カテゴリ:自然( 107 )

エゾカエデの紅葉

秋、千秋公園に行く度に拾ってくる葉っぱがある。
もみじとは少し違う形で、今年調べてみて「エゾカエデ」ではないかと思った。
(カエデももみじも種類が多い。)
d0337265_20342961.jpg

かなり高い木なので上を見上げてもよく見えない。
でも、落葉があるということはその上にはその木があるということ。
d0337265_20353525.jpg

やっとそれらしき木を見つけた。
風に乗ってハラハラと舞いおりてくる。
d0337265_20371145.jpg


岨谷峡ではこの葉の大きなものを拾った。
これオニイタヤだろうか、かなり大きな葉っぱだった。
真っ赤に染まった桜の葉と一緒に。
d0337265_20452867.jpg


昨日の雪はすっかり融けてしまったが、気温は7度までしか上がらず寒かった。
今日こそはゆっくりできると思っていたら、突然の来客や電話でなんだか忙しい日になってしまった。
この前友人が持ってきてくれた大きな花束は小さいお花がたくさんつくピンクのカーネーションが元気で、薄紫色のリンドウと一緒に沖縄のグラスにいけた。
d0337265_20532422.jpg


お弁当
 塩鯖、かぼちゃ、いぶりがっこの松前漬け、卵焼き
d0337265_20543323.jpg

晩ご飯
 鯵の蒸し物
d0337265_2055844.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-11-10 20:52 | 自然 | Comments(6)

雪やこんこ 

とうとう今年も雪が降ってきた。
ブログトップに画像は今朝窓の外側に張り付いていた氷。
表に出てみるとうっすらと白くなっていた。
雲の流れが速く、さ~っと日が差したりもするがみるみる暗くなり、雪が激しく降ってくる。
d0337265_19444131.jpg

お昼過ぎ晴れたので軽い気持で自転車で出かけたら大失敗!
帰りはバチバチと音を立てて降るあられに打たれてしまった。
昼間なのに車はライトをつけていた。
d0337265_19484066.jpg

街路樹の銀杏の落ち葉に雪が積もる。手袋をしていたが指先の感覚がなくなるほど寒い。
d0337265_1947019.jpg

3時半、もう夕暮れ時のようだった。
冬の入り口の寒さは本当に嫌だ、もう少しすると自分の中に『覚悟』のようなものが生まれるのだが・・・・。
d0337265_19511368.jpg

************************************************************
晩ご飯
豚ヒレ肉のトマト煮にチーズをかけて焼いたもの。
d0337265_19542749.jpg

玉ねぎたっぷり炒めて入れたので甘さが出て美味しい。
d0337265_19555653.jpg

お弁当
稲荷寿司弁当
d0337265_19573492.jpg


More 干し柿
[PR]
by hanamomo08 | 2016-11-09 20:01 | 自然 | Comments(8)

街の紅葉

買い物に出るたびに街が色づいてきているのがわかる。
山の紅葉がだんだん里に下りてきているのだ。
ここはミモジバフウの通り。(アメリカフウともいう)
d0337265_17574320.jpg

紅葉葉楓(モミジバフウ)は大正時代に北アメリカあたりから日本にやってきた木らしい。
この木の赤は大好きな赤で、落葉を拾いたいと思ったのに、紅葉したばかりでまだ全部木にくっついている。
d0337265_1801856.jpg

パン屋さんの前はこんな色合いで木によって紅葉の速度も違ってきれいだった。
大きな木の下に立って見上げてみる。
今年の秋も美しいこの木に会えてよかった。
d0337265_182760.jpg


いただいたホンシメジ、やっぱり一度は炊き込みご飯にしたかった。
きのこの香りと味を楽しむために、薄揚げ・牛蒡・飾りのにんじん少々だけをいれ、あっさりとお醤油とお酒少々のみりんで炊いた。
きのこのいい味が出てとても美味しかった。
秋の味覚万歳!
d0337265_1845670.jpg

松茸よりも好きなホンシメジ
d0337265_1894270.jpg

やっぱり究極の食べ方はこれでしょうね。
あっさりと塩焼き!香ばしくて、歯ごたえよくて 美味しかった~。
d0337265_18112598.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-10-30 19:20 | 自然 | Comments(10)

落葉

落葉吹き溜る自転車置場かな 若江千萱
d0337265_20542289.jpg

自転車置き場にはなぜか落葉が吹き溜まる。
買い物先のスーパー近くの自転車置き場に吹きだまっていたのは。ユリノキ。
風が吹くと、かさかさと音を出しながら転がっていく。

記帳しにいった銀行の前には赤い落ち葉。
長細い赤の落葉はけやきの落ち葉。
d0337265_2036087.jpg


駐車場に戻ると時々降る雨でできた水溜りに張り付くように黄色い落葉。
街路樹のイチョウが風で運ばれたもの。

雨吸ってねむたくなりぬ落葉かな 津田このみ
d0337265_20382374.jpg

******************************************************************
ほんしめじ
秋のシチューに入れていただいた。
アサリとホンシメジからいいだしがでて とても贅沢な一皿になった。
d0337265_20415837.jpg

とろみはご飯をブレンダーにかけてつけた。
d0337265_2043568.jpg


More ゴールが見えてきた♪
[PR]
by hanamomo08 | 2016-10-29 20:44 | 自然 | Comments(4)

けやきの木の下で

秋田の紅葉は少しずつ進んでいる様子。
今朝の新聞の一面は『白神山地の岳岱』のぶなの紅葉だった。
ここ数日柿仕事に振り回されていて出かけるのは無理だが、紅葉の便りを聞くとうずうずしている。
角館の武家屋敷通りもちらほら色づき始めたようだ。

夏草の勢いがおさまってきた我が家の庭にも小さいけど紅葉したものがあった。
今年、少しだが美味しい実を収穫したブルーベリーの葉っぱ。
d0337265_2028431.jpg


ご近所のニシキギはピンクがかった赤で、いつもこの季節になるとこの色の洋服が欲しいと思う。
d0337265_2030215.jpg


赤にばかり目がいきがちだが、けやきの紅葉も美しい。
ちょうど一週間ほど前、このけやきの黄葉の美しさに魅了された。
大きな木の下で老夫婦がお昼ご飯を楽しんでいた。
ずっと離れていたので、失礼ながらいい風景だと思って撮らせてもらった。
穏やかで、素敵な一枚の絵のようだった。
d0337265_2033361.jpg

***********************************************************
柿仕事つづく
午前中は来客(母のための)で、お昼ご飯のあと始めた。
大した雨も降らず、適度に風があるのでなるべく風に当てて、表面だけでも乾燥させたいと思い、できるだけ頑張った。
d0337265_20374657.jpg

バランスよく縄につるを挟むのだが、柿の大小があるので、結構大変だった。
一本の縄に16個ほど柿をつけて干した。
数えてみたら今日は140個ほどむいて吊るしたことになる。

母の横で夕べ録音したラジオ深夜便の柿の話を聴きながらがんばった。
嫁ぐ時、柿の木を一本持っていく風習がある地域があることなど面白かった。
江戸時代はデザートいうよりも主食のように食べていた時期もあったそうだ。
その後は母とおしゃべりしながらやった。
前にもブログに書いたかもしれないが、母の生家ではじゃっちゃ(母の祖母)が臼に柿を並べ、それにお湯を張って渋抜きをしたそうだ。
臼は木をくりぬいて作っているので保温性に優れていたので使ったのではないかと母は言った。
『湯ざわし』と言う方法で渋抜きした母の生家の柿は『庄内柿』だったそうだ。

熱湯消毒のあと、焼酎で霧吹きした柿は暗くなる前に外に干した。
少しずつ色が変わってきている。
柿色のグラデュエーションもなかなかきれいだ。
d0337265_2051036.jpg

*************************************************************
夕餉
友人が送ってくれた大きなボタン海老、頭はお味噌汁に、身の方は酒蒸しに。
夕べのおでんも味が浸みて美味しそうだ。
これにはやっぱり日本酒。
素敵なぐい飲みは白神の土で焼いてくれたもの。
しみじみといい色合いだと思う。
d0337265_20541597.jpg

おべんとう
おかかおにぎり(おでんのだしにつかった大量の鰹節がもったいなくてふりかけにリメイク)
ゆで卵、かぼちゃ、みかん、竹輪、ほうれんそう
d0337265_210829.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-10-26 20:57 | 自然 | Comments(12)

柿もぎ

母が出かけた後、近所の人と柿もぎにでかけた。
10時からはじめてもぎ終わったのが午後1時半、3時間半休みなし。
まず、柿の木を見てびっくり!
一本の木に小粒の柿が鈴なりだった。
夫が脚立に上って柿の実のついた枝を切った、
d0337265_155115100.jpg

ドサッ、大きな枝が地面に落ちてきた。
びっしりと生えている草のクッションのおかげで、柿の実には傷がつかない。
d0337265_15531752.jpg

干し柿用に枝をT字のように切る。
切っても切っても柿がなくならない・・・・・・・。
d0337265_15561347.jpg

休憩、あたりを見渡すとゆったりと横たわる太平山もそろそろ赤くなってきた。
d0337265_15595142.jpg

鳥さんたちの食べる分も十分残してちょっと遅いお昼ご飯に。
d0337265_1655356.jpg


さあ、今夜から柿をむかなければ・・・・・3人で1000個はもいだと思う。
d0337265_1672091.jpg


More 柿もぎ お疲れさん!
[PR]
by hanamomo08 | 2016-10-22 16:00 | 自然 | Comments(12)

紅葉はじまり、はじまり

早朝4時40分、カーテンを開けてみるとまだ暗い中煌々と月が輝いている。
ちょうど西の方向に丸い大きな月が出ていた。
パジャマにパーカーを羽織ってもう一度見に行く。
お向かいのトタン屋根に月の光が映っている。
また寝るつもりだったが、寒さですっかり目が覚めて、起きることにした。
こんな早朝に目が覚めるようになったのは、年齢のせいだろう。

友人が送ってくれたいちじくを洗ってコンポートを作った。
仕上げにお酢を入れる方もいるようだが、私はたっぷりのレモンを絞るのが好みだ。
今の時期、スーパーのレモンは果汁がまだ足りない。
昨年いただいたレモンを丸ごと冷凍保存しておいたものを使った。
前日に解凍しておき、半分に切ってレモン絞りで絞るとたっぷりの果汁が取れる。
クッキーなど焼くときは、凍ったままガリガリとすりおろす。
白い部分があるので、絞るには何の支障もない。
丸ごと冷凍レモンはとても重宝だ。

熟したものを寄せておき、昨日と同じサラダにしようとも思ったが、今日は日曜日、家族が揃っているので『いちじくのケーキ』を焼くことにした。
林檎もコロコロ切り、コハゼの実もきれいだから散らした。
コンポートの煮える香り、ケーキのおいしそうな香り、朝のリビングは幸せな香りに包まれた。
d0337265_1721297.jpg


昨日は天気予報が外れてしまったが、今日は朝から快晴だった。
新聞を取りに行くと、秋田県の紅葉では1.2を争う栗駒の紅葉のようすが一面トップを彩っていた。
病気をする前、母も一緒に行った場所だ。
山がゴブラン織りの絨毯を敷き詰めたようになる。
今年の紅葉はきれいだなと実感した。

そうなると近場の紅葉も気になってしまう。
下の方はまだまだ緑色だが、高い山のほうに目を向けると少しずつ色づいてきている。
d0337265_1729150.jpg

田んぼでは家族総出ではさがけをしていた。
私が子どものころはこれが三段くらいになったはさがけだった。
秋の実りの様子はいつ見ても心和む。
手前は早く刈った田んぼに生えてきた蘖(ひこばえ)
d0337265_1730599.jpg


大きな公園のユリノキが金色に輝いていた。
場所によって青々としている木もある。
成長の様子は人間と同じで個人差があるらしい。
d0337265_17321912.jpg

桜も少しずつ赤く染まってきていた。
d0337265_17324742.jpg


More 秋のケーキ
[PR]
by hanamomo08 | 2016-10-16 17:27 | 自然 | Comments(8)

ブローチ

小さな花器に生けた残りのコハゼが可愛いので白いタオルの上に置いてみた。
秋の上着につけたいブローチのようだ。

庭の東側に子ども達と植えたどんぐりの木はどんどん大きくなり、だんだん私たちの手には負えなくなりそうで数年前に切ったのだが、切っても、切っても新芽が吹き出してくる。
少し前、秋海棠を植えたとき、葉脈だけになったどんぐりの葉っぱを見つけた。
たぶん昨年の葉が落ちて、自然がこんな風に作り出してくれたものだろう。
昔、母がコートの襟につけていた秋田の銀線細工のブローチに似ている。

もうひとつの自然のブローチは黒い小さな種が飛んだあとの山うどの花。
見方によってはトトロに出てくるまっくろくろすけにも似ているが、こうしてみるとなかなかきれいな形だと思った。

皆さんはどれがいいですか?
d0337265_22352533.jpg


いちじくのサラダ
昨日、青目さんがコメントに美味しいいちじくの食べ方を書いてくださった。
生のいちじく(ドライいちじくでも)をオリーブオイル、塩、レモン汁、それに少量の蜂蜜を混ぜたもので和えるサラダ。
今日は冷蔵庫の中にサラダにするような生野菜がなかったので、オレンジをあわせてみた。
どんな味なのかワクワクして食べてみると、塩がいちじくの甘さをさらに引き立て、オリーブオイルがとろりといちじくに絡み、レモン汁がその甘さをきりっと引き締めている。
はじめて食べたが、大満足だった。
青目さん、美味しい食べ方を教えてくださってありがとう♪
d0337265_22454840.jpg


小さなバナメイ海老をフライにした。
じゃがいも、平インゲンの素揚げを付け合せに。
d0337265_22471653.jpg


More おわび
[PR]
by hanamomo08 | 2016-10-15 22:59 | 自然 | Comments(10)

秋の実、草花

秋は駆け足でやってきた。
ほぼ稲刈りの済んだ田んぼの畦が赤く染まっている。
d0337265_2140365.jpg

赤いものの正体はイヌタデ、朝晩の冷え込みで花の色が冴えている。
d0337265_21411357.jpg

田んぼを見下ろす場所に終わりかけた『彼岸花』を見つけた。
でもこれは園芸種を植えたものだろう。
こちらでこの花は自生していない。
d0337265_21472462.jpg


一枝持ち帰った『じょみ』を生けた。
実がぴかぴかで本物なのにプラスティックでできているようだ。

ガマズミの実を秋k田や青森では『じょみ』と呼ぶ。
じょみのお酒は体にとてもいそうだ。
カクテルも作れそうな美しい赤いお酒だ。
d0337265_2214893.jpg

***************************************************************
ハタケシメジのバターライス
手で裂いたハタケシメジをバターで炒め、そこへご飯をいれて塩コショウ、醤油を回しかける。
d0337265_17512164.jpg

小鯵の南蛮漬け
d0337265_1751649.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-10-11 21:48 | 自然 | Comments(4)

雨降りやまず

ずっと雨が降っている。
秋の長雨というが、ものすごい勢いで降っていて県内の北部には避難勧告まで出ている。
お昼ごろ買い物に出かけたら前のほうが見づらいほど。
まだ稲刈りを終えていない田んぼがある。
この連休に計画していたのかもしれない。
自然は容赦がない。
d0337265_2111670.jpg

パン屋さんに寄ると、ななかまどの実が真っ赤になっている。
雨の中近づいてみる。
七回釜戸にくべても燃えないという事からついた名前。
これからもっと気温が下がると葉のほうも真っ赤になる。
d0337265_211768.jpg


甘くない白和え
新聞の料理コーナーに載っていた洋風白和えを作ってみた。
冷蔵庫に程よい硬さのアボカドと焼いて皮を剥いたパプリカ、この夏中我が家の食卓やお弁当に彩を添えてくれたミニトマトをマリネしたものがあったのでそれを使うことにした。
お豆腐をレンジで水切りし、マヨネーズ、塩コショウ、練り胡麻(摺り胡麻でもOK)をいれてブレンダーをかけ滑らかにする。
そこに、賽の目に切ったアボカド、刻んだパプリカ、湯むきしたミニトマトをまりねしていたもの、カニカマ、ロースハムなど細かくして入れてまぜる。
d0337265_21282473.jpg

私はちょっと味がもの足りなくてお醤油をすこし混ぜた。
アボカドにお醤油はよく合う。
でもそうなると洋風白和えとはよべないか。
d0337265_21301668.jpg

甘い白和えもいいが、たまにはこんな白和えも美味しい。
作ってみてアボカドもパプリカもミニトマトもお豆腐との相性がいいと思った。

最後に収穫した我が家のミニトマト
一鉢78円の苗から数え切れないほどのトマトを収穫した。
ありがとう♪
d0337265_214133.jpg


そのままがいい
とおくからお土産に買ってきてくれた『巨峰大福』
求肥のような薄いお餅にしろあんと生クリームに包まれた巨砲が丸ごと入っている。
『衣服が汚れますので、一気に召し上がってください』と注意書きがあった。
せっかくのお土産だが、巨峰はそのまま食べたい。
甘い巨峰にクリームも合わないし、何より食べにくい。
食べやすさってとても大切だと思う。
d0337265_21373023.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-10-08 21:24 | 自然 | Comments(10)


日々折々のこと


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

緑陰
at 2017-05-26 17:24
カッコー鳴く
at 2017-05-25 21:47
耕す人
at 2017-05-24 21:47
東の空に・・・・
at 2017-05-23 17:31
きざむ
at 2017-05-22 21:08

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

風を貰いけり 風を..
by unburro at 21:54
>Dekoさん おばん..
by hanamomo08 at 20:20
>こんのさん おばんで..
by hanamomo08 at 20:17
>miki3998さん ..
by hanamomo08 at 20:15
わらびのお漬し・・・わら..
by oshibanayoshimi at 20:01
広いお庭でいいですね。お..
by sidediscussion at 19:52
椿きれいに咲きましたね。..
by Deko at 19:26
こんばんわ 我が家のお..
by Deko at 19:18
青目 蕨たたき・・・な..
by aomeumi at 10:45
蕨の曲線、直線、うつくし..
by wawa38 at 10:02

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索