カテゴリ:うれしいこと( 22 )

祝う

今年は大型台風の通過と敬老の日が重なった。
深夜2時ごろものすごい雨の音で目が覚めたが、雨も間もなく止み、あとは風が強い程度だった。
26年前の平成三年の台風19号を思い出すと、今回の台風は大型とはいえ、秋田は大きな被害がなかったような気がした。
でも被害の状況と言うのはもう少したたないとわからないのかもしれない。
あの台風のときは塩害で鉢植えの花や庭の木が枯れたりしたから、もっとすごかった。
9月は台風の季節、これから発生する台風も被害が出ませんようにと祈ることしかできない。
d0337265_18224216.jpg


夕方から夫は出かけるので、お昼にささやかな敬老のお祝いをした。
さつまいもやシメジを入れたおこわを炊き、秋鮭と鯵のフライを作った。
d0337265_1825826.jpg

さつまいもはほくほくと美味しく、新牛蒡・にんじん・シメジなどを入れて炊き込んだ。
d0337265_18265512.jpg

硬かったねぎが美味しくなってきた。
葱の白いところをじっくりと炒めたものを入れただし巻き玉子。
葱の甘みがとても美味しい。
d0337265_1847299.jpg

小さな器に入っているのは枝豆の料理で、鞘から出した枝豆に絹ごし豆腐を少々混ぜてブレンダーで滑らかにしたもの。(味付けは塩だけ)
私たちはパクパクと食べている枝豆だが、母にも美味しい枝豆をたくさん食べさせたいと思い、作った一品。
もっと滑らかにしたペースト状の枝豆をバニラアイスに混ぜ込んだ美味しいアイスクリームが山形にある。
d0337265_1832443.jpg


フライに添えた茄子とインゲンの揚げたものは、クーヨン(雑誌)に載っていたレシピで作った。
素揚げした茄子とインゲンに味噌・醤油・みりん・カレー粉を混ぜたものをからめたもの。
ご飯のおかずにも、お酒のあてにもいけるものだった。
d0337265_18355862.jpg


昨日から母は砂山を歌っている。
私は歌詞がわからないので、母の唱歌の本をめくった。
砂山は大正11年に作られた歌だった。(中山晋平 作曲の方)
昔の歌はメロディーもいいが、歌詞も叙情的ないいものが多い。
d0337265_18455041.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-09-18 18:00 | うれしいこと | Comments(17)

ありがたい

先日母と一緒にある介護施設を見学させてもらった。
ここ数年でものすごい勢いで増えてきていたたくさんの施設を見てみたいと思ったのが理由。
パンフレットやHP、説明を聞いても実際に見てみないとわからない事がたくさんある。
今の介護施設はそれぞれ特色があるので、自分に合ったところ見つけるにはやっぱり見学させてもらうのがいいと思ったのだった。

お風呂に入れてもらうのも見せてもらった。
母は車椅子からお風呂用のリクライニング式の椅子に移してもらい、そこで髪や体を洗ってもらった。
それからその椅子ごとこのようなお風呂に入れてもらった。
d0337265_18334028.jpg

お風呂の正面にドアがついており、それをしめてお湯を張る。
約90秒で満タンになる。
好みでジャグジー風呂にも出来、ぬるめのお風呂が好きな母の要望でお湯の温度は低めにしてくれた。
d0337265_18352618.jpg

そのあと口の体操をしてお昼ご飯の時間。
ご飯は炊きたて、味噌汁も出来たて。
おかずは高齢者専用の宅配お弁当だった。
d0337265_18393431.jpg

大好物のいわしの梅干煮、鶏肉の卵とじ、青梗菜と湯葉のおひたし、五目豆、大根の漬物
(これで500キロカロリー弱)
美味しかったとほとんど食べた。
d0337265_18423192.jpg

5時間ばかり母に付き添ってとても疲れたが、『百聞は一見にしかず』とてもいい経験をさせてもらった。
このごろは本人だけではなく家族も一緒に見学する人が多いそうだ。
多方面から見ることで、自分に合った行きやすい場所を見つけることが出来るのだと思う。
快く体験をさせてくださった皆様に感謝の気持ちでいっぱいだ。
d0337265_18481262.jpg


More 甘~いものばかり
[PR]
by hanamomo08 | 2017-04-04 17:22 | うれしいこと | Comments(12)

引き出す力

母のために訪問看護師さんが来てくださった。
『春めいてきたら早速こうなりました。』と鼻炎の症状がつらそうだった。
朝一番で行ったお宅ではお風呂の介助だったらしい。
一日何人もの人を訪問する体力もさることながら、彼女のコミュニケーション能力の高さにはいつも感心させられる。
『今は病気で療養していても、その人が輝いていた時期が必ずあったはずだ。それを聞く事が私の最高の喜びだ。』という。
話しかけられると、母の顔は笑顔になり、次第に顔が生き生きとしてくる。
ただ根掘り葉掘り質問するわけでもなく、彼女にならいろんな事を話したくなるようだ。

どんな仕事でも『その人の良さを引き出す事』が出来る人はすごいと思う。
いろんな資格も持っている人だが、デスクワークではなく、こうして現場を回って実際に人と話す事が一番自分に合っていると言う。

母だけでなく、私にとっても大切な時間になっている。
帰るとき、『また来てくださいね!』と母が言う、笑顔の二人を見ている私もとても幸せだ。

お昼
トースト、エリンギとソーセージの炒め物、春菊のナムル、ゆで卵 牛乳
d0337265_235960.jpg


買い物に行く途中通る畑、とり残しの野菜がポツリポツリ雪の下から出てきている。
あと少し経ったら畑仕事が始まるのだろう。
雪はほとんど消えかかっているが、まだらに残っている雪が地上絵のようで楽しかった。
なんだかおばさんが二人向かい合って世間話をしているようにも見える。
もう一日晴れれば、こんな雪は瞬く間に解けてしまいそうだ。
d0337265_2311172.jpg


晩ご飯
 ヤリイカの煮付け、秘伝(青豆)の塩豆、にんじんとうどのきんぴら
d0337265_23183521.jpg

 今夜は夫が仲間と飲み会なので私の飲み物は梅酒。
 熟成されるほどいい味になっている。
d0337265_23204812.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-03-15 22:38 | うれしいこと | Comments(4)

余韻

従兄弟の結婚披露宴で彼の職場の上司が素敵な演奏をしてくれた。
アルトサックスで演奏してくれたのは私も大好きなミーシャのEverythingだった。
会場は素敵なサックスの音色に包まれ、幸せなひとときだった。
今度サックスのコンサートにも出かけてみたい。
幸せそうな2人の笑顔の写真を見ながら余韻に浸っている。
d0337265_1672465.jpg

************************************************************
palletさんのブログで可愛いすみれの刺繍を見せていただいた。
私も手ぬぐいを『すみれ』にした。
外は時折吹雪のようになった一日だったが、一足早く目で春を楽しもう。
d0337265_18484832.jpg

お雛様を片付けたので少しだけ模様替え
d0337265_18551917.jpg

*************************************************************
夕餉
 
根曲がり竹と里芋の煮物
d0337265_18562794.jpg

鯵のお刺身
d0337265_18565256.jpg


お弁当(コロッケ、かぼちゃと春菊の天ぷら、ウインナー、メンマと胡瓜のサラダ
d0337265_18582611.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-03-07 19:03 | うれしいこと | Comments(8)

帰りました♪

昨日のこまちから見えた風景
d0337265_18373211.jpg

こんな風景が雫石あたりまで続き・・・・・・
d0337265_1838923.jpg

盛岡を過ぎると雪はほとんどなく、福島、栃木あたりまで来ると畑が青々として、
東京から東海道新幹線に乗り換え、結婚式場の街へ着くと晴天
d0337265_18405995.jpg


素敵な結婚式でした。
d0337265_1841432.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-03-05 18:41 | うれしいこと | Comments(18)

結婚式へ

従兄弟の結婚式に出かけます。
行き先は・・・・・。

華やかな熨斗袋にお祝いをはずみました!
小さい頃からとても可愛がっていた従兄弟です。
水色の方は母からのお祝いです。
d0337265_20384244.jpg


何を着ていこうか迷いましたが、こんな色合いで落ち着きました。
では旅の報告は帰ってから。
d0337265_2042530.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-03-04 18:00 | うれしいこと | Comments(2)

へちまたわし

新聞で料理家の細川亜衣さんのエッセイを読んだのはもうだいぶ前だった。
亜衣さんはだいぶ前の首相 細川護煕さんの息子さんの奥さんで、今熊本に住んでいるようだ。
(ちなみに夫は陶芸家らしい)
その亜衣さんが土曜日の新聞紙上のエッセイの中で紹介していたのが『へちまたわし』だった。
キッチンスポンジの変わりに食器洗いに使っているが、とても使い勝手がよいと書いてあった。

それから数ヵ月後ブログのお友達やっこさんがお父上が丹精こめて作ったヘチマタワシを私に送ってくださった。
d0337265_20421176.jpg

収穫してから、水につけ、表面の皮を腐らせて、繊維だけにしてくれたもの。
天日干しも大変だったと思います。
春になる前に送ってくださったのに、なかなか下ろして使うのがもったいなくて・・・・。
でも今日、はさみでスポンジの大きさに切って食器洗いに使ってみました。
洗剤なしでもとてもよく汚れが落ちる優れものでした。
乾燥しているとかなりの張りがあったのが、水をつけると柔らかくなり手によくなじみました。
まだ使い始めですが、へとへとになるまで使ったら植物なので土に返せるところがいいと亜衣さんも書いていました。
食器洗いの洗剤をつけるととても泡立ちがよくてびっくりでした。
もう一本はお風呂で使わせていただこうと思っています。
この美しいヘチマの繊維でお風呂タイムも楽しくなりそうです。
d0337265_20431499.jpg

やっこさん、本当にありがとうございました。
大切に使いますね。
**************************************************************
柿しごと
 来客もあり、家事もあり、居眠りありで柿むき作業はなかなか進みません。
 今日は50個ほどむいただけ、頼みの夫も遊びに忙しく、まあ焦らず少しずつやろうと思います。
d0337265_2048181.jpg


お昼ご飯
夫が外出先から戻って食べると言うので昨日買ってきた美味しいバゲットでフレンチトーストを作った。
d0337265_20505993.jpg

適度に噛み応えもあり、美味しいパン屋さんのパンで作ったフレンチトーストは満足の味だった。
d0337265_205146100.jpg


More  初あられ
[PR]
by hanamomo08 | 2016-10-24 20:46 | うれしいこと | Comments(12)

樹齢40年

今年も小布施のkomorebiさんの桃畑から大きな桃が届けられた。
今日のクロネコのお兄さんは『そういえば何年も桃を食べてないな~』と笑っている。
そうか、一人暮らししているとそうかもしれないな~と遠くに住む息子を思った。
『果物は体の調子を整えてくれるから、ちゃんと食べなさいよ』と電話が通じると言っているが、食べているだろうか?
箱の隙間からこの上ない美しい桃色がちらりと見える。
この桃は樹齢40年の木になったものだと言う。
『山根白桃』は今作っている人が少ない桃、どの果樹園でも、日持ちがして流通に強く扱いやすい品種に力を入れているらしい。
でも一度この桃の美味しさに取り付かれると『どうしてこんなに美味しい桃なのだろう♪』となってしまう。
d0337265_16141973.jpg

美しい桃の色は『ピンク』と表現するのではなくやっぱり『ももいろ・桃色』と言い表したい。
送ってくださった山根白桃は特大のサイズ、薄い皮の下にはたっぷりの甘い果汁が入っている。
小さな秤を持ってきて母に量って貰った。チャンピオンは400グラムを超え!
d0337265_16191235.jpg

お昼ご飯のあと早速いただいた。
皮のすぐ下は白くて、中のほうはきれいな桃色だ。
果汁たっぷりで滑らかな食感の桃、もちろん口の中には桃のいい香りが広がる。
幸せをいただいた古い桃の木にも『ありがとう』とお礼を言いたい。
d0337265_16235772.jpg

**************************************************************
朝顔 初咲き
今朝、見つけた朝顔の花第一号、種をまいてからおよそ一ヶ月濃い紫の丸葉朝顔の花。
小さなとんがり(花芽)がたくさんついている。
庭の薔薇は秋まで一休み、今度は朝顔が主役になる。
d0337265_16333670.jpg


お弁当
 イカの磯辺焼きとズッキーニ、かぼちゃ、揚げかまぼこ、突きこんにゃくと野菜の煮物
d0337265_16345934.jpg


小さい水茄子の一夜漬けが美味しい
d0337265_1636839.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-08-10 16:50 | うれしいこと | Comments(6)

renovation

数日前の新聞で築38年のアパートが地元デザイナー5人の手でよみがえったという記事を読んだ。
建ってから40年近くなった古いアパートがどのように変わったか、見てみたいと思い出かけた。
アパートは鉄筋4階建て、こんな階段がついていた。
d0337265_2128363.jpg

案内された一つ目の部屋は黒を基調にした、ややシャープな感じ。
20代前半の若い女性が設計したらしい。
d0337265_2133561.jpg

流し台は古いものに薄い板を張ってリメイクしたもの。
d0337265_21332334.jpg

湯沸し機が見えるがそれをカバーするように黒板が立っている。
窓べには裸電球がついていて外の緑とよくあっていた。

二つ目は、白を基調にした若い男性デザイナーさんが手がけた部屋。
仕切りをすべて取り払い、床材に杉板を使っているのが印象的だった。
壁には珪藻土が吹き付けられていた。
d0337265_21371137.jpg

この部屋の向かって左手は吊り戸で仕切る事も出来るようだ。
ここが寝室になるのではないだろうか。
d0337265_21392445.jpg

キッチンを対面式にし、換気扇のダクトなどあえて見せていた。
d0337265_21555040.jpg

テーブルの置かれた窓際からはきれいな緑が眺められる。
d0337265_21574696.jpg

こうやってリノベーションされた部屋は内覧会後、入居希望者増え、現在は満室になったそうだ。
すべて新しいものを使って元通りにするリフォームから、現在あるものを利用しながら、住みやすくしていくというリノベーション。
この部屋の住み手によって、ますます快適な部屋になっていくのだろう。
丁寧な説明、案内に感謝して帰宅した。
*******************************************************
晩ご飯
 海老ととりむね肉のしゅうまい
バナメイ海老とむね肉をミンチにして、酒・塩・醤油・片栗粉・ごま油・生姜のすりおろし・新玉ねぎのみじん切りと混ぜて蒸した。
d0337265_449276.jpg

今年初のきゅうりのからし漬け(きゅうりが安くなってきた)
d0337265_4493897.jpg


お弁当
 五分搗き米のおにぎり(筋子と梅干)
 卵焼き、かぼちゃの甘煮、ひじきの煮物、スナップエンドウとベーコンの炒め物
d0337265_4521817.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-06-06 21:56 | うれしいこと | Comments(6)

母の日

朝ごはんの時、今日は母の日、何か美味しい物を食べようという話になった。
いろいろ考えたが、母に何がいいと聞いたら『あんぱん』という。
それならば美味しいあんぱんを買って食べようという事に話がまとまった。
パン屋さんでカーネーションをいただいた。
お昼ご飯にいただいた、美味しかったね~。
d0337265_20361479.jpg

帰りにホームセンターでペチュニアを買った。
気温が上がってきたのでそろそろ植えたいと思っていた。
お昼ご飯の後、夫が植えてくれた。
隙間があって今はちょっと寂しいが、ふんわりと花が増える事を期待して一本植えにしてもらった。
d0337265_20392713.jpg

午後私はゆっくりしていた。
録画していてなかなか見られなかったドキュメンタリーを見た。
難病と戦いながら生きている『岩崎航さん』の日々を追いかけた番組だった。
一度は死ぬ事も考えたというが、今では生きていて本当に良かったと話していた。
番組の中で紹介されたたくさんの五行歌の中にこんな歌があった。

 暮らしを楽しむ
 楽しもうとする
 そのこころが
 とても大事だということを
 知った

40歳の誕生日を迎え岩崎さんはお酒を少し飲むようになった。
お姉さんがワインの栓を抜いて、青い切子グラスに白ワインを注いだ。
それをストローでちょっとずつすする航さんがテレビに映し出された。
暮らしを楽しみながら生きている姿だった。
入院中の同じ病気のお兄さんとの会話も感動的だった。
ご両親はどんなにか辛い思いをしたか、計り知れない。
ご両親はあれから幾つもの山を乗り越えられたのだろう。
航さんに向けるまなざしが温かく、とても穏やかだった。
見終わったとき、いい家族に出会えたような気持になった。

ブログで仲良くしていただいていたお友達が二日に天国へいってしまった。
いつか秋田で会いたいねといいながら、とうとう会うことはかなわなかった。
病気に立ち向かう力強さをブログで見て、いつもこちらが励まされていた。
私のブログをみて、おそろいのものがあるととても喜んでくれたことが懐かしい。
お会いしたことはなかったが彼女の書く文章からは、生きる事への強い希望が感じられた。
それが午後見た岩崎さんの生き方と重なってならなかった。
今夜はおそろいだねといってくれた器に、山菜と身欠き鰊の煮物を盛った。
心からご冥福を祈ります。
d0337265_21214531.jpg

ソースにすり胡麻を混ぜたものを薄いとんかつにつけていただく。
ゆっくりしていい母の日だった。
母と一緒に過ごせた事も感謝だった、ありがとう♪
d0337265_215509.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-05-08 20:53 | うれしいこと | Comments(10)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

秋の蠅
at 2017-09-20 16:16
やっと・・・・・・
at 2017-09-19 21:08
祝う
at 2017-09-18 18:00
強風
at 2017-09-17 20:26
朝顔のスケジュール
at 2017-09-16 19:47

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

おんこの実ってイチイです..
by saheizi-inokori at 21:43
美味しそうなおこわですね..
by Deko at 17:03
夜汽車に乗って朝到着良い..
by Deko at 16:52
やれ打つな蠅が手をすり足..
by Deko at 16:42
> sidediscus..
by hanamomo08 at 16:15
> PochiPochi..
by hanamomo08 at 16:13
>ゆきさん こんにちは..
by hanamomo08 at 16:08
> unburroさん ..
by hanamomo08 at 16:01
> o-hikidash..
by hanamomo08 at 15:55
> oshibanayo..
by hanamomo08 at 15:49

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索