芽吹き

朝から暴風雨、我が家のシンボルツリーのエゴノキもビュンビュン揺れている。
低気圧が三つ来ているからなのか、とにかく恐ろしいほど荒れ狂っている。
青森に近い海辺の町では突風の被害も出たとニュースで知り心配している。

母がリハビリに出かけた後はのんびりと過ごした。
昨日は午後いっぱい不要な書類の片付けをして少々疲れたので今日は何にもしないと決めた。
刑事フォイルを見たり、本を読んだりして過ごした。
まだ途中だが読んでいるのは日本奥地紀行を記した イギリスの探検家・紀行作家 イザベラ・バードの通訳を務めた伊藤 鶴吉の事を書いた中島京子さんの『イトウの恋』。
物語は彼女の長い旅に同行した彼の手記が見つかったというところから始まる。
とても興味深い内容だ。
イザベラバードは都会にも出かけているが、なぜか東北や北海道に強い関心を示し、明治のはじめ隅々まで旅をしている。
虚弱体質を改善するため医者に旅を勧められたのがきっかけというのがとても面白いと思った。
イザベラと伊藤が久保田(昔秋田市はそう呼ばれていた)に来たところは何度も読んだ。
いい街だったというところを読んでほっとした。
さて、イトウの恋はどうなるのか?

エゴノキに小さな新芽を見つけたのは数日前だった。
それが一雨ごとに大きくなり窓から見てもみどりっぽくなってきた。

ものの芽のゆるみだしたる今朝の雨 羽賀恭子
d0337265_1711872.jpg


三月に息子と会った時『これお土産!』と手渡されたものがあった。
コンビニのサラダドレッシングの透明なケースに入ったものだった。
『お菓子?』と言ったら笑っていた。
小さなケースには名前が貼ってあり『グラプトペタルム』と書いてあった。
多肉植物でふっくらとした葉っぱが何枚か入っていた。
帰宅し、指示通り窓際のカーテン越しの明るい棚に置いておいた。
その後3週間ほどして、その切り口から根っこや小さな葉っぱが出てきた。
それがもっと大きくなってこんな風になった。
d0337265_1775436.jpg

これからこれをどう植えればいいのか、早速画像を送って植え方を聞こうと思っている。
ものの芽のたのしき数をかぞへけり 小形さとる

d0337265_1785344.jpg


さくら あと一歩かな
暮れにネットのお友達からいただいた卓上カレンダーの4月の絵がとてもきれいだ。
二紀展に連続入選している川添 光爾さんの絵で『さくら』
大きな魚も可愛い猫もみんなさくらの中にいてさくらを見ている。
菜の花とさくらの色がふんわりとやさしい。
d0337265_17192338.jpg

?????????????????????????????????????????????????????????????
お弁当
 梅おかかおにぎり
 身欠き鰊の煮物、浅漬け、ブロッコリー、ミニトマト
d0337265_17211364.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-04-19 17:01 | 自然 | Comments(14)
Commented by Deko at 2017-04-19 19:38 x
これこんばんわお土産と多肉植物を手渡される素敵な息子さんですね。植物がお好きなのでしょうね。それぞれに芽が出てきたのでこれから夏の向かうので順調に成長されるでしょうね。多肉植物見るたびに息子さんの(^-^)が見えたりして
Commented by Hana3131H at 2017-04-19 20:55
実は刑事フォイルの最終回(?!)をようやく見て感動したのは数日前のこと。サム、良かったねぇ~。あんな気立ての良い女性は、フォイルの娘さんになるのにピッタリ。

これも偶然ですが、山形(米沢)に東京から移住した友達が「イザベラバード」が辿った道のパンフレットを送ってくれた。青森の印象は暗い所。。。とあまり良い印象は持たれていないが、きっと天気の悪い日だったと思う。山形はまた行きたいと思っているが、秋田もゆっくり歩いてみたいなぁ~。隣の県なのにね。
Commented by nana at 2017-04-19 22:58 x
おうちにシンボルツリーがあるっていいですね。
エゴの木の新芽は日増しに大きくなるでしょう。
うちの実家の花水木は植え替えたばかりですが、
小さな花が咲きました。
川添さんのカレンダー、私も毎日眺めています。
さくらの中に見え隠れしている猫も可愛い♪


Commented by saheizi-inokori at 2017-04-19 23:23
カミさんと作風が似てる!
Commented by unburro at 2017-04-20 00:37
私も、あ、saheiziさんの奥様の絵??
とか、思いました。
〇〇派、とかあるのかしら…とか。
Commented by namiko at 2017-04-20 13:05 x
イザベラバードの書いた本の中に、「イトウ」と、よく出てました。
あの時代に通訳ができるなんて、どんな人物なのかと思いながらも、その当時の自分の知る土地と今を比較しながら読みました。
その当時の住人から通じる今の人々を感じました。

今度、読んでみます。
Commented by aomeumi at 2017-04-20 20:36
青目
イザベラバードはたまげた人ですねぇ・・・紀行文にびっくりしました。イトウの恋は創作ですが・・・内容すっかり忘れてしまいました。
Commented by hanamomo08 at 2017-04-21 12:21
>Dekoさん
多肉植物のお土産ですよ~面白いでしょう。
マザーリーフなどもこれ系ですよね。
水がなくても根っこが出てきて育つ類。

これからは植物にとって成長できる季節なので、観察しながら育てます。
たまには帰ってきて手入れして欲しいと思います。
舌を噛みそうな名前、どうしても覚えられません。(笑)
Commented by hanamomo08 at 2017-04-21 12:43
> Hanaさん
こんにちは。
シーズン5の最終話『警報解除』ですね。
これ予約し忘れてみていません。
再放送に期待しております。
フォイルの娘さん・・・・・ということはアンドリューから結婚の話が?
暗い時代のドラマにサムの存在は一輪の花のようでした。本名はハニーサックル、ポアロにも出ているそうですね。

日本奥地紀行は時々読みます。
読むたびにあの時代に日本に来た彼女の勇敢さを感心します。
青森・・・・そうでした。
たぶん天気が悪かったんでしょう。
それでその土地の印象はかなり違いますからね。
イザベラさんが今お元気だったら、いまの秋田や青森にも来て頂きたいですね。
でも、あの時代の方が彼女にとってはとても魅力的だったと思います。
秋田にもゆっくり足を運んでください。
Commented by hanamomo08 at 2017-04-21 12:47
>nanaさん
こんにちは。
ほんの1mばかりのエゴの木(自然に生えていた)を移植した物がこんなに大きくなったのです。
レースのカーテン越しにも新緑が確認できるようになりました。
ご実家のハナミズキ、花が咲いたのですね。
白もピンクもきれいですよね。

川添さんのカレンダー本当にすばらしいです。
絵の中にはその人の気持ちが現れますね。
満開のさくらの中で猫もさかなもとても嬉しそうです。
五月も、その次の月も楽しみです。
Commented by hanamomo08 at 2017-04-21 12:48
>saheiziさん
こんにちは。
そう思っていましたか?
私も夢のある構図、色使いとも奥様の描かれる絵に似ているな~と思っていました。
同じ思い、嬉しいです。
Commented by hanamomo08 at 2017-04-21 12:50
> unburroさん
こんにちは。
unburroさんもそう思いましたか?
奥様の絵も、夢があって自由でのびのびと描かれたいい絵ですよね。
たぶんですが、〇〇派とかはないような気がします。
川添さんの絵の右下の魚は、息子が飼っていた魚にも似ています。
Commented by hanamomo08 at 2017-04-21 12:55
> namikoさん
はじめまして?
前にもコメントいただいたかな?

イザベラバードの奥地紀行に出てくるイトウという通訳の事です。
あの本を読むと自分の住んでいる土地が気になります。
>その当時の住人から通じる今の人々を感じました。
そうですね、そう思います。

名前など少し変えていますが、何かほのぼのとした感慨があります。
是非読んでみてください。
Commented by hanamomo08 at 2017-04-21 13:02
>aomeumiさん
こんにちは。
青目さんがまだポルトガルにいる頃、イザベラ・バードの記事を書枯れていて、それにコメントしたのを懐かしく思います。

彼女は本当にたまげた女性ですね。
2008年に出た本です。
おじいさんの遺品から一編の手記が出てきたところから始まります。
私はまだ途中ですが・・・。面白いです。


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

餡バタートースト
at 2017-07-26 16:14
梅雨出水
at 2017-07-25 17:30
一夜明けて・・・・
at 2017-07-24 20:39
氾濫
at 2017-07-23 17:09
雨煮立つ
at 2017-07-22 20:52

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

青目 餡トーストは名古..
by aomeumi at 22:12
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 09:30
いつもお客様と「秋田はい..
by mosaku319 at 07:35
最近はカミさんが主にヌカ..
by saheizi-inokori at 21:47
ニュースで知って心配して..
by koro49 at 17:32
こんにちは。 避難生活..
by pass8515 at 15:45
こちらも地域によっては避..
by Hana3131H at 14:36
青目 大変な被害ですね..
by aomeumi at 10:05
おはようございます。 ..
by oshibanayoshimi at 09:57
先ほどもニュースで雄物川..
by anello63 at 22:39

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索