元祖 メロン

小さい頃から甘いものは苦手だったが、くだものは大好きだった。
といっても、私が子どものころと言えば、林檎だって甘いのは『インド林檎』と呼ばれていた青いいびつな形のもの、みかんは祖母の遠縁にあたる人が毎年熱海から贈ってくれたすっぱいもの、そして夏はなんと言っても『まくわうり』だった。
2歳ごろから母の実家に泊まりに行っていた私の楽しみはそのまくわうり!
まだ口が回らなくて「まくわうり」と言えず『まうり』と言っていたそうだ。

昭和40年代になるとまくわうりよりもっと美味しい『プリンスメロン』が出てきた。
熟してくるとなんともいえないいい香りがしてよく食べたものだ。
遠足の時にも母がお弁当の片隅に入れてくれた。

ゆうべ母に武田百合子さんの富士日記を読んであげていたら、食後のデザートに『プリンスメロン』がよく登場していた。
彼女の富士日記はその日あった事だけでなく、買い物したものの値段も書いてあってとても興味深い。
今から50年も前の卵1ケースが100円と書いてあったところがあって、今もそれはあまり変わらないことがわかったりする。
富士日記のことを書き出すと止まらなくなるので、話を『まくわうり』に戻そう。

一年に一度だけ懐かしいまくわうりがお店に並ぶのがお盆。
蓮の葉の上にいろいろなものをのせて仏様にお供えする。
そのお供えの一つがまくわうり。
夏に採れるものだからお供えの一品になったのだろう。

そのまくわうりを草市でみつけた。
スーパーなどで売っているものは青く熟していないが、草市のまくわうりは熟していい香りがした。
一つ80円、全部で三つしか出ていなかったので一つだけ買った。
ご先祖様には申し訳なかったが、切らずにそのままお供えした。
(もうちょっと熟したら食べてみたいと思ったからだ)
お盆が過ぎて追熟したまくわうりは更にいい香りになった。
そろそろ食べごろだな!
d0337265_16543524.jpg

一時間ほど冷やして切ってみた。
懐かしい色と香り♪
プリンスメロンが出てきた時、これはまくわうりから作ったものだと父が話していた。
後で知ったがプリンスメロンだけでなく甘いアムスメロンもこのまくわうりから作り出されたそうだ。

厚めに皮をむいて輪切りにした。
香りはとってもいい!美味しそうだ!
程よく冷えたまくわ瓜を食べるのは何十年ぶりだろう。
甘すぎるメロンに慣れきっているから、覚悟して食べた。
甘さを期待せずに、覚悟して食べたせいかほんのり甘く感じた。
d0337265_17365124.jpg

『まうりたべたい、まうりたべたい!』と言っていた幼児の私はこれを食べていたのか・・・・。
今出回っているメロンに比べたら甘さは四分の一くらい、もっと少ないかもしれない。

食べながら、もうむこうへいってしまった祖母や祖父のことを思い出した。
夏休みは祖父母の家に泊まっていた。
工作も宿題も祖父母の家でほとんど仕上げた。
教員を定年で辞めたばかりだった祖父は私の夏休みの工作をいろいろ考え、私が来るのを待ちわびていた。
こんなのはどうだ?あんなのはどうだ?と提案し、それから私が選んで一緒に作った。

でもその頃からおやつには甘い西瓜やプリンスメロンが登場した。
農家でなかった祖父母の家にはまくわうりの姿はなかった。
すでにまくわうりの人気は過ぎ、もっと甘く美味しい果物が出てきていたのだろう。

昼ご飯のあと母と遠い思い出話をしながらまくわうりを食べた。
でも、まくわうりを口にした母は『なんと表現したらいいのか・・・・』とにやり。
甘くなかったのだ!
私のまくわうりへの思い入れが強すぎたせいで『美味しくない』とは言えなかったのか。

折りしも先日従姉妹の一人が手土産に持ってきてくれた『秋田美人』というメロンがあったので、母にはそれを切った。
『美味しいね~』
完熟の秋田美人メロンはかなりの糖度だと思う。

でも!私は今日一日はなつかしのまくわうりの余韻に浸ろうと思っている。
だから秋田美人メロンは食べなかった。
d0337265_17142461.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-08-18 17:30 | 美味しいもの | Comments(20)
Commented by nasutombo at 2017-08-18 18:13
私も武田百合子さんの「富士日記」大好きで、三巻持ってます。
その頃の様子が分かり、面白いですよね。

昔の果物は甘くなかったですね。
スイカもお塩をつけて食べたし・・・。
マクワウリ、去年作りましたよ。
夫が懐かしがって、パクパク食べてました。 (^^
Commented by akittyroselaura at 2017-08-18 18:23
すご〜く懐かしくって、、、
昔を思い出し、ちょっぴり胸キュンになっていました。
子供時代を思い出すキッカケを作ってくださったhanamomoさんに感謝〜♪
Commented by saheizi-inokori at 2017-08-18 20:50
まくわ瓜、そういえば見かけないです。
三球珠代という漫才(地下鉄をどうして地下に入れたのか考えると夜も眠れない、で有名)の「ぼくは農大生」という漫才を聴いていたら、スイカを輪切りにして真ん中を食べて頭を突っ込んで周りを食べていく、というギャグが出てきて大笑いしました。
それを思い出す、輪切りです^^。
Commented by oshibanayoshimi at 2017-08-18 21:45
こんばんは。
「マクワウリ」懐かしいですね・・・あの頃は、美味しいおやつでしたよね・・・
何時から無くなったのでしようね・・・いつの間にか、プリンスメロンやアームスメロンに変わってしまいましたね・・・

おじいさまと夏休みの宿題、良い思い出ですね・・・
Commented by こんの at 2017-08-19 06:12 x
マクワウリ にまつわるいい話
しみじみ読ませて頂きました
ありがとうございます
Commented by nana at 2017-08-19 08:03 x
マクワウリ、私も食べたことがあります。
厚く皮を剥いて種を取って食べていました。
ほんのり甘く、果物と野菜の間ぐらい、
サッパリしていておいしかったです。
似たもので黄色いキンコウリも食べました。
今のメロンは本当に甘くなりましたね。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-08-19 14:39
こんにちは。
マッカウリ(そう呼んでました)、プリンスメロン、思わず懐かしくなりました。
小さい頃スイカと一緒に父が畑に植えてくれました。
最初はマッカウリ、そしていつの間にかプリンスメロンに変わっていました。
子供の頃の畑で遊んだ夏の思い出と重なっています。
今食べるとそんなに甘くはないのかな?
あの頃は十分美味しかったのですが…
Commented by unburro at 2017-08-19 18:35
こちらでは、もっと略して「マッカ」と言います。
最近は聞かなくなった言葉です。
「マッカ、クウカ(食うか)?」とか呼ばれたことを思い出しました。
(あれは誰の声だろう、父ではなく、叔父か従兄弟の様な気がする…)
幼い頃、西瓜も大好きでしたが、マッカも大好きで、
顎から果汁を滴らせて、胸までベタベタになって食べていました、懐かしいです。

長男の友人の農業青年の畑では、おばあちゃんの好物だから、
と、立派な真桑瓜を作っています。さっぱりした甘さが、やっぱり美味しいです。
でも、
毎年、おすそ分けを貰うのに、今年は届かないなぁ…
催促してみようかな…
Commented by Deko at 2017-08-19 21:38 x
昔はまくわ瓜も美味しかったのですよね。段々品種改良されてどんどん新品種が出るに従い取り残されてしまいましたね。果物等もそうですが昔の品種はどんどん廃れていってしまうようですね。それでも時々まくわ瓜や長十郎紅玉が恋しい私がいます。
Commented by haru_rara at 2017-08-20 15:42
わが家ではお盆のお供えのために、毎年夫が畑で「アマウリ」を作っています。
甘い瓜、のはずですが、もちろん、プリンスメロンに比べたら「ほんのり」。
それでも、今年も美味しくいただきました。
このかすかな甘み、昔はどれほどのご馳走だったことかと思いながら。

『富士日記』の話になると止まりませんよね。
私も時々開き、そうなると止まらなくなって読み続けてしまいます。
Commented by hanamomo08 at 2017-08-20 16:22
> nasutomboさん
こんにちは。
百合子さんのファンですか?
当時の様子がわかって、あれは貴重な日記です。
彼女の観察力には頭が下がります。
その時は覚えていても、家に帰って来たらほとんど忘れてしまいます。
食堂に来ていた見知らぬ人たちの会話も面白いですね。

昔のくだものは甘さが足りませんでしたね。
今や日本のくだものは世界一でしょう。
西瓜は今も塩を振って食べます。
だから今の西瓜は激甘です。
夏みかんも塩をかけると甘さがひきたちますよね。
まくわうり ご主人懐かしかったのですね。
あの香りはなんともいえません。
Commented by hanamomo08 at 2017-08-20 16:26
> akittyroselauraさん
こんにちは。
竿灯では保鉄優勝おめでとうございました。
そしてお疲れ様でした。

夏の懐かしい食べ物と言えばマクワウリ。
懐かしい食べ物は、いろんな事を思い出しますよね。
マクワウリがのった金属の丸いお盆まで思い出しました。
スイカもよくのせていました。
Commented by hanamomo08 at 2017-08-20 16:38
> saheiziさん
こんにちは。そちらでは見かけないでしょう?
道の駅だとあるかもしれません。
春日三球・照代の地下鉄ネタの漫才面白かったですね。
照代さんは病気で30年も前に亡くなられましたね。きれいな人でした。
秋田にいると地下鉄なんてどんなものかもわからないのに、可笑しくて笑っていました。
西瓜の話も面白いですね。
なるほどね~と納得させるから面白いです。
ご主人のほうがボケ役でしたね。

庄内柿は横半分に切ると種がないのできれいですよ。
マクワウリは真ん中のピロピロが好きだったので、当時を思い出してこのまま全部食べました。
Commented by hanamomo08 at 2017-08-20 16:49
> oshibanayoshimiさん
こんにちは。
yoshimiさんもマクワウリなつかし世代ですね。
あれしかなかったから、美味しく感じましたね。
でもいつの間にか甘い高級メロンにお株を奪われ・・・・・めったにお目にかからなくなりました。

祖父の時代は50代で退職し、時間をもてあましていたと思います。
だから初孫の私に過保護すぎるほど手をかけていました。
絵が上手でしたから、いろんなコツを教えてもらいました。
絵ももっと勉強しておけばよかったと思いましたがアトノマツリ。
祖父とはいい思い出がたくさんあります。
Commented by hanamomo08 at 2017-08-20 16:51
>こんのさん
こんにちは。
マクワウリ・・・・こんのさんは作っておりますか?
秋田ではお盆のお供えに使うので、お盆の期間だけはお店に並びます。
読んでくださってありがとう♪
Commented by hanamomo08 at 2017-08-20 16:56
> nanaさん
こんにちは。
マクワウリ、食べたことがあるのですね。
私は種もとらずに食べておりました。

>ほんのり甘く、果物と野菜の間ぐらい
すごく上手い表現!
フルーツとしてはほんのりな甘さだけど、野菜としてはとても甘い。
キンコウリ・・・・黄色い瓜ですね。
私もいただいて食べたことあります。
どちらもあっさりとした甘さでしたね。
Commented by hanamomo08 at 2017-08-20 17:02
> PochiPochiさん
こんにちは。
下にコメントを下さっている unburroさんも関西の方、マッカというんですね。
お父様が畑でスイカとマクワウリを?
子どものころは果物が大きくなる様子を見るのは楽しかったでしょう。

今のくだものは甘いので、マクワウリはごくあっさりした甘さでした。
Commented by hanamomo08 at 2017-08-20 17:16
> unburroさん
こんにちは。
マッカと呼んでいたんですね!
食べ物というのは不思議で、食べ物そのものだけでなく、どこで食べたか、その時いた人、どんな服を着ていたかまでもセットで覚えていますよね。
『マッカ、クウカ?』と声を掛けてくれたのは叔父さんか従兄弟さんなんですね。
べたべたになって食べた幼い日の記憶、懐かしいですね。

私は場所はきまって祖父母の家の縁側、窓を開け放して池の鯉を見ながら食べました。

松ちゃんのご友人にリクエストなさってください。
Commented by hanamomo08 at 2017-08-20 17:21
> Dekoさん
こんにちは。
マクワウリ、美味しかったですね。
今のくだものはあまりに甘いからきっと隅っこに追いやられてしまったのでしょう。
でも林檎だけは昔ながらの紅玉が人気ですよね。
皆さんジャムやお菓子に使うからですよね。
梨も出てきましたね。秋ですね。
Commented by hanamomo08 at 2017-08-20 17:30
>haruさん
こんにちは。
無事お元気になられてよかった。
安心しました。

奥会津でも瓜をお供えするのですね。
甘瓜・・・マクワウリとほぼ同じでしょう。
昔の人は甘く感じたのでしょうね。
私も案外すっきりして美味しいな~と思いました。
甘瓜の香りと甘さはものすごいご馳走だったのでしょうね。

富士日記、どのページを開いても楽しく読めます。
昭和40年代のあの日記を読むと百合子さんの周りの人たちの人情の深さ、彼女自身の思いやりなども知ることができますね。
ガソリンスタンドで葡萄酒一升貰ったりね。
私、絶対そのスタンドでガソリン入れる!と思いながら読んでいます。(笑)
母も富士日記の大ファンになりました。
haruさん、どうぞくれぐれもお大事に。


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

霜月の水庭
at 2017-11-23 20:27
紅茶
at 2017-11-22 20:55
母の誕生日♪
at 2017-11-21 20:17
冬薔薇
at 2017-11-20 21:10
雪♪
at 2017-11-19 20:25

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

今日は鼻水が出るので散歩..
by saheizi-inokori at 21:26
>oshibanayos..
by hanamomo08 at 11:50
>weloveaiさん ..
by hanamomo08 at 11:47
お母様誕生日おめでとうご..
by Deko at 11:45
> o-hikidash..
by hanamomo08 at 11:39
> pass8515さん..
by hanamomo08 at 11:35
> haruさん こん..
by hanamomo08 at 11:32
> koroちゃん こ..
by hanamomo08 at 11:29
ばら きれいに咲きました..
by こんの at 07:27
ありがとう、でも糠漬けだ..
by saheizi-inokori at 21:56

ブログパーツ

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...
rin時日報3

外部リンク

検索