カテゴリ:美味しいもの( 145 )

Gavottes(ガボット)

フランスの美味しいお菓子を頂いた。
レジェンドオブアフリカというケニアの紅茶を淹れ、母と一緒に楽しんだ。
我が家の薔薇も咲き始めたので、薔薇のカップで頂いた。
d0337265_2053128.jpg

お菓子の名前はガボット・・・・・懐かしいな~。
ピアノを習っていた子どものころ、ある年の発表会に弾いた曲がガボットだった。
ゴセック作曲「ガヴォット」は確かCMにも使われていた。
d0337265_2102086.jpg

ガボットというお菓子を口に入れる。香ばしい薄いクレープ生地がシャリシャリとくちのなかでとけていき、キャラメルのクリームが口いっぱいに広がる。
パクパクといくらでも食べられる美味しさだった。
この薄い生地は 本高砂屋のエコルセというお菓子に似ている。
たぶんガボットのほうが歴史があるのだろう。
これは美味しい!ブルターニュ地方のお菓子だそうだ。
ご馳走様。
d0337265_20595667.jpg

***********************************************************
我が家の薔薇が咲き始めた♪
いち早く開花したのはクリーム色の薔薇
d0337265_213779.jpg

今年はサハラもニュードーンもたくさんの蕾をつけた。
d0337265_2141883.jpg

d0337265_2155100.jpg


おべんとう
d0337265_2161025.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-06-16 21:07 | 美味しいもの | Comments(12)

蟹さん ごめん!

魚を仕入れにスーパーを二軒回った。
一軒目のお店では男鹿の鯛と『もくずがに』(川蟹)
二軒目で鯵、いわし、水がれい、身欠き鰊を買った。
帰宅し、モクズガニをパックからだすと、一様にはさみを振り上げてこちらに向かってくる。
ものすごく怒っているように見える。
d0337265_21142910.jpg

ちょっとずつ大きさの違うもくず蟹、シンクの中を逃げ回る。
d0337265_2133754.jpg

もうすぐ料理される危険を察知しているようだ。
キッチンはさみで足を切って、最後にはさみを切った。
甲羅を外そうとしてもまだ抵抗している。
ごめんね・・・・・。と言いながら中の蟹味噌を取り出し、甲羅に詰め、味噌を混ぜる。
魚焼き機でこんがりと焼いてごはんのお供にする。
d0337265_21211353.jpg

***************************************************************
バレリーナ咲く
d0337265_2124590.jpg

***************************************************************
作り忘れ
 よく晴れた水曜日、梅雨の前に一度洗濯したいと思っていた、カバー類やシーツを洗う。
 何とか朝食前に洗い終わり、早めに干した。
 
 朝食が終り夫が『お弁当は?』と言っている。
<あ!今日は作らなかったんだ>というより<作り忘れた>
 というわけで、今日は社食で食べてもらうことにした。
 今朝は洗濯しか頭になかった。(笑)

おばあさんの畑の様子
じゃがいもの花が咲き、茄子の苗が植えてあった。
d0337265_21303216.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-06-14 21:31 | 美味しいもの | Comments(8)

枇杷

枇杷がお店に並び始めた。
短い期間しか並ばない果物だから、見つけたら買って食べることにしている。
それほど甘くもないが、形と色と果汁の多さに誘われて季節に一度は食べたいと思う。
『来年は食べられるかな~』という母にも食べさせたいと思った。
母じゃなくても来年の今頃の季節に生きているという保証は誰にもない。

枇杷はバナナやみかんのようにいつも家にない果物だからこんな句が生まれたのだろうか。

枇杷を食み抜きさしならぬ話せり 加藤峰子

ほんの短い間だけの果物 枇杷にはこんないい句もあった。

枇杷の実を食ぶことなしに家を越す 岡田満喜子


もう20年以上も前、夫の従姉妹の一人が千葉の方と結婚したとき、彼女の実家に見事な枇杷が送られてきた。
我が家もおすそ分けしてもらって、房州枇杷の甘さに驚いた事があった。
枇杷色の薄紙に一つずつ大事に包まれた枇杷は持ってみると重く感じられた。
滴るような果汁の重さだったのだろう。

さて私がこの枇杷を選んでいる様子に似ているような俳句を見つけた。

初枇杷を行きつ戻りつして買ひぬ 村上倫子
透明な容器にパック詰めされた愛媛産の小さな枇杷は300円、大粒の五つ入りのほうが400円だった。
枇杷の種は意外に大きく、子どものころは、種無しだったらどんなにいいだろうと思ったものだ。
コロンとした黒々としたつややかな種が三つ四つ入っている。
だから枇杷は大きく見えても、お饅頭に例えるとあんこではなく、皮の部分が果肉なのだ。
迷った末、少しでも食べるところが多いように400円のものにした。
日々の台所をあずかっている私はこの100円の違いに結構悩みながら買い物をしている。
d0337265_1825684.jpg

昨日日曜日の晩ご飯のあと、家族でひんやりとした枇杷を食べた。
西瓜やメロン、葡萄の様な甘さではないが、さらりとした甘さが枇杷の特徴だ。
初夏を告げる果物『枇杷』
今日、母はリハビリの先生に『ゆうべ枇杷を食べたんです。季節のものって美味しいですね』と話していた。よかったな~。
*********************************************************************
母のボールを買う♪
 足を乗せてくるくると回したり、投げたりして母と遊ぶボールを買った。
100均のお店の中をうろうろしてもボールが見つけられず、お店の人に聞いたら、ペッタンコのビーチボールのようなものが下がっている場所を教えてくれた。
はて?その隣には空気入れなる物が売られていた。
『この空気入れも買わないとボールにならないの?』と聞いたら、『空気入れましょうか』と言っ手入れてくれた。
最近のボールはこうなって売られているんだな~。
d0337265_20573250.jpg

晩ご飯
 私の大好きな絹さやの炒めたもの(近くの農家の朝採り)
d0337265_20444286.jpg

 男鹿の蛸と胡瓜の胡麻酢和え
d0337265_2045202.jpg

 糠漬けにニューフェイス カリフラワー 美味しかった!
d0337265_20462225.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-06-12 20:46 | 美味しいもの | Comments(8)

みさき

スーパーの産直コーナーにこの季節ならではのキャベツを見つけた。
いつだったか年配の女性が『これ たげのごきゃべつっていうんだよ。』と教えてくれた。
今日は納品に来た生産者の女性と会った。
『これで作ったコールスローは最高ですね。』というととても喜んでくださった。
『みさき』というこのキャベツは生食にぴったりだ。
d0337265_211112.jpg

お昼ご飯のあとひたすら刻んで軽く塩をしておく。
にんじんと新玉ねぎも一緒にあわせ、マヨネーズ・塩・砂糖少々・りんご酢で味付けした。
食べるまで冷蔵庫で休ませておく。

今夜はソーコガレイを唐揚げにした。
ソーコガレイというのはたぶん秋田での呼び名で正式には『柳がれい』とか『やなぎむしがれい』
見た目はあまり良くないが、かれい特有の臭みがなく、とてもいい味のかれいだ。
小ぶりなので今日は唐揚げにしたが、大きいものは干物がおいしい。
d0337265_21155186.jpg

ついでに男鹿産の小鯵をさばいて粉をつけて揚げ、南蛮漬けにした。
d0337265_21131527.jpg

揚げたてをカリカリと頬張るのが最高に美味しい。
d0337265_2113349.jpg

みさきのコールスローも本当に美味しい。
d0337265_21133280.jpg


糠漬け
今朝の糠漬けは かぶ・なす・にんじん・きゅうり
この甕の中は乳酸菌だらけだろう。
朝晩かき混ぜているが、今夜はかき混ぜるだけで明日また野菜を漬けようと思っている。
d0337265_2119504.jpg


蕗の色
 ゆでて皮をむいた蕗の色がきれいだ♪
 昨日の『みおつくし』の蕗ご飯でも炊きたいな~
d0337265_21224838.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-06-11 21:22 | 美味しいもの | Comments(10)

新茶の季節

先日ブログのお友達のところで茶摘をしてそれをお茶にして飲んだという記事を拝見した。
たくさん摘んだ茶葉はお茶にするとほんの僅かだった事が書かれていたが、その美味しさは格別だったようだ。
今日は初夏らしいさわやかな五月晴れだった。
母が出かけた後、夫と今年初の新茶を楽しんだ。
新茶はやっぱり中が白いお茶わんで頂きたい。
鉄線が描かれた茶わんに淹れたお茶は新茶ならではのきれいな色だった。
秋田の大潟村のかぼちゃで作ったタルトがあったのでそれが今日のお茶菓子。
香りのいい新茶は鹿児島の知覧茶だった。
d0337265_1691275.jpg

その後、少し遠いお店まで普段のお茶を買いに出かけた。
田植えの終わった田んぼがたくさんあった。
植えられたばかりの小さな苗が頼りなげだ。
d0337265_17281395.jpg

風が強く、田んぼの表面にはきれいなさざなみ模様
この田んぼも六月になったら苗が大きくなって水が見えなくなるのだろう。
d0337265_17285374.jpg


お茶屋さんの中が模様替えされてきれいだった。
仙台のお店だからこれは仙台箪笥風なのかな?
この中にたくさんのお茶が入っていた。
d0337265_1734116.jpg


帰宅して野菜たっぷりの焼きそばを食べる。
キャベツと新玉ねぎ、パプリカ、豚肉がたくさん入っている。
d0337265_17352689.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-05-20 17:10 | 美味しいもの | Comments(8)

筍飯

今日の客筍飯と決めしより 稲畑汀子

先日掘らせてもらった筍もそろそろおしまい。
最後に美味しい筍ご飯を炊いた。
残りは昨年も作っておいてよかった塩筍にした。
風にあてた筍に塩をたっぷりまぶし、冷蔵庫で保存するもの。
水でもどし、塩だしすればいろいろな料理に使える。
d0337265_21171028.jpg

もち米入りの筍ご飯は、おこわの要領で蒸し器で二度蒸しをした。
草むしりをしていた仲良しのHさんを呼んで一緒に食べた。
シャイなご主人の分はお宅にお届けした。
薄口の筍飯をにこにこと 谷岡尚美
頂いてきた根曲がりだけも入れたWたけのこご飯を囲み、楽しいひと時だった。
d0337265_2123134.jpg

今年はちょっと蕨が遅れているそうだが、そのうち去年行った場所にまた連れて行ってくれるらしい。
食べ物を収穫するのがこんなに楽しいのは、それをあとで味わう楽しみがあるからだ。
シドケは今年は口に入らなかったという彼女のために、一口でもと先日別の友人から頂いた最後のものを味噌和えにした。
これに程よく漬かった糠漬けを出し、玉子焼きを添えた。
d0337265_21295899.jpg

山荘に咲いていた薔薇のような可愛い椿の葉が余りにきれいだったので、下に敷いた。
d0337265_21433944.jpg

**********************************************************************
新緑を楽しむ人々
公園で替え歌を大音量で歌っていた男性
昼からもうほろ酔いかげん
d0337265_21342896.jpg

おおもみじの新緑の下で静かに話をしていた女性達
d0337265_21352450.jpg

『展覧会帰りの女性達』
d0337265_21362838.jpg


More 薔薇のような椿
[PR]
by hanamomo08 | 2017-05-18 21:36 | 美味しいもの | Comments(14)

心の風景

友人の山で掘らせてもらった筍でご飯を炊いた。
こんなに贅沢に筍を入れてもいいのか?というほど柔らかい筍をたくさん入れた。
道の駅で買った『京人参』は赤くてきれいだ。
もち米とうるち米3対2にし、だしの鶏肉と舞茸をいれて蒸した。
庭から木の芽をとってきて飾った。
美味しいなあ~。
d0337265_20555227.jpg

もう一人の友人がお土産にしてくれたシドケは味噌押しにしていただいた。
香りよし、歯ざわりよしで私の中では青い山菜の王様だ。
ありがとう、ごちそうさま。
d0337265_20573255.jpg


心の風景の一枚
大きな茅葺の家があった。
山の新緑、水田、屋敷林の新緑に囲まれて、うっとりするほど安らぐいい風景だった。
自然が作り出す色は何てすばらしいのだろう。
カメラを向けていると、高齢の女性が手押し車を押しながらゆっくりと歩いてきた。
小雨が降っていたが、お友達のところへお茶のみにでも行くのだろうか?
あまりにいい風景でお断りもせずにカメラに収まってもらった。
d0337265_2125960.jpg


友人が山荘に咲いている花を切ってお土産にしてくれた。
これも私が大好きな初夏の花『大手毬』
咲き始めの薄緑色が美しいな~。
d0337265_2164876.jpg

咲き始めた八重の山吹は硝子の花器にたっぷりと生けた。
花のある暮らしは心和む、家の中にいま花がいっぱいでうれしい。
d0337265_218478.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-05-15 21:09 | 美味しいもの | Comments(14)

桜鯛

桜の花が咲く頃の鯛を『桜鯛』という。
d0337265_1748779.jpg

一方秋の鯛はもみじ鯛という。
本当はどちらも『真鯛』なのだが、季節の名前があるなんて日本人の美意識はすばらしい。
お花見にこんなお弁当を持っていったらさぞ喜ばれるとは思うのだが、出かける朝は何かと忙しい。
『はい、おべんとう、お花見楽しんで来てね♪』と送り出す立場ならそれも出来るのだろうが、今の私はお花見に行く側だ。
市内の桜はほぼ終わりに近いようだが、桜の季節に作ろうと思っていた『鯛めし』
庭の山椒も大きくなったので、それをのせて春の香りを楽しもう。

鯛は酒と塩をふりこんがりと焼き骨を外し、それを入れて炊き込んだ。
鯛の皮はとても美味しいのでそれも一緒に炊き込んだ。
炊飯器からいい香りが漂う。
しっかり混ぜて蒸らし、大皿に盛り付けた。
針生姜とちょっと桜色に染めて炒り付けた鯛のそぼろを飾った。
d0337265_17535999.jpg

庭から満開の花桃の枝を折ってきて添えた。
木の芽の香りと生姜がご飯の味を引き立ててくれた。

捌かれて尚ある威厳桜鯛 永井雪狼
d0337265_17564428.jpg


もう一つ花見と言えば『花見だんご』
和菓子屋さんの奥さんは『もう桜は終わりですがお天気がよくなったからおだんごいっぱい並べました』と言った。
『でも、最近の人こういうものを食べなくなったんです。やっぱり皆さんケーキがお好きなんでしょうね~』と少し寂しそうだった。
『そんなことはないと思うけど~ケーキはカロリーも高いし、値段も和菓子の倍はするでしょう。』と返してみたが、和菓子離れは進んでいるのだろうか?
私はちょっと懐かしいつやつやの『羊羹だんご』を包んでもらった。
しんこ餅が柔らかくてとても美味しい花見だんごだった。
d0337265_185384.jpg


More 今日の夕焼け
[PR]
by hanamomo08 | 2017-04-30 17:05 | 美味しいもの | Comments(10)

うこぎ飯

『うこぎご飯の時はお代わり三回もしたな~』
ざるを持って自宅の生垣になっているうこぎを摘んだ小さい頃の母の思い出話。
診療所の近くにもうこぎがあってそれも摘みに行ったようだ。
井戸水できれいに洗った後、じゃっちゃ(母は祖母の事をこう呼んでいた)がゆでて、こんどは大き目の木べらに味噌を塗りコンロにかざして焼き味噌をつくったそうだ。
まな板に絞ったうこぎをのせ、焼き味噌を混ぜながらトントンと切りあえしたそうだ。

先日 NHKのあてなよる『つぶつぶで呑む』を見ていたら、三品目の大人の塩すき焼きにわずかながら『うこぎ』の姿を見つけた。
それを見て、わがやのうこぎもそろそろかな?と思った。
昨日庭に出てみると、ちょうど食べごろのうこぎをみて『にんまり』した。
d0337265_14514610.jpg

風が冷たかったので、上着を羽織り、夫とボール片手に摘み始めた。
美味しいものには棘がある。
うこぎは上杉の知将「直江兼続公」が米沢で栽培をし始め、後の米沢藩九代藩主「上杉鷹山公」の時代に生垣に奨励されたと言われている。
はじめはちくちく棘を刺しながら摘んでいたが、だんだん要領がよくなり、柔らかな新芽をボールいっぱいに摘んだ。
d0337265_14521718.jpg

昨日きれいに洗っておいたうこぎを私もゆで、ホイルで焼き味噌を作った。
焼き味噌には削り鰹を粉状にしたものを混ぜた。
d0337265_1455351.jpg

さてここからは文明の利器、フードプロセッサーでうこぎと焼き味噌をビューンと細かくした。
炊き立てのご飯に、うこぎを混ぜいただいた。
ちょっとほろ苦い春の恵み、今年も食べられた事に感謝した。
d0337265_14551774.jpg

フードプロセッサーに残ったうこぎも無駄にせず、ご飯を入れて小さなおむすびにした。
d0337265_1457653.jpg


母の春の思いでも春先のひろっこ掘りから始まって、うこぎご飯まで来た。
今度はわらび採りの話でも聴こうかと思っている。
母は昼もうこぎご飯を食べた。(笑)
***************************************************************
花桃も満開
 友人宅から頂いた花桃の木がまた大きくなった。
 真っ赤な花をたくさんつけ、とても春らしい庭の風景になっている。
 かわいらしかった蕗の薹が顔を出したところにはもうこんなに蕗が生えてしまった。
d0337265_152076.jpg

さくらの終わりを告げるような雨が降ってきた。
花には残酷な雨だが、木や草には恵みの雨らしく、雨に打たれた木々の葉は瑞々しい。
d0337265_1532396.jpg

母の髪を切ってシャンプーした。
やる前は億劫がるが、『こぎれいにしてないとだめだよー』というとやる気になる。
美容院のような設備はないのでシャンプーはかなり疲れるはずだ。
昼ご飯のあとはぐっすりと眠っている。
ぼんやりとしたこのお天気も眠りを誘っているのだろう。
d0337265_15121652.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-04-29 15:19 | 美味しいもの | Comments(14)

オムライス

金曜日、今週最後のお弁当の日。
お花見時でもあるし、何か楽しいものをと思ったが、食材が乏しい!
でも庶民の味方、安くて栄養たっぷりの玉子ならたくさんある。
チルドルームの中のささみ、あとは常備しているたまねぎであれを作ろう!と思いついた。
ハムも入れたら美味しいだろう。

ささみを細かく刻み、塩コショウで下味をつけ、玉ねぎはみじん切りにしてバターひとかけでじっくりと炒めた。
新しいフライパンで玉子を焼いて冷ましておく。
この前作って冷凍していたトマトソース(缶詰の完熟トマトに炒め玉ねぎ、パセリなどを入れてにつめたもの)を解凍する。
炊き立てのご飯に炒め玉ねぎ、ささみを混ぜ、トマトソースを入れていため合わせ、チキンライスを作る。
ラップの上に焼いた玉子を敷き、その上にチキンライスをのせて、アーモンド形にする。
今日はオムライス弁当になった!隙間にはブロッコリーとにんじんのきんぴらを入れた。
ケチャップを添えてどうぞ!
d0337265_208962.jpg


母にはトマトソース大目にしてリゾット風オムライス(リゾットにするとお粥風になる)
玉子は半熟とろとろにしてかけたら美味しそうに食べていた。
たまにはこういうものが食べたいようだ♪
d0337265_20145052.jpg


往診の先生を見送って庭に出たら美味しい春の恵みを発見!
明日の朝は、母にとって懐かしいご飯になりそうだ♪
楽しみにしていてね♪

我が家の庭にも春の花が咲き始めた。
これは鉢植えにしているすみれ、色の濃いすみれはまだ咲いていない。
d0337265_20192371.jpg

抜けるような青空をバックにエゴの新芽がぐんぐん大きくなってきた。
でも明日は雨の予報、花散らしの雨になるのか。
d0337265_20205225.jpg

*****************************************************************
晩ご飯
 まぞいの味噌漬け、さしびろ貝焼き、ワインのおつまみがないので冷凍シュウマイを。
d0337265_2022592.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-04-28 20:26 | 美味しいもの | Comments(4)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

やぶかんぞう
at 2017-07-27 17:03
餡バタートースト
at 2017-07-26 16:14
梅雨出水
at 2017-07-25 17:30
一夜明けて・・・・
at 2017-07-24 20:39
氾濫
at 2017-07-23 17:09

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

> oshibanayo..
by hanamomo08 at 21:21
>anello63さん ..
by hanamomo08 at 21:15
あんバタートーストのモー..
by pass8515 at 19:12
トーストに餡子! 実は..
by mother-of-pearl at 10:51
トーストどっちも鰯塩焼き..
by saheizi-inokori at 10:07
餡トースト好きです。 ..
by unburro at 08:17
東海地方では「小倉トース..
by やっこ at 07:43
雨が収まって良かったです..
by sidediscussion at 04:27
青目 餡トーストは名古..
by aomeumi at 22:12
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 09:30

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索