カテゴリ:自然( 128 )

かき氷

晩ご飯が終わり、後片付けをしようと何気なく天窓を見たら、真っ白な雪が積もっていた。
慌ててベランダにでると、次から次とまるでかき氷のような雪が落ちてくる。
もっと言うなら、大きなカキ氷機の下にいるような感じだった。
気温がさがって、雪自体の温度が低いのだろう。
d0337265_2220721.jpg

肉眼でも雪の結晶らしき形がみえた。

結晶が不完全な形なのは気温だろう。
寒い中、撮った中で何とかそれらしき形のものが一枚あった。
d0337265_2223686.jpg

真ん中あたりにもそれらしき形、外壁につけている電燈の色が反射している。
d0337265_2224121.jpg

ものの5分で退散、寒くて寒くて大変だった。
d0337265_22252560.jpg

***************************************************************
出かけた先でお昼になったので夏に蕎麦団子を食べた食堂へ行った。
久し振りに天丼をたべた。
揚げたての海老天がサクサクと美味しかった。
d0337265_22292219.jpg


買い物 生鰊二尾で298円
d0337265_22303347.jpg

晩ご飯
 鰊の塩焼き、春菊とにんじんの白和え、かぼちゃの煮物
d0337265_2231586.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-27 22:32 | 自然 | Comments(4)

小望月

晩ご飯の準備ができ、東側の窓に目をやると煌々と輝く綺麗な月が見えた。
暦をみると明日が満月、だから今夜の月は『小望月』だ。
母を起こして月の見える場所に車椅子を止め、月を見せる。
電気を消してみると月の光は意外に明るい。
d0337265_2042442.jpg

こんな歌があった。
『春の夜 ひと日を語る夫の声 ガ行鼻音のくぐもりふかく』
             歌集 ナチュラルボイス(岩下静香)より
今夜の小望月もくぐもったような月だった。
まだ春でもないが霞がかったような輪郭のはっきりしない今夜の月はいかにも春の月のようだった。

新しい週が始まった、夕方わが夫からは早速『遅くなります』とメールが来た。
誰かと飲みに行く話がまとまったのかもしれない。
ひと日を語る夫はいないが、母とのんびりおしゃべりしながら私は一人ワインを飲むことにした。
d0337265_20422138.jpg

スモーク牡蠣のオイル漬けを開け、季節の菜の花の塩漬け、にんじんわかめのサラダを添えた。
菜の花はさっとゆで、軽く塩を振り、だし醤油に漬けておいたもの。
春の野菜はほろ苦い。
こってりとした牡蠣のオイル漬けとよくあう。
d0337265_20435139.jpg


ヘルパーさんに留守を頼みカットに行ってくる。
母の髪も伸びていたので今度は私が美容師になる。
髪を切ったばかりの母と娘の顔はちょっと変だが、来週あたりにはなじんでくると思っている。
d0337265_20485264.jpg

お弁当
 みつばとにんじん入り卵焼き、身欠き鰊の煮物、ポテトサラダ、菜の花
d0337265_20512572.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-22 20:51 | 自然 | Comments(10)

水玉の道

昨日からの雨で家の前はシャーベット状になっていた。
d0337265_19442741.jpg

うっかりサンダルを履いて出たら、靴下がびしょびしょになった。
今日は二十四節気の『雨水』
例年なら暦どおりになんていかない北国も今年はどうやら本物の『雨水』になったようだ。

昼前、用事があって出かけた。
あれ?道路が水玉模様になっている!
d0337265_19435941.jpg

水玉の正体はなんだろう?
でも、どうしてこんな風になるのだろう。
ここに答えが載っていた。
d0337265_19453971.jpg

近所なので長靴を履いていたが、歩くとビチャビチャとシャーベットが飛び散った。
駐車場にはこんな模様。
d0337265_19474328.jpg

そのお宅のカーポートの屋根にも水玉
d0337265_19482611.jpg


夕方になって、日が差してきた。
モクレンはまだ暖かいビロードのような鞘に包まれている。
d0337265_19522963.jpg

夕日をバックに大きな枝垂れ桜のシルエットが綺麗だった。
d0337265_19545170.jpg

*************************************************************
じゃがいも料理でワイン
 キタカムイという甘いじゃがいもを厚めに切って油で焼いた。
 シンプルに塩をふって食べた。
d0337265_1959968.jpg

 魚はじっくりと漬かったハタハタの三五八漬け。
 三五八漬けはハタハタのおいしさが一番ひきたつ気がする。
 少し発酵して燻製のような風味で旨い。
d0337265_19584495.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-19 19:59 | 自然 | Comments(12)

雨水近づいて

昨日どっさり降った雪は雨でほとんど消えてしまった。
今日の天気は雨時々曇りとなっていたが、雨時々大粒のあられ、時々横殴りのみぞれだった。
毎年そうだが、消えたりとけたりの日々が始まった。
まだ三寒四温と言うほどではないが、二度上がったらまた下がるを繰り返しながらいく。
明日の『雨水』にあわせて自然も急ピッチで春に近づこうとしているのか。

雨の音、霰の音に混じって『ど~ん』と屋根から雪が落ちる音もする。
屋根に積もった雪が少しずつ落ちてきて内側にまくれている。
d0337265_16452514.jpg

それが何かの拍子にど~んと下に落ちる。
融けてきて水気を含んだ雪だからその辺中に飛び散りながら落ちる。
ベランダの手すりには雨だれ・・・・・
そういえば昨日お昼のスタジオパークのゲスト『加古隆さん』の雨だれを表現したピアノはすばらしかった。
今からちょうど15年ほど前から始まったNHKのにんげんドキュメントは大好きな番組だった。
そのテーマ曲『黄昏のワルツ』はすばらしい曲だ。
古いCDを聞いているとまたど~ん、ど~んと雪が落ちる音で聞こえなくなった。

横道にそれたが、南側の屋根にしぶとく残ったこの雪から雫がたれていた。
一滴が落ちる瞬間
d0337265_1656725.jpg

何枚も撮ってたった一枚だけにうつっていた。
こんなことでうれしがっている。
*****************************************************************
身欠き鰊の煮物
昨日作って味をなじませていた煮物
 (友人の山の孟宗だけ、にんじん、しらたき、しいたけ、身欠き鰊)
じっくりと干された干物魚のだしが効いて美味しい煮物だ。
d0337265_16594228.jpg


おべんとう
 身欠き鰊の煮物、雪菜とかにかまぼこのマヨ和え、いぶりがっこ、金柑ひとつぶ
d0337265_171968.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-18 17:01 | 自然 | Comments(12)

風が作った模様

朝起きてびっくり!
夕べから秋田で一番暖かいはずの場所に大雪警報も出ていた。
どっさり降った様子をカメラにおさめる。
山つつじの冬芽も綿あめをからめたよう
d0337265_207657.jpg

カイヅカイブキの木はモンスターのよう
d0337265_2075339.jpg

そして先日青目さんが暖かな毛糸の編み物、毛布と表現してくださったけんちブロックについた雪が
今朝はこいのぼりのうろこのように見えた。
風が作った模様だ。
出来ることならカメラを据付け、この模様がどんな風に出来るのか見てみたい気がする。
d0337265_20162111.jpg

朝食とお弁当を作り今度は西側の景色を窓越しに見る。
それこそ、テレビで見たターシャの家があるバーモント州の景色にも似ている。
きりりと凍って雪がやむとこんな景色になる。
d0337265_20192778.jpg

窓を開けてもう一枚
冬はここからの景色が一番綺麗だと思う。
d0337265_2020476.jpg

お昼ごろ風が強くなり、見る見るうちに木に積もった雪は吹き飛ばされて落ちてしまった。
再び西側の風景
今朝の風景とは明らかにちがう、霞んでみえる。
d0337265_20242363.jpg

よく見ると所々から白い雪煙!
風で飛ぶ雪が白い煙のように見えたのだ。
こんな風に・・・・・。
d0337265_20265143.jpg

今日は風の活躍をたっぷり楽しませてもらった。
雪も春になる前の一暴れというところだろう。
19日は『雨水』暦どおりにはいかないにしても、少しずつ春は近づいているに違いない。
**************************************************************
鶏ささ身豆腐の鍋(昨夜)
鶏ささ身と豆腐、たまご、片栗粉、酒、塩、柚子の皮をフードプロセッサーにかけて団子にし、野菜とお醤油仕立ての鍋にした。
d0337265_2034272.jpg

同じ種で鶏ささ身ハンバーグのおろしポン酢(今日)
d0337265_20365267.jpg

お弁当
d0337265_20372324.jpg

鶏豆腐ハンバーグのあんかけ、卵焼き、ほうれん草の胡麻和え
海苔おにぎり(鮭、梅干)
[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-17 20:38 | 自然 | Comments(6)

雪遊び

先日出かけた横手市にある秋田県立近代美術館は敷地の形状なのかかなり高い場所に建っている。
じっくりと食に関する絵や写真を鑑賞し、外の景色に目を向けると、子ども達が橇遊びに興じていた。
厚いガラス窓越しなので歓声までは聞こえなかったが、その元気さと楽しさが伝わり、私の子どものころの冬を思い出した。
そして、そのちょっと前にビルの一室から見下ろしたこの風景を思い出した。
この記事には『ブリューゲル』『ターシャ』そして『グランマ・モーゼス』という三人の画家の名前をコメントにいただいた。

モーゼスおばあさんは1860年アメリカのワシントン郡に生まれ、美しい森に囲まれた場所で12歳まで過ごしている。
この本はグランマ・モーゼスが幼い頃遊んだ楽しい思い出を描いた絵本だ。
d0337265_15483920.jpg

雪祭りを見た時も、この日の橇遊びを見たときも『あ!モーゼスおばあさんの絵のようだ!』と思った。
ガラス越しの画像だが、楽しそうな子どもたちの様子が伝わるでしょう。
d0337265_15531099.jpg


冬のところをめくると・・・・・
12月クリスマスが近づいたころ、大きなヘムロック(ベイツガ)の木には雪がかかり、後ろの木には雪の花が咲いている。
モーゼスのお父さんは赤いそりを馬を繋いで歩かせ、雪かきをしているらしいのです。
モーゼスは『それはすばらしいドライブでした。』と書いている。
d0337265_1623971.jpg

さらにページをめくると・・・・・・
橇遊びがでてくる。
この絵に添えられた文を紹介する。
『冬!太陽が照って雪の表面をとかし、それがもう一度コチコチに凍ると、馬はあぶなくて通れなくなります。
あまり寒くて兄さんたちが学校へいけなくなると、私たちは固い雪の上で遊びました。
果樹園の向こうの野原を上って、橇遊びをするのです。
レスター兄さんは、鉄製のランナーのついたそりを持っていました。
ホレース兄さんのは古い洗濯用の台をひっくり返したものでしたが、安全でした。
弟のアーサーのはちり取り、私のは古いスコップでした。なんておもしろいのでしょう!
氷点下の寒さの中で、わたしたちは何時間も遊んだものでした。』
d0337265_16145345.jpg

私も小さい頃、土手のようなところで、自然の傾斜を利用しスキーやそりで遊んだ経験がある。
橇のない子は家から持ってきたビニールの風呂敷(これが実におしりになじんでよく滑れた)
長靴の中の足は感覚がなくなるほど冷たかったのに暗くなるまで遊んでいた。
だから、どんよりとした空の下でお兄さん達と遊んでいた140年以上も前のモーゼスおばあさんの楽しさがこの私にも手に取るようにわかるのだ。

今日も朝から雪が降っている。
矛盾しているようだが、屋根のツララからは雫・・・・。
そう凍ってはいないということ。少しずつだが春に近づいていることを感じる。
今朝の画像
d0337265_1774789.jpg


Moreこんなのが好きだった!
[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-16 16:24 | 自然 | Comments(10)

杉木立

昨日神社までの道中、雪がかかった美しい杉木立が目に入った。
どこまでもどこまでも続く杉の山は雪の白が合わさって他の季節よりやわらかい印象だった。
d0337265_20181771.jpg

我が家の家の前はほとんど雪がないのに、ちょっと山に入っただけでこのとおりの雪。
時折太陽が顔をのぞかせると真っ白な雪の道路に影ができて綺麗だった。
真ん中にちょっと見える高い山はいつも我が家から見ている太平山。
d0337265_20213083.jpg

山すそには川が流れていて、サワグルミの木が多い。
風向きによって枝の一部にだけ雪がかかって美しい。
d0337265_20305066.jpg

この風景を見ると小学生の頃絵を教えてくれた祖父のことを思い出す。
冬景色の絵を描いていると、木の枝に白いくれよんで一部だけ塗り、その後から絵の具で木の色を塗ると綺麗な雪景色が描けると教えてくれた。
祖父はそばで口で言うだけで、絶対に手伝ってはくれなかった。
クレヨンは油性だから白いところが残って、いかにも雪がかかっているように見えた。
私の絵は曇っていても空の色は決まって青を塗ったような気がする。
そして休み明けにその絵を持っていくと、名札に金シールが張られて、廊下に張り出された。
実家のどこかに残っていないかな、冬になるといつもあの絵を思い出す。
*****************************************************************
昨日までの寒さはどこへやら、今日は8度まで気温が上がり、日中はストーブを消した。
今日も片付けをやった。(領収書などをかなり処分した。)
税金関係などは5年くらい保存したいが、そのほかはほとんど要らない書類ばかり。
もう少し整理する場所があるので少しずつ片付けようと思っている。
疲れて晩ご飯を作っているとちょっといいものが到来!
夫が会社の方からいただいてきたチョコレートケーキだった。
あさってはバレンタインか。
d0337265_20394146.jpg


晩ご飯
 まこがれいの塩焼き、ねぎとにんじんのほろほろ
d0337265_20405993.jpg

おべんとう
 ゆかりご飯の細巻き、タマネギ・ベーコンの炒め物、鯖の味噌煮、サツマイモ、昆布巻き
d0337265_20421182.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-12 20:49 | 自然 | Comments(12)

銀世界 ふたたび

少しずつ日の出が早くなり、東の空にほんのり茜色を見つけるとうれしくなる。
外に出てみるとまた一面の銀世界、朝一番の雪かきをする。
まだ朝の6時なのにあちこちからザックザックと雪をかく音がしていた。
d0337265_22371942.jpg

お弁当を作る。
もどしておいたすき昆布で煮物を作る。
おにぎりの中身は梅干と錦松梅、にんじんを入れただし巻き卵を焼く。
ほうれん草のおひたしに味をつけて詰める。
d0337265_22422047.jpg

今朝もかなり冷え込んだ。
ベランダに出てみると、屋根からだけでなく、ベランダの手すりにまで小さなツララがたくさん下がっていた。
d0337265_2244544.jpg

訪問看護師さんがみえて、二月の寒さはやっぱり違うと話した。
母の手足を念入りにマッサージしながら、『このごろどんなものを作ったらいいか、献立が思いつかずに困っている』と言う。
きっちり一週間分立てておくのも難しそうだから、前の日に翌日の分を決めておいたらと言ってみるが、私自身も実行しているわけではない。
買い物に行って、食べたいものが決まる日だってある。
聞いてみると、やっぱりお肉の日が多く、魚は下ごしらえが面倒なのでお肉のほうが簡単にすませられるという事だった。
忙しい毎日の暮らしの中、何とか楽しく食事できたらいいねと励ました。
d0337265_22561645.jpg


午後1時間だけ片付け、その後は母にゆっくり付き合った。
新聞を読んであげ、一緒にココアを飲み、昔の話にもすこし耳を傾けた。
母の表情が和らいでいるのがわかる。

晩ご飯は先日栗原はるみさんが紹介していたセロリつくねにした。
新鮮なセロリがあったので、細かく刻み玉ねぎといためてから、お肉と合わせた。
d0337265_2381044.jpg

それに添えたのが『寒しじみ』
d0337265_23104312.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-10 22:57 | 自然 | Comments(8)

朝の雪

朝起きてカーテンを開けてベランダの雪を見る。
まだ夜が明け切らない空はうっすらと青く、昨日屋根から落ちた雪が落ちて思い思いの表情を見せている。
d0337265_20244321.jpg

氷のような雪のような、たぶん落ちた雪が凍っている状態。
『こんな形に作ってください』と言われても自然の形は作れない。
夏の暑い日にちょろちょろっと手すりを伝わって歩いているトカゲの赤ちゃんのようにも見える。
美しい雪の形は太陽が昇ると次第に変化し、どんどん融けて水になってしまう。
同じ形には二度と会えない。
d0337265_2027459.jpg


今日は最高気温が5度になり、もうこれで冬は終わったような気になってしまった。
リビングのストーブも日中は消した。
近所の人たちは雪散らしに余念がない。
日影の雪を日のあたる場所に持ってきて散らしておき、自分の屋敷内の雪を早く消そうと一生懸命だ。
桜の開花予想も発表され、秋田は4月15日だった、これは毎年『本当だろうか?』と疑ってしまう。
暖かい地方から見事な柑橘類が届き、母はひとつずつ手に持って『すごいね~こんなのが木になるなんて信じられないね~』と何度も言っている。
一足早い春の贈り物をありがとうございました。

今日は今週最後のおべんとう
稲荷ずしと果物
d0337265_20522122.jpg

香りのいい三つ葉と私の作った紅しょうがと柚子の皮でちょっと飾りつけ
d0337265_20532897.jpg


晩ご飯
 母と一緒に見た栗原はるみさんのオープンオムレツを作ってみた。
 きのこはまいたけとしいたけ
 黒粒胡椒をたっぷりかけて、美味しくてすぐ出来るワインのおつまみ
d0337265_2056769.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-05 20:56 | 自然 | Comments(12)

眺め

一晩ぐっすり眠ったら昨日の鼻炎はすっかり治っていた。
母のいない一日、何をしようか考えていたが、外出もままならないほどの吹雪だった。
d0337265_2211397.jpg

片付けは一旦休み、雪かきしたり、電話が入ったりでお昼になってしまった。
このままでは終わりたくないと思っていたら、いつの間にか青空が出てきた。
長靴を履き、全身温かくして散歩に出る。
真っ白で綺麗な雪道の欠点は滑りやすいこと。
転ばないように、踏みしめるように歩く。
急な坂道を登り、見晴らしのいい場所へ。
ここから毎日我が家から見ている大平山を眺める。
白銀に輝く山並みが美しいな~。
最高峰は1170メートルあるそうだ。
d0337265_22155761.jpg

木々に雪がついてそれがまたいい景色を作っている。
d0337265_22201587.jpg

今朝はまとまった積雪が会った、・・・・と言っても20センチにも満たない。
高いところから眺める家々も屋根に積もった雪の白さで統一されるせいか、とても綺麗だ。
私が雪景色を楽しんでいる間、とうとう誰も来なかった。
今日は最高気温0℃、最低気温-3℃だったというから、みな寒くて家で暖まっていたのだろう。
d0337265_22252090.jpg

**************************************************************
晩ご飯
 焼き魚、ひじきの煮物と地味なメニューだったので冷酒を一杯ずつ。
いただいた広島菜がパリパリとおいしく、発酵の進んだ味わいを楽しませてもらった。
天然の冷蔵庫のおかげで、発酵もストップしているようだ。
葉先のところは刻んでふりかけに、茎のところはサクサクとして美味しい。
d0337265_22304052.jpg

それにひじきの煮物(干ししいたけ、高野豆腐、にんじん、玉ねぎ、油揚げを入れた)
d0337265_22511478.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-02 22:51 | 自然 | Comments(8)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

秋の蠅
at 2017-09-20 16:16
やっと・・・・・・
at 2017-09-19 21:08
祝う
at 2017-09-18 18:00
強風
at 2017-09-17 20:26
朝顔のスケジュール
at 2017-09-16 19:47

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

おんこの実ってイチイです..
by saheizi-inokori at 21:43
美味しそうなおこわですね..
by Deko at 17:03
夜汽車に乗って朝到着良い..
by Deko at 16:52
やれ打つな蠅が手をすり足..
by Deko at 16:42
> sidediscus..
by hanamomo08 at 16:15
> PochiPochi..
by hanamomo08 at 16:13
>ゆきさん こんにちは..
by hanamomo08 at 16:08
> unburroさん ..
by hanamomo08 at 16:01
> o-hikidash..
by hanamomo08 at 15:55
> oshibanayo..
by hanamomo08 at 15:49

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索