春告げ魚

昨日は目いっぱい片付けをしたので、早く休もうと思っていたのに、あれこれ忙しく、ブログを書き終ったら、サッカーの決勝戦が始まった。
韓国に2点入れられてしまったところでお風呂に入った。
再びPCの前に座ると、ちょっと前に書いたはずのブログが消えている。
どうしたのだろう?
いまだにこれはミステリー。
しょうがないからもう一度書いた。
前に書いた通りには書けないもの、まあいいか、大したことではない。
サッカーは逆転勝ち、日焼けした手倉森監督の笑顔がまぶしい。
彼はお隣青森県のご出身、48歳だという。
私がよく行く産直に美味しい野菜を出している農家さんの苗字と同じで親しみがある。
その方も青森のご出身かもしれない。
世界の頂点にたったチームを祝福し、珍しく深夜まで起きていた。

さて、日曜日の夕餉は大きな生鰊を焼いて食べた。
鰊は『春告げ魚』の別名があり、夫も母も大好物だ。
新鮮だったので、体中にスパンコールのようなうろこが輝き、歯ざわりのいい、数の子が入っていた。
骨が多くてパクパク口の中に放りこむことはできないが、あの複雑な形の骨を慎重にとりながらその美味しさを味わった。
今日で一月も終わり、あと少しで節分を迎える。
あぶらがのり、甘みのある鰊の身を食べながら本物の春はかなり遠いことを思った。
d0337265_0231927.jpg


今朝うっすらと雪が降った。
常緑の松に雪が残り、緑と白のコントラストが美しい。
d0337265_0253712.jpg

粉砂糖のような雪は地面にスポットライトが当たってるような模様を描いた。
d0337265_0285339.jpg

こうしてみているとやっぱり今年は雪が少ない。
午後三時過ぎから切り抜きの見直しの続き、やっとめどがついた。
懐かしい記事に出会えば読んで立ち止まり、母ともその話をしてなかなか進まないのだが、今日もこうした時間を持てたことを感謝したい。
d0337265_038482.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-01-31 23:25 | 美味しいもの | Comments(12)
Commented by oshibanayoshimi at 2016-02-01 10:15
 真夜中のサッカー、嬉しかったですね!

そちらの"春告魚"は、鰊なのですね !
こんな風に数の子の入った、生の鰊は、見たことも食べたこともありません。
瀬戸内の春告魚は、メバルです。
Commented by saheizi-inokori at 2016-02-01 10:41
遅くまで起きていましたね。
ニシンのうまそうなこと!
Commented by unburro at 2016-02-01 11:23
生の鰊、食べたい。
生の数の子‼って、どんな食感なのでしょう?

にしん蕎麦の上の、身欠きにしんを煮たもの、と、
お正月の塩数の子しか、知らない私には、鯛や鮪より興味津々です。

サッカー、私も2点取られたところで「これはアカンな」と寝てしまい、
翌朝、ずっと見ていた夫に
「惜しかったなあ、面白かったのに」と言われました。
Commented by kotoko_s at 2016-02-01 11:24
生鰊、こちらにもありますよ。
「カドイワシ」と呼んで、義母の大好物です。
いつもは干したニシンを食べているのですが、これはまた違う味わいのようです。
「春告げ魚」の名があるとは知りませんでした。
そう聞くだけでもう春ですねえ。
今冬は雪が少なくて1月があっという間でした。
節分、立春が早く感じます。
Commented by Deko at 2016-02-02 04:57 x
そうなんですか。ニシンは春告魚なのですね。生のニシンは時々売られているのを見かけますが、ミガキニシンを買い求める事が多いです。金時芋美味しそうですね。
Commented by ゆき at 2016-02-03 14:52 x
ニシン うまそーー!!冬の食卓によく登場しました。
大根おろしたっぷり付けて食べたい!
こちらでは大きな生ニシンありません。
みがきニシンも少ないです。 関東の家庭料理にニシンは不在かも。
料理屋さんでは みがきニシンの炊き合わせ たまに見ますが…

北海道出身の友人は、みがきニシンを炙って年中食してましたね。

追伸:春駒食堂は祖母の妹の店です(笑
Commented by hanamomo08 at 2016-02-03 17:44
> oshibanayoshimiさん
真夜中の韓国戦、逆転勝利うれしかったですね。

春告げ魚・・・・いろいろあるようです。
秋田でもてり(メバル)が春告げ魚と言われます。
鰊は秋田の古い人は『かど』といいます。
生の鰊は美味しいです。
私が買った鰊は一尾500円ほどでしたが、大きくて鮮度がよく、うろこびっしりでしたので3人分取れたから高くなかったな~と思いました。
鮮度が物言う魚ですから、すぐに身欠き鰊のようなものに加工されるのでしょう。
生鰊に入っている数の子、おいしいんです。
Commented by hanamomo08 at 2016-02-03 17:46
>saheiziさん
おばんです。
saheiziさんなら秋田でこの魚召し上がっていますよね。
日本酒との相性は抜群です。
私も味は好きなのですが、小骨の多さに面倒になってしまうのです。
Commented by hanamomo08 at 2016-02-03 18:00
> unburroさん
生の鰊、食べたいですか?
小骨がなければもっといい魚なのに・・・・。
(私は面倒くさがりやです)
この日食べ終わった夫のお皿を見て唖然としました。
中骨がきれいにはずされ、その横に小骨が少し・・・・美しいお皿でした。
私はというと、とっちらかして見苦しい皿。
選手権があったら出したいほど!

ああ~脱線してしまいました。
鰊蕎麦の上にのっている身欠き鰊、お正月の数の子・・・・やっぱり生鰊が一番おいしいと思います。
生のぶりこ(いつもこう呼んで今います)の食感は、ほろほろ、ぷちぷちかな。
けっして数の子のようなコリコリではありません。
鯛や鮪より?
私は鯛がいいな~(笑)
Commented by hanamomo08 at 2016-02-04 19:37
> kotoko_sさん
おばんです。
生鰊は『かどいわし』ですか?
秋田は『かど』
糠と塩でしょっぱく漬けたへしこのようなものもありますよ。
同じ鰊でも、干したものと生はかなり味がちがいますね。
お義母さんも大好きな『かどいわし』、母も大好きです。
春告げ魚は地域によって違うようですが、秋田も『てり』(めばる)が一般的です。
北海道では鰊なのかもしれませんね。
もう2月、寒いですが、これから降る雪はすぐに消えてしまいます、もう大丈夫です。
今年は儲かったような感じです。
Commented by hanamomo08 at 2016-02-04 19:40
> Dekoさん
おばんです。
春に獲れるものを言うのでしょうが、春告げ魚っていい響きですよね。
鮮度がよければ生の鰊食べてみてください。
水分が多い魚なので、寒麹に一晩つけてから焼いてもおいしいですよ。
金時、蒸かし芋が一番手軽で美味しいです。
Commented by hanamomo08 at 2016-02-04 19:47
>ゆきさん
おばんです。
生鰊はやっぱり大きいと美味しいですよね。
ふるさとではよく食卓に上ったことでしょう。
大根おろしをたっぷり添えて!

身欠き鰊も少ないですか?
秋田は山菜が豊富だから、煮物になくてはならない食材ですよね。
蕗もたけのこもこれと煮ると美味しい!
料理屋さんは旨さを知っているのでしょう。

北海道が本場ですからね、そのまま炙って食べる?
青森の人たちは炙らずに、味噌をつけて食べるようです。
青森の人のブログで知った、身欠き鰊と筍の味噌汁は美味しいですよ、是非お試しください。

(@-@)春駒食堂がご親戚!
今はイヤタカ会館のそばにお店がありますよね。
ゆきさんからしたら、大叔母さまに当たりますね。すごくびっくりしました。


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

声の贈り物
at 2017-10-20 17:05
みせばや
at 2017-10-19 20:54
あかい色
at 2017-10-18 23:11
心の料理
at 2017-10-17 17:10
秋の色
at 2017-10-16 17:11

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

>nanaさん おばん..
by hanamomo08 at 17:54
> o-hikidash..
by hanamomo08 at 17:49
> oshibanayo..
by hanamomo08 at 17:43
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 17:40
赤く染まったミセバヤの葉..
by PochiPochi-2-s at 13:03
hanamomoさんのお..
by こんの at 07:11
長野育ちというのはありが..
by saheizi-inokori at 21:26
『イタリア料理というのは..
by haru_rara at 20:06
青目 赤の色が・・・尋..
by aomeumi at 17:28
真っ赤、素晴らしい紅葉、..
by sidediscussion at 11:13

ブログパーツ

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索

タグ