お盆

今朝は七時から始まる盆の草市へ行ってきた。
たくさんの新鮮野菜を買い、盆花もと思っていたら、彩のいいおみなえしやみそはぎの入った小さな花はもう売り切れだった。
高価な菊花は買う気になれず、帰宅した。

朝食の後、帰省中のいとこ達がやってきた。
横浜や仙台から5人、大賑わいだった。
美味しいシュークリームと冷たいお茶を飲みながら、思い出話に花が咲いた。
小さい頃の話、仕事の話、いくらでも話す事がある。
d0337265_219183.jpg


大きなせいろで蒸した赤飯をお土産に持たせ、またお正月にねと母と握手をして帰っていった。
その後私はお盆の料理を準備した。
はまなすの数珠も作った。
d0337265_21183794.jpg

三つ作るはずだったが、都合があって二つになった。その話は後日また。
盆棚もしつらえて、頂き物のお菓子など供えた。
d0337265_21191369.jpg

きみ(とうもろこし)と枝豆をゆで、戻しておいたぜんまいの炒め煮、蓮の葉のお供え作りなどなど。
夕方、夫が玄関で迎え火を焚き、ご先祖様をお迎えする。
秋田のお盆にはお赤飯が欠かせない。
てんこあずき(黒ささげ)の煮汁で染めた赤飯は赤というより紫に近い。
お膳には枝豆やとうもろこし、茄子と胡瓜の漬物、茄子の味噌炒め、ぜんまいの煮付け
d0337265_2122652.jpg

秋田のお盆のお供えはなかなか色鮮やかできれいだと思う。
今年もとめた蓮の葉はとても小ぶりで扱いやすかった。
明日はお酒が大好きだった父のために日本酒を供えよう。
お菓子類は口にしなかった父だった。(本物の酒飲み)
d0337265_21241222.jpg


お盆の晩ご飯はご先祖様と同じもの
d0337265_2127813.jpg

だけど生きている私たちには美味しい一品が加わった。
牛タンつくねをつまみながら、冷たいビールが美味しかった。
d0337265_21263471.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-08-13 21:27 | 季節の行事 | Comments(18)
Commented by saheizi-inokori at 2017-08-13 21:43
凄いご馳走ですね。
昔から「盆と正月がいっぺんにやってきた」という、そのお盆の意味が今頃わかりました。
お盆は休み、くらいの認識でしたよ。
Commented by oshibanayoshimi at 2017-08-13 22:28
こんばんは。
正しいお盆の設えですね・・・私はmomoさんのお盆を拝見したら、恥ずかしいです。
彩りが綺麗です!!!
ご先祖様が、居心地よくて、戻りたくないでしようね・・・
Commented by やっこ at 2017-08-14 00:17 x
毎年momoさんのところのお盆の様子の記事を読むのを楽しみにしています。
色鮮やかな秋田のお盆、とっても好きです。
ずっと後世に残してほしい行事ですね。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-08-14 06:42
おはようございます。
お盆の設え、きれいですね。
私が知っているのとはまた異なり、こんなきれいな盆棚は初めて見ました。
『郷土色豊か』という言葉が心に浮かびました。
いつまでも続けてほしいですね。

いとこさんたちがたくさん来られてお母様は大喜びだったのではないですか?
「お赤飯を手土産に持たす」
この言葉に、久しぶりに母や義母を思い出しました。
彼女たちも何時も手土産を用意してました。
母は自分で用意をしてましたが、義母の用意をするのが私の役目でした。
懐かしい思い出です。
Commented by こんの at 2017-08-14 06:56 x
>お盆の晩ご飯はご先祖様と同じもの

胸ジーン です
Commented by wawa38 at 2017-08-14 11:42
本格的盆棚ですね。
こういう風習を大事にされている方、有難く思います。
日本の風習、伝統を守っていだけることに感謝したいです。
私がやらないだけに、ことさら(^^;
Commented by Deko at 2017-08-14 17:10 x
親戚の方々が久しぶりに見えてお母様の嬉しかった事でしょうね。色々話しの花が咲いた事でしょうね。仏前の添えられたお供え物細やかなお料理の数々ですね。いつもながら素晴らしいですね。

Commented by sidediscussion at 2017-08-14 17:32
日本にもこんなに色ざやかなお供えのやり方はMomo様のブログで知りました。
とても珍しく感じます。綺麗に丁寧に設えてられますね。

虎屋の羊羹でしょうか? それともお花の形した最中かな? 華月 お大きい半月もふさわしいお供えですね。
ご先祖様お喜びでしょう。

お夕食はご家族がお喜び。私は見せて頂いて喜んでます。お幸せのカタチですもの。
Commented by o-hikidashi at 2017-08-14 19:40
素晴らしい心のこもったお盆のお迎えですね。
お墓掃除をして仏花を添え線香をあげ…お霊供のことすっかり忘れてたー!
昨年まで真面目に供えていたのに、帰省のもてなしや送迎ばかり気にしてました。
もう一度拝見して深く反省いたします。
Commented by hanamomo08 at 2017-08-15 10:52
> saheiziさん
こんにちは。
今日も秋田は快晴、30度まで上がるそうです。
牛たんつくねと笹かまぼこは宮城から頂きました。
私が作ったのは全部野菜料理です。
旬の茄子やきゅうりが美味しいですね。
Commented by hanamomo08 at 2017-08-15 10:57
> oshibanayoshimiさん
こんにちは。
広島の盆灯篭はお参りに来た方が立てていくのですね。
灯篭の数が多いとお参りしてくれた方が多いということですね。
賑やかで広島の盆灯篭、大好きです。

本当は盆棚の骨組みがあってそれに飾り付けするのですが、我が家にはその木組みがないので細工して作りました。
母の実家には漆塗りの特注木組みがあって、小さな櫓のようで楽しかった思い出が残っています。
ご先祖様にち~んとご挨拶してから、お供えしたお菓子を頂いております。
Commented by hanamomo08 at 2017-08-15 11:00
>やっこさん
こんにちは。
お盆、毎年同じことをしているつもりですが、今年は蓮の葉に赤飯を盛らないで別にしました。
やり方を忘れたり、手に入らなかったりするので適当にやっています。
秋田の盆飾りやお供えは色使いが鮮やかです。
今はネットもあるし、残っていくような気がしますけどね。
でも皆さんお忙しいからね。
Commented by hanamomo08 at 2017-08-15 11:09
> PochiPochiさん
こんにちは。
今回はご近所さんとのお付き合いでいい盆花を頂きました。
畑で収穫できる人などは、盆棚に様々な野菜を供えたり、吊るしたりします。
だからこれは我が家流です。
蓮の葉にあれこれ盛り付けて供えるのは秋田の特徴かもしれません。
>『郷土色豊か』という言葉が心に浮かびました。
嬉しい言葉をありがとうございます。

いとこたちが来てとてもにぎやかでした。
母は嬉しい反面疲れたようです。
手土産・・・・お母様やお義母様もそうされておりましたか?
朝大きな蒸かし鍋で蒸した七合の赤飯はとても喜ばれました。
いとこ達は七合!!!と驚いていましたが、父方のその祖母などは大きな蒸篭で一升五合くらい蒸していました。
お義母様からの手土産を準備する役目だったのですね。
今は懐かしい思い出になりましたか?当時は忙しかったでしょう。
Commented by hanamomo08 at 2017-08-15 11:10
>こんのさん
こんにちは。
実はご先祖様よりも食べています。
牛タンと笹かまぼこ!
野菜だけでは夏ばてしますもの。(笑)
Commented by hanamomo08 at 2017-08-15 11:17
> wawa38 さん
こんにちは。
盆棚に秋田ではこんな色とりどりのお盆灯篭を吊るします。
祖父母達は昆布やささげ、はまなす、などを吊るしていました。
子どものころどうしてささげなの?と聞いたら、蔓がついているので糸で結べるからと祖母は言いましたが、答えになっているようでなっていないと思いました。
それぞれいわれがあるのでしょうが、要は心をこめてやれば形などどうでもいいと思います。
関西の盆飾りはどんな感じかな?と思いを馳せています。
Commented by hanamomo08 at 2017-08-15 11:28
> Dekoさん
こんにちは。
母の妹達は仕事を持っていたので、このいとこ達は母によく面倒見てもらったのです。
でもこうして帰省の度に来てくれるのは嬉しいものですね。
御霊供膳(おりくぜん)には普段のものを盛っています。
(無理すると続きませんから)
仏様に供えられたものを生きている者が少しずつ頂く喜びは子どものころから同じです。
でも、小さい頃は甘い和菓子が苦手でした。
Commented by hanamomo08 at 2017-08-15 11:36
> sidediscussionさん
こんにちは。
残暑お見舞い申し上げます。
いつも見ていただいてありがとうございます。
蓮の葉の緑は美しいですね。
それに茄子の紺、はまなすの朱色、姫林檎の黄緑、ところてんなど盛り付けるだけですが色鮮やかできれいですね。
昔の人々は旬のもので彩りよく先祖をもてなすことをよく考えたものです。

虎屋の羊羹は叔母の東京土産です。
母が大好きなのを知っていたらしいです。
いろいろなお菓子が集まって嬉しいお盆です。
京都の創作和菓子もありました。(私の友人から)
あまりにきれいで食べられません。

晩ご飯を食べているとこの時期はなんだか義父母や父に見られているような気になります。(まさかね!)
Commented by hanamomo08 at 2017-08-15 11:43
> o-hikidashiさん
こんにちは。
秋田の小さな最中のとうろんこ(灯篭)、めんこいでしょう。
小さい時おいしそうでちょっと失敬したら何にも美味しくなかったです。(味のないもなか)
お墓のお掃除ご苦労様。
>お霊供のことすっかり忘れてたー!
生きている人がしっかり食べていればいいと思います。
ご先祖様は食べないですから!(笑)
お盆の主婦は忙しいですからね。
何からかにまで、帰省客の食事、寝具をだす、お掃除、送迎、それプラスお盆の準備ですからね。
私は盆棚に供えてくれたくだものやお菓子をせっせと頂いております。
うららさん、暑い日々が続きます、疲れないようにね。


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

声の贈り物
at 2017-10-20 17:05
みせばや
at 2017-10-19 20:54
あかい色
at 2017-10-18 23:11
心の料理
at 2017-10-17 17:10
秋の色
at 2017-10-16 17:11

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

こんばんわ。 セイタカ..
by nana at 00:27
> aomeumiさん ..
by hanamomo08 at 00:13
> sidediscus..
by hanamomo08 at 00:07
>saheizi-ino..
by hanamomo08 at 23:54
セイダカアワダチソウ、憎..
by saheizi-inokori at 21:45
嬉しいお電話、良かったで..
by oshibanayoshimi at 21:45
> haru_raraさ..
by hanamomo08 at 21:02
> mosaku319さ..
by hanamomo08 at 20:54
>Dekoさん おばん..
by hanamomo08 at 20:49
> miki3998さん..
by hanamomo08 at 17:59

ブログパーツ

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索