心の料理

珍しく予定のない一日、午前中はテレビを観て過ごした。
『プレミアムカフェ イタリア 至高の郷土料理に学ぶ 奥田政行(2011年)』
奥田さんはふるさと山形鶴岡でイタリアンレストラン アル・ケッチァーノ他を経営している。
庄内の地で採れた食材にこだわって料理を作っている料理人だ。

昔大好きだった『世界わが心の旅』を思わせる番組で懐かしさがこみ上げた。
奥田さんが本場イタリアの郷土料理を体験する旅にでる。

ピエモンテ州 ウーゴさんのレストラン
d0337265_1630457.jpg

d0337265_16373748.jpg

掲げられたお母さんの手の写真
『すべての料理はこのお母さんの手から生まれた』ということでこの写真を飾っている。
d0337265_16303533.jpg

ウーゴさんは『イタリア料理というのは存在しない。イタリアではそれぞれの地方で地元のものを使ったそれぞれの料理が発展してきた。
存在するのは郷土料理なのだ。』
このレストランのメニューの一つ カプネット
さっとゆでたキャベツにお肉や野菜を包みもう一度焼き、野菜のソースをつけて食べる。
d0337265_16353354.jpg

今度はワイン農家のジャッキーノさんのお宅へ行った。
ジャッキーノさん一家は7人でほとんど外食はしない。
自分たちの作ったワインを飲み、お料理上手のおばあさんの手料理を楽しんでいた。
d0337265_16371541.jpg


イタリア スローフード協会国際本部主催「テッラ・マードレ2011」でも腕を振るいお客様に好評を得ていた。
奥田さんが作ってもてなしたリゾット二種
d0337265_16504149.jpg

旅の最後に奥田さんが南イタリアの料理人 ドン・アルフォンソのレストランを訪ねた。
アルフォンソさんはずっと奥田さんの心の支えになっていた料理人だったらしい。
自分の農園を持ち、食材にこだわった料理を作るアルフォンソさん。『キャビアやフォアグラがなくても美味しい地元の食材があれば美味しい料理は作れる』と話していた。
彼の理想は『土地のものを使って毎日食べても飽きない料理を作ること』だそうだ。
アルフォンソさんが奥田さんに作った一品はトマトとにんにく、バジルを使ったシンプルなパスタだった。
スパゲッティ・アラ・ドン・アルフォンソ
d0337265_1702325.jpg

別れの時、アルフォンソさんが奥田さんに贈った言葉は『心の料理』だった。

友人が送ってくれた生の無花果がこれで最後になった。
はちみつ漬けのような甘さのホワイトゼノアという無花果、クリームチーズをのせて紅茶のお伴に。
d0337265_177374.jpg

秋田の仁井田というところで作った野菜ブロッコリーと赤い大根。
ブロッコリーは塩湯でしマヨネーズで和え、ゆで卵を散らしお醤油をたらして食べる。
これはブレンダーをかけた母用。
d0337265_1791218.jpg

赤大根は浅漬けにした。
甘酢につけた方は目が覚めるほどの赤紫色になった。
d0337265_1710138.jpg


去年、その前の年のブログを紐解くと、その季節になると同じように旬のものを食べているのがわかる。
でも、それは秋田には美味しい旬の食材があるということにも繋がる。
家族のために、自分のために、誰かのために、心をこめて料理しようと思った。
今夜深夜に最放送がある。関心のある方はどうぞ。
※画像は番組からお借りしました。





母の髪を少しだけカットし、洗ってあげた。
d0337265_17241948.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-10-17 17:10 | 美味しいもの | Comments(16)
Commented by saheizi-inokori at 2017-10-17 17:51
この番組は以前見たような気がします。
イタリアに行きたくなった覚えがあります。
Commented by oshibanayoshimi at 2017-10-17 22:25
こんばんは。
この奥田さんの番組、観たような気がします。
恥ずかしながら、本物のリゾットというものを食べたことがないと思います。番組を見た時、リゾットというものを食べてみたいと思ったこと、覚えています。

又々、momoさんのハサミの冴え、お見事!!!
Commented by o-hikidashi at 2017-10-18 12:45
山形鶴岡の『アル・ケッチァーノ』、雑誌等でもよく見かけます。
昨朝この番組を見ていたのですが不意な用事で中断、こちらで詳しく拝見できて嬉しい~。
今朝は陳健一さんが墓参しているところをちらりと。

お母さまきれいな髪をされてますね、カットもお上手です!
母は産毛がのびる(周りにも産毛が浮いてる人が)ので数か月に一度床屋でお願いしています。
床屋だとカットの後毛剃りも、今のところ大人しく気持ちよさそうなので安心ー。^^

Commented by nana at 2017-10-18 13:04 x
こんにちわ♪
この番組、残念なことに再放送も見逃してしまったのですが、
大切なことを思い起こさせていただきました。
心の料理というタイトルにも惹かれました。
これからは地元の食材をもっと意識して、一食一食
心を込めて(作り)食べるようにしたいと思います。

イチジクは季節が短いので、生で味わいたいですね。
レストランのオードブルのようで、クリームチーズとの相性も良さそう・・・真似てみたいと思いました。
Commented by miki3998 at 2017-10-18 18:41
今日も見ました。陳建一さんの中国への旅。
奥田さんの番組への感想は、momoさんが全部記してくれたので、もうブログに書くのはいいなあと…
先週末の仕事の疲れをゆっくり癒してます。おやすみを取れるのも今月この週だけになりそうなので、のんびり流れる雲を見ています。秋の長雨、また明日から降りそうです。
Commented by Deko at 2017-10-18 21:04 x
こんばんわ
私もこの番組を見ていました。奥田さんが農場で色々な野菜をテイストしている様子等ぽりぽりかりかりむしゃむしゃ料理人の方は野菜も選抜されてそして美味しいお料理が出来あがるのですね。イタリアの片田舎の三星レストランの料理長最初のメニュウーが原点とも言われていましたね。それぞれの方々の食に対する思いを感じさせられるものでした、食=愛情につながるのでしょうね。お母様手入れのいき届いたきれいな髪ですね。
Commented by mosaku319 at 2017-10-19 08:04
大分前のことになりますが娘に鶴岡のアル、ケッチァーノに連れていってもらいました。その頃は私はよく分かりませんでしたが、娘の中では有名で予約を取るのも大変でした。
間もなくして雑誌やテレビで活躍をしてて驚きました。
忙しくなり鶴岡のお店も人任せが多くなり再び行ったときはちょっと・・・・・なんて生意気な意見を言ったりして(笑)
お隣ではケーキ屋さんもあったような記憶があります。
改めてまた行ってみたいなぁ!
下にさがりももさんのお料理も奥田さんのかと思い見っいてました(^o^)
お母様のカットも腕が上がる一方ですね。
Commented by haru_rara at 2017-10-19 20:06
『イタリア料理というのは存在しない。イタリアではそれぞれの地方で地元のものを使ったそれぞれの料理が発展してきた。
存在するのは郷土料理なのだ。』

これは日本でも同じだなあと思いました。
「和食」がユネスコの無形文化遺産に指定されたとき、テレビでは上等のお寿司や美しい会席膳のようなものがよく紹介されていましたが、そうではないんですよね。
同じ東北でも秋田と福島では違うし、同じ県内でも地域によって、もっといえば家庭によっても違う。
食べる人への愛情がこもった、その土地ならではの味わいがいいですね。

無花果とクリームチーズ、美味しいでしょうねえ!
Commented by hanamomo08 at 2017-10-20 17:40
> saheiziさん
おばんです。
こちらも雨になりました。
東京はまだ冷え込んでいますか?

2011年に放送した番組のようです。
私もイタリアに行きたくなりました。
Commented by hanamomo08 at 2017-10-20 17:43
> oshibanayoshimiさん
おばんです。
yoshimiさんもご覧になりましたか?
私もレストランでは食べた事がありません。
きっとお米も違うのでしょうね。
私のリゾットはいつも自己流です。
でもわりに美味しいです。
リゾットとおじやとぞうすい、どう違うんでしょう?
子ども達の頭を刈っていたのははるか昔、でもはさみとケープがあったので、何とか切っています。ただなので、できばえに文句は言えない仕組みにナッテオリマス。
Commented by hanamomo08 at 2017-10-20 17:49
> o-hikidashiさん
おばんです。
そういえば私も見たことがあるかもと思ったのは雑誌でかもしれません。
そう言っていただいて嬉しいです。

『アル・ケッチァーノ』予約びっしりでしたね。でも、奥田さんが作ったお料理を食べたいな~。
陳健一さんの番組もあったのですね。

カットは恥ずかしい素人カットなのですが、母は髪が豊富なのでうらやましいです。
お母様床屋さんへ、身だしなみは大事ですよね。
私は怖いので母の産毛そりは電気カミソリでテキトウーにやっているだけです。
Commented by hanamomo08 at 2017-10-20 17:54
>nanaさん
おばんです。
長い記事を読んでいただき感謝しております。
『心の料理』いい言葉だな~と思いました。
豪華な食材を使わなくても、その土地で食べなれたものはご馳走なんですよね。
そして体にもいいのでしょう。
そちらにも美味しい食材がたくさんありますね。お芋も蓮根もおいしかったな~。

この無花果は表現できないほど甘かったです。
生食用として売られている赤い無花果よりもかなり糖度が上なのです。
クリームチーズと無花果が口の中で溶け合って美味しかったです。
Commented by hanamomo08 at 2017-10-20 17:59
> miki3998さん
おばんです。
陳建一さんの中国への旅は見逃しました。
奥田さんのイタリア紀行 よかったですね。
いえいえ、いつか書いてください、拝見したいです。
疲れをゆっくり癒す時間が持ててよかったですね。充電の時間は大切ですよね。
貴重なお休み、リフレッシュできましたか?
秋は雨が多いですね。
でもさっき、すぐ近くの空き地へ行ったら、野葡萄の実があまりに美しくて、少し貰ってきました。雨にぬれてなおさらきれいでした。
そちらも雨が多くて寒いようですね。
お忙しいでしょうが、体調管理をしながら頑張ってください。
Commented by hanamomo08 at 2017-10-20 20:49
>Dekoさん
おばんです。
ご覧になりましたか?
どの畑に行っても奥田さんはすぐに生の野菜をぼりぼり食べていましたね。
自分の舌で確かめるのでしょうね。
ドン・アルフォンソのレストランがある町は人口3000人とか言っていましたね。
そんな小さな街にあるレストランに世界中から料理を食べに来るのですね。
子どものころ親が作ってくれた土地の料理を次の世代にバトンタッチする事も大切だな~と思いました。
いい番組でしたね。

母の髪はちょっと長くなったな~と思ったら私が切るだけです。
細かいところは目をつぶってねと言い聞かせています。
Commented by hanamomo08 at 2017-10-20 20:54
> mosaku319さん
おばんです。
奥田シェフのお店に行かれたことがあるのですね。
番組で話していましたが、開店当初はひまひまでお店のスタッフもしょぼんとしていたそうです。
それがだんだん有名になりましたからね~。
東京の銀座にもお店があるのですね。
だからお料理もお弟子さんたちに任せているのでしょうね。
スイーツのドルチェというお店もあるようです。
プロのmosakuさんに見られたら恥ずかしい限りです。
トラ刈りだけはやるまいと思っているのですが・・・。
Commented by hanamomo08 at 2017-10-20 21:02
> haru_raraさん
おばんです。
その言葉を聞いて心から頷けました。

日本でも同じですよね。
福島にはharuさんが紹介してくれる『こづゆ』という美味しそうなスローフードがありますね。
まねして作ってみたいな~と思っています。

番組でワイン農家の家族が奥田さんに日本にイタリアワインはあるのか?と聞いているシーンがありました。
日本にはあらゆるイタリアワインがあると答えると『へ~』という感じでした。

文化遺産に指定された和食だって、庶民の手が届かないような上等のお寿司や懐石ではなく、その地方のお母さん達が代々守ってきた
郷土料理などがまさしく和食なのだと思います。
無花果とクリームチーズとてもよく合います。


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

霜月の水庭
at 2017-11-23 20:27
紅茶
at 2017-11-22 20:55
母の誕生日♪
at 2017-11-21 20:17
冬薔薇
at 2017-11-20 21:10
雪♪
at 2017-11-19 20:25

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

今日は鼻水が出るので散歩..
by saheizi-inokori at 21:26
>oshibanayos..
by hanamomo08 at 11:50
>weloveaiさん ..
by hanamomo08 at 11:47
お母様誕生日おめでとうご..
by Deko at 11:45
> o-hikidash..
by hanamomo08 at 11:39
> pass8515さん..
by hanamomo08 at 11:35
> haruさん こん..
by hanamomo08 at 11:32
> koroちゃん こ..
by hanamomo08 at 11:29
ばら きれいに咲きました..
by こんの at 07:27
ありがとう、でも糠漬けだ..
by saheizi-inokori at 21:56

ブログパーツ

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...
rin時日報3

外部リンク

検索