カテゴリ:美味しいもの( 157 )

アッサンブラージュ

先週だったろうか、日曜日の午後テレビを見ていたら、女優の堀北真希さんが美味しいワインを求めてボルドーを旅した番組が放送されていた。
私はワインが好きというだけで、選ぶ時も自分の好みに合わせて、さらにお財布とも相談して適当に選んでいる。
たまに試飲させてくれるお店もあるが、試飲したところで何の知識もないので、よくわからないというのが本音だ。

ブルゴーニュワインは赤のピノ・ノアール、白のシャルドネというように一種類の葡萄を使って作り出すということも最近知った。
番組の後半で『アッサンブラージュ』という言葉が出てきた。
d0337265_17144610.jpg

響きの美しい言葉だな~とおもった。
『組み合わせる』という意味のフランス語だそうで、複数のぶどう品種をブレンドして一つの美味しいワインに仕上げるのがボルドーワインの特徴なのだそうだ。
ワインは入っている樽によっても味が違うし、葡萄の採れる場所によっても味が違ってくるそうで、単にアッサンブラージュするといっても熟練した技術が必要なのだろう。

堀北さんは『大人になってからは人間関係を広げ、関係性を作るのが苦手だ』と話していた。
それは多かれ少なかれ誰でも抱えていることだと思うのだが・・・・。
ワイン作りを夢中になってする人たちを見て、あちこちでワインを試飲しているうちに、その解決策のヒントを見つけたようだった。
アッサンブラージュの仕方によっては、みな特徴のない味になってしまうかもしれない、それぞれの葡萄の個性を大切にしていかなくてはならない。
だから、無理に今の自分を変えなくても、自分を大切にしながら誰かと付き合っていけばいいのではないかと考えた様子だった。
d0337265_17174441.jpg

でも自分を出さなかったら友達にはなれないとも言っていた。
まだまだ若い方だから、いろんな意味で失敗などもしながら自分にあういい友達を見つけられるだろう。
ボルドーの葡萄畑で働く人たちは自分の仕事に誇りを持っていた。
そして、ワインを囲んでとても楽しそうだった♪
d0337265_17201393.jpg


メドックマラソンの様子も放送されていた。
美しい葡萄畑を走り、他のマラソン同様給水所が設けられていたのだが、なんとそこに置かれているのが水やスポーツドリンクではなく、ワインだった!
**********************************************************
晩ご飯
 
d0337265_17322938.jpg


お弁当
 焼きおにぎり
 卵焼き、野菜ときのこの煮物、大根柚子漬け、黒豆
d0337265_21355996.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-01-26 19:39 | 美味しいもの | Comments(16)

芸術品

『茄子の花寿司』は秋田の県南部の漬物だ。
夏に収穫した茄子を塩漬けにしておき、秋に菊がとれた頃、もう一度味をつけて漬け直す。
酢は入っていないのに『花寿司』と呼んでいるのはもち米を使うからなのかもしれない。
とても甘く、とてもしょっぱく、でも少しずつ口に入れるといつ食べても新鮮な茄子の味がして、夏の頃を思い出させてくれる。
今年も、漬物名人か美しく美味しい花寿司を送ってくれた。
桐箱におさまった花寿司は『漬物』だと知らない人が見たら、どこから見ても上等な生菓子のように見えるだろう。
d0337265_20212582.jpg

前にもブログに書いたと思うが、花寿司は茄子と黄菊の間に、炊いたもち米がクッション兼接着剤としてのせてある。
茄子の紺色をこれだけきれいに保つためにかなりのお砂糖を使うそうだ。
私は一つの花寿司を放射状に小さく切って、何日もかかって一つを食べきる。
お茶漬けにも美味しく、ご飯との相性が抜群すぎて、ちょっとこわい食べ物でもある。
d0337265_202841.jpg


この花寿司の写真を撮っているところに、若い看護師さんが来た。
これなんだかわかる?と聞くと、『漬物ですよね』とすんなり答えた。
幼い頃、おばあちゃんの花寿司を食べたことがあるという。
『懐かしい!』というので少し差し上げた。
子どものころ食べた食べ物に再会してとてもうれしそうだったのだ。
今夜はおばあちゃんが漬けてくれた花寿司のことを思い出しているだろう。
***********************************************************
副産物
 この前煮た身欠き鰊の煮汁で大根を煮て食べた。
 水は一滴も入れず、大根から出る水分で十分煮えた。
 色は濃いが薄味で鰊の味が浸みてとても美味しかった。
d0337265_20532334.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-01-22 20:53 | 美味しいもの | Comments(8)

風呂吹き大根

寒い季節にはその季節にぴったりの食べ方がある。
今夜は風呂吹き大根にした。

厚く切った大根を圧力鍋でやわらかくする。
鍋の底には昆布が一枚、そこへ厚く切った大根を並べる。

柚子味噌を練る。
味噌にみりんや砂糖を入れて練り、柚子果汁をしぼる。
味噌は麹たっぷりの甘めの味噌、大根にかけて熱々をいただいた。
蒸した大根は、生の時には見えない網目状の美しい地模様が浮かび上がる。
d0337265_22504112.jpg


日中は美しい青空になる。
一日晴れると思っていたら、夕方からまた雪降りしきる。
明日は『大寒』、これを繰り返し、少しずつ、少しずつ春に近づいていく。
d0337265_2245558.jpg

気の早いのは『和菓子屋さん』
こんなに雪が降る季節にもう『桜餅』『うぐいす餅』と書かれた半紙が店先に貼ってある。
青空に気をよくして買いに行く。
しっとりとした皮で漉し餡と求肥を巻いてある。
d0337265_22492995.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-01-20 22:25 | 美味しいもの | Comments(10)

身欠き鰊(みがきにしん)

先日カチカチに乾いて硬い『身欠き鰊』をみつけて買ってきた。
柔らかな「ソフト鰊』に対し『本乾』と呼ばれるもので、しっかりともどせばこちらのほうが味がいい。
d0337265_2092321.jpg

保存食なのでかなり日持ちはするが、米を研ぐたびにとぎ汁を取っておくのを忘れ、数日冷蔵庫で待機させられていた。
何しろ手間がかかる。(美味しいものは手間がかかる)
米のとぎ汁に一昼夜つけて余分な油や、魚の臭みをとる。
それをきれいに洗って、今度はほうじ茶で15分ほどゆで、さらに臭みやあくを取る。
ふっくらと戻った鰊に日本酒をたっぷり注ぎ、醤油、みりん、きび砂糖をいれて圧力鍋で煮る。
煮ておいた実山椒もいれた。
蓋を取ってさらに煮詰めると出来上がり。
d0337265_20133414.jpg

ご飯にも合い、お酒にももちろん合い、細かくしてお茶漬けにも。
もう少し薄味に煮てお蕎麦にのせたら鰊蕎麦になるな~。
**********************************************************
小正月が過ぎて寒い日が続いている。
久し振りにいろいろな店を回って買出しをした。
暖冬で野菜が安くて助かっているが・・・・・。
育ちすぎた野菜を廃棄している農家の様子をテレビで見て、なんとも言われぬ気持ちになった。
雪国でも年明けまで営業できたゴルフ場、やっと雪が降ってつい先日オープンしたスキー場、そして野菜を作っている人々の悩み、この暖冬はいろいろな影響を及ぼした。
そう考えると、冬は冬らしい天気のほうが良いということになる。

お店には殻つきピーナッツがたくさん売られていた。
大寒が過ぎて10日もすれば節分が来る。
一年のなんと早いことよ!
魚もあれこれ買った。
牡蠣、たら、かれい、ヤリイカ、真鱈子も安い。
発泡スチロールに氷漬けになっている秋刀魚を買った。
価格に変動のある魚が多い中で、いつも安値で安定感がある。
つやつやの真鱈の子と一緒に佃煮風に煮た。
d0337265_20382971.jpg

きれいな色の鳴門きんときと牛蒡はてんぷらに
牛蒡の天ぷらが大好きな母のために工夫して作った。
やわらかくて簡単に食べられてよかった
d0337265_20391056.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-01-16 20:40 | 美味しいもの | Comments(16)

甘い誘惑

南側の軒にはびっしりとツララが下がった。
大寒が近づいているのだからあたりまえなのだが、暖冬に慣れたせいか寒さについていけない。
道路もつるつるで必要以外はあまり出かけたくない。
よって、運動不足になる。
これが暖かい地方なら『ぶらりと本屋まで行ってみようかな』となるのかもしれないが、吹雪いていてなかなかそんな気にもならない。
掃除機をかけ、床を拭いてみたりするが、それほど運動にはならない。

膝、腰の筋肉も鍛えなければと思い室内で出来る運動をする。
一心に運動をするのはちょっと長続きしないので、ドラマを観ながらやる、目標は25分~30分。
最初の5分はなんとなく足もぎこちないが、だんだん滑らかになってくる、15分くらい過ぎると体がぽかぽかしてきて、こんな寒い日でもじんわりと汗がにじんでくる。
そろそろ20分という時、玄関のチャイムが鳴った。
『みなさんでどうぞ♪』甘い誘惑に弱い。
運動のあと熱い紅茶を入れていただいた。
中身はわたしの大好きな『カスタード』だった。
久し振りのドーナッツは思ったより軽くておいしかった。
食べる前の運動は泡と消えてしまったけど、これが生きている楽しみでもある。
d0337265_218651.jpg

********************************************************
晩ご飯
牡蠣フライ(かなり水切りしたが、やっぱり少しはねた)
d0337265_2194440.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-01-11 21:10 | 美味しいもの | Comments(4)

茶碗蒸し

カレンダーをみると21日に『大寒』と書いてある。
一年で一番寒い時期に突入した。

ぬれ雪だが午後からは真っ白になるほど降って、とても寒くなった。
夕方表に出たら、並んで歩いた足跡がみえた。
こんな寒い日でもまじめにウオーキングする人がいる。
ワンちゃんのいる家庭ではどんな天気でも休むわけにはいかないのだろう。
d0337265_209161.jpg


骨董の蓋つき茶わんは角館に紅葉を見に行った時に買ったもの。
お正月になると出してあれこれ入れて楽しんでいる。
寿の文字が書かれているのでおめでたい席のものだろう。
d0337265_20172317.jpg

かつお節と干しいたけでだしをしっかり取り、百合根をたっぷり入れて茶碗蒸しを作った。
Mサイズの卵4個、だし汁600ccの割合で卵液を作り、蒸し器に入れ中火で5分、弱火で3分これでちょうどいい蒸し加減だった。
青みがないな~と思っていたら『豆苗』が残っていた。
年越し蕎麦に使ったなるとも使い切ろう。
柚子の皮は香り付けに。
かたさもちょうどよく、とても美味しくできた。
d0337265_20211449.jpg

百合根や栗がなくても、お豆腐入れたり、小さくきったお芋を入れたりして寒い間はちょこちょこ作ろうと思った。

こっちは広島菜の一口おむすび。
昆布たっぷりの葉っぱのところを洗い、お醤油を少しまぶし、一口に握ったご飯を葉っぱで包む。
昆布のいい味が浸みていて、一口なのでいくらでも食べられる。
d0337265_20255543.jpg

もう一つ、広島菜を刻み、ごま油で炒め、お醤油、一味唐辛子をふって仕上げる。
滋味深い美味しいふりかけが出来上がった。
これを混ぜたご飯でお結びを作っても美味しそうだ。
d0337265_20274760.jpg


おべんとう
 牛蒡のたらこ炒り、ポテトサラダ、薄いソースカツ、ブロッコリー、ゆかりご飯
d0337265_20285137.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-01-08 20:22 | 美味しいもの | Comments(6)

ぽつりぽつりと作る

暮れに煮たいと思っていた花豆は私のまさかのアクシデントでもう一度食品庫にしまわれたが、年が明けてからじっくりと二日~三日かけてもどした。
乾燥していたときも特大だった花豆がさらにふっくらとし、美味しく炊き上がった。
d0337265_20131311.jpg

一度ゆでこぼしてから、圧力鍋で炊いた。
やわらかくなってから、お砂糖と塩をいれ2~3分溶かす程度に火を入れた。
すぐに食べてみたいのをぐっと我慢して、それを一晩味を含ませた。
大きな豆だからじっくりと味を含ませた。
煮汁にとっぷりとつけて保存するとしっとり感が損なわれない。
d0337265_20164483.jpg


新年早々にいただいた『わらさ』も、毎日食べているとだんだん飽きてくる。
何とか目新しく美味しく食べる方法をと考えたら、柚子があることに気がついた。
『幽庵焼き』があった!
日本酒・醤油・みりんに漬け込んでいたわらさにさらに柚子を漬け込み、こんがりと焼いた。
こんがり焼けてからまたたれをかけ、柚子の果汁を絞った。

絞った人は母で、漂う柚子の香りを楽しんでいた。
d0337265_202466.jpg

皮ごと絞った柚子はとてもいい香りで、魚の味をさらによくしている。
d0337265_20255271.jpg


ぽつり、ぽつりと作った正月料理、明日も何か作ろうと思っている。
***************************************************************
勘違いしたの?
もしやと思って家の東側に行って見ると。出ていた出ていた。
でも春のように日が差さないから、蕗のとうは開いていなかった。
薄氷の張った枯れ葉の間からあおあおとしたばっけが顔を出していた。
d0337265_20311078.jpg


雪がちらついて寒い日だったが積もるほど降らなかった。
午後、買い物に行く途中、川には水鳥がいた。
つがいの鴨が見えた。
d0337265_20342220.jpg

懐かしい砂利道も見つけた。
幼い頃のままごとではこの泥水もコーヒー牛乳になった。
どこもかしこも舗装されてしまって、こんな水溜りを見つけるのも簡単でなくなった。
d0337265_20374723.jpg

明日は雪になるらしい。
でも本当かな?
d0337265_20383986.jpg


お弁当
 お正月だからお稲荷さんも華やかに!
 きんぴらごぼうを細かく刻んで酢飯に混ぜ、錦糸卵を飾った。
d0337265_20394554.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-01-06 20:39 | 美味しいもの | Comments(8)

Mason jar

12月の初めいただいたアメリカ製の素敵な瓶『Mason jar』
1858年、アメリカ フィラディルフィアのブリキ職人 ジョン・ランディス・メイソン氏が発明したもの。
蓋が2つのパーツに分けれており、より機密性が高い構造になっている。
広口で容量もジャムなどにちょうどいい可愛い形の瓶は、テーブルに出しておくだけでもおしゃれで綺麗なものだった。
暫くゼリービーンズを入れて楽しんでいたが、程なく届けてくださった柚子を使ってマーマレードを作り、詰めてみた。
d0337265_2043172.jpg

柚子は当地ではどうがんばっても作れないもの。
無農薬の柚子は捨てるところがない。
柚子専用の歯ブラシできれいに洗うとみんなこんな美人になる。
d0337265_2065652.jpg

柚子搾り器で果汁を絞って 柚子酢を取る。
いつもならこれに一割ほどの酢を混ぜて保管していたが、今年は果汁に10パーセントの塩を混ぜて保存することにした。柚子の風味がよりよく残るようで、試みにやってみた。
d0337265_2093241.jpg

絞り終わった皮を刻み、ゆでこぼす。
d0337265_20103021.jpg

果肉を絞り終えた中身は種と一緒に煮出し、刻んだ皮に砂糖を入れて、マーマレードを作った。
透明感のある香りのいい柚子マーマレードができた。
花がなくなって寂しい季節にカウンターに並んだこのジャムの色を見ているととても元気になる。
d0337265_2014984.jpg


美しい季節の柚子とかわいらしい保存瓶の出会いがうれしい。
ありがとうございました。
食べ終わったら、おいしい木の実を入れる予定だ。
************************************************************
2016年、お弁当初め
今年は3ヶ日が土日に重なり、いつもの年よりも早く仕事が始まった。
我が家も今日から仕事へ。
仕事始めのお弁当にはお正月の残り物も入る。
ご飯には昨年6月に漬けた八助梅の梅干を散らした。
わらさの竜田揚げ、ザーサイキャベツ巻き、きんぴらごぼう、かまぼこ、みかん
d0337265_2020071.jpg

蜜柑と言えば先日お菓子屋さんにいただいたじょうよ饅頭の蜜柑が本物そっくりで驚いた。
d0337265_20215020.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-01-04 20:22 | 美味しいもの | Comments(18)

お雑煮

いただいた啓翁桜の一枝が暖かい部屋の中で満開になった。
バックになっているのは、竹をデザインした手ぬぐい。
日本のデザインは美しいな~と思う。

日本の伝統色である、『若竹色』と『青竹色』が使われている。
白地に緑の濃淡なので、『雪に若竹』のような感じだが、今日も雪は降らなかった。
d0337265_22494132.jpg


昨日はお雑煮を食べた。
秋田のお雑煮は鶏肉、牛蒡、昆布、削り節などのだしで、大根やにんじんも細かく切って入れ、味は醤油仕立てにして、切り餅をこんがり焼いて入れる。
今年は思いがけなくいただいた天然なめこがあったので、いくらと一緒のせた。
野菜と鰹節や昆布でこんなに美味しいだしが出るとは、驚きだ。
d0337265_2344345.jpg

よそった器は秋田の『生駒塗』のもの。
数年前に他界してしまった友人の結婚式の引き出物で、裏に2人の名前が書いてある。
彼女とはもう会えなくなってしまったのに、記念の塗り物は残っている。
***************************************************************
お正月気分もそこそこに、明日から夫は仕事が始まる。
箱根駅伝のあのお天気にはかなわないが、雪も降らず、暖かいお正月だった。
私はといえば、年末に腰を痛めたり、新年早々魚をいただいたり、母の事があったりと超多忙なお正月だった。
その合間にデパートやスーパーの初売りにも顔を出し、お菓子の福袋や、商品券を買い求めた。
これは小正月の茶菓として楽しもう。
d0337265_2317522.jpg

遅ればせながら、お正月料理も作っている。
今日は紫花豆がふっくらと煮えた。
試食をしてみたが、一晩味を含ませた明日のほうがずっと美味しくなっているはずだ。

今夜は買い置きしていた鱈があったので、青海苔を混ぜたパン粉をつけて焼いた。
d0337265_23304676.jpg

つけあわせは『豆苗』年末に緑の添え物の値が高騰していたので、いろんなものに彩を添えた。
たった58円で買ったのに、しぶとい私はキッチンカウンターで二期作を試みている。
三日でこんなに成長した。
あまり食べやすい野菜ではないが、お味噌汁の青みくらいにはなりそうだ。
d0337265_23285273.jpg


病院が正月休みの間、母も体調崩すことなく無事で一安心した。
明日からまたお弁当作りも始まる。
2016年、いい年にしたいな♪

たくさんコメントをただいておきながら、なかなかお返事できないままで失礼しております。
[PR]
by hanamomo08 | 2016-01-03 22:26 | 美味しいもの | Comments(7)

出世魚

昨日の夕方、大きな発泡スチロールの箱が届いた。
夫の友人からのお年賀で、中身は大きな『わらさ』が5尾。
うれしいけど、『どうしよう?』のほうが強かった。
夕食には間に合わないが、『美味しいものはみんなにも食べてもらおう!』と近くの従姉妹宅、夫の仲間、そして先日見事な手作りの正月料理をくださったYさんへ届け、喜ばれた。
この3箇所のお宅は魚をおろせる人たちだ。

我が家に残った2尾のわらさは三枚おろしにしたが、食べ切れそうになく、長屋の友にもお手伝い願うことにした。
彼女は切り身になっていることをとても喜んだ。
d0337265_2215133.jpg

一尾と半分になった我が家分のわらさは、一部照り焼き用に漬け込み、カマは塩焼き、頭は大根と一緒に炊いた。
d0337265_22181982.jpg

お刺身も少し、それと竜田揚げにした。
d0337265_22235598.jpg

母の希望で作ったきんとんはつぶすときに母にも手伝ってもらった。
d0337265_22275312.jpg

口取りはYさん手作りの『とうふカステラ』・きんとん・巴巻き
d0337265_22315284.jpg


今年初のワイン
d0337265_2247317.jpg

秋に作った干し柿も
d0337265_22543529.jpg

やっぱり最後はお漬物
高級な昆布たっぷりで漬けてくださった広島菜、秋田の漬物名人の沢庵、そして私が漬けた赤蕪の酢漬け。
d0337265_22563916.jpg

**************************************************************
うっすらと夕焼け
 とても穏やかなお正月だ。
 重苦しいねずみ色の空が定番の秋田の冬に、こんな綺麗な空は珍しい。
 
d0337265_2324091.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-01-02 22:38 | 美味しいもの | Comments(12)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

秋の蠅
at 2017-09-20 16:16
やっと・・・・・・
at 2017-09-19 21:08
祝う
at 2017-09-18 18:00
強風
at 2017-09-17 20:26
朝顔のスケジュール
at 2017-09-16 19:47

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

おんこの実ってイチイです..
by saheizi-inokori at 21:43
美味しそうなおこわですね..
by Deko at 17:03
夜汽車に乗って朝到着良い..
by Deko at 16:52
やれ打つな蠅が手をすり足..
by Deko at 16:42
> sidediscus..
by hanamomo08 at 16:15
> PochiPochi..
by hanamomo08 at 16:13
>ゆきさん こんにちは..
by hanamomo08 at 16:08
> unburroさん ..
by hanamomo08 at 16:01
> o-hikidash..
by hanamomo08 at 15:55
> oshibanayo..
by hanamomo08 at 15:49

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索