カテゴリ:自然( 143 )

夕やけ

夜7時、外はまだ明るく、西の空がうつくしい夕焼け色に染まり始めた。
28度近くまで気温が上がり、暑い一日だった。
今日は来客が多く、忙しすぎる一日だった。
窓に目をやると・・・・・・
d0337265_21151477.jpg

なんてきれいな夕焼けなんだろう・・・・・。
窓を開け、西の空を独り占めする。
しだいに街のほうの高い建物がだんだんシルエットだけになっていく。
d0337265_21171062.jpg


エゴノキにも雫型の実がついている。
秋までかかって、硬い木の実になっていく。
d0337265_21244911.jpg


夕餉
 にんじんと胡瓜の白和え、かれいのソテー、お昼の冷やし中華
d0337265_21265454.jpg

MEMO
朝顔の種まき・・・・・・去年よりだいぶ遅れてしまった。
 種を水につけてからまいたが、一晩のつもりが、2番もつけてしまったからどうなる事だろう?
[PR]
by hanamomo08 | 2016-06-29 21:21 | 自然 | Comments(10)

緑の季節

買い物があって郊外の大きなスーパーまで行く。
雨で緑が一段ときれいに見える。
田んぼの稲もだいぶ大きくなって緑が濃くなっている。
d0337265_2151384.jpg


こちらは先日行ってきた千秋公園の池の様子。
水草が青々と茂り、夏本番を待つ。
d0337265_21757100.jpg

この池には真っ白な睡蓮
d0337265_21264786.jpg

公園の後ろ側の上り口も緑一色になっていた。
d0337265_21124816.jpg


キッチンの後ろにおいてある棚を整理する。
取り出しやすくするには手が入りやすいように隙間を作ることが大切だ。

ちょっとしょっぱい紅鮭を半身買う。
お弁当やお茶漬けに小さく切って小分けにして冷凍しておく。
お昼は久し振りにこれでお茶漬け、母は大喜びだった。
d0337265_21184425.jpg

明日は秋田に爆弾低気圧が停滞しそうだ。
釣りがだめになった夫はしょんぼりしている。(笑)
**********************************************************
晩ご飯
 大きな身欠き鰊、胡瓜とカニカマの胡麻酢和え、かぼちゃとレーズンのサラダ、お揚げピザ
d0337265_21231180.jpg


More 宝石
[PR]
by hanamomo08 | 2016-06-24 21:25 | 自然 | Comments(2)

降ったりやんだり

思いがけず昼過ぎから晴れてきたが、風の強い湿度の高い一日だった。
汗かきの母のタオルやパジャマは毎日替えているので、洗濯はしないわけにはいかない。
風で八分どおり乾かし、あとは扇風機を回したりして何とか乾燥している。

こんな日に限って母がお昼にパンが食べたいという。
パンだけならと、晴れ間に近くのお店へ行く。
d0337265_2026517.jpg

大きなアパートの前を通ったらすごくきれいな花に会った。
アパートの前庭一面に敷き詰められたような黄色い花。
リシマキア・ヌンムラリアという花のようです。
d0337265_19544118.jpg

背が低く、地面を這うように増えていったようで、庭に植えられている苺やぎぼうしなどが見える。
鬱陶しい梅雨の時期にそこだけポッっと明るくてとても心に残った。
d0337265_19572955.jpg


もっどって来て小さめの食パンにゆで卵やハムをのせて昼食
d0337265_19583652.jpg


食後ちょっと母に付き合う。
新聞を読んでやる。
読みながら二人とも深い眠りにおちいってしまう。
ほんの15分くらいだがこの睡眠は貴重だ。

5月に採って塩漬けにしておいた蕨をもう一度塩で漬け込む。
これは筍がはいっていた大きな瓶なので、6束も入った。
こうしておけば一年は大丈夫だと言う。
水に入れて塩抜きして冬の間に使う保存食になる。
d0337265_2022238.jpg


夏至が近いが、お天気が悪いので今日は早く夕方になったような気がし早めのご飯したく。
もどしておいた干ししいたけを甘辛く煮詰め、きゅうりと一緒に酢の物にする。
かれいに塩をし、ちょっと休めてから焼き、朝作った煮物で夕食。
d0337265_20191961.jpg


おべんとう
 八分搗き米、肉の炒め物、ゆで卵、煮つけ、塩豆、
d0337265_20251884.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-06-17 20:00 | 自然 | Comments(10)

蟷螂生(かまきりしょうず)

二十四節気の芒種が過ぎ、それをさらに細かく分けた七十二候では今頃を『蟷螂生』というそうだ。
かまきりが秋に生んだ卵から蟷螂が生まれてくる頃なのだろう。
怖いイメージがある蟷螂だが、田んぼの中でも害虫を食べてくれるありがたい昆虫だ。

今日はじっとりと湿度の高い梅雨入りしたような天気だった。
もう大方落ちてしまったエゴの花がベランダの手すりに散っていた。
d0337265_19471744.jpg

早いものはもう小さなしずく型の実になっている。
春に咲いた花桃の実もだんだん大きくなっている。
20個ばかりついているのでホワイトリカーに漬けてみようか。
d0337265_19485470.jpg

紫陽花もあと少し、アナベルもオオデマリもこんな緑一色のときの姿も大好きだ。
d0337265_2024678.jpg


夕べ、いつもより眠りが浅く、喉の奥が痛かった。
どうやら夏風邪を引いたようで、午後は昼寝をした。
母にうつらないようにするには母のそばにいられないことになり、普段の健康のありがたみを感じた。
幸い食欲もあるので大丈夫だが。
鬱陶しい一日を窓を閉めて扇風機の風で何とかさわやかに過ごした。

今日の薔薇
d0337265_2012199.jpg


晩ご飯
水がれいのから揚げ
歯が悪い母だが、骨せんべいを食べたいといい、少しだけ食べた。
d0337265_2042726.jpg

おべんとう
 白米嗜好だった夫が八分搗き米にした。
 五分搗きだと玄米に近く、炊くのに時間がかかる。
 いろんなミネラルが摂れるから続けて欲しいと思っている。
おかずは根曲がり竹の煮付け、昨日の残りのきすの天ぷら、海老ボール揚げ、スナップエンドウ
d0337265_2072143.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-06-09 20:01 | 自然 | Comments(10)

芒種のころ

南のほうからが梅雨入りの便りを聞く頃となった。
風が少し冷たかったが、いいお天気の日曜日、今日はあれこれ頑張った。

窓を開け、風を通すにはその前に片づけだ。
このところ外仕事を頑張ってくれていた夫に今日は書類の片づけをお願いした。
ゆっくりと休みたいところだろうが、梅雨の前に片付けてほしいと言う私の要望にこたえてくれた。
捨てる捨てないの判断をする時には一人だと大変なことがある。
『迷ったら私に相談して』といって私も付き合う。

書類は捨てだすと、あれもこれも要らなくなる。
ひとつ執着心を手放すと、「もういいや」の心境になる。
七分どおり出来た。
最後にクリーニング店へ衣替えした背広を持っていく。
田んぼの稲がかなり伸びている。
しっかりと根付いている様子がわかる。
もっと大きくなって風が吹いたら緑のウエーブになる。
d0337265_2151277.jpg

衣替えセールを利用し、クリーニング店を後にする。
もう夕暮れ、空が澄んでいる。
d0337265_217888.jpg

これから一年で一番日が長くなる夏至に向かう。
夕日が田んぼに映っていた。
d0337265_21849.jpg

明日からまた新しい一週間が始まる。

晩ご飯
 ひらめの味噌煮、ひじきの煮物、塩トマト、ピッツア 白ワイン
d0337265_21102650.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-06-05 21:10 | 自然 | Comments(10)

桐 満開

嵐のような帰省客を見送って、のんびりした日常がもどってきた。
今回の帰省の目的は子ども部屋の大掃除、びっくりするほどきれいに片付けていた。
傍で雑用を手伝いながら見ていると、案外片付ける能力がついたな~と実感した。
何度か引越しをして身につけたのだろう。
その大掃除で大量に出た段ボールなどリサイクルできる場所に持っていく。

空になった冷蔵庫を満たすため、食べ物を買いに出かけ、ちょっとだけ足を伸ばして活気づいている田んぼを見に行く。
昨日今日が田植えのピークらしい。
田植え真っ盛りだった。
田んぼで働く人々は皆いきいきとし、きびきびと農作業に打ち込んでいた。
d0337265_16372667.jpg

こちらは『補植』という作業、機械で植え切れなかった場所に手で植えていく作業。
d0337265_16385862.jpg


田んぼの向こうの山には満開の『桐』の花
d0337265_1641921.jpg

道路を隔てて、向かい側にも桐の花、風で一つ二つと散っている。
d0337265_16421013.jpg

ここからは太平山もきれいに見える。
日に日に緑濃くなる山をバックに桐の紫がとても映えてきれいだった。
d0337265_16434126.jpg


散り花
 瑞々しい笹の新葉が大きくなってきました。
 その笹の葉にぽとりと落ちた『桐の花』です。
d0337265_2258671.jpg

************************************************************
晩ご飯(昨夜)
 外食をやめて家で美味しいお肉を焼いた。
 山菜三昧だったが、帰省してはじめてのお肉。
 ステーキはわさび醤油で食べると旨い!
 柔らかい孟宗の煮物はいつ出してもぺろりと平らげる。
 母の好きな糠鰊の焼いたものを出したらそれも食べた。
 いぶりがっこをぽりぽりつまみながら美味しい日本酒も結構飲んだ。
 ちっとも酔わない、どちらに似たのだろう?
d0337265_1655193.jpg


久し振りに若いパワーを感じて楽しい数日だった。
近いうちにまた顔を見せてね。
d0337265_16532044.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-05-22 16:56 | 自然 | Comments(18)

ダビディアの木

この五月は寒暖の差が激しい。
寒かったり暑かったりして衣服の調節にも戸惑ってしまう。

数日前、ひょっこりと顔を見せた帰省客を新緑の植物園に案内した。
一緒に行った事があると信じきっていたのは私だけで、連れて行ったことはなかったらしい。
抜けるような青空で絶好のドライブ日和、焼きあがったばかりのパンを大量に買い込み、出発。
この画像だけ見ると、『沖縄に来ています』と書いても信じてもらえるかもしれない青い空だった。
d0337265_6345490.jpg

5月の植物園は色とりどりの花で美しかった。
でももっとうれしかったのは花だけではなく、大きな『ハンカチの木』が見ごろだった事。
d0337265_6372688.jpg

真っ白なハンカチが風にたなびいていて圧巻だった。
この植物園にこの木があるのは知っていたが、いつ訪れてもまだ早かったり、遅すぎたりと見ごろになかなか出会えなかったのだ。
花に見えるのは、ひらひらとした白い大きな2枚の苞葉で、その中にあるのが花らしい。
d0337265_6405336.jpg

フランス出身の神父・生物学者であるアルマン・ダヴィッド (Armand David) が初めて報告したため、彼を記念してDavidiaと命名された。(ウィキペディアより)
でも、今度この木を見るときダビディア神父の名前を思い出せるだろうか?
終わった花は地面にこのまま落ちていた。
つまんでみた。
沖縄に咲く、ブーゲンビリアなどの花にも似ていると思った。
d0337265_6444232.jpg

たっぷりと森林浴をして帰宅した。
植物園では小さな生き物たちもすくすくと育っていた。
それはまた別の機会に。
d0337265_6473135.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-05-21 22:24 | 自然 | Comments(4)

よく通る道路に広い畑がある。
この前まで黒い土の色だったのに、柔らかそうな葉物が芽を出している。
色合いも、形も何と美しいのだろう。
d0337265_22275785.jpg

さやえんどうの畝にはかやのような支柱が立てられ、蔓がどんどん絡まっていく。
もう少しで甘いさやが収穫できるだろう。
d0337265_22302322.jpg

今の季節は田んぼといい、畑といい、一年で一番美しい眺めだ。
こうして生き生きとした畑を見せてもらうと野菜作りは楽しいだろうな~と思う。
でも難しいんだろうな~。
*************************************************************
今夜は賑やかな夕食になった。
筍のオイスターソース炒め、男鹿の鯛のソテー、浅漬け、蕨のおひたし、アラのお吸い物・・・・
秋田のものをいっぱい食べさせてやりたいと思う。
先日の掘り出し物のロゼワインがなかなか美味しかった。
d0337265_22382878.jpg

みずの生姜漬け 今年もこのエメラルドグリーンに会えた。
d0337265_22492411.jpg

明日は大きな片づけを手伝ってもらおう♪

お弁当
 孟宗竹の煮物、野菜の天ぷら、魚肉ソーセージ、ミズの漬物
 オレンジ
d0337265_22521134.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-05-19 22:40 | 自然 | Comments(4)

早蕨

『momoちゃん、明日蕨採りに行こうよ♪』近所に住む長屋の友が誘ってくれた。
降水確率は0パーセント、快晴の予報、掃除の疲れも少し残っていたが、夕べは遠足の前の日の小学生のようにワクワクしながら寝たのだった。

ほとんどの田んぼに水が張られ、早いところでは田植えが終わっていた。
一年で一番美しい景色が見られる。
『さあ、これから・・・』という生き生きとした光景だ。
d0337265_22135314.jpg

新緑の山が水田の鏡にうつってきれいだ。
d0337265_2213367.jpg

我が家から20キロくらい離れた小さな集落に到着
50プラスの日焼け止めクリームを丁寧に塗り、首にしっかりタオルを巻き、頭には麦藁帽子をかぶり、手袋をしてスタート!
Hさんは『まだ伸びていない』と不満顔だが、私はひょこひょこ顔を出している早蕨に大興奮!
もうちょっと成長を見守りたいところだが、やわらかくて美味しそうで『ポキン!』
d0337265_22225448.jpg

さすがにこういうチビちゃんは採れない!もう二日くらいで大きくなるかな。
d0337265_2224625.jpg

『ウルイ』やヨモギ、たくさんの花の芽の中で蕨はひっそりと渋い色をしている。
保護色になっているものを探すのは大変だが、見つけた時はとてもうれしい。
こんな大きいものを見つけた。
d0337265_2228486.jpg

山菜はまさに自然からの贈り物、生えている物を根こそぎ全部採ってしまうのはよくない。
まあこれくらいで帰ろうと言う事になり、ベンチで一休みする。
おやつを食べながらいろんな話をした。
『人生は山あり谷あり』そんなものだ。
d0337265_2252464.jpg

小高い山をくだると、民家のまえの田んぼの傍にまぶしいほどの『菜の花』
水の張られた田んぼにも映っている。
d0337265_22383711.jpg

写真を撮ろうと車を降りたら、Hさんはそこでも蕨を見つけ夢中になって採っていた。
ここでも一掴みの蕨をとって、帰ってきた。
どこもかしこも桃源郷のような美しさだった。
d0337265_22404114.jpg

帰り道でも田植えをする人を見かけた。
この先、秋の収穫まで無事たどり着きますように。(願)
d0337265_2243247.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-05-14 22:42 | 自然 | Comments(14)

山笑う

昨日の解体作業の後遺症で、両方の二の腕が軽い筋肉痛になった。
面白半分で使ったのこぎりのせいだろう。

今朝は予定通り解体したソファーを車に積み込んだ。
普通車なので、効率よく積まなければならない。
剥ぎ取ったウレタンをクッションに使い、何とか全部積む事ができた。
費用は家具屋さんの10分の一だった。(総重量50キロジャスト)

軽くなった車で、その辺をドライブする。
田んぼにくろが盛られて、土が耕されていた。
d0337265_2227373.jpg

家の裏山の雑木林も山桜と木々の芽吹きでだんだん明るくなってくる。
d0337265_231921.jpg

うすうすと色を重ねて山笑ふ  稲畑汀子

家の前の田んぼの見回りをする人がいる。
ハウスでは苗の準備がされているのだろう。
d0337265_223959.jpg

もっともっと緑が濃くなって、暖かくなったら田植えが始まる。
我が家から見える山も柔らかい春の色合いだ。
d0337265_2256292.jpg


春になって日がさらに長くなった。
そろそろご飯を食べようと母を起こしに行ったら、美しい夕日。
この山裾の美しいさくら並木を歩いたのはついこの前だったように感じる。
連休中のお天気はあまりよくないらしいが、晴れたら外に出て、雨になったらゆっくり休もう。
皆さんも良い休日を♪
d0337265_22563840.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-04-30 22:51 | 自然 | Comments(6)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

老舗雑貨店を守る女主人
at 2017-11-24 21:31
霜月の水庭
at 2017-11-23 20:27
紅茶
at 2017-11-22 20:55
母の誕生日♪
at 2017-11-21 20:17
冬薔薇
at 2017-11-20 21:10

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

青目 この番組、時々見..
by aomeumi at 12:09
こんばんは。 「イタリ..
by PochiPochi-2-s at 23:45
人生は必ず前に進んでいく..
by mosaku319 at 22:43
薔薇が咲きましたね。 ..
by nana at 21:11
鍋がおいしい季節になって..
by PochiPochi-2-s at 17:45
きれいに咲きましたね! ..
by PochiPochi-2-s at 13:49
>こんのさん そのまま..
by hanamomo08 at 12:57
>Dekoさん こんに..
by hanamomo08 at 12:55
> Hanaさん こん..
by hanamomo08 at 12:52
>やっこさん こんにち..
by hanamomo08 at 12:46

ブログパーツ

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...
rin時日報3

外部リンク

検索

タグ