けやきの木の下で

秋田の紅葉は少しずつ進んでいる様子。
今朝の新聞の一面は『白神山地の岳岱』のぶなの紅葉だった。
ここ数日柿仕事に振り回されていて出かけるのは無理だが、紅葉の便りを聞くとうずうずしている。
角館の武家屋敷通りもちらほら色づき始めたようだ。

夏草の勢いがおさまってきた我が家の庭にも小さいけど紅葉したものがあった。
今年、少しだが美味しい実を収穫したブルーベリーの葉っぱ。
d0337265_2028431.jpg


ご近所のニシキギはピンクがかった赤で、いつもこの季節になるとこの色の洋服が欲しいと思う。
d0337265_2030215.jpg


赤にばかり目がいきがちだが、けやきの紅葉も美しい。
ちょうど一週間ほど前、このけやきの黄葉の美しさに魅了された。
大きな木の下で老夫婦がお昼ご飯を楽しんでいた。
ずっと離れていたので、失礼ながらいい風景だと思って撮らせてもらった。
穏やかで、素敵な一枚の絵のようだった。
d0337265_2033361.jpg

***********************************************************
柿仕事つづく
午前中は来客(母のための)で、お昼ご飯のあと始めた。
大した雨も降らず、適度に風があるのでなるべく風に当てて、表面だけでも乾燥させたいと思い、できるだけ頑張った。
d0337265_20374657.jpg

バランスよく縄につるを挟むのだが、柿の大小があるので、結構大変だった。
一本の縄に16個ほど柿をつけて干した。
数えてみたら今日は140個ほどむいて吊るしたことになる。

母の横で夕べ録音したラジオ深夜便の柿の話を聴きながらがんばった。
嫁ぐ時、柿の木を一本持っていく風習がある地域があることなど面白かった。
江戸時代はデザートいうよりも主食のように食べていた時期もあったそうだ。
その後は母とおしゃべりしながらやった。
前にもブログに書いたかもしれないが、母の生家ではじゃっちゃ(母の祖母)が臼に柿を並べ、それにお湯を張って渋抜きをしたそうだ。
臼は木をくりぬいて作っているので保温性に優れていたので使ったのではないかと母は言った。
『湯ざわし』と言う方法で渋抜きした母の生家の柿は『庄内柿』だったそうだ。

熱湯消毒のあと、焼酎で霧吹きした柿は暗くなる前に外に干した。
少しずつ色が変わってきている。
柿色のグラデュエーションもなかなかきれいだ。
d0337265_2051036.jpg

*************************************************************
夕餉
友人が送ってくれた大きなボタン海老、頭はお味噌汁に、身の方は酒蒸しに。
夕べのおでんも味が浸みて美味しそうだ。
これにはやっぱり日本酒。
素敵なぐい飲みは白神の土で焼いてくれたもの。
しみじみといい色合いだと思う。
d0337265_20541597.jpg

おべんとう
おかかおにぎり(おでんのだしにつかった大量の鰹節がもったいなくてふりかけにリメイク)
ゆで卵、かぼちゃ、みかん、竹輪、ほうれんそう
d0337265_210829.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-10-26 20:57 | 自然 | Comments(12)
Commented by PochiPochi-2-s at 2016-10-27 06:48
ケヤキの黄色、とてもきれいですね!
その下でお昼を食べる老夫婦。
彼らの気持ちが伝わってくるようないい写真ですね。
当然のことなんですが、秋田はやはり寒いのだなぁ〜と思いました。
我が家のケヤキはこんなにきれいな黄色にはなりませんもの。

柿、お見事!
1000個並んだら壮観だろうなぁ。
干し柿が完成したらどのように保存されるのですか。
お料理にも使われるのかしら。

疲れが出ませんように。
Commented by こんの at 2016-10-27 07:24 x
『湯ざわし』 
「天童の家」では、大きなビニール袋に入れた柿を一晩お風呂に漬け、渋抜き
即席で食べられ重宝してますが、弱点は、保存が利かないこと((泣))
Commented by rachmaninof at 2016-10-27 09:02
相変わらずご無沙汰しています。
それにしても作業の多いこと多いこと、でもそのお蔭で
ラフマニノフも素敵な画像を拝見出来て元気をもらって
います。
いよいよ紅葉本番ですね!
Commented by pass8515 at 2016-10-27 12:13
こんにちわ。

紅葉が、すすんでいますね。
どの色もとてもきれいです。
ご夫婦の写真。とても素敵ですね。
本当に一枚の絵のようです。

吊るされた柿も、本当にきれいです。柿のカーテン。
丁寧な手仕事。考えのせいとんも同時にできそうですね。
日本酒も美味しい時季になりましたね。
ぐい呑み、いい感じですね。
Commented by sidediscussion at 2016-10-27 17:53
いい場面を取られましたね。日本の大木の下でお二人の今は小さくなったご老人がくつろいでお弁当でしょうか。
さぞ美味しい最高の自然のレストランだったでしょう。穏やかな平和な老後を送ってられるのでしょう。
カメラを撮る人の目も暖かく見守っているのが伝わります。
Commented by Deko at 2016-10-28 08:58 x
秋田の紅葉はきれいですね。関東は夏の長雨の気候だったせいか今一つ紅葉です。やはり太陽が出て寒暖の差が影響するのでしょうね。自然の中でのんびりされる仲の良い老夫婦ですね。街中でもそんな老夫婦を良く見かけます。我が家は独立独歩でなるべく出かけるときは自由行動を好みます。
Commented by hanamomo08 at 2016-10-30 09:09
> PochiPochi-2-sさん
こんにちは。
けやきの紅葉もいろいろありますね。
しまいには茶色になっていくのですが、それがまた自然の成り行きの色合いで好きです。
ずっと遠くに見えたご夫婦です。
人生の終わり近くになってこんな穏やかな時間を過ごす二人はいいなあ~と思いました。

昨日の秋田は雪でも降りそうなくらい寒かったです。
この寒さが鮮やかな色を作り出すのですね。

PochiPochi-2-sさん、今年は干し柿作りますか?
この寒さで熟成は遅いでしょうが、表面がきれいに風で乾くので私は安心しています。
たぶん千個は並ばないかな?
とりあえず、いい色になってきたものからさわしましたから。
干し柿はひとつずつラップで包み(冷凍庫の匂いがつくので)それをジップロックに入れて、冷凍保存します。
料理にも少し使いますが、なます、白和え、サラダ・・・・・そんなところでしょうか。
柿の木の持ち主の得意料理は天ぷらだそうです。今度ご馳走してもらうことになっています。
>疲れが出ませんように。
ありがとうございます。
Commented by hanamomo08 at 2016-10-30 09:12
>こんのさん
こんにちは。
やっぱり天童でも『湯ざわし』やりますか。

湯船の中はお湯がいっぱいですから保温力があるのですね。
一晩で渋抜き・・・魔法のようです。
でもやっぱり柔らかくなるのですね。
いろいろな渋抜き方法があり、興味深いです。
Commented by hanamomo08 at 2016-10-30 09:21
>rachmaninofさん
お久し振りです!ご無沙汰お許しください。
四国の霊場巡り始まったのですね。
相変わらずの健脚ぶり、すごい事です。

柿作業、どうなる事かと思いましたが、何とかゴールが見えてまいりました。
青い柿は日向ぼっこしてもらっているので、まだ何十個かは成り行き任せです。
干し柿とクリームチーズを合わせ、ワインの御伴にいかがでしょう。

紅葉こちらはそろそろクライマックスです。
そちらはこれからですね。
Commented by hanamomo08 at 2016-10-30 09:26
> pass8515さん
こんにちは。

ここは私たちの住むところより少し標高があるので早く紅葉する場所です。
遠目にもなんていい光景なのだろうと思いました。
どんなおしゃべりをしていたのでしょうね。

柿のカーテン、昨日吊るしてこれが2列になりました。
干したときは存在感がありますが、だんだん水分がなくなってくると、小さく小さくなっていきます。
ぐい呑み本当にいい色合いなのです。
結構お酒入りますよ。
Commented by hanamomo08 at 2016-10-30 09:31
> sidediscussionさん
こんにちは。
私達がここに行ったのもお昼近くだったので、たぶんお二人はお弁当を広げていたと思います。
おむすびだったかな?
それともおこわをお弁当にしてきたのかな?
飲み物はきっと熱い焙じ茶だと思うな・・・などと想像しておりました。
>自然のレストラン
素敵な言葉ですね~まさしくそうですね。

こんないい光景を撮っているとこちらも顔がほころびますね。
Commented by hanamomo08 at 2016-10-30 10:26
> Dekoさん
こんにちは。
秋田はとても寒くなりました。
紅葉はその前の天候に左右されますね。
寒暖の差が決め手のようですね。

Dekoさんご夫婦も素敵なご夫婦にお見受けしますよ。
本当の年齢はわかりませんが、Dekoさんははつらつとされてお若い!そして美しいです。
Sideさんのところで拝見した笑顔忘れません。
>独立独歩でなるべく出かけるときは自由行動
これもまた大切ですね。
我が家もそうです。


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

朝の楽しみ
at 2017-06-23 22:26
懐かしい味
at 2017-06-22 20:27
梅雨入り 
at 2017-06-21 21:34
掃除当番
at 2017-06-20 20:39
季節の変わり目
at 2017-06-19 21:20

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

> oshibanayo..
by hanamomo08 at 16:58
>saheiziさん ..
by hanamomo08 at 16:54
> sidediscus..
by hanamomo08 at 16:53
> haruさん こん..
by hanamomo08 at 16:48
> oshibanayo..
by hanamomo08 at 16:45
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 16:43
> mosakuさん ..
by hanamomo08 at 16:32
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 16:28
>Dekoさん こんに..
by hanamomo08 at 16:24
> aomeumiさん ..
by hanamomo08 at 16:19

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索