カテゴリ:自然( 119 )

眺め

一晩ぐっすり眠ったら昨日の鼻炎はすっかり治っていた。
母のいない一日、何をしようか考えていたが、外出もままならないほどの吹雪だった。
d0337265_2211397.jpg

片付けは一旦休み、雪かきしたり、電話が入ったりでお昼になってしまった。
このままでは終わりたくないと思っていたら、いつの間にか青空が出てきた。
長靴を履き、全身温かくして散歩に出る。
真っ白で綺麗な雪道の欠点は滑りやすいこと。
転ばないように、踏みしめるように歩く。
急な坂道を登り、見晴らしのいい場所へ。
ここから毎日我が家から見ている大平山を眺める。
白銀に輝く山並みが美しいな~。
最高峰は1170メートルあるそうだ。
d0337265_22155761.jpg

木々に雪がついてそれがまたいい景色を作っている。
d0337265_22201587.jpg

今朝はまとまった積雪が会った、・・・・と言っても20センチにも満たない。
高いところから眺める家々も屋根に積もった雪の白さで統一されるせいか、とても綺麗だ。
私が雪景色を楽しんでいる間、とうとう誰も来なかった。
今日は最高気温0℃、最低気温-3℃だったというから、みな寒くて家で暖まっていたのだろう。
d0337265_22252090.jpg

**************************************************************
晩ご飯
 焼き魚、ひじきの煮物と地味なメニューだったので冷酒を一杯ずつ。
いただいた広島菜がパリパリとおいしく、発酵の進んだ味わいを楽しませてもらった。
天然の冷蔵庫のおかげで、発酵もストップしているようだ。
葉先のところは刻んでふりかけに、茎のところはサクサクとして美味しい。
d0337265_22304052.jpg

それにひじきの煮物(干ししいたけ、高野豆腐、にんじん、玉ねぎ、油揚げを入れた)
d0337265_22511478.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-02 22:51 | 自然 | Comments(8)

カフェカーテン

普段は雪などあまり縁のない地方に雪が降っている。
そうなると、おかしいことにこちらでは降らない。

毎年この季節に見られる面白いものがある。
雪と氷で作られたカフェカーテンだ。
d0337265_2184690.jpg

波々の屋根に積もった雪が滑ってくるが、気温が低いので落ちないでそのまま凍ってしまう。
今度はその下に小さなツララができる。垂れ下がったところは所々レースのようになって見える。
今日の秋田は青空で、日がさしていいお天気だった。
でも、気温が低いので、自然のカフェカーテンはとけずにそのままの形を保っている。
すぐ上にトタンの屋根があってそこにはツララが下がっている。
d0337265_21112277.jpg

この屋根を上から見るとこんな風になっている。
d0337265_212093.jpg


自然が相手の時はちょっと時間を逃すと同じものを見る事が出来ない。
そして、これと同じ美しい形を私たち人間は作ることはできない。
雪が舞う広島での駅伝を見ながら、外に目をやると、雪国では青空が広がっていた。
d0337265_2119850.jpg

************************************************************
おしるこ
お餅が残り少なくなってきたので、おしるこを作って食べた。
母も夫も大喜び、なぜか食べ物の嗜好が似ている二人
d0337265_21205489.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-01-24 21:05 | 自然 | Comments(8)

瑠璃色のそら

関東地方の大雪はどうなっただろうか?
ザフザフとぬかるようなシャーベット状の雪で空も陸も交通網が途絶え、大ニュースになっていた。
おぼつかない足元を見ながら、昨日の梵天祭りの若衆が滑らないように長靴に縄を巻きつけていたのを思い出していた。
首都圏の人たちに縄を2本ずつ渡して巻いて貰えば、滑らずに歩けるのかもしれない。

今朝は6時に起きて、洗濯物がたくさんあったのでそれを干そうと思いロフトに上った。
ストーブで温められた空気は上に行くので洗濯物が半日くらいで乾いてしまう。
はしごを上っていくとブラインドを開けている西の窓から美しい空が見えた。

1月18日秋田の日の出の時間は6時58分。
時刻は6時20分、日の出まで約40分近く前の空は素敵な『瑠璃色』だった。
しばし手を休め、窓を開けて美しい色に見とれた。

小高い丘に建っているアパートの一室にはいつも電燈がついている。
温かみのある電球色のあかりの家は朝が早いお仕事なのかもしれない。
美しい瑠璃色の空にぽつりぽつりと明かりが灯っていくのを眺めるのも楽しい。
夜明け前の空の色が大好きだ。

『洗濯物を干しに来たのだった』と思うが、本当はすっかり夜があけるまでずっと見ていたい。
これから日の出の時間は日を追うごとに1分くらいずつ早まり、日の入りは1分くらいずつ遅くなっていく。
昔の人は、冬至を境に『毎日畳の目ほどの長さに日が 伸びる』とか『米一粒ずつ日が伸びる』とか言っている。
時間にして一分ずつ、少しずつ、少しずつということだろう。
d0337265_20305872.jpg

8時前、雪はのんのんと降っていた。
『東北の日本海側は午後から大雪になるでしょう。予想積雪量は80センチになるでしょう。』
ニュースはいつも大げさだ。

今朝は寒かったが、そんなに降るのだろうか???
カーテンを開けて母に雪景色を見せる。
寒々しい景色を見ながらの朝ごはん。
雪は昼ごろにはやみ、屋根の雪は融け始めた。やっぱりニュースは大げさだ。(笑)
d0337265_1833493.jpg

*************************************************************
とりむね肉の寒麹焼き
 むね肉は薄く削いで葱と一緒に炒め、寒麹を絡め、もう一炒めする。
 ちぢみほうれん草の鰹節和え
 秋田の福小町を一杯
d0337265_20353652.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-01-18 18:33 | 自然 | Comments(6)

降りしきる雪

郊外にあるごみ処理場に不要なものを持ち込んだ。
今回は金属製のごみもあったため60キロだった。
10キロ115円の手数料で処分してもらえる。
どこの家でも使わなくなったものがたくさんあるようで、持ち込みの車が列を成していた。
我が家からは、古い布団二枚、子ども達と海に行く時持っていったビーチパラソル、プラの衣装ケースなども持っていった。
物を粗末にするわけではないが、年代とともに使わなくなったものもあり、自然に不要なものが増えていく。
覗き込むと怖いような巨大な深い穴にまだ使えそうな桐の和ダンスも投げ込まれていた。
『亡くなった方の物かな?』などとあまりにもたくさんの不用品を目にし、いろいろ考えてしまった。

ごみ処理場からの帰り道、急に雪が降ってきた。
ぬれ雪だが、どんどん降るのであっという間に積もってしまった。
おとといまでの好天はどこへやら、本来の秋田の冬景色になった。
私の大好きな柿の木の場所にこのごろ行っていなかったので久し振りに立ち寄った。
赤い実がまだ残っていて、その小さい実にもどんどん雪が降り積もる。
d0337265_16115171.jpg

先日まで暖かかったので、咲いてしまった藪椿も真っ白になるほど雪が降りかかっていた。
いつもは花は春になってからなので赤い椿に白い雪という景色は珍しい。
d0337265_16141978.jpg

赤いあでっこ(まえかけ)を新しくしてもらったお地蔵さんもちょっと寒そうだった。
d0337265_1615980.jpg

昔からの大きな農家のお宅を垣根から撮る。
そろそろ餅つきだろうか。
あまり大雪にならないで欲しいものだ。
d0337265_1616409.jpg


立ち寄ったお店では正月用品がずらり!
秋田ならではの『とうふかすてら』もいろいろ並んでいた。
今のところ、魚も野菜も普段どおりの値段でほっとした。
d0337265_1619011.jpg


More 霜柱
[PR]
by hanamomo08 | 2015-12-26 16:21 | 自然 | Comments(10)

朝、リビングのカーテンを開けたら、エゴノキに雪の花が咲いていた。
とうとう降ってきた。
d0337265_2045775.jpg

雪の降り始めは寒くて、慣れるまで少し時間がかかるが、どこか心躍る思いもある。
もうとっくにオバサンだけど、雪が降ると楽しかった子どもの心が残っているのだろうか。
強い北風も吹いていて、一時は吹雪のようになった。
こんな荒れ模様の日は病院も空いているだろうと思い、近くの病院へインフルエンザの予防接種をしに行ってきた。
今年から中身が変わったという予防ワクチン、3500円だった。
接種をしないで運悪くインフルエンザにかかり、病院で診察、薬をもらって3500円かかるのだろうか?でもやっぱり、苦しいのはいやだ。
細い注射を打ってもらう間、そんなことを考えていたら、もう終わっていた。

今日の外出は、この冬に備え新調した長靴が役に立った。
今日のようなぬれ雪は長靴でなければ歩けない。
黒い外壁をバックにうめもどきに雪がかかって、多色刷りの版画のように綺麗だった。
d0337265_2043741.jpg

この前まで真っ赤に紅葉していたどうだんの木にもわたぼうし。
d0337265_20132021.jpg


看護師さんが『入浴は可能ですが、今夜、ワインは飲まないでくださいね』と言う。
ワインのことバレている!

今夜はあの和食シリーズの切手を思い出して、こんなメニューにしてみた。
鯵の開き、じゃがいも・にんじん・舞茸・かいわれの味噌汁・柚子大根
d0337265_2019281.jpg

師走に入り、連日忘年会の人にこそ、こんな晩ご飯を食べてもらいたいのだが。
焼き鳥、串かつ、しょっぱいおつまみ・・・・ああ~。

おべんとう
 海苔おにぎり(焼きたらこ・梅干)
 卵焼き、胡瓜ちくわ、いぶり松前、かぼちゃマッシュ、ミニトマト
d0337265_202049100.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-12-04 20:20 | 自然 | Comments(10)

雨降ったりやんだり

予報どおり、思わしくない天気。
思わしくないといっても、日本海側の11月らしい天気ともいえる。
昨日柿仕事を終えてほっとしている。
午後、友人と出かける用事があって、おすそ分けしたらとても喜んでくれた。

ご近所のイチイの木に赤い実がたくさんついてまるでツリーのようだ。
雨が降った後はぐっと気温が下がった感じがする。
d0337265_17394838.jpg

小さな渋柿があるので『柿漬け』を作りたいのだが、外出してくると、なかなかそこまで手が届かない。
雨模様で外に干した大根もしな~っとしない。
小屋の入り口にからりと吊るされた大根は、どんな漬物になるのだろう。
燻り大根の松前漬けも作りたい。
秋田では今の季節、干し大根、燻り大根が売られている。
いぶりがっこ、たくわんを自分で漬ける人が多いのだろう。
d0337265_17461097.jpg

この日見つけた赤紫の実は『ムベの実』だろうか?
d0337265_1747410.jpg

空き地の黄烏瓜の実もだんだん枯れていくのだろう。
どこもかしこも、枯れ色になってやがて皆雪の下になってしまう。
d0337265_1749229.jpg

*********************************************************
お弁当
 焼きおにぎり(中身はたらこ)
 炒り豆腐、ゆでたまご、とまと、高菜漬け
d0337265_1752271.jpg


晩ご飯
 秋田産ソーコガレイをかりっとから揚げにした。
 パリパリと全部食べられる。
d0337265_205949.jpg

 旬の春菊はにんじんと一緒に白和えに。
d0337265_2061991.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-11-17 17:52 | 自然 | Comments(12)

行く秋 林檎園

霜月11月も半分まで来た。
あまり寒くならないうちに、冬の間のお米をもらいに郊外の農家まで出かけた。
これで雪になっても慌てることはない。
週末はささやかな冬支度を一つ一つ片付けていかなくては。

林檎園のほうにも行ってみると、林檎の木が紅葉していた。
収穫前の赤い実と黄葉の林檎園は2ヶ月前のその風景とはまったく違う印象だった。
九月半ば
d0337265_20281858.jpg

d0337265_2029216.jpg

まだ青々としている草の上に色とりどりの林檎の落ち葉。
林檎がこれほど綺麗な色になるとは気づかなかった。
d0337265_20304659.jpg

今はふじの収穫の真最中、遠くのほうまでたわわに実った赤い実が見えた。
d0337265_20334298.jpg

*************************************************************
春菊のチヂミ
春の菊と書く『春菊』は今が旬
やわらかい葉を刻んですりおろしたじゃがいも、卵、小麦粉少々、に塩で味をつけ、チヂミを焼いた。(蟹かまぼこを刻んで入れた)
鍋の蓋で押しながらなるべく薄くかりっと焼いた。
刻みキムチをのせながら食べた。
d0337265_20392046.jpg

今夜はこの他にまぐろの山かけというおかずだったので、冷えた白ワインを飲んだ。
d0337265_20425429.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-11-14 20:43 | 自然 | Comments(8)

錦その弐

千秋公園の紅葉、もう少しお付き合いください。

昨日は公園の説明をするボランティアの方に随分会った。
もみじが見ごろで公園を訪れる人が多かったのだろう。
私も友人を是非案内したかった場所があった。
表門の『おおもみじ』、みごろを見極めるのが難しく、どうかな~と思っていた。
この門は平成11年に3億もかけて再現したもので、梁は遠くアラスカから取り寄せた『トウヒ』だとの事。重厚なたたずまいはこの公園にふさわしい。
おおもみじはちょっと落ち着いた赤で葉っぱが名前のとおりとても大きい。
そして、ちょうど見ごろだった。
d0337265_17545722.jpg

次はもみじの小路へ
ここは散紅葉が美しい場所
d0337265_17562494.jpg

写真を撮っている間も、絶え間なくもみじが散ってくる。
音もなく静かに静かに積もっていく。
d0337265_17574487.jpg

黄色いもみじも
d0337265_18027100.jpg

こちらはちょっと明るい赤
ふかふかのもみじの絨毯を歩く
d0337265_181325.jpg

***************************************************************
おべんとう
 自家製の紅生姜を刻んで入れておいなりさん
 昨日のナムル、かぼちゃ
d0337265_20231611.jpg


晩ご飯
 家人のリクエストで『酢豚』を作ったら帰りが遅くて残念!
d0337265_20241899.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-11-12 17:58 | 自然 | Comments(16)

私の大好きな『もみじの木』
今年は最も綺麗なこの木に会うことができた。
たくさんシャッターを切った中で、苦労して選んだ二枚
d0337265_189465.jpg

斜面は散もみじの絨毯だった。
ため息が出るほど綺麗だった。
d0337265_18101314.jpg

***********************************************************
醤油焼きおにぎり
 新米で作るおにぎりは特に美味しい。
 ご飯と醤油の組み合わせ、日本人に生まれてよかったと思うことの一つ。
 どんなご馳走よりも美味しい。
d0337265_18193967.jpg

お弁当 
醤油焼きおにぎり、かぼちゃ・冷凍シュウマイの卵焼き、高菜漬け、エリンギと野菜の炒め物
 
d0337265_18212280.jpg


晩ご飯 ビビンバ(牛肉、にんじん、ほうれん草、もやし、ぜんまい、キムチ、温泉卵)
 コチュジャンをたっぷり混ぜて・・・・・・美味しい!
d0337265_19533842.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-11-11 18:07 | 自然 | Comments(10)

お寺のもみじ

そのお寺を訪ねたのは八月の半ばだった。
お寺の後ろには美しい山があり、まっすぐに聳え立つ秋田杉の中に青々とした大銀杏があった。
d0337265_2151659.jpg

ふとしたご縁でお寺を見せていただき、住職ご夫妻とお話させていただく機会があった。
そのすばらしい風景に見せられ、その後も何度か訪ねると、『もみじの頃に是非いらしてください』
と言ってくださった。
数日前、そのもみじを見せてもらいに夫と出かけた。
黄色に変わったあの大銀杏も遠くから見えた!
駐車場からお寺の裏山を見た、美しい!
d0337265_21593342.jpg

『とてもいい時にいらっしゃいましたね』と歓迎され、お寺の中に入った。
今度はお寺の中から裏山を間近に見せていただいた。
真っ赤なもみじが迫ってくるようだった。
d0337265_2234311.jpg

作ったものではない、自然の山の美しさが見事だった。
見上げればこちらも赤に染まりそうなくらい美しいもみじの紅葉だった。
d0337265_22292511.jpg

お寺の玄関や床の間、そのほかの場所にさりげなく生けてあるお花に品があり、美しい。
床の間には『紫式部と小さな椿の実』
椿の実がはじけて今の季節らしいいいお花だった。
茶花の話しに花が咲き、楽しいひと時を過ごさせていただいた。
表に出てお寺の前に広がっている田んぼを見た。
刈り入れからひと月ちょっとたち、田んぼはうっすらと青くなっていた。
d0337265_2211305.jpg

『うっすらと雪が降ったころも綺麗ですよ』と奥様の言葉。
静かな白と黒の世界が見られると思うと、雪の季節を迎えるのも悪くない。
d0337265_22135439.jpg

************************************************************
おべんとう
 昨日の炊き込みご飯で作ったおにぎり、卵焼き、鮭のフライ、漬物、ポテトサラダ
d0337265_22193127.jpg


お昼 春菊と桜えびのかき揚げをのせて冷たい蕎麦
d0337265_22224181.jpg

夜は牛ももステーキを薄く切って黒胡椒たっぷりで焼いたものをおつまみにワイン♪
d0337265_2223080.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-11-04 22:15 | 自然 | Comments(12)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

やぶかんぞう
at 2017-07-27 17:03
餡バタートースト
at 2017-07-26 16:14
梅雨出水
at 2017-07-25 17:30
一夜明けて・・・・
at 2017-07-24 20:39
氾濫
at 2017-07-23 17:09

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

> oshibanayo..
by hanamomo08 at 21:21
>anello63さん ..
by hanamomo08 at 21:15
あんバタートーストのモー..
by pass8515 at 19:12
トーストに餡子! 実は..
by mother-of-pearl at 10:51
トーストどっちも鰯塩焼き..
by saheizi-inokori at 10:07
餡トースト好きです。 ..
by unburro at 08:17
東海地方では「小倉トース..
by やっこ at 07:43
雨が収まって良かったです..
by sidediscussion at 04:27
青目 餡トーストは名古..
by aomeumi at 22:12
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 09:30

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索