カテゴリ:日々のこと( 156 )

34度 猛暑

ブログを初めてから今日のような日があると毎年書いているような木がするのだが、私が子どものころは34度なんていう日はなかった。
小学校低学年の頃の絵日記には、『今日は29度もありました』と書いてあるから、29度でもかなり暑い日だったのだろう。
涼しいはずの北海道でも30度を越える日が何日もあるのだから、最近の気温の上昇はちょっとおかしいと思っている。

我が家のエアコンはかなり大型だが、今日はフル稼働し手も、そう冷え過ぎるということはなかった。
暑いからといってもじっとしているわけにもいかず、掃除機をかけ、固く絞ったタオルで床を拭いたりして気を紛らわす。
鳥も暑いのか、エゴノキにとまって甲高い声をだしている。
やまがらの姿はなく、涼しい場所で過ごしているのかな~。

そんな中、ヤブカンゾウの花が咲いた。
一重のノカンゾウ、八重のヤブカンゾウと言われているが同じ仲間。
ヤブカンゾウは春の新芽をおひたしにして食べる。
そして私の祖母は、ヤブカンゾウの蕾を味噌漬けにしていた。
もう久しく食べていないが、蕾には甘みがあった。
奈良の尼寺の尼さんたちは、この蕾をゆでて甘酢に漬けて食べていた。
暑い時期に咲く野草だが、色も姿も涼しげでとても好みの花だ。
d0337265_2285225.jpg

***************************************************************
ビアガーデン日和
 美味しいドイツソーセージをこんがり焼いて、今年初のゴーヤチャンプルーを作った。
d0337265_22122451.jpg


お弁当
 きんぴら牛蒡、ミニトマト、ブタロースの炒め物、
d0337265_22193482.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-07-21 22:14 | 日々のこと | Comments(16)

炎天

5時半、この時点でもう暑い!
釣りに行く夫のお弁当を作り、早めの朝食。
昨日道の駅で買った『シンシア』という女性の名前のような新じゃがを味噌汁に入れ、ブロッコリーをゆでてベーコンエッグを焼く。
洗濯物を干しにベランダに出ると、救急車の音が聞こえる。
それほど近くでもないが、遠くでもない。
何度か救急車を呼んだ経験のある私だが、この音はどうしても耳に慣れない。
母はイオン飲料の類を好まないが、試しに・・・・と思って飲んだものが気に入ったらしくほっと胸をなでおろした。

駅前に用事があって、出かけなければならなかった。
『今日はすごく暑いぞ!』と自分に言い聞かせながら表に出た。
紫陽花はちょっと元気を失っているが、鉢植えの薔薇はどれも皆元気にしていた。
薔薇に少し元気をもらって、いざ炎天の下へ。
こんな日は一本の電柱の影でもありがたいが・・・・・。

電柱の影に先客真炎天 清水公治


エアコンの効いた部屋から太平山を望む。
いつもよりちょっと街の顔をした太平山だ。
d0337265_23291983.jpg

思ったよりも早く用事が済み、デパートへ。
日曜日だからというよりも、暑いからという理由かものすごい人だった。
真っ赤に熟した秋田のトマトが大きな盆ざるに積まれている。
大きそうなのを選んでかごに入れた。
バック一つで外出しても、主婦の帰り道はいつも思い荷物がもれなくついてくる。
今夜の一品は火を使わない塩トマトに決めた!

炎天に負けてはならぬ母達者 竹内美智代


空はすでに夕方の表情になっている。
ご近所の松の新芽がこんもりと塀から出ている。
早く涼しくなって欲しいと願いながら帰った。
d0337265_23421748.jpg

家のそばからまた救急車の音。
北国の32度は厳しい暑さ、明日は更に一度上がる予報が出ている。
梅雨明けかと勘違いしそうだが、来週はまた雨のマークもあったようだ。

晩ご飯
 小海老のフライ、塩トマト、いそがきの味噌汁
d0337265_23463199.jpg


More 頑張れ!
[PR]
by hanamomo08 | 2017-07-09 23:19 | 日々のこと | Comments(4)

梅ソーダ♪

今日は母の往診の日。
母の主治医は家で療養しているたくさんの人へ出向き、診てくださっている。
いつも駆け足で病院へ戻られるのでこちらも遠慮していたが、今日こそは喉を潤していただこうと思った。
琥珀色に色づいた去年の梅シロップを炭酸水で割ったものだ。
青い切子のグラスに梅ソーダを作りお出しした。
ほんの一口のソーダをとても喜んでくださった。
d0337265_1731947.jpg

私は今年も梅シロップを作った。
1キロの梅の実の中から7~8個は冷凍庫で凍らせて、氷砂糖がとけてきてから加えた。
しわしわになっているのが生の梅、凍らせた梅は丸いまま。
d0337265_1724916.jpg

6月の29日に作った梅シロップは今日で8日目。
氷砂糖は下に沈んでいるもの以外はほとんど融けている。
時々瓶をゆすっているが、夫もゆすっていた。
梅の実からシロップが出てくると誰でもゆすりたくなるものらしい。
なんだかある日の私のような俳句を見つけてしまった。

梅酒壜パジャマのままに揺する母  田村園子

アナベルが次々に咲いてきたので、壁の花入れにいけた。
二年めでこれほど大きな株になるとは思わなかった。
繊細で何よりもこの色がいい。
来週あたりまた挿し木をして増やしたいと思っている。
d0337265_17123912.jpg



今日は風もあり梅雨とは思えないとてもさわやかな一日だった。
それなのに豪雨で苦しんでいる人々がいる。
ニュースに映し出される光景はあの3.11の津波の映像と似ていた。
家と家の間は流れてきた倒木で埋め尽くされて手がつけられない状況だった。
『雨よ、もう降らないで!』と叫びたいが、どうすることも出来ない。
風の入る部屋で気持良さそうに昼寝している母を見て、被災地の人々のことを案じた。

ギガンジューム 
いけばなのお稽古に通っていた頃、今頃になると花材に来ていた花。
習いはじめの頃は手こずった花だった。
茎を短く切ってしまったこともあった。
今ならどういけるかな~と思いながらよそ様の丹精こめて育てた花を見ていたのだが、やっぱり生けるのが難しい、このまま花壇ですっくっと立っている姿を見ているのが一番きれいだと思ってしまった。
d0337265_1736262.jpg


More 七夕の夕餉
[PR]
by hanamomo08 | 2017-07-07 20:56 | 日々のこと | Comments(2)

たんじょうび

6時、目覚まし時の不快でしつこい電子音で目を覚ます。
そっと起きだして窓を開けると、暑くなりそうな気配だった。
明日から梅雨らしい天気になりそうなので、もう一度洗濯機を回し、シーツや綿毛布を洗った。
『誕生日なのにご苦労さん』と母が言う。(あ!忘れてなかったんだ。)

暑かったのでお昼ご飯は冷やし中華にした。
柔らかくなるまでゆでたえんどう豆をのせたら大喜びしていた。
歯が悪いので工夫は必要だが、季節のものは味わって欲しい。
d0337265_21504170.jpg

ご飯のあと母と昔の夏の話をした。
私も子どものころ入った『蚊帳』の話が出た。
ちょっとざらっとした感触の麻の蚊帳は緑色で、留め金のついているところは赤かった。
深緑と赤の強烈なコントラスト・・・・昔の人たちの美的センスはなかなかだ。
留め金には紐がついていて、それを鴨居に引っ掛けて吊った。
入るときは蚊帳の裾をパタパタやってなるべくすばやく入った。
一緒に蚊が入らないように早く入るようにと言われた。

蚊帳の中は特別な空間だった。
たった一枚の麻布で仕切られただけでなんだかウキウキして眠れなかった。
並べて敷いた布団は海に早変わり・・・・。
蚊帳の中ふとんに泳ぐ子供かな  山田六甲

子どもの頃の母は蚊帳の中に蛍を放してその光を楽しんだそうだ。
蛍は弟たちが採ってきたそうだ。
想像するだけで美しくうらやましい光景だ。

蛍もはらからとなり蚊帳のなか 増田甚平

縁側の戸を開け放ち蚊帳を吊って寝るととても涼しかったという。
たぶん、いまのようにエアコンの室外機から出る熱や、自動車の出す排気ガスもなく、土がたくさんあった時代は今よりも涼しかったのだと思う。

蚊帳消えて昭和の暮し遠くなり 羽賀恭子

今は蚊帳を吊る鴨居のない家もあるのだろうな~。

夕方になって今晩は何を作ろう?と思っていたらご近所の仲良しの人が『男鹿のみずだって~』といって持ってきてくれた。
根っこが真っ赤でとてもいいみずだった。
早速洗って皮をむきブレンダーにかけるとものすごく粘る。
鰹節と味噌を入れてさっと火を通して美味しい『みずたたき』が出来た。
母の生家にはこのみずがたくさん生えていて、母の大好物の料理。
冷やしてご飯にかけて食べた、夏の香りがした。
d0337265_21421117.jpg

午後から気温が上がり蒸し暑くなった。
今年初めてのエアコンを入れて、除湿した。
庭には雨がよく似合う紫陽花の花が色づいてきた。
今日も母と無事に過ごせたことに感謝した私の誕生日だった。
d0337265_21443061.jpg


お弁当
 梅干のおにぎり
 こんにゃくのおかか煮、玉子焼き、かにかまぼこ、糠漬け、さくらんぼ
d0337265_21464097.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-06-30 22:01 | 日々のこと | Comments(32)

散歩の楽しみ

夕方ちょっと早めにご飯の仕度をして、夫が帰ってから散歩に出かけた。
今日の秋田は最高気温24度で歩くにはとてもよかった。

形のよいユリノキからスタート。
d0337265_2144445.jpg

歩道が確保されている大きな道路沿いを歩いた。
快晴の夕方なのに、通勤帰りの人はいても散歩している人には会わなかった。
ジョギングしている男性2人と会っただけ。
大きなビルの前に咲いていたのは一重の小さな蔓薔薇『バレリーナ』
ベンチにかぶさって咲きとてもいい雰囲気だった。
d0337265_21515920.jpg


裏通りを歩いていくと隠れ家のようなカフェがあり、中から楽しそうな会話が聞こえた。
小さな入り口にはやっぱり小ぶりのピンクの薔薇が咲いていた。
d0337265_21533593.jpg

広い駐車場に咲く薔薇は我が家にもある『ニュードーン』だろうか。
無機質なフェンスを覆い尽くしてなんともいい景色。
我が家の薔薇も来年はもっと花をたくさんつけますように。
d0337265_2156789.jpg

30分ほどの散歩でたくさんの薔薇をみて楽しかった♪
梅雨の晴れ間を見てまた歩こうと思った。
***************************************************************
晩ご飯
 鱈の甘酢あんかけ
d0337265_2233985.jpg

お弁当
 きすと海老の天ぷら・きんぴら・絹さやとにんじんの炒め物・糠漬け
 赤いさくらんぼが入るだけでお弁当が華やぐな~。
d0337265_22121743.jpg


More 糠漬け
[PR]
by hanamomo08 | 2017-06-27 22:16 | 日々のこと | Comments(8)

梅雨晴れ間

昨日からシトシトと梅雨らしい雨が降っていたが、お昼近くになって晴れてきた。
洗濯物を干すときは、外か家の中かで少し迷ったが、降ってきたら取り込めばいいと外に干す。
予想通り、お日様が出てきたのでキッチンで使っている布巾も煮洗いして外に干した。

何もかも洗いたくなる梅雨晴れ間 恩塚典子


リハビリが終わって先生が帰っていったら、母が自宅へ帰って片づけをしたいと言い出した。
晴れてきたので自分も何かしなければならないと思ったのだろう。
自分の体がきかなくなってしまったことをすべて受け入れられないようだ。
わかっていても、やれそうな気もするという。
かわいそうだが、現実は片付けるなんて出来ない。
そこは実の親子、笑いながら
『私が暇になったら、責任持ってきれいに片付けてあげるから心配しないで!』と言った。
突然病気になってしまったので、母本人もやりそこねてしまった片づけをやりたい気持になっているのだろうが、私のストレートな言葉に、苦笑しながら『じゃあ、私が死んだらすべてやってくれるの?』といってきた。
『しっかりやるから何にも心配しないで!』とまた言った。
親子はこういう話も難なくできてしまう。
これが他人同士ならとても言えない内容だ。

気持を切り替えてお昼ご飯を食べ、今朝一番で届いた『さくらんぼ』を開けた。
d0337265_17433778.jpg

つやつや、ぴかぴかの赤が顔を出し、二人で『わ~きれいだ~!!!』と歓声を上げた。
ずっしりと重い箱を母の前に置く。
しみじみと眺めて『美味しそうだね~』とつぶやいている。
さっと塩水で洗いお皿に分けた。
口に入れると、程よい酸味と甘みが広がった。
母も赤いさくらんぼを眺めながら口に運んでいた。
d0337265_1745146.jpg

6月を代表するくだもの さくらんぼ。
これほど夢のあるくだものは他にあるだろうか。
食べても食べても後を引いてしまうさくらんぼ。
季節の恵みに感謝したい、ごちそう様でした♪
d0337265_17473014.jpg

*************************************************************
そろそろ終り
五月の初めから咲き始めた我が家の椿もそろそろ花が少なくなった。
d0337265_17594161.jpg

雨上がりに手の届く枝を切って今年最後と思って飾った。
終り近くになると全体に桃色がかってくるのはいつものこと。
切った一枝はよく見ると風ですれた傷もついていた。
咲き始めてもうすぐ二ヶ月、長い間咲き継いでくれてありがとう。
今年も十分楽しませてもらった。
お気に入りの花いれに生けた。
d0337265_1815453.jpg

*************************************************************
晩ご飯
 今夜もきすのてんぷら
d0337265_2041167.jpg


きすの天ぷらは口に入れるとふわ~としてほろほろとほぐれる。
釣りたてだからお刺身も塩焼きも美味しいのだが、この魚に一番あう料理は天ぷらだと思う。
d0337265_20445348.jpg


お弁当
 きすの天ぷら、醤油卵、きんぴらごぼう、にんじんの糠漬け、ブロッコリー、コーン
d0337265_183251.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-06-26 20:45 | 日々のこと | Comments(12)

掃除当番

我が家のあたりではごみ集積所のお掃除を回り番でやっている。
その場所へごみだしする人が一週間ごとに担当し、名前を書いたプレートを自分が終わったら次の人に持っていく仕組みだ。

このあたりも高齢の人が増えた。
近所の情報通の女性が先日私に近づいてきて一つの提案をした。
自分と仲良くしている84歳の女性の掃除当番を「免除してやったらどうか」という提案だった。
でもその女性は息子さんと同居している。
私がそのことを言うと、『息子さんは帰りが遅くて・・・・それに男だし・・・・』と言った。
彼女はその高齢女性と親しい間柄なので、お掃除を免除してやりたいようだった。
そして私にも賛成してほしい様子だった。
私たちだけで決める事ではないしといって分かれた。
d0337265_1751724.jpg


掃除当番は市のごみ収集車が集めていった後、備え付けの箒とちり取りで掃除し、もしごみが残っていれば集めておいて次回のごみの日にそれを責任持って出すだけのこと。
夏場は水をかけてゴミ箱を洗うこともある。
その程度は、よほど健康状態に問題がなければ出来る事。
高齢の女性がまったくの一人暮らしならその方の健康状態によっては免除してもいいと思う。
でも50歳くらいの息子さんと同居しているのだからその方がお掃除をするべきだと思った。

ここの地域には男性一人住まいの人もいて、もちろんその人は掃除をやっている。
もっと高齢な女性でもお元気な方はお掃除をやっている。
ごみを出している以上それはやるべきことだ。

今度その近所の人に会ったら、その旨伝えようと思っている。
『momoさんは冷たい人だ』と言われるだろうが、そのままを話そうと思っている。
*******************************************************************
熱中症予防
今日の秋田は一気に27度以上になった。
むしむしとした暑い一日で、梅雨が近い感じがした。
さすがの母も喉が乾いた様子。
甘い飲み物はあまり良くないが、積極的に飲んでもらうにはしかたない。
午後はパピコ一本を食べた。
d0337265_17493620.jpg


地面近くで咲いている薔薇を集めて小さな硝子の花器に飾った。
d0337265_17504058.jpg


おべんとう
明太子と梅おかかのおにぎり
玉子焼き(だしだけの甘くないもの)かぼちゃ、佃煮、もやしのナムル、金柑の煮たもの
d0337265_17574079.jpg


夕餉 
 鯵フライ 胡瓜の酢の物 ワイン
d0337265_21334089.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-06-20 20:39 | 日々のこと | Comments(14)

季節の変わり目

薔薇満ちて幾度も庭に立ちにけり 山荘慶子

大輪のバラが咲いた。
硬い蕾から花びらの色が見えてきて、蕾が膨らんで少しずつ開いた。
d0337265_2161971.jpg

この薔薇は横顔も美しい。
d0337265_21103187.jpg

季節の変わり目
 母のリハビリが終わったとき首したのあたりに赤い発疹があった。
主に上半身が赤くなっており、かゆみはないそうだ。
調べてみると、運動の後や急に暑くなったりしたときに出る蕁麻疹のようなものがあるようだ。
寒冷蕁麻疹は知っていたが、暑くなった時のものは知らなかった。
いずれ温度差によるものだろう。
おとといに比べ昨日から急に気温が上がって暑くなった。
『数分か、数十分で消える』と書いてあったとおりで、10分ほどで跡形もなく消えていた。
季節の変わり目は体調管理をしっかりやろう。
お向かいさんのキングローズが咲き始めた♪
d0337265_2118423.jpg


お弁当
 イカのしょうが焼き、かぼちゃとパプリカの焼いたもの、昨日のイカ天
d0337265_21193329.jpg


晩ご飯
 いわしの塩焼きと春菊とにんじんの白和え
d0337265_21204869.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-06-19 21:20 | 日々のこと | Comments(8)

父の日の花

小さいけどブラックタイガーは殻をむいて背わたをとって水分を切る。
イカは足を抜いて一口大に切った。
あさりは砂だしをしておく。昨日やっておいた下ごしらえ。

ベーコンをカリカリに炒め、玉ねぎ、パプリカを加えて炒める。
あさりは煮て、貝が開いたら汁と貝に分けておく。

いためた玉ねぎの鍋に米を入れ透きとおるまで炒め、ターメリックを入れる。
そこへあさりを煮出した汁(お醤油と酒をたす)をいれ強火にかける。
沸騰したら弱火にして、お米に火が通ったのを確かめてイカや海老を入れて蒸らす。
久し振りに作った和風パエリア、おこげもついて美味しかった。
d0337265_20345973.jpg

父の日はどうやって広まったのか?と思って調べてみたら、ルーツはアメリカらしい。
『1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド(Sonora Smart Dodd)が、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。』
それで父の日の花は薔薇となっている。
理由はソノラが父の日に父親の墓前に白いバラを供えたからという。

6月は薔薇の季節、今朝我が家でもニュードーン( New Dawn )が咲いた。
上品な薄いピンク、僅かだが香りもする。
すぐに散ってしまうのが残念だが、去年よりもかなり大きくなった。
d0337265_2043429.jpg

これは明日咲きそうだ。
New Dawn 新しい夜明けという意味。
ほぼ私の母と同じ年、1930年にアメリカ生まれとなっている。
d0337265_20454083.jpg


日に日に花らしくなってきているアナベル
このうすみどりの時も美しい花だ。
d0337265_20464073.jpg


夫は今日友人宅から貰ってきたもっこう薔薇を挿し木したらしい。
挿し木には雨が欲しいところだが、皮肉なことに明日からもいいお天気が続くらしい。

パエリアは魚介のエキスがお米にしみこんでとてもいい味だった。
ササミを蒸して胡瓜とごま酢和えにしたもの、イカの天ぷらが今夜のおつまみ
d0337265_20501832.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-06-18 20:50 | 日々のこと | Comments(8)

みじかよ(短夜)

今年の夏至は21日、もっとも昼の時間が長く、夜が短い日。
これから夏に向かってもっともっと日が長くなっていくように見えるが、21日を境に少しずつ、少しずつ夜が長くなっていく。

ゆうべは10時半過ぎに寝たのだが、本を読んでいたので眠ったのはその一時間後くらい。

5時半過ぎに起きたが6時間ちょっとの睡眠中にたくさんの夢を見た。
犬に追いかけられている夢はしょっちゅうだが、ゆうべは懐かしい人に会っていた夢。

短夜の夢に逢ふ人声の無し 井口初江

亡くなった叔母と一緒に私の洋服を買いに行った夢。
やっといいのが見つかって、さあうちへ寄ってお茶を飲んでいってと言っていた。

短夜の夢のとぎれを惜しみけり 伊藤憲子

夢に出てきた叔母は8歳下の父の妹で61歳で亡くなった。
夢の中で父に会わせたいと思っていたが父がどこにいるのかわからず、私は困っていた。
夢から覚めて、『ああ、どっちももういないんだ』と苦笑した。
その他ににもいくつか見た夢を覚えていたが、母のリハビリの日で、忙しく朝食の準備をしているうちにすっかり忘れてしまった。

短夜の忘れてゆきし夢ひとつ  鷹羽狩行

先日見たクローズアップ現代+に出演していた小谷みどりさんの本が届いた。
新しい本のにおいが昔から好きだ。(紙のにおいが嫌いだという友人もいる)
今夜はこの本を読みながら眠ろうと思っている。
お墓のことはずっと前から気になっていた。
小谷さんの本のストレートな題名に惹かれたが、さてどんな事が書かれているのだろう。
d0337265_20171937.jpg


短夜の枕辺にある新書の香 川端和子
**************************************************************
六月の田園風景
お米がなくなってきたので、農家へ米を貰いに行った。
玄関先の山帽子が満開だった。
d0337265_2134399.jpg

この一ヶ月で田んぼのみどりは濃くなって、周りの木々も新緑よりも更に深い緑になってきた。
この後七月、八月、九月と三か月で美味しいお米になるはずだ。
d0337265_2125292.jpg


美しい自然の色 みず
 近所の人が下さった『みず』
 根元の赤いところをつぶしてみたらとろとろと粘るので、みずたたきにしてみる。
 これはたたいた生のみず
d0337265_2164398.jpg

 これを出来上がった熱い味噌汁に入れて食べた。
 とろとろ、サクサク・・・・・さわやかだな~。
d0337265_21104363.jpg



晩ごはん
 じゃがいも・エリンギ・ベーコンのチーズ焼き
 水がれいの煮つけ(みず添え)
d0337265_21134798.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-06-17 21:15 | 日々のこと | Comments(14)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

やぶかんぞう
at 2017-07-27 17:03
餡バタートースト
at 2017-07-26 16:14
梅雨出水
at 2017-07-25 17:30
一夜明けて・・・・
at 2017-07-24 20:39
氾濫
at 2017-07-23 17:09

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

> oshibanayo..
by hanamomo08 at 21:21
>anello63さん ..
by hanamomo08 at 21:15
あんバタートーストのモー..
by pass8515 at 19:12
トーストに餡子! 実は..
by mother-of-pearl at 10:51
トーストどっちも鰯塩焼き..
by saheizi-inokori at 10:07
餡トースト好きです。 ..
by unburro at 08:17
東海地方では「小倉トース..
by やっこ at 07:43
雨が収まって良かったです..
by sidediscussion at 04:27
青目 餡トーストは名古..
by aomeumi at 22:12
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 09:30

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索