カテゴリ:おでかけ( 60 )

花模様

おととい友人と『マリメッコ展』に行った。
日曜日で終わりになることに気づき、あわてて出かけた。
マリメッコといえば『ウニッコ』けしの花の明るい花模様が目に浮かぶ。
語尾に小さな『こ』をつける秋田弁を思わせる名前で心に残っていた。
d0337265_16301279.jpg

マリメッコといえば明るいこのピンクの花柄を思い浮かべるが、マリメッコ社には何人ものデザイナーがいて、それぞれマリメッコを代表する作品を発表していることがわかった。

マリメッコは1951年 アルミ・ラティアという女性によって創業された。
その代表的なデザイナーがマイヤ・イソラ(我が家の母と同世代)このウニッコはイソラのデザイン。
創業者のラティアはデザイナーを尊重して自由にデザインを描かせたが、花はそのままで十分に美しいので、マリメッコでは花柄は作らないと明言していたそうだ。
でも、イソラの花をモチーフにしたシリーズの図案を見て考えを変えたそうだ。
それだけラティアの心を動かしたデザインだったのだろう。

デザインした洋服、一つ一つに名前がつけられているのも楽しかった。
1960年代につくられた、アンニカ・リマラのデザインPukettiが気に入った。

Pukettiはブーケという意味だそうだ。
この図柄の生地で仕立てたワンピースはどこか和の感じもしてよかった。

植物をモチーフにしたデザインをしたのは1982年生まれのマイヤ・ロウエカリ。
現在まだ30代の若いデザイナーが作った『市民菜園』というデザイン。
このデザインは街のアパートが立ち並ぶ通りを抜けて、市民菜園へ出掛け、花や野菜の畑を眺めるというストリーがあるそうだ。
色使いがなかなかいいなあ~と思った。
1960年代のウニッコと2009年の市民菜園のデザインには約40年の年月の差があるが、古さはまったく感じさせず、どちらもずっと愛されていくデザインなのだろうと思った。
楽しい展覧会だった。
d0337265_16565971.jpg


我が家にもあったマリメッコ
 夏になると、結婚した頃母からもらった座布団カバーを今でも使っている。
 ちょっと奇抜な黄緑にチューリップの花柄というデザインで、片面は白地になっている。
 かなり色が抜けてしまったが、大事にしようと思っている。
 そのほかに同じデザインで私のピローケースも買ってくれた。
 そっちは白地に赤いチューリップ模様。
 寝具は明るい色のものが好きなので貰った時嬉しかったのを覚えている。
 母に『この模様が好きだったの?』と聞いたら『なんとなくね』と答えた。
 マリメッコだとは知らずに買ったのだと思う。
 
 追記:調べてみると、この柄はラティアの息子のリストマッティ・ラティアがデザインしたものだった。1978年の、「トゥルッパーニ(チューリップ)」というデザインらしい。母が買ったのも、1980年代初めだと思う。
d0337265_1725566.jpg


帰りにおそいお昼ご飯を食べた。
ピザ専門店に入って、マルゲリータを。
飲み物の中にグラスワインもあったが、この日は喉が渇いていたので、アイスコーヒーにした。
d0337265_175225.jpg
 
************************************************************
今日から九月になった。
七月、八月は大雨もあり大変だったから穏やかな九月であって欲しい。
今月の末ごろには稲刈りが始まるだろう。
今年の実はどうだろう。

遅く蒔いた朝顔の花が次々と咲いている。
手ぬぐい額も数日前から『朝顔』に替えた。
d0337265_17113782.jpg


今週最後のお弁当
稲荷寿司、インゲンの炒めたもの、高野豆腐の煮物、茄子漬
d0337265_1713196.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-09-01 17:25 | おでかけ | Comments(12)

しあわせ

病気のため2ヵ月半ほど延期になった さだまさしさんのコンサートへいってきた。
秋田へ来る少し前、風邪をひいて声が出なくなってやむなく延期になったコンサートだった。
友人と会場で待ち合わせ、6時5分(5分遅れ)コンサートは始まった。
d0337265_23265141.jpg

私が高校生の頃、さださんはグレープというフォークデュオとして初めて秋田にやってきた。
小さな会場におかれた椅子はまだどなたかが座れる状態だった。
あれから40数年、今日は間もなく取り壊されることになっている県民会館でのコンサートだった。

さださんはすっかり元気になって、懐かしい曲や新しいアルバムに入る曲を歌った。
ピアニストの倉田信夫さんが奏でるピアノはいつもながらすばらしかった。
単独でコンサートをやってくれたら、必ず聴きに行きたいアーティストだ。

アンコールで歌った『フレディもしくは三教街』が心に浸みた。

今日のメニュー
d0337265_2317947.jpg


約3時間のコンサートが終り少し歩いた。
とても幸せなひと時だった。
d0337265_23205418.jpg

**************************************************************
朝顔
 大きな蕾発見!
 明日の朝咲いているかもしれない♪
d0337265_23234859.jpg


今朝、朝顔が咲いていました。
激しい雨に打たれてちょっと可愛そうです。
d0337265_7203119.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-08-23 23:00 | おでかけ | Comments(12)

稲穂

昨日は晩ご飯を食べてから、竿灯を見に行った。
日中はかなり暑かったが、自転車に乗っていると夜風が気持ちよかった。
竿灯大通のコンビニで飲み物を買い、そこに自転車を置いて歩いた。
秋田にこれほど人が集まるのか!と思うほどすごい人出だった。

竿灯大通りと呼ばれる通りの端っこで竿灯を見た。
土曜日は観光客でいっぱいだろうから・・・・と思い、日曜日の見物にしたのだが・・・・。
ものすごい人、人、人。
お父さんに肩車をしてもらっている男の子
d0337265_2335850.jpg

友達らしい若い男性の二人は生ビールを片手にただただ竿灯の美しさに感動している。
『これ、いいお祭りだね~』を連発している。

近くで見事な技を見るのも楽しいが、竿灯はちょっとはなれたところから、ずっと奥まで続いている灯りを楽しむのもいい。
d0337265_23192558.jpg

少し高いところから通りを眺めていると、それはまるで秋の実りの頃を連想させるような美しさだ。
少しでも高いところから撮りたくて、腕を高く上げていたら、今朝は軽い筋肉痛を感じた。
d0337265_23101976.jpg

竿灯の竿は風であおられ、他の竿灯とくっつきそうになったり、離れたり・・・・。
d0337265_23122153.jpg

今年最後の竿燈祭り、お名残惜しいけどまた来年!今年も豊作でありますように。
今来ている台風もそれますように。
d0337265_23182595.jpg

************************************************************
祭りのあと
今日の秋田は35度まで気温が上がった。
でも風があっったから凌ぎやすく感じた。
午前も午後も来客があり、忙しくて祭りの余韻を感じる暇もなかった。

今日も蝉は姦しく鳴いているが、ベランダの手すりにエゴの実が落ちてはじけている。
これを見るともはや小さな秋を感じたり・・・・・・。
お盆の準備もそろそろ。
盆棚を飾る場所をきれいに片付けた。
母が『お盆は赤飯を作るの?』と聞いたので、『作るよ』と答える。
今度はお盆だな、本当にせわしない。
d0337265_23334496.jpg


※今日午後美しい文字で書かれた暑中見舞いの葉書が届いた。
 流れるような美しい文字で書かれた葉書 Nさんありがとう♪
***************************************************************
晩ご飯
 えごとおくら
d0337265_23444420.jpg

 かぼちゃコロッケと野菜の煮物
d0337265_2348090.jpg

d0337265_2344174.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-08-07 23:20 | おでかけ | Comments(16)

街並み

昨日民謡を聴いた会場は旧金子家住宅
江戸の後期から質屋を始め、明治の初期に呉服屋(卸商)になった老舗商家。
ひんやりとした家の中は懐かしい土間が通り、扇風機の風だけで涼しかった。
写真にも少し写っているが屋根に大きな水甕が上がっており、雨水をため、火事に備えたらしい。
日本を愛したドイツ人建築家ブルーノタウトはこの天水甕に注目し自分の本に紹介している。
d0337265_22312258.jpg


金子家のとおりを奥に進むと大きな通りがあり、通り町と呼ばれ商店が並んでいる。
この通りは私にとっても懐かしい通りで、結婚する前はこの近くに住んでいたので、毎日ここを通って仕事場に行った。
あの頃同年代だった商店の子ども世代も代がわりし、社長になって頑張っている。

二軒あった古い瀬戸物屋さんはなくなり、お店もかなり減った様子だ。
でも昔から頑張っているお店もある。
ここは店の感じが好きな酒屋さん、家の前の植え込みの緑が素敵なお店だ。
d0337265_22393112.jpg

もう一軒、ここも古いお菓子屋 高砂堂
建物そのものが文化財だが、中のお菓子を並べているケースなどもすばらしい。
d0337265_2243748.jpg


通り一本に人の暮らしに欠かせないお店が並んでいるのは便利なもの。
郊外の大型店に客が流れ、この商店街もそう元気とはいえない。

そんなこともあって、昨日はこの通りで少し買い物をした。
ここで商う人々がもっと元気になって欲しい!
****************************************************************
蝉の合唱
d0337265_22545255.jpg

エゴノキにかなりの蝉が止まっている。
この蝉は何をしているのだろう。
d0337265_22573490.jpg

*****************************************************************
晩ご飯
 いわしの焼いたもの、小蕪とパプリカのサラダ。
 水茄子の漬けもの。
d0337265_233166.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-08-04 23:03 | おでかけ | Comments(10)

祭り

竿燈祭りが始まった。

今年も秋田民謡を聴きに出かけた。
昨年と同じ場所で、秋田の唄っこを聴いた。
今年もすばらしい歌声に感動した!
d0337265_21554341.jpg

d0337265_2156026.jpg


帰りは通り町をゆっくり歩いた。
なじみのパン屋さんでパンを買い、老舗の和菓子屋さんで留守番をしてくれた家人にお土産を。

この前の雨のときはものすごい水位になったという旭川もいつもの穏やかな姿に戻っていた。
d0337265_2201085.jpg

いつもと違うのは、橋の上の人の多さ、すごい!
d0337265_2204216.jpg

お堀の蓮が咲き始めていた。
いつもの年より、花の色が薄いのはどうしてだろう?
d0337265_2214523.jpg

**************************************************************
李・李・李
山形の大きな李を買ったら、ものすごく酸っぱい。
d0337265_2263650.jpg

グラニュー糖を入れてゆるい李ソースにした。
それを炭酸で割って『すももソーダ』を作った。
すももの酸味と炭酸がよくあって美味しい夏の飲み物になった。
d0337265_227595.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-08-03 22:07 | おでかけ | Comments(10)

講演会へ

梅雨に入っているが、夏のようないいお天気が続いている。
母がリハビリをしにでかけた後、2~3用事を済ませ、ちょっと早いお昼を食べてホテルへ向かった。
2003年『バカの壁』がベストセラーになった。
今日はこの本の著者 養老孟司さんの講演会だった。
ここに講演の要旨をブログに載せたいと思ったのだが、養老先生の話はただただ面白く、しかしまとめることは私には無理なようだ。
地元新聞社の主催なので近日中に講演要旨が載ると思うが、担当者がどんな風にまとめられるのか興味津々だ。
養老先生はイタリアから帰ってきたばかり、昨日日本に着いて、今日秋田に来たそうだ。
イタリアで突然めまいに襲われた。
日本の病院同様、目が回って吐き気がしているときに様々な同意書にサインさせられ、これは病院側の都合だろうが、苦しんでいる患者にはとんでもないことだと話された。

胎児のように丸まって休んでいたら幸い治ったそうだ。(よかったですね)
養老先生もよくある耳石のいたずらによって苦しい思いをされているのかと思った。

講演会でとても書きやすいボールペンをいただいた。
二部のムツゴロウさんの講演は母の帰りに遅れそうなので聴かなかった。
お二人のサイン入りの本が当たるクイズがあったが、最後まで聴いた人が対象だったので残念!
************************************************************************
公園のお堀は睡蓮だけだった水面が蓮の葉でかなり覆われていた。
d0337265_19422078.jpg

睡蓮の葉の上でケンケンパをしている小鳥がいた。
やっと写っていたのがこの一枚、ハクセキレイだった。
d0337265_19434518.jpg


梅の季節
 秋田産の青梅を見つけた。
 梅シロップにしようと思っている♪
d0337265_19451311.jpg

**************************************************************
お弁当
 梅干しと筋子のおにぎり
 きんぴら・佃煮・安納芋・ブロッコリー・焼き魚
 
d0337265_19462141.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-06-28 19:47 | おでかけ | Comments(8)

ご近所さんが蕨採りに誘ってくれた。
我が家から車で20分の山へ。
車窓からは今盛りの藤の花が見えた。
大きな滝の流れのような藤があり、車から降りて見ほれた。
d0337265_20495680.jpg

所々にはタニウツギの花。
秋田では忌み嫌われている花だが、とても美しい花だ。
d0337265_20512696.jpg


9時蕨とりをはじめた。
はじめは見つけられなかったが、だんだんどんなところにあるかわかってくる。
萱の中からこんな風に出てくる。
d0337265_20551942.jpg

どんよりとした曇り空だったが、私もHさんもたくさんの蕨を収穫し、大満足。
d0337265_20564887.jpg


あく抜きをして明日の朝には食べられる。
半分は塩漬けにしよう。
帰宅したら、朝は咲いていなかったエゴの花が咲き始めていた。
************************************************************
晩ご飯
 真がれいの塩焼き、野菜ときのこの煮物
d0337265_210134.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-05-28 21:00 | おでかけ | Comments(14)

公園へ

リハビリへ行く母を見送り、急いで歯科へ。
予約の時間に間に合うように自転車をこいだ。
街路樹の銀杏も新しい葉っぱが出てきて、ちょっと路地にはいると民家の木々の新緑がきれいで、みどりの中を走っているような感じだった。
花見団子が原因で詰め物が取れた奥歯はきれいにふさいで貰い、今日で歯科通いは終わった。
外に出てコンビニに寄り、振込み二件を済ませ帰ろうと思ったら・・・・。
コンビに前の桂の木の新緑があまりにきれいで、このまま帰らずに千秋公園に行くことにした。
パン屋さんでパンとお茶を買って向かった。
今日は松下の方から登った。
子どもの頃から変わらない初夏の風景、母とも何度も登った道だ。
苔の上にこもれびが落ちてゆらゆらときれいだった。
d0337265_20483818.jpg

私の大好きな色のつつじが咲いていた。
赤系統より白やこの薄いピンクが好きだ。
d0337265_20501222.jpg

子どものころ動物園があった場所に池がありそこに立つ柳がきれいだった。
d0337265_20533550.jpg

手前にある八重桜はもうとっくに葉桜だったが、しなり強く枝についていた花を発見!
d0337265_20545280.jpg

見晴らしのいい場所でパンを齧る。
d0337265_20564918.jpg

ピーナッツクリームのパンにはごろごろピーナッツが入っていた。
(歯が治ったあとでよかった♪)
カリカリと齧れる幸せ!
d0337265_20591354.jpg

そこでもうひとついいものを見つけた。四つ葉のクローバー♪
d0337265_20574958.jpg

長い階段を日傘をさしたご年配の女性と連れ合いが登ってきた。
もうかなり日差しが強くなった。
この次は私も日傘を持って来よう。
いつの間にか季節は『初夏』になったようだ。
d0337265_21101514.jpg

ここだけの話日傘の中で聞く 伊藤賢三
日傘の中や、蚊帳の中というのはちょっといつもと違った感じがある。
区切られた空間というのは、かえって開放的な気分になるのかもしれない。
d0337265_2171224.jpg

****************************************************************
晩ご飯
 まぞいの味噌漬け
d0337265_21104655.jpg


More 山菜の季節
[PR]
by hanamomo08 | 2017-05-17 21:47 | おでかけ | Comments(16)

新緑の中で

昨日のたけのこ堀りの続き。

新緑の美しい時期、小雨の中の緑がきれいだった。
秋田県南北に長い県で、南の方の由利のほうが暖かい。
そちらの方からだんだんと雪が消え、さくらが咲き始める。
でも、最近発見したのだが、秋田市の隣に位置する南秋の方はなぜか田植えの時期が早い。
新緑の中で生き生きと農作業する人々を見かけた。

トタンが錆びている古い納屋も絵になって見えるのは、後ろの山の新緑と畦道に咲く菜の花が美しいからだろう。
d0337265_21135688.jpg

その隣には赤い屋根のお堂があって、何てきれいなのだろうと車を止めて写真を撮った。
d0337265_21164725.jpg

友人の山荘近くの田んぼでは大きなトンボで田ならしをしている人がいた。
そこも新緑がまぶしく、山にんじん(しゃく)の白い花が咲き乱れていた。
d0337265_21194020.jpg

農業に携わった事のない私でも、この美しい風景を見ると『秋の実りまでどうぞ御無事に』と願わずにいられない。

山を上っていくと眼下に海が見えてきた。
晴れていないが、海岸線はくっきりとして、友人の住む街に着いたことを実感する。
ここも新緑がまぶしい。
d0337265_21241374.jpg


山荘に着く、今年は満開の菊桃の花が迎えてくれた。
この山荘を初めて訪ねた頃に比べ、随分木が大きくなった。
新緑と桃色と深緑の杉の色、三色がこれほどバランスよく並んでいるとは。
d0337265_21271294.jpg


向いの方は花蘇芳と真っ赤な石楠花と咲き始めた黄色の八重山吹の花の競演。
こんなダイナミックな風景を見ると、小さな花器に生ける花なんてお呼びじゃない。
空に向かって力強く咲く蘇芳、奥のほうに見える赤、足元に流れる山吹の枝。
もう完璧な構図!
こんな美しい季節にここに来られた事を幸せに思う。
d0337265_21334191.jpg


心づくしのお昼ご飯をいただくと、もう帰りの時間が迫っていた。
後ろ髪を引かれながら山を下ると、下の方にまた美しい水田が見えてきた。
田んぼに植えられた小さな苗が青々と生長した頃を思い描きながら帰ってきた。
d0337265_22101084.jpg

                             つづく
******************************************************************
晩ご飯
 昨日採ったわらび
d0337265_22161365.jpg

 筍の煮物(たけのこ、豚肉、糸こんにゃく、にんじん)
d0337265_22172252.jpg

 鰊焼き、根曲がりだけの味噌汁、ほうれん草のナムル、筍の煮物、糠漬けという献立
d0337265_22221968.jpg

                         
[PR]
by hanamomo08 | 2017-05-14 22:22 | おでかけ | Comments(4)

筍掘り

『momoさ~ん、筍の頭っこ出はってきたよ~』と電話をくれた友。
もう一人の友達も駆けつけてくれ、小雨降る土曜日は楽しい筍掘りの日になった。
田植えが始まり仕事に励む人々、道路沿いに咲き乱れる菜の花、そしてまぶしいほど美しい新緑の山々、今の季節はどこを切り取ってもうっとりするほどきれいだった。
d0337265_2265084.jpg

雨が降る前に掘ってしまおうと、竹薮へ。
頭を出したばかりの筍を唐鍬で掘る。
d0337265_22112897.jpg

周りの笹の葉や土をそっと寄せながら ここぞと思うところに鍬をいれて、てこの原理を使って掘る。
口で言うほど簡単ではなく、筍に鍬を入れすぎると柔らかいたけのこが壊れてしまう。
d0337265_22111678.jpg

ついつい掘るのに夢中になって掘って空いた穴に土を埋め戻す作業を忘れてしまう。
30分ほどでこんなにたくさんの筍を掘らせてもらった。
d0337265_22134287.jpg

今度はわらび採り。
これも面白い!季節のめぐみを収穫することほど楽しい事はない。
贅沢にも出始めた柔らかなものを採った。
d0337265_22161651.jpg

夢中になっていると『お昼だよ~』と友人が呼ぶ。
昨日掘ったという筍を使って、心づくしのお料理が並べられた。
d0337265_22175124.jpg

山菜の下ごしらえがどれだけ手間のかかるものか知っているから、本当に感謝していただいた。
筍ご飯、笹だけとお肉の煮物、筍とたらの芽の天ぷら、あいこの辛し和え、ミズの塩漬け。。。。
本場のハタハタの三五八漬けの焼いたもの。。。。。。。
もう一人の友人と感激のお昼ご飯だった。
食べ切れなかったご馳走はもらって帰った。
本当に楽しい一日をありがとうございました。
*****************************************************************
山菜を『おじゃめる』
こちらの方言で『おじゃめる』は下ごしらえしたりする事などに使われる方言。
筍を水からゆで、あしたまでそのまま冷ましてあく抜きする。

採ったわらび
d0337265_22295970.jpg


晩ご飯に並んだもう一つの珍味『つぶ貝の味噌煮』
d0337265_22321998.jpg

こっちは友人がお土産にくださった 『しんこ餅』
美味しかった~ご馳走様でした。
d0337265_2234478.jpg

つづく
[PR]
by hanamomo08 | 2017-05-13 22:37 | おでかけ | Comments(18)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

やっと・・・・・・
at 2017-09-19 21:08
祝う
at 2017-09-18 18:00
強風
at 2017-09-17 20:26
朝顔のスケジュール
at 2017-09-16 19:47
SABA缶カレー
at 2017-09-15 17:20

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

おはようございます♪ ..
by PochiPochi-2-s at 07:55
映画『あん』 妻と一緒に..
by こんの at 07:42
麩嘉のHP、見ました! ..
by unburro at 23:26
お母様、独吟で砂山ですか..
by sidediscussion at 21:22
台風に最中の心のこもった..
by PochiPochi-2-s at 23:40
砂山🎵知..
by ゆき at 22:46
敬老の日、我が家の献立は..
by unburro at 22:41
私は食べることが大好きな..
by o-hikidashi at 20:35
台風、大事ありませんでし..
by oshibanayoshimi at 20:27
こんばんわ。 台風、大..
by pass8515 at 20:01

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索