蠟梅の香り

今朝はカーテンを開けて驚いた。
夜中に随分雪が降ったらしく、ベランダの手すりにこんもりと積もっていた。
朝6時前の空はまだ夜の色を引きずっていて、雪も少し青みを帯びていた。
ふわふわの新雪はわたあめのようにきれいだ。
d0337265_1715555.jpg

今シーズン初の本格的な雪かきをした。
雪べらでスースーすくって寄せるだけだから、そう大したことはない。
我が家からも見える太平山の麓のスキー場の人たちもほっとしていることだろう。
10分ほどすると体がぽかぽかしてくる。

風除室の中が甘い香りに包まれてきた。
お正月に準備した花が、やっとほころんで香ってきたのだ。
外でも内でもない、この部屋は北国にはなくてはならないスペースだ。
冷蔵庫に入りきれない野菜や果物、こんなお花までとりあえず置いておく。
毎日のように誰か見えるし、それよりも優先することがあって、ゆっくりと花に向き合う気持ちにならなかったのだ。

昨日母を送ってきてくれたリハビリ施設の若い男性職員さんが、『いい香りがしますね。』といった。
説明をすると、『僕、黄色い梅を見たのは初めてです。綺麗ですね~』と感心し、小さなメモ帳を取り出して『ロウバイ』と書いていた。
大切に新聞紙に包まれ、ちょっとだけ顔を出した花一輪を見て感動している様子を見て、<もっとしっかりと見せてあげたかったな~>と少し反省。
今日こそはと朝食後、包みをほどいた。
d0337265_17455040.jpg

毎年『あなたらしいお正月の花をいけて飾ってね。』と先輩が手渡してくださる。
一種類ごとにきちんと結わえられた紐をほどくと花たちもゆっくりとしたような表情を見せる。
白梅はまだ硬い蕾のものが多かったが、蠟梅は程よく咲き、蠟細工そのもののようだ。
松は『蛇の目松』ふが入っていてなかなか風情がある。
赤い実の千両が入ると華やかさが増す。
カサブランカリリーの白はどんな花も引き立てつつ、品格を感じさせる。
そうして出来上がった今年の正月花。
あたり一帯蠟梅の香りに包まれている。
(画像をクリックすると大きくなります)
d0337265_18175628.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-01-13 17:35 | 草花 | Comments(14)
Commented by やっこ at 2016-01-13 18:44 x
新春にピッタリのすばらしい生け花ですね。
hanamomoさんはどちらの流派ですか?
こちらでは地物の蝋梅があちこちで見られるようになりました。
梅もチラホラ咲き始めましたよ。
蝋梅と聞いてメモをとる若い職員さん、とても真面目で優しい方なんでしょうね。
そんな方にお世話していただけるお母様は幸せですね♪


Commented by aomeumi at 2016-01-13 18:53
青目
新雪・・・美しいですねぇ。でも、寒いのでしょうね。
蠟梅は、いい花ですね。私も大好きですが、今年は庭の蠟梅が咲きません。枯れてしまったのかしら・・・と、気になっています。
Commented by ゆき at 2016-01-13 19:42 x
素敵です✨お花の心得があるのですね!
私は全くダメです!
でも とても好みのアレンジ
テーブル花にもなりそうなしつらえ??

私は白い花が大好きです。
生花はパワーがありますね!
Commented by pass8515 at 2016-01-13 22:22
こんばんわ。
外は雪でも、暖かいお部屋で彩りを楽しんでおられますね。
風除室ですか。そういうお部屋が雪国にはあるわけですね。
外に置いておくと凍るのですね。

籠のお花。とてもきれいです。蝋梅は飴細工のようですね。
花をほめてくれる人。って素敵ですよね。
感性が素敵だなと思います。
Commented by sidediscussion at 2016-01-14 09:12
雪かき、しなければならない作業でしょうが、腰は大丈夫だったのですか。

美しい花々のアレンジメントで気分も爽やかお家の中に豊かな空気が溢れますね。
お花達も輝けて喜んでいます。センスがいい。美的です。
Commented by kitaoni at 2016-01-14 10:42
蝋梅の香はいいですよね
除夜の鐘をつきに行く道々で冷たい空気のなかで蝋梅の香が漂ってくると、思わず姿をさがしてしまいました。北鎌倉は夜が暗いので香が際立ちます。
香が先で姿を探すのは蝋梅の他にも金木犀も........
Commented by o-hikidashi at 2016-01-14 16:51
蝋梅は父が好きな花でした。
父の友人が暮れになると大きな束にして持って来てくれるのを楽しみに…庭仕事が好きでいろんな花木を育てていたのにそういえば蝋梅はありません。
友人と暮れのやり取りを大事にしてたのかなあ…。

籠に活けるのも素敵ですね。
京都三条の竹細工の店先で斑入りの松を見かけ名前を聞くのを忘れていました。
蛇の目松、初めて知りました。
Commented by hanamomo08 at 2016-01-15 20:25
>やっこさん
おばんです。
私のいけばなは『私流』です。(笑)
香川では昨年のうちに梅が開花したと聞いて驚きました。
やっこさんの方でも咲き始めましたか?
二月に北鎌倉で梅が綺麗だったのを覚えていますから、今年は少し早めなのかも知れませんね。
蠟梅が見られるなんてすごいな~。

メモを取っていった男性職員さんはまだ24歳くらいです。
何度も振り返って見てから帰りました。
とても優しい方で羽生君に似ています。
Commented by hanamomo08 at 2016-01-16 12:16
>aomeumiさん
こんにちは。
新雪、毎年綺麗だな~と思います。
さすがに寒くて大変ですが、自然は美しいですね。

蠟梅はまるで作り物のようです。
作り物というと悪いイメージがありますが、この花は本当に美しいです。
青目さんのお庭には蠟梅があるのですね。
梅は折れても、蕾が開花するほど強い花です。
枯れてはいないように思います。
剪定するとよく咲くと聞きますよね。
薔薇もよく見ると芽がついているところがあります。
そこを切らないようにして剪定すれば元気に咲くかもしれないです。
Commented by hanamomo08 at 2016-01-16 12:24
>ゆきさん
こんにちは。
母が病気をするまで、お花のお稽古にはまじめに通っておりました。
先生はじめ仲間の人たちがいい人たちばかりで、苦になりませんでした。
今はお稽古は休んでおりますが、時々会います。
>とても好みのアレンジ
そう言っていただいて、とてもうれしいです。
テーブル花でもいいですよね。
床の間に竹の花器をつっていけた年もありましたが、今年は籠に生けてみました。
白い花は清楚で私も好きです。
この花を選んでくださる方も必ず白いお花を入れてくださいます。
こぼれてしまった千両の実をミズゴケにくるんで、植えてみようかな?と思っているところです。育つかな~。
Commented by hanamomo08 at 2016-01-16 16:07
> pass8515 さん
こんにちは。
風除室・・・・・玄関先を温室のようにガラスで囲って作る部屋のことです。
雪深い北国では配達物や自転車なども雪にぬれない様にそこにおいておきます。
冬になると、風除室は取り込んだ植木鉢や野菜や果物のストックで一杯になります。
凍らず、冷たさを保てるので便利な部屋です。

蠟梅・・・・飴細工みたいですね。
玄関先を通ると甘い香りが漂います。
この花からは蠟梅油というものが採れるようですね。
いくつになっても褒められるとうれしいです。
ブログの皆さんからも褒められるととてもうれしく思います。
ありがとうございます。
Commented by hanamomo08 at 2016-01-16 16:13
> sidediscussionさん
こんにちは。
私は雪かきしたのはこの日だけでした。
今日も少し積もっていたのですが、夫がいたのでパス。
腰は注意しておりますが大丈夫のようです。
腰に手を当てて、お腹を突き出す体操も組み入れてやっています。

花がある暮らしは楽しいですね。
玄関先に見えた人とも、花談義が始まります。
水替えをしていると、結構長持ちします。
蠟梅も次々に花が咲いてきれいです。
雪深い秋田ですが、2月の中旬まで小正月行事が目白押しです。
こういった行事を大切にして、花咲く春を待ちわびた昔の人たちの気持ちがわかるような気がするのです。
Commented by hanamomo08 at 2016-01-16 16:18
> kitaoniさん
こんにちは。
味噌の作り方、教えてくださってありがとうございました。
味噌甕を買いに行ってきます。

暖かい北鎌倉は年末には咲いているのですね。
そうですね、金木犀も、蠟梅もあれ?と香りのほうに早く気がつきますね。
それからこの香りは何の花だろう、どこに咲いているのだろうと姿を探しますよね。
>北鎌倉は夜が暗いので香が際立ちます。
暗闇の中から香る
美しい和歌や俳句も生まれそうですね。
Commented by hanamomo08 at 2016-01-16 16:24
> o-hikidashiさん
こんにちは。
お父様の大好きだった花だったのですね。
きっとご友人が毎年持ってきてくださることを大切にしていたのでしょうね。
うららさんもきっとそんなお父様によく似ていらっしゃると想像しております。
そちらは暖かいからお庭に植えたら早々と花が咲きそうですね。

お正月にきれいに生けられたそちらのお花を拝見し少々焦っておりました。(笑)
でもなんだかんだと落ち着かなくて、やっとという感じです。
幸い、この寒さでお花の鮮度は抜群でした。
うららさんが京都で写して来て下さるお花はいつも楽しみにしております。
蛇の目松・・・・なんとなく風情のある松ですね。


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

声の贈り物
at 2017-10-20 17:05
みせばや
at 2017-10-19 20:54
あかい色
at 2017-10-18 23:11
心の料理
at 2017-10-17 17:10
秋の色
at 2017-10-16 17:11

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

こんばんわ。 セイタカ..
by nana at 00:27
> aomeumiさん ..
by hanamomo08 at 00:13
> sidediscus..
by hanamomo08 at 00:07
>saheizi-ino..
by hanamomo08 at 23:54
セイダカアワダチソウ、憎..
by saheizi-inokori at 21:45
嬉しいお電話、良かったで..
by oshibanayoshimi at 21:45
> haru_raraさ..
by hanamomo08 at 21:02
> mosaku319さ..
by hanamomo08 at 20:54
>Dekoさん おばん..
by hanamomo08 at 20:49
> miki3998さん..
by hanamomo08 at 17:59

ブログパーツ

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索