桜鯛

桜の花が咲く頃の鯛を『桜鯛』という。
d0337265_1748779.jpg

一方秋の鯛はもみじ鯛という。
本当はどちらも『真鯛』なのだが、季節の名前があるなんて日本人の美意識はすばらしい。
お花見にこんなお弁当を持っていったらさぞ喜ばれるとは思うのだが、出かける朝は何かと忙しい。
『はい、おべんとう、お花見楽しんで来てね♪』と送り出す立場ならそれも出来るのだろうが、今の私はお花見に行く側だ。
市内の桜はほぼ終わりに近いようだが、桜の季節に作ろうと思っていた『鯛めし』
庭の山椒も大きくなったので、それをのせて春の香りを楽しもう。

鯛は酒と塩をふりこんがりと焼き骨を外し、それを入れて炊き込んだ。
鯛の皮はとても美味しいのでそれも一緒に炊き込んだ。
炊飯器からいい香りが漂う。
しっかり混ぜて蒸らし、大皿に盛り付けた。
針生姜とちょっと桜色に染めて炒り付けた鯛のそぼろを飾った。
d0337265_17535999.jpg

庭から満開の花桃の枝を折ってきて添えた。
木の芽の香りと生姜がご飯の味を引き立ててくれた。

捌かれて尚ある威厳桜鯛 永井雪狼
d0337265_17564428.jpg


もう一つ花見と言えば『花見だんご』
和菓子屋さんの奥さんは『もう桜は終わりですがお天気がよくなったからおだんごいっぱい並べました』と言った。
『でも、最近の人こういうものを食べなくなったんです。やっぱり皆さんケーキがお好きなんでしょうね~』と少し寂しそうだった。
『そんなことはないと思うけど~ケーキはカロリーも高いし、値段も和菓子の倍はするでしょう。』と返してみたが、和菓子離れは進んでいるのだろうか?
私はちょっと懐かしいつやつやの『羊羹だんご』を包んでもらった。
しんこ餅が柔らかくてとても美味しい花見だんごだった。
d0337265_185384.jpg




d0337265_20501231.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-04-30 17:05 | 美味しいもの | Comments(10)
Commented by sidediscussion at 2017-04-30 21:12
和菓子は季節を語る素晴らしい文化なのに、和菓子離れは寂しいです。年配者はやはり和菓子でしょう。
和菓子が醸し出す美的な品格は洋風ケーキより格が上だと信じて疑いませんけれど。個人差か年代差か?
和菓子屋さん頑張って欲しいです。若い人も歳を重ねると、和菓子の魅力を知るのではないでしょうか。
Commented by ゆき at 2017-04-30 21:42 x
鯛めしまで作れちゃうなんて!すごい⤴⤴そぼろのトッピングもいいな。尊敬します。
茶会で聞いたのですが、和菓子は西の方が盛んだとか。確かにそうです!東でも、日本橋のコレド室町とかに和菓子の老舗が茶房を開いて人気です。hanamomoさん上京したらご案内したいです(^-^)
私も きんつばや羊羮のおいしさわかる年になりました(てへっ~)好物は季節限定の栗きんとん

終わりの夕焼け、癒されました。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-04-30 22:55
まあ、桜鯛ですね。
関西では3月末頃から出始めます。
手頃な値段で新鮮な桜鯛が手に入りますので、
まず塩焼きで食べ、その後出汁を取り雑炊で楽しみます。
鯛めしは、鯛のアラ(頭)だけで炊きますね。
まず塩をしてから焼き、土鍋で米と一緒に炊きます。
おいしいですよ。
試してみてください。
手軽にできます。
秋田では鯛の値段は高いのかしら?
Commented by こんの at 2017-05-01 05:49 x
さくら鯛 もみじ鯛  いいですよねぇ

鯛には無縁デシタが、だんご は食べました(笑)
Commented by aomeumi at 2017-05-01 13:41
青目
そうでしたか、全く知りませんでした。桜鯛は小さいものと思い込んでいました。素敵ですねぇ・・・いつか、どこかで知ったかぶりしたいです。
きれいなお寿司ですねぇ・・・乗せる鯛は色を付けてあるのですね。
ウコギも知りませんでした。以前は、このあたりでも見かけましたよ。きれいな葉で好きでしたが・・・食べ損ねましたね。
Commented by hanamomo08 at 2017-05-04 00:02
> sidediscussionさん
おばんです。
秋田は茶道も盛んなところですから、そんなこと考えてもみなかったです。
先日日本に住む外国人(イタリアの方)が『日本人はもっと自国のすばらしいものに目を向けるべきだ。』とテレビで話していました。
この和菓子屋さんの餅菓子は本当に美味しいです。
最近の和菓子屋さんはコストを抑えるためにパートを雇い、マニュアルどおりにお菓子を作らせるお店も多いようです。
つまり職人がいないお店です。
お菓子はある意味夢のあるものですから、職人さんの手で作ったものが食べたいです。
Commented by hanamomo08 at 2017-05-04 00:14
>ゆきさん
おばんです。
鯛めしは案外簡単ですよ。
新鮮な鯛さえあれば美味しくできます。
そぼろは食紅の量で色が決まりますから、加減が難しいです。
ご飯の色をもっとうすく仕上げて、そぼろももう少し薄い色合いにしたかったのですが、まあ何事も数をこなしませんとね。

和菓子の事、そうなんですね。
京都が控えておりますからね!
和菓子の文化は絶やして欲しくないですね。
>コレド室町
初耳です”
案内してくださる!嬉しいです。

私も小さいころは甘いものは一切受け付けない子どもでした。
それが変わるきっかけになったのが、『京都』でした。
だからそれからですね、ゆきさん同様おいしさがわかってきました。
栗きんとん!これは高価でしょう?

本当は海に沈む夕日が見たいのですが、その時間は出かけられないので、我が家からの眺めで我慢です。
Commented by hanamomo08 at 2017-05-04 00:28
> PochiPochiさん
おばんです。
こちらも男鹿で釣れますから手ごろな値段です。
近海ものは安くて新鮮で嬉しいですね。
鯛めしはあらでとっただしで炊いたり、お吸い物にして食べたりいろいろします。
PochiPochiさんの作り方も美味しそうですね。
土鍋で炊きたいな~。
カセットコンロでも炊けるかな~。
桜鯛の季節のうちにまた炊いてみます。

Commented by hanamomo08 at 2017-05-04 00:29
>こんのさん
おばんです。
お魚に季節の名前をつけるなんて、日本人は風流ですね。

鯛のご飯も是非に!
お団子は召し上がりましたか?
それはよかった。
Commented by hanamomo08 at 2017-05-04 00:33
> aomeumiさん
おばんです。
そちらで楽しいひと時を今拝見してきたばかりです。
上品な和菓子に目が釘付けになりましたよ。

桜鯛・・・・いかにもさくらの季節にふさわしい名前ですよね。
食べ物の話題はどこでしてもいいですね。
桜の季節なのでちょっと食紅を入れて染めてみました。
でもほんのり色のついた鯛めしに白い鯛のほぐし身でも良かったな~と思いました。

うこぎ、結構自生しているようです。
柔らかな新芽がおいしいので、見かけたら是非召し上がってみてね。
味噌とよく合います。


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

霜月の水庭
at 2017-11-23 20:27
紅茶
at 2017-11-22 20:55
母の誕生日♪
at 2017-11-21 20:17
冬薔薇
at 2017-11-20 21:10
雪♪
at 2017-11-19 20:25

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

今日は鼻水が出るので散歩..
by saheizi-inokori at 21:26
>oshibanayos..
by hanamomo08 at 11:50
>weloveaiさん ..
by hanamomo08 at 11:47
お母様誕生日おめでとうご..
by Deko at 11:45
> o-hikidash..
by hanamomo08 at 11:39
> pass8515さん..
by hanamomo08 at 11:35
> haruさん こん..
by hanamomo08 at 11:32
> koroちゃん こ..
by hanamomo08 at 11:29
ばら きれいに咲きました..
by こんの at 07:27
ありがとう、でも糠漬けだ..
by saheizi-inokori at 21:56

ブログパーツ

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...
rin時日報3

外部リンク

検索