庶民の口に入らなかった時代、お豆腐で作ってみようというのがはじまりのようです。
作業工程には裏ごしなどもあり、とても手間のかかるお菓子です。

この切手ミニチュアを作って書いているようですね。
Commented by hanamomo08 at 2015-12-07 07:17
> pallet-sorairoさん
おはようございます。
お正月に頂いたとうふカステラにもコメントをくださっていました。
そらいろさんのお宅と秋田の縁、どんなご縁でしょう?
北限の桃も召し上がっていたし!

友人が送ってくださったとうふかすてらはきっとスーパーのものとは材料が違うと思います。
秋田では『りゅうほう』という美味しい大豆を作っていて、こちらではその豆のとうふが売られています。
口に入れたとき、美味しい豆の味がします。
このカステラもそんな味わいでした。
この和の食文化の切手、次も出るようですね。
Commented by hanamomo08 at 2015-12-07 07:22
> 2015-12-03 21:03 の鍵さんへ
おはようございます。
鍵さんも漬物がお好きなのですね。
私は当座漬けしか作れません。
柿漬けはままごと感覚でやってみたら結構美味しくできました。
でも保存場所がないので、来年作るとしても大根三本分くらいでしょう。

しっかりお料理や季節の保存食作りをなさっている様子ですから、暇はないでしょう。
私がいつもご馳走になる漬物名人、「漬物は労力もお金もすごくかかる」とよく言います。
ですから、どうぞ無理なさらずに。
私のやっていることなどままごとなのですから。
Commented by hanamomo08 at 2015-12-07 07:27
>saheiziさん
湯豆腐を欠かさない・・・・それはいいですね。
湯豆腐が好きな人はお気に入りのおとうふがあると言いますよね。

とうふカステラは秋田の県南地方の郷土菓子で、人寄せの時には『料理人』と呼ばれる年配の女性があちこちに頼まれて作りにいったそうです。
私の祖母もとても上手でした。
ブリキで出来た四角い大きな蒸し器がありました。
saheiziさんがご存知の『つじや』のとうふかまぼこというのはまた別物で、魚のすり身が入ったものです。これはお酒のともにもなります。
Commented by hanamomo08 at 2015-12-07 07:31
>こんのさん
おはようございます。
アンテナショップって興味があるのですが、秋田県のお店には行ったことがありません。
沖縄のお店には行ったことがあるのですが。
その県出身の人が懐かしくて行くのでしょうか?売り上げナンバー1商品なのですね。
でも、私がいただいたこのとうふかすてらはもっと、もっと美味しいと思います。
隠れた名品です。
Commented by hanamomo08 at 2015-12-07 07:35
> sidediscussionさん
おはようございます。
>食文化って、地方にしかないものもあり歴史を背負って興味あります。
それぞれの食べ物には歴史があり、本当に興味深いですね。
今は特に東京などは何でも手に入る時代ですが、それでもやっぱり、その土地でなければ手に入らないものがあるのですね。
このとうふかすてらがその一つだと思います。
秋田に住んでいても、知らなかったお店です。
量産していないものにこそ、美味しいものがあるように思います。
送ってくれたものにこの切手が貼ってありました、すごく嬉しい気持ちでした。
Commented by hanamomo08 at 2015-12-07 07:40
> pass8515 さん
おはようございます。
お豆腐で出来たお菓子です。
母も幼い頃の年取りのお膳には必ずついていたと懐かしがっておりました。
同じ材料で、中に昆布をいれたり、ちょっと食紅で(かまぼこのように)外側だけ色をつけたりしてすだれで巻いて蒸した『とうふかまぼこ』と言うものもあります。
とうふかすてらは表面の焼けたところが美味しいです。
だから私は端っこを一番に食べます。

手ぬぐい、クリスマスのものがあったのですが、どこかに紛れ込んでしまったらしく、見当たらず、出かけた時に買ってきた新しい手ぬぐいです。
Commented by hanamomo08 at 2015-12-07 07:43
> aomeumiさん
おはようございます。
このかすてら、とうふで作っているというのが珍しいと思います。
そうですね、青目さんがおっしゃるとおり、取り寄せて食べたりするものではなく、旅先で偶然その土地の味に出会うと言うのがいいかもしれません。
>一生食べられなくてもいいのです。そこで、その味が守られていれば・・・。
本当にそう思います。
美味しいものを求めていく旅もまたいいですしね。
Commented by hanamomo08 at 2015-12-07 07:44
> aamuiさん
おはようございます。
第2弾、第3弾もあるらしいです。
郵便局にいってみてくださいね。
Commented at 2015-12-07 22:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hanamomo08 at 2015-12-09 13:50
> 2015-12-07 22:22の鍵さんへ
こんにちは。
鍵さんの漬物歴は長いのでしょうね。
先ほども柿漬けを出した食べましたが、味が深くなっているような気がしました。
私の柿漬けは残り少しとなりました。

今朝は氷点下だったようですね。
鍵さんもどうぞご自愛くださいませ。


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

朝の楽しみ
at 2017-06-23 22:26
懐かしい味
at 2017-06-22 20:27
梅雨入り 
at 2017-06-21 21:34
掃除当番
at 2017-06-20 20:39
季節の変わり目
at 2017-06-19 21:20

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

> oshibanayo..
by hanamomo08 at 16:58
>saheiziさん ..
by hanamomo08 at 16:54
> sidediscus..
by hanamomo08 at 16:53
> haruさん こん..
by hanamomo08 at 16:48
> oshibanayo..
by hanamomo08 at 16:45
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 16:43
> mosakuさん ..
by hanamomo08 at 16:32
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 16:28
>Dekoさん こんに..
by hanamomo08 at 16:24
> aomeumiさん ..
by hanamomo08 at 16:19

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索