あんみつ

完熟のブルーベリーをいただいた。
そして、かわいいさくらんぼ、すいかすもも、キーウィ・・・・・こんなに果物がそろう事はないから、作ろう♪
そう思って夕べ寝る前に寒天を一本流しておいた。

お昼ご飯のあと、寒天を切り、黒蜜を用意し、果物を盛り付けた。
バナナも適度な酸味があっておいしいから一緒に入れた。
あれこれ盛り付けたら先日一パックだけ買って冷凍保存しておいた秋田の苺を思い出した。
せっかくだからこれも・・・・・。
てんこ盛りになったが、漉し餡とバニラアイスはちょっとでものせたい。
それで出来上がったのが今年のクリームあんみつ。
d0337265_18171349.jpg

クリームあんみつの撮影は忙しい。
アイスが融けてしまわないうちに撮らなければならない。
d0337265_18182195.jpg

さあ、おまちどうさま!
母には『お昼ご飯のあといいものがあるよ』といっておいた。

母はとても喜んだ。
あんことアイスを絡めながら果物を食べて、それから黒蜜のかかっている寒天を底から引き出し、味わっている。
冷凍の苺はかなり酸っぱいが、あんみつには酸っぱい果物がよく合う。
そういう意味ではキーウィもブルーベリーもあまりに甘すぎた。
母も私も最後まで残したのは『さくらんぼ』
佐藤錦が終わるころ出てくる『紅秀峰』
果肉がしっかりしていて食べ応えがある。
最後に残った黒蜜を飲み干して、ごちそうさま。
d0337265_18255887.jpg


永六輔さん 安らかに
 若い頃 永さんがパーソナリティーを務めていたラジオ番組に写真を送ったことがあった。
『美しい夕焼けの写真があったら場所を書いて送ってください』という呼びかけに、ちょうど友人と小旅行から帰ったばかりの私はきれいな海辺の夕焼けの写真を送った。
場所は山形の湯の浜温泉の風景だった。

写真は番組で紹介され、すぐに永さんから自筆のはがきをいただいた。
どこにしまったか定かではなく、ここで紹介できないのがちょっと残念だ。
あの楽しい文字で書かれた葉書を受け取った時はとても嬉しかった。
筆まめで温かい方だった。

その後、子供が大学に入って上京した折、買い物をしてたデパートでも偶然お会いした。
急いでいる様子だったから声はかけそびれてしまった。
刺し子の作務衣をお召しだった。
永さんはわたしのことなど覚えているはずもなかったのだが、お葉書をもらった身としてはとても、とても嬉しかったということを伝えたい気持ちがあったのだ。
晩年は病気とも闘い、今はずっと前に天国に行かれた昌子夫人と会えたことだろう。
ご冥福をお祈りする。
d0337265_1837971.jpg






午後になるとお隣のお庭に親子でやってくる。
ガラス越しだけど真正面から撮れた。
d0337265_18385913.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-07-11 17:34 | 美味しいもの | Comments(18)
Commented by oshibanayoshimi at 2016-07-11 19:40
あんみつ・・・何年食べていないでしょう・・・
懐かしいです。
近頃、甘味処って、無くなりましたよね。

甘味処"momo"に行きたいです。
Commented by akittyroselaura at 2016-07-11 20:10
今年も「ネコちゃん」ありがとう〜♪
ノラちゃんなのかしら?
見た感じ、そうは見えないけど、、、
お家の中と外を自由に出入りしてるネコちゃんなのかな
可愛い! 
Commented by saheizi-inokori at 2016-07-11 23:04
私は山手線の中で刺し子の作務衣姿を見かけました。
目立つんですよ^^。
Commented by pass8515 at 2016-07-11 23:36
こんばんわ。
果物が盛りだくさんのあんみつ。お母様も喜ばれたことでしょう・・。
コースターもかわいらしいですね。

永六輔さん。不思議なご縁なのですね。
今日は、ザ・ピーナッツの方の訃報もだったのでまた昭和がひとつ・・と思いました。


Commented by やっこ at 2016-07-12 01:45 x
祖母が作ってくれたあんみつを思い出しました。
自家製の白い寒天のほかに、缶詰も入れて
赤や緑の寒天が嬉しくて・・・・
缶詰のみかんやパインも嬉しかったです。
そうそう、缶詰の中に入っている
たった1個の真っ赤なサクランボは
宝物のように食べました。
甘党の祖母はたっぷり甘ーい粒あんを
のっけてくれました。。
Commented by sidediscussion at 2016-07-12 09:19
永六輔さんとの個人的な思い出があったのですね。
そのハガキ見つかればいいのに。
どんな文字か見たいです。
今日の東京新聞に絶えず権力を見張る側にいた人と書かれていました。
「上を向いて歩こう」は安保闘争の挫折の悲しみを込めて作ったそうです。知らなかった。
Commented by こんの at 2016-07-12 12:25 x
永六輔さん
>山形の湯の浜温泉の風景
大切な思い出ですねぇ
Commented by Deko at 2016-07-12 19:42 x
美味しそうな餡みつですね。こし餡も自家製ですね。
時々食べたくなると甘味屋さんで頂きますよ。
永さんとそんな思い出があったのですね。時々土曜日?のラジヲを聴いていました。べらんめえ調の語りでいいたい事を言っていました。主義主張がはっきりした方でしたね。惜しい方が逝ってしまわれました。
Commented by ゆき at 2016-07-12 23:42 x
永六輔さんの葉書の話を夫に聞かせたら、夫は知ってました。
採用されないリスナーにでも、返信の葉書を書くのが永さんの朝のスタートだったそうです。
出来ることではありませんね!!
たまたま、きのう車の中でラジオを聴いてましたが、スタッフのひとりが語ってました。
とにかく物知りで筋が一本通ってて頼りになる人だった...大切な辞書一冊を丸ごと失ってしまいました。と
「死に方は、生き方だ」という永さん語録にも感慨深いものがありました。


このクリームあんみつは、千疋屋でいただいたら3000円はするスペシャルですね\(^o^)/
Commented by hanamomo08 at 2016-07-13 20:36
> oshibanayoshimiさん
おばんです。
あんみつ・・・・・このごろちょっとしたカフェでは、ほとんどがレトルトのあんみつだと友人が憤慨していました。

そうですね、甘味どころ、あまりないですね。
甘味処”momo”でよければいつでもどうぞ!
甘味のあとにお酒も出ますよ!(笑)
Commented by hanamomo08 at 2016-07-13 20:40
> akittyroselauraさん
おばんです。
今日は暑かったですね!
なんだか夕方特にむしむししましたね。

今年は子猫の姿が見えないのでいないと思っていましたら、7月になってから見つけました。
私の想像ですが去年のファミリーだと思います。
野良ちゃんです。
今年は他のきょうだいはどうしたものか、たった一匹です。
とっても器量よし!
今朝も早くから遊んでいる姿を見ていて、家事が捗りませんでした。
Commented by hanamomo08 at 2016-07-13 20:43
> saheiziさん
おばんです。
電車の中であの刺し子の作務衣は目立ちますよね。
秋田出身の刺し子作家 吉田英子さんの物も好んで着ていたようです。
私が東京のデパートでお会いした時は厳しい表情でした。
Commented by hanamomo08 at 2016-07-13 20:48
> pass8515さん
おばんです。
あんみつは二種類くらいの果物でも美味しいですが、いろいろ入るともっと美味しいですね。
餡子もバニラアイスも入るので、酸っぱい果物のほうがさっぱりして美味しいです。

訃報が続きましたね。
ザ・ピーナッツは小さい頃のスターですが、いい歌ばかりで平成の時代まで歌いつがれていますね。
永さんも晩年は病気と闘いながらでしたが、ラジオの仕事はずっと続けられてすごい方だったな~としみじみ思います。
『昭和』が少しずつ遠くに行ってしまいます。
Commented by hanamomo08 at 2016-07-13 20:57
> やっこさん
おばんです。
おばあちゃんのあんみつ、美味しかったでしょうね。
缶詰のあんみつもありましたよね。
もらい物のあんみつ缶には赤や緑の寒天が入っていましたね。
白桃や黄桃、林檎も入っていたような、苦手だったのは赤豌豆。
着色したさくらんぼは最後まで大事にとっておいて・・・・。
宝物ですものね!
おばあちゃんお手製の粒餡ですか?
食べ物の思い出って色あせることがないですね。いいお話をありがとう♪
Commented by hanamomo08 at 2016-07-13 21:01
> sidediscussionさん
おばんです。
永さんからお返事をもらった時は嬉しかったです。
探してみますね、見つかったら載せてみます。
なかなかいい文字を書かれます。

東京新聞にそのような記事が。
上を向いて歩こう・・・・・そのような気持をこめて作った歌だったのですね。
私も知りませんでした。
あのユニークで朗らかな人柄のほかに厳しい目を持ち続けた方だったのだと思います。
Commented by hanamomo08 at 2016-07-13 21:03
>こんのさん
おばんです。
湯の浜は本当に美しいビーチですね。
象潟を越えると間もなくなのに、なかなかね~。
もう一度あの夕日を見たいものです。
Commented by hanamomo08 at 2016-07-13 21:13
> Dekoさん
おばんです。
漉し餡はいっぱい作ったので、冷凍庫の匂いが移らないようにきっちりと包装していれてあります。
餡子があるから作るのだと思います。

そちらには美味しいお店があるのでしょうね。

私が投稿した永さんのラジオ番組は永六輔の誰かとどこかでだったと思います。
病気になってからNHKに出ていたのを見てかわいそうでした、カツゼツが悪くなっていて・・・・。
永さんの訃報を聞きとても寂しく感じました。
Commented by hanamomo08 at 2016-07-13 21:22
>ゆきさん
おばんです。
ご主人に?そうですか。
ご主人も投稿していたのでしょうか?
>採用されないリスナーにでも・・・・・・
まあそうだったのですか、あんなに忙しそうだったのに、すごい事ですね、普通の人はできませんし、しませんよね。

物知りでしたね。
私はブログをはじめてから落語に興味を持ち始めたのですが、ずっと前から落語には惹かれるものがありました。
たぶんそれは永さんの影響もあるかもしれません。
>大切な辞書一冊を丸ごと失ってしまいました。
スタッフにそう言わしめる力、すごいな~。
昭和の偉人がまた一人天国へ。

先日大人の休日切符で東京へ行った友人は高野で季節のパフェを食べてきたそうで、その値段にびっくりし、そればかり言っておりました。とにかく高かったそうです。
>千疋屋でいただいたら
甘味処に行くにも覚悟が要りますね。(笑)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき

未分類

最新の記事

柿に綿帽子
at 2017-12-17 17:27
薮柑子
at 2017-12-16 20:05
蓮根
at 2017-12-15 21:39
断る勇気
at 2017-12-14 16:02
堺のけし餅
at 2017-12-13 20:11

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

> PochiPochi..
by hanamomo08 at 16:51
やぶらこうじのやぶこうじ..
by unburro at 11:00
ネット・サーフィンしてた..
by こんの at 09:17
落語の「寿限無」のなまえ..
by saheizi-inokori at 07:50
あら、いけたわ。 昨夜..
by PochiPochi-2-s at 19:37
>saheiziさん ..
by hanamomo08 at 17:33
> oshibanayo..
by hanamomo08 at 17:31
>2017-12-15 ..
by hanamomo08 at 17:21
> PochiPochi..
by hanamomo08 at 17:17
>Dekoさん おばん..
by hanamomo08 at 17:01

ブログパーツ

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...
rin時日報3

外部リンク

検索