提灯花

近所の方から濃い紫のほたるぶくろをもらった。
桔梗の仲間らしく、色もお盆にお墓参りに持っていったききょうそのものだった。
d0337265_1892879.jpg

日本語は美しいと思う。
下向きに咲くこの花に蛍をいれて楽しんだことから『ほたるぶくろ』という名前がついたらしいが、他にもきれいな呼び名があって、『提灯花』とも言われるらしい。
母の実家にいくと、母屋から渡り廊下が伸びていて、その先に『御不浄』の建物があった。
母が子どものころは一旦外に出て行ったらしく、その時は一緒に寝ていた『じゃっちゃ』(祖母の事)が提灯を下げて連れて行ってくれたという。
冬の寒い夜は大変だったでしょうというと、その時は漆塗りの『おまる』に用を足したと言っていた。
提灯花・・・・なんとも風流な呼び名だと思う。
いたずらして小さなライトを当ててみた。
d0337265_18123626.jpg

本物の蛍をいれて明かりが灯る様子をみてみたいけど・・・・・。
秋田に蛍が飛ぶのは八月の蒸し暑い日、それまでほたるぶくろは咲いていないかもしれない。
**********************************************************************
天ざる
 秋田でもきすが釣れ始めている。
 母の好物なので三枚おろしにして新玉ねぎのかき揚げも作り、冷たい蕎麦を食べた。
 今日は梅雨入りしたような蒸し蒸しした天気で、冷たい蕎麦がとても美味しかった。
d0337265_18155756.jpg


山椒の実
 今年初めて実がついた。
 もっといっぱい実がついたら、ちりめん山椒を作りたい。
 煮魚のアクセントにゆでて冷凍保存しておきたい。
d0337265_18205680.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-06-08 17:11 | 草花 | Comments(14)
Commented by saheizi-inokori at 2016-06-08 21:33
ほたる袋の花を天ぷらで食ったらうまかったと聞きましたが間違いかな。
Commented by pass8515 at 2016-06-08 22:23
こんばんわ。
ほたるぶくろ。風流な名前ですよね。
覚えるのが苦手な私も、いっぺんに覚えてしまいました。
提灯花もうまいこと、言ってますね。
まさに、暗闇を照らす提灯のごとしですね。
昔は、外に御不浄がありましたね。
冬の夜はそれは、冷たかったことでしょうね。
祖母のうちも、縁側を出たところにありました。
手を洗うものが、あれはなんというのでしょうか・・。
プラスチックの容器が入り口に吊ってあり、突き出た
棒を押すと水が出ました。水が無くなるとそのたびに
祖母が足していたのですね。

そんな思い出がよみがえって来ました。
秋田の蛍はお盆ごろなのですね。
こちらは、ちょうど今頃、梅雨時です。
数年前に山奥まで見に行きましたが、それは見事でした。
幻想的でした。
Commented by ゆき at 2016-06-08 23:03 x
わづっーー 漆塗りのおまる
実家にもありました!
使った記憶もあります(汗 ぷふっ(^o^)
Commented by unburro at 2016-06-09 00:54
濃紫に、ライトが入ると、青になるのですね。
蛍が入ると、また違った色になるのでしょうか。
美しい花です。
Commented by weloveai at 2016-06-09 01:06
鳥が運んできた種でしょう、山椒の木があちこちでてきますが実がなるのは未だありません。
実山椒だから出てきたのだと思いますが不思議です。
実がばるまで年数が必要なのかな?
山椒の実は重宝で煮魚の時はいいアクセントです。
Commented by hanamomo08 at 2016-06-09 17:22
> saheiziさん
おばんです。
ほたるぶくろは野山に自生する植物です。
新芽がおひたしで食べられると聞いた事がありますから、花も食べられるでしょう。
(確かな情報ではないのですが)
こちらも今日は梅雨のような不快な一日でした。
Commented by hanamomo08 at 2016-06-09 17:31
>passさん
おばんです。
花に蛍をいれて楽しむという発想、日本人ならではですね。
提灯もお祭りの時以外日々の暮らしから消えてしまいましたね。
秋田の竿燈祭りはたくさんの提灯を竹ざおにつけて揚げるお祭りです。
遠くから見るとたくさんのちょうちんが実った稲穂が風に揺れているように見えてきれいです。
お祖母さんのお宅もやっぱり?そういえば昔、ありましたね。
調べたら、吊り下げ手水器というそうです。
水の補充、誰かがしないとそれっきりですね。
そこに手ぬぐいも下がっていてね・・・懐かしいです。

このごろこちらでもほたるぶくろは今頃、桔梗もお盆のまえに終わってしまいます。
山奥に群生しているほたるぶくろ私も見てみたいです。
Commented by hanamomo08 at 2016-06-09 17:37
>ゆきさん
漆塗りのおまる・・・・いまや高級品ですね。
秋田の冬には欠かせない暮らしの道具だったと思います。
今ではみんな暖かい家になって、暖房便座も搗いて、快適な暮らしになりましたね。
Commented by hanamomo08 at 2016-06-09 17:41
> unburroさん
おばんです。
このほたるぶくろ、濃い紫でした。
灯りを入れるとちょうどよい色合いになりました。
蛍を入れてみたい!

母は夏は麻の蚊帳をつって寝ていたようで、その中に蛍を飛ばしてきれいだったそうです。
もうそんな時代は来ないでしょう。
蛍そのものが少なくなってしまっていますから。でも秋田にはまだいるようです。
Commented by hanamomo08 at 2016-06-09 17:46
> weloveaiさん
アメリカからありがとう♪
38度の猛暑、お疲れまです。
秋田は22度でしたが、梅雨のようなじめじめした一日でした。
山椒の木小鳥さんのプレゼントですね。
どんな木も実がつくと思っていましたが・・・・?
煮魚にいれるとぴりりとさわやかですね。
美味しい鯖をこっくりと煮てみたいです。
実山椒をいれると真夏の食卓にも合いますね。
Commented by Deko at 2016-06-09 20:05 x
きれいな色のホタルブクロですね。秋田は蛍が出るのは8月なのですね。千葉近郊は6月ですよ。蛍の種類が異なるのでしょうか?お母様の実家もお手洗いが外だったのですね。私の実家も建て替える前そうでした。夜トイレに行くのが怖ろしく小さい時おねしょうしたのを思い出しました。
Commented by sidediscussion at 2016-06-09 20:51
農家はお手洗いは必ず外でしたね。寒い時は大変。畑で働いてそのままおトイレに行けるから合理的だったのかも。

私も四国の祖父母の家でトイレは外。夜は怖かったのはっきり記憶にあります。
下手すると落ちそうな感じで恐怖でした。

エゴの花が一輪、よく気づかれましたね。
Commented by hanamomo08 at 2016-06-10 17:03
>Dekoさん
こんにちは。
今日新聞に蛍のことが載っていて、場所によって六月~七月が時期のようです。
私が前に子どもたちと行った場所は八月のものすごく暑い時期だったので、そう思い込んでいました。
源氏蛍、平家蛍が載っていました。

ご実家もそんなつくりでしたか?
夜のトイレ、こどもは怖いですよね。
母は毎回、母の祖母に付き添ってもらったようです。
Commented by hanamomo08 at 2016-06-10 17:09
> sidediscussionさん
こんにちは。
今でも昔のトイレをそのまま残しているお宅を知っています。
そうですね、農作業の合間にそのままいけるようにとの意味合いもあっったのかもしれませんね。
母の実家はお店でした。
渡り廊下は夏は開け放ち、冬は木の戸で囲われていたので寒くはなかったです。
印象的だったのは、便器が藍色の古伊万里のようなものでした。
子どもながらにきれいだと思いました。
sideさんも怖かった思い出があるのですね。
今からは考えられませんね。

残り少なくなったエゴに蜂が来ています。
花の盛りはあっという間ですね。


日々折々のこと


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

桜鯛
at 2017-04-30 17:05
うこぎ飯
at 2017-04-29 15:19
オムライス
at 2017-04-28 20:26
千本のさくら
at 2017-04-27 20:44
春の雨
at 2017-04-26 19:22

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

さくら鯛 もみじ鯛  い..
by こんの at 05:49
>mosaku319さん..
by hanamomo08 at 00:03
> Dekoさん おば..
by hanamomo08 at 23:58
> ウーロンパンダさん ..
by hanamomo08 at 23:55
> unburroさん ..
by hanamomo08 at 23:51
>mother-of-p..
by hanamomo08 at 23:43
> miki3998さん..
by hanamomo08 at 23:36
> pass8515さん..
by hanamomo08 at 23:28
>saheiziさん ..
by hanamomo08 at 23:18
> oshibanayo..
by hanamomo08 at 23:15

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索