カテゴリ:自然( 107 )

寝待月

低気圧の影響で今夜から全国的に大荒れになるらしいと、ベッドの母が心配している。
でも午前中は、それが信じられないほどの晴天で、日当たりのいいベランダに出て、朝顔の種採りに夢中になった。
外壁にまで伸びた蔓にたくさんの種、こぼさないように大切に、大切に。
近所の家の柿の実もうっすらと赤くなり始めた。
d0337265_16363487.jpg

美しい葉がはらりと舞い降りた。
強い風に吹かれ、虫にも喰われ、傷ついていたがなんて綺麗な色だろう。
柿は葉が赤くなり、やがてそれが落ちると秋の陽が実にあたり色づいてもぎ頃になる。
気の早い一枚が風に乗ってやってきたのか。
朝顔の種の色もきれいで束ねたらコサージュのようで一緒に撮る。
d0337265_16161123.jpg

友人の山でもらったドイツトウヒの実も一緒に撮る。
秋の色は自然で美しい。
d0337265_16174375.jpg


『寝待月』ねまちのつき
今日は陰暦の8月19日、この日は日没から3時間もしないと月が出ないそうで、『月を寝て待つ』ことから名づけられたらしい。
今夜は風雨が強まれば、見られるかどうかわからないが、昔の人は暮らしの中に自然を美しく取り入れてこんな名前までつけていたのには驚いてしまう。
明日(陰暦8月20日)の月は『更待月』というそうだ。
寝ている場所から月が見えればいいのだが・・・・・それとも見える場所に寝ればいいということか?

午後になってもあまりにいい天気なので家族の掛け布団を干したが、まもなく陽はかげり1時間ほど干して取り込んだ。
時々ベランダでびしょぬれになっている布団を見かけると、帰宅してもそれが気になっていたりするが、秋は空が変わりやすいので干したままの外出は控えたい。

秋海棠の茎も伸びてきて、可愛い黄色の金平糖がついた花がお辞儀している。
秋の花は寒さによって色が濃くなって行く。
暑がりの私も夕べから薄がけよりちょっと厚い布団をかけて寝た。
彼岸が過ぎてやっぱり秋の深まりを感じる。
d0337265_16364820.jpg

***********************************************************
おべんとう
 鮭炒飯 
 かぼちゃ、卵焼き、いんげん、ラッキョウ、葡萄
d0337265_16383736.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-10-01 16:33 | 自然 | Comments(6)

月見

『ゆるやかな 敬語を使い 月見酒』 三重県松坂市 坂倉一光さんの句(NHK俳句から)
d0337265_2236934.jpg

お月見をしながら、ふたりがお酒を楽しんでいる。
ゆるやかな敬語とあるから、そう親しい間柄ではなさそうだ。
酒の肴は何だろう?
どんな話しをしているのだろう。
その場所からも綺麗な月が見えていそうな感じがする。

今夜は美しい月を見る事ができた。
母と一緒に大相撲の千秋楽を見てから、急いで晩ご飯の支度をした。
枝豆をゆで、大根と胡瓜、茗荷を刻んだサラダを作り、
お醤油に漬けておいた秋鮭に粉をはたいて葱と一緒に焼き、赤い菊をそえた。
d0337265_2342466.jpg

たまねぎを入れた和風ドレッシングを作ってサラダにかけ、スモーク牡蠣のオイル漬けをのせた。
d0337265_2344332.jpg

そして、頂き物の大吟醸を開けた。
d0337265_2352464.jpg

1712年創業の宮城県村田町 大沼酒造店の 乾坤一(けんこんいち)というお酒。
日本酒を飲もうと思ったのは、今夜の枝豆と合わせたかったからだ。
秋田の新しい枝豆、『あきたほのか』、先日ニュースで知事が試食して、『大吟醸と一緒に食べたいな~』といったからだ。
大きな豆で甘みもあり、なかなか美味しかった。
秋田の枝豆は秋になるとその美味しさを発揮する。
d0337265_22412247.jpg

林檎や桃をお供えし、赤い椿の実をいけた。
d0337265_22543749.jpg


昨日のいけばな展にもこんな作品があった。
立派なれんこん、これできんぴらが何人前できるだろう?
d0337265_22582438.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-09-27 21:40 | 自然 | Comments(6)

稲刈り間近

秋の天気は変わりやすい。
今年の秋はことさら雨が多いような気がする。

『雨で稲刈りさっとおぐれででな~、でぎれば電話っこするがらな~』
(雨で稲刈りがちょっと遅れているんだ、新米できたら電話するからね)
先日、いつも美味しいお米を分けてもらっている農家からそんな電話があった。

少しのどかなところまで田んぼを見に行った。
今日もあいにくの雨だが、車の窓から見る稲田は周りの緑が洗われてか、とても色濃い。
d0337265_21515364.jpg

窓を開けて空気を吸い込む。
晴れた日の稲の香りはないが、草の匂い、雨の匂いがする。
d0337265_21524099.jpg


子規の作った秋の俳句に
『稲刈りてにぶくなりたる螽かな』という句があった。
『螽』はいなごのことで、秋になって少し弱ったいなごが刈り入れが終わった田んぼで飛んでいる様子を描いた句であるらしい。
明治29年の作品で、痛い腰をだましながら子規は根岸庵近くの稲田をよく散歩したようだ。
毎日毎日散歩するうちに、夏の間ぴょんぴょん飛んでいたいなごが秋の深まりとともに動きが鈍くなった様子をつぶさに観察して作った子規の『写生句』だ。
『刈株に螽老ひ行く日数かな』と言う句も残している。

日当たりのいいところはすでに数日前に稲刈りが終わっていた。
昔の道そのままの、山すそにそって広がる田んぼだった。
細い道路の傍にはたくさんの庚申塚があった。
庚申塚は庚申講を開いた記念に立てられたもので、道端のそれは道標を彫り付けられたものも多いという。
今度は晴れた日にバッタを観察してみたくなった。
d0337265_2283854.jpg

この稲田も連休には無事、稲刈りされるのだろう。
d0337265_22195225.jpg

**********************************************************
お昼 焼きそばパン
家人の残りの焼きそばをバターロールにはさむ。
紅しょうがと青海苔入りの焼きそばがなぜかパンに良くなじんで美味しい。
d0337265_22241677.jpg

 夕食 イカと青葱のハンバーグ
d0337265_22213697.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-09-19 22:21 | 自然 | Comments(8)

秋が来た

買い物に行こうと家を出たら、ひらひらと私の前に舞い降りたものがある。
蝶のように見えたが、よく見ると『かまきり』だった。
暫くにらめっこ、大きな頭を動かし、私を観察している。
かまきりが出てくると秋だな~と感じる。
d0337265_201971.jpg

桜並木の桜も一箇所だけ黄色になっていた。
d0337265_2021638.jpg

大好きな秋海棠も黄色い金平糖が愛らしい。
d0337265_2035730.jpg

近所のおじいさんが鉢植えで育てているこはぜにもまん丸の実がついた。
d0337265_204504.jpg

毎年実をつける小さな林檎のある家、可愛いので写真を撮らせてもらっていたら、犬に吼えられた。
d0337265_2084465.jpg


秋がどっと押し寄せてきた。
美味しい新米もまもなく届くだろう。
人間としてこんな平凡で幸せな日常が続くことを願う。
のどかな故郷の風景が変わりませんように。
カマキリのように大きく目を見開いていよう。
d0337265_20131079.jpg

**********************************************************
おべんとう
 今週も昼食会などでお弁当を持っていく日が少なかった。
 小さなお稲荷さんをお弁当箱に詰めた。
 黄菊と枝豆のサラダ、嶽キミを板きみにして。
d0337265_20153333.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-09-17 20:18 | 自然 | Comments(8)

秋雨

秋雨前線と台風の影響で、特に北関東地方に大きな被害が出ている。
屋根やベランダで救助を求めている人をテレビで見る。
電信柱のようなものに一生懸命つかまりながら、自衛隊のヘリを待っている人もいる。
テレビの前で、『早く助けてください』と祈らずにはいられない。

こちらも少し前から雨風が強くなったが、川などの近くの人は注意が必要だろう。
自然災害は人間の力など及ばない大きなものであることをあらためて突きつけられた気持ちだ。
川の決壊がこれほど怖いものだということもはじめて認識したような気がする。
泥水に流されていく家々を見て、人間の力はなんて小さいものだろうと思った。
ブログのお友達の中にも、被害の出ている地域の人が何人かいてとても心配だ。
早くおさまりますようにと祈るしかない。
d0337265_16321440.jpg


お昼は温かい蕎麦にした。
信州の二八蕎麦は香りよく、その細さがいい。
だしだけは鰹節でしっかりとり、熱々に葱、笹かまぼこ、市販の海老天でシンプルに。
d0337265_16343870.jpg


お弁当
 ちりめんじゃこ・梅干・枝豆の炒飯を小さくおむすびに。
 笹かまぼこ、さつまいもの天ぷら、にんじんのきんぴら、茄子漬
d0337265_163689.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-09-10 16:36 | 自然 | Comments(6)

寒いような 暑いような

今日は二十四節気の『白露』だそうで、起きて窓を開けるとひんやりと空気が冷えていることに気づく。
それをさらに細かく言い表した七十二候では九月八日ごろは『草露白』(くさのつゆしろし)だそうだ。
窓から見える空き地のすすきも金色に輝いている。
d0337265_21415532.jpg

ご近所のお庭は赤い絨毯を敷き詰めたようになった。
こぼれ種で増えたけいとうがあちらこちらに花をつけている。
d0337265_21433329.jpg

大輪の真っ赤な椿の実は、小さな林檎のように赤い。
d0337265_2145149.jpg


昼近くになってから、買い物に出る。
秋田の桃がそろそろ終わりらしい。
名残惜しいような気持ちで『ゆうぞら』という大きな桃をそっと籠に入れる。

魚のコーナーは秋鮭、秋刀魚だらけ、それが旬だから食べなさいと言われているようだ。
手ごろな大きさの黒鯛が安かったので、それとかれい、鱈などを買った。
秋鮭も少しだけ、美味しくなってきた葱と料理しよう。

水茄子も安かったので、一夜漬けに。
一キロ200円は最後のご褒美のような値段だ。

晩ご飯
 秋鮭の南蛮漬け
d0337265_21514039.jpg

さつまいもの天ぷら
 
d0337265_2152687.jpg

これにシメジと牛蒡、豆腐の味噌汁が献立だった。

お弁当
 ゆでたまご、ひじきの煮物、笹かまぼこ、漬物、佃煮
d0337265_2154494.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-09-08 20:51 | 自然 | Comments(8)

もうすぐだよ♪

一週間が早い、また土曜日がめぐってきた。
今日もいろいろ行くところ、やることがある。
家中の窓を開け放すと、風が家の中を通って、とても気持ちがいい。
風が通って、家の中でも洗濯物が乾いてしまいそうだ。

母を送り出し、まずは遠い用事から済ませよう。
川沿いに家から15分くらい走ると田園が広がる。
d0337265_20322265.jpg

くねくねと曲がった道沿いに民家が建っていて、どの家も玄関先は花で飾ってある。
土曜日といっても道では誰ともすれちがわない。
田んぼのほうに目をやると、雑草とりをしている人がいた。
収穫目前の田んぼの中には白鷺もいた。
稲はすっかりこうべをたれ、連休のころは稲刈りになるだろう。
九月には『稲刈り月』という異名もある。
d0337265_20324357.jpg

どこまでも続く黄金色の田んぼ沿いにはサルビアやマリーゴールドの花が植えられていた。
手入れが行き届いているからなのか、花がきれいで見事だった。
d0337265_20382877.jpg

着いたお宅の玄関にはもう白萩が咲いていた。
d0337265_20393514.jpg


帰り、買い物をする。
「嶽キミ」と「大きな梨」を買った。
パン屋さんにより、全粒粉の食パンを買い、お昼はトーストにした。
************************************************************
晩ご飯
 水がれいの酒塩ひたしを焼いた。
d0337265_2046181.jpg

 梅酒のおつまみは、じゃがいも、かぼちゃ、ささげの素揚げ。
d0337265_20474549.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-09-05 20:47 | 自然 | Comments(8)


日々折々のこと


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

緑陰
at 2017-05-26 17:24
カッコー鳴く
at 2017-05-25 21:47
耕す人
at 2017-05-24 21:47
東の空に・・・・
at 2017-05-23 17:31
きざむ
at 2017-05-22 21:08

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

風を貰いけり 風を..
by unburro at 21:54
>Dekoさん おばん..
by hanamomo08 at 20:20
>こんのさん おばんで..
by hanamomo08 at 20:17
>miki3998さん ..
by hanamomo08 at 20:15
わらびのお漬し・・・わら..
by oshibanayoshimi at 20:01
広いお庭でいいですね。お..
by sidediscussion at 19:52
椿きれいに咲きましたね。..
by Deko at 19:26
こんばんわ 我が家のお..
by Deko at 19:18
青目 蕨たたき・・・な..
by aomeumi at 10:45
蕨の曲線、直線、うつくし..
by wawa38 at 10:02

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索