カテゴリ:自然( 143 )

芽吹き

朝から暴風雨、我が家のシンボルツリーのエゴノキもビュンビュン揺れている。
低気圧が三つ来ているからなのか、とにかく恐ろしいほど荒れ狂っている。
青森に近い海辺の町では突風の被害も出たとニュースで知り心配している。

母がリハビリに出かけた後はのんびりと過ごした。
昨日は午後いっぱい不要な書類の片付けをして少々疲れたので今日は何にもしないと決めた。
刑事フォイルを見たり、本を読んだりして過ごした。
まだ途中だが読んでいるのは日本奥地紀行を記した イギリスの探検家・紀行作家 イザベラ・バードの通訳を務めた伊藤 鶴吉の事を書いた中島京子さんの『イトウの恋』。
物語は彼女の長い旅に同行した彼の手記が見つかったというところから始まる。
とても興味深い内容だ。
イザベラバードは都会にも出かけているが、なぜか東北や北海道に強い関心を示し、明治のはじめ隅々まで旅をしている。
虚弱体質を改善するため医者に旅を勧められたのがきっかけというのがとても面白いと思った。
イザベラと伊藤が久保田(昔秋田市はそう呼ばれていた)に来たところは何度も読んだ。
いい街だったというところを読んでほっとした。
さて、イトウの恋はどうなるのか?

エゴノキに小さな新芽を見つけたのは数日前だった。
それが一雨ごとに大きくなり窓から見てもみどりっぽくなってきた。

ものの芽のゆるみだしたる今朝の雨 羽賀恭子
d0337265_1711872.jpg


三月に息子と会った時『これお土産!』と手渡されたものがあった。
コンビニのサラダドレッシングの透明なケースに入ったものだった。
『お菓子?』と言ったら笑っていた。
小さなケースには名前が貼ってあり『グラプトペタルム』と書いてあった。
多肉植物でふっくらとした葉っぱが何枚か入っていた。
帰宅し、指示通り窓際のカーテン越しの明るい棚に置いておいた。
その後3週間ほどして、その切り口から根っこや小さな葉っぱが出てきた。
それがもっと大きくなってこんな風になった。
d0337265_1775436.jpg

これからこれをどう植えればいいのか、早速画像を送って植え方を聞こうと思っている。
ものの芽のたのしき数をかぞへけり 小形さとる

d0337265_1785344.jpg


さくら あと一歩かな
暮れにネットのお友達からいただいた卓上カレンダーの4月の絵がとてもきれいだ。
二紀展に連続入選している川添 光爾さんの絵で『さくら』
大きな魚も可愛い猫もみんなさくらの中にいてさくらを見ている。
菜の花とさくらの色がふんわりとやさしい。
d0337265_17192338.jpg

?????????????????????????????????????????????????????????????
お弁当
 梅おかかおにぎり
 身欠き鰊の煮物、浅漬け、ブロッコリー、ミニトマト
d0337265_17211364.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-04-19 17:01 | 自然 | Comments(14)

出てきたぞ♪

昨日同様今日も家が揺れるほど強風が吹き荒れた。
植木鉢は倒れ、いろんなごみまで飛んできて朝のうち掃除に追われた。

庭のほうにも行ってみたら、隅っこにもっこりと『薇(ぜんまい)』が顔を出していた。
くるんと巻いているところにはもう茶色い綿がついていた。
これを煮出してつむいで織ったものがぜんまい織りといわれるものらしい。
ぜんまいの綿毛には防虫・防カビ効果があるそうだ。
d0337265_17504916.jpg

エゴの木のしたにはヤブカンゾウの若芽。
これは採らないで花を楽しむが、この若い芽はさっとゆでて酢味噌で和えると美味しい。
ほのかな甘みがあり、花の蕾は天ぷらにすると美味しいそうだ。
d0337265_17573833.jpg

今日は9度までしか気温が上がらずとても寒かったが、川べりの雑木は萌え出して春は少しずつやって来ているようだ。
d0337265_1845621.jpg

****思うこと****
母が使っている介護サービスの人たちの顔合わせがあって、たくさんの人が我が家のリビングに集まった。
いろいろ連携もとっていかなくてはならないのはわかるが、毎日休みなく母を看ている私たち家族にとっては、やっぱり負担になる。
私と母はこの方々とは普段会っている訳だから、ケアマネージャーがそれぞれの意見をまとめるなどして、もう少し合理化できないものだろうか。
母の一日のペースも崩れるし、私自身も休息の時間がなくなるのは疲れてしまう。
次回は介護認定の更新時に集まるらしいが、またかとちょっと憂鬱になる。
************************************************************************
大好きなサンシュユが咲き出した。
今年は花のあとの赤い実も見てみたいと思っている。
d0337265_1861334.jpg

*************************************************************
晩ご飯
春野菜の春巻き
昨年の春、塩漬け保存した孟宗竹を塩出しして入れた。
他に、干しシイタケ、新にんじん、春キャベツ、ねぎ、たけのこ、生姜。
d0337265_2044268.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-04-13 20:44 | 自然 | Comments(8)

春夕焼

年が明けてからはじめての美しい夕焼けだった。
春の夕焼けは季語にもなっている。
北国のものにとってはこんなきれいな夕焼けは美しいを通り越してなんだかありがたいと思う。

朝から忙しい日だった。
午前中はケアマネージャーとちょっと込み入った話。
そのあと訪問看護師さんが来て母のためにマッサージやリハビリをしてくれた。
午後は初めての人と会う約束があった。
こちらの事を理解してくださり、とても話がスムーズに通った。
人の話を理解する力、受け入れようとする真摯な心、若い人に改めて教えられた思いを強くした。

夕方、ちょっと出かけたときにいつもの道ではなく、さくらが植えられている土手を歩いた。
d0337265_21261248.jpg

風の強い一日だったがさくらの蕾は膨らんできていた。
小さな蔵のあるのどかな風景
日が長くなり、空にはまだ水色が残っていた。
d0337265_21282773.jpg


あき地よりにんじん色の春夕焼 安藤久美子

フラミンゴ春夕焼に紛れけり 矢口笑子

ひとり出て春夕焼にまみれたり 小林愛子

朱色の太陽が木々のあいだに沈もうとしていた。
あたり一帯がオレンジ色に染まっていた。

d0337265_21322864.jpg

***************************************************************
お弁当
 海苔おにぎり
 新わかめ入り玉子焼き、かぼちゃ、あぶら揚げ葱はさみ、ブロッコリー、デコポン
d0337265_21342452.jpg


晩ご飯
 梅酒と牡蠣フライ(付け合せはプチベール、じゃがいもとかぼちゃの素揚げ
d0337265_21382492.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-03-22 21:38 | 自然 | Comments(8)

男鹿の棚田

なんとなく春めいてきてはいるが、今日も『10℃もある?』というほど寒かった。
でも、母のいない時間を買出しだけでは終わらせたくないと、この春最初のドライブに行こうと夫を誘った。
行き先は『男鹿半島』
海に突き出た男鹿半島は秋田では早く春が訪れる場所。

「ここから男鹿市」というところに立つ大きななまはげのむこうには子どものころ遠足で行った『寒風山』が見えてきた。まだたくさんの雪をかぶっている。
その左側には『なまはげ』の本拠地『男鹿真山』も見えた。
d0337265_16610100.jpg

更に男鹿半島の中ほどまで車を走らせると男鹿市北浦安全寺地区がある。
そこにかかっている『なまはげ大橋』から下を見ると美しい棚田が広がっている。
実は雪の棚田を期待して行ったのだが、ほとんど雪はなかった。
雪の棚田といっても、ちょっと雪解けが進んで田んぼの畦道の土が出たあたりに行きたかったのだが、自然は待ってはくれず、残雪僅かの風景になった。
d0337265_16411620.jpg

橋の上は歩道がなく、100キロ近くのスピードの車が多く、それにものすごい強風で大変だった。
それでも、枯れ色の田んぼを見ながら青田の頃や実りの頃を想像し『また来たい!』と思った。
シックな色のパズルのようにも見える自由な形の田んぼは風情があった。
d0337265_16455731.jpg

橋の反対側に渡り、シャッターを押した。
ずっと奥に見えるのは日本海だ。
快晴で、望遠レンズがあればもっとくっきりするが、ちょっと残念だった。
d0337265_16491819.jpg


道の駅でどっさりと春の菜を買い込んで帰宅した。
お茶を持参しお昼に食べたのは玉子巻き 色鮮やかだが着色料たっぷりの漬物の多いこと。(笑)
d0337265_1651265.jpg

*************************************************************
ゆうべの晩ご飯
 ミックスフライ(鱈フライとカレーコロッケ)
 高野豆腐と干ししいたけの含め煮
 それに若布の味噌汁
d0337265_16533224.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-03-18 16:06 | 自然 | Comments(8)

春のひかり

昨日から大相撲が始まって夕方が忙しくなった。
母と暮らすようになって暮らしの中に『相撲観戦』が加わった。
大相撲もこの季節は『春場所』と呼ばれ今春は日本人力士 稀勢の里が横綱になって活気がありそうだ。
母がどこで仕入れたのかわからないが、稀勢の里の好物は焼き鳥だそうだ。

『春眠』
今日はどうにも眠くて午後ソファーで昼寝をした。
お昼に蕎麦を食べて、母を寝かせたあと本を読んでいたら眠っていた。
ストーブを消しても寒くないのがいい。
今朝も「お弁当いらない」が頭に入っていたせいか7時まで眠ってしまった。
自然の体の訴えに逆らってもしょうがないこと。

春になってきて部屋の中まで光が差し込んできた。
そうなると埃も目立ってくるので小さなモップで棚をなでていたら、小さな香水瓶と青い沖縄ガラスに光があたり、壁にきれいな影が写っていた。
d0337265_17292515.jpg

横浜から大事に持ち帰ったテーブルフラワーに添えてあったアイビーも水に差して根っこが出たら地植えしたいと思っている。
d0337265_17314217.jpg

************************************************************
晩ご飯
 アボカドとマグロで小さなどんぶり(わさび醤油で和えたあとレモンを絞る)
 海老かつ(バナメイ海老が安かったので半分はブレンダーですり身、半分は切って作った)
d0337265_1740407.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-03-13 19:09 | 自然 | Comments(10)

春の雪

朝方寒くて目を覚ました。
若い頃は朝までぐっすりだったが、最近の私の睡眠は最長で5時間くらいになった。
友人達は一度目を覚ますと眠れないというが、私の場合それは大丈夫で、目を覚ましてもまたすぐに眠れる。
かかりつけの医師にどのくらい眠ればいいか聞いたら、その人によって違うとの事。

寒かったのは雪のせいだった。どっさりと積もっていた。
湿り気のある春の雪だが、見た目は冬のさなかのしっかりした雪のようだった。
d0337265_1725726.jpg

『春の雪』という季語で俳句を探してみたらきれいな句がたくさんあった。

卵白の泡立ちよくて春の雪 瀬口ゆみ子
 ベランダの手すりに積もった淡い春の雪はよく泡だったメレンゲのようだった。
d0337265_17274082.jpg


 はたと止みはたと再び春の雪 岩垣子鹿
雪は時折止んで、美しい青空になった。
『これが今シーズン最後の寒気のようですね』と若い看護師さんは言っていた。
こんな青空が続いて欲しい。
d0337265_17313850.jpg


東京駅のデパートで母へのお土産を選んだ。
秋田で買える物も結構あって、それを避けて少しずつ珍しいものを選んだ。
これもその一つ『満願堂の薩摩焼』渦巻きに弱い私はこれは美味しそうとすぐに選んだ。
d0337265_17353564.jpg

賞味期限24時間というお菓子だったが、秋田は寒いから大丈夫!
洋風のかすてらがふわふわで芋あんと美味しいさつまいもを巻いてある。
d0337265_17371338.jpg


従兄弟の話をしながら母と美味しくいただいた。
明日あたり叔母にも電話をしてみよう。
 こんな句があった。
お茶の葉のゆつくりひらき春の雪 飯島かほる
**************************************************************
仙北平野の雪原(車窓から)
d0337265_2023081.jpg


晩ご飯 
好物の茎わかめの味噌汁と豚肉の塩胡椒焼き
d0337265_20245690.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-03-08 17:39 | 自然 | Comments(6)

下萌ゆる

今朝の冷え込みは厳しかった。
予報よりは少し高かったがマイナス6℃。
でも日中はすばらしい晴天だった。
母のいないわたしの休日だったが、探し物もあって、ついでにあちこち片付けていたら休みが終わってしまった。
片付けも、いいお天気にした方がいいから、いいとしよう。

また雪がちらつく日もあるだろうが、庭は日に日に雪が消えて土が現れている。
鮮やかな緑の葉を見せてくれたのは『みやこわすれ』

こんな俳句を見つけた。
下萌のやはらかき色撫でて見る 中村鎮雄
d0337265_15564448.jpg

ついこの前まで雪の下だったばっけがあっちからも こっちからも。

下萌ゆる小さき蕾をそっと抱き 三橋早苗
d0337265_1601090.jpg

写真を撮っていると普段は警戒心のつよいすずめがやってきた。
ちょっと首をかしげてちょこちょこっと横に移動した。

下萌ゆる雀一二羽横走り 塩田京子

今日の空にぴったりの句を見つけた。
d0337265_165238.jpg


下萌ゆるとは空の蒼水の青 稲畑廣太郎

昨年春の写真を取り出した。
今年は寒かったから きっと桜は少し遅れるような気がしている。
d0337265_1673864.jpg


だいぶ前に端っこを水につけておいた安納芋が見事な観葉植物になった!
緑を見ているといい気分だな~。
d0337265_16141796.jpg


広島の牡蠣フライ(こちらでは宮城の牡蠣が多いが、昨日は広島産だった)
久し振りに切り干し大根を煮た
d0337265_16163958.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-02-28 19:38 | 自然 | Comments(12)

snow bridge

近所で見つけた小さな、小さな『snow bridge』
少しずつ雪解けが進んで側溝に小さなsnow bridgeがかかっていた。
雪は水の周りから少しずつ消えていく。
本物の雪の橋は壮大なのだろうな~。
d0337265_17241265.jpg

ついでにちょっと高い場所まで上ってみた。
大きな屋敷があった場所に今は樹齢のある木だけが立っている。
d0337265_1726210.jpg

たかが数十メートルの場所を遠回りして帰る。
d0337265_1726305.jpg

竹薮もどんどん雪が消えている。
d0337265_17272760.jpg

************************************************************
手元に小さな灯り
 今朝、注文していたライトが届いた。
 軽くて小さいクリップ式のライトはパソコンのキーボードを照らすため。
 PCをつけているときにUSBと繋いでおけば充電できる(8時間)
 
 もう一つは寝る場所で使うもの。
 LEDライトで2つとも千円台。
d0337265_17351497.jpg

************************************************************
牛蒡味噌
 レンジに掛けた牛蒡を細かくして味噌、みりん、砂糖をいれて油でいためる。
 ご飯のともに。
d0337265_17365587.jpg


おべんとう
 海苔おにぎり(梅干し、茄子の漬物)
 かぼちゃ、菊芋の粕漬け、にんじん、ソーセージ、ブロッコリー
d0337265_1738721.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-02-27 17:16 | 自然 | Comments(6)

朝焼けがきれい♪

今日は日曜日、いつもより30分遅く起きた。
リビングはまだ少し暗かったが、カーテンを開けたら東の空がきれいな色に染まっていた。
夕焼けもそうだが、朝焼けの美しい色合いは長くは続かない。
小さなカメラでこの色をとらえる。
ずっと上の方はもうきれいな薄水色になっている。
d0337265_20313762.jpg

反対側の西側のブラインドを開けた。
対角線上にある東側の窓から朝日が差し込んでいた。
白いカーテンがうっすらと茜色に染まっている。
なんてきれいなんだろう。
ほんの僅かな美しい時間に出会う、今日はこれだけで満足だな~と思った。
d0337265_20355100.jpg

朝ごはんのあと、太陽の暖かさをかんじた。
天窓を伝わって屋根の雪がどんどん解けて流れてきた。
それが壁のスクリーンに映ってきれいだった。
d0337265_203785.jpg


お昼ご飯においなりさん
冷蔵庫にあった寿司の具(かんぴょうと干ししいたけの甘煮)、梅干の赤紫蘇を刻んでいれた。
去年作った紅生姜は小分けにして冷凍していたもの。
歯ざわりも変わらずとても美味しい。
d0337265_20393014.jpg

香川産の大きなブロッコリーをたっぷり入れたマカロニサラダも作った。
d0337265_20403062.jpg


遅いお昼ご飯だったので、6時から大好きなこの番組を母と一緒に見た。
お寺の中には尼さん二人とお手伝いのまっちゃんの笑い声が響く。
季節の恵みたっぷりの豊かな暮らし。
尼さんたちもヨーグルトを作って食べているらしい。
今夜、我が家のヨーグルトは苺の飲むヨーグルトだった。
尼寺まで歩いて40分ほどかかるらしいけどいつか行ってみたいな~。
晩ご飯
水がれいの塩焼きと大根と薄あげの煮物、豆腐と青葱の味噌汁
d0337265_2050671.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-02-26 20:51 | 自然 | Comments(12)

雪解けすすむ

今日も昼過ぎまで4人の方が母のために入れ替わりたちかわり来てくれた。
新しい介護サービスを利用する時には『契約』を結ばなければならず、母と暮らし始めてからたくさんの契約書を交わした。
代筆してくださる人が近くにいない高齢の人など、どうなさっているのかと思ってしまう。
皆さんが帰ったので庭に出てみた。
ここ数日雨の日が多く、随分雪解けが進んだ。
東側に回ってみると土がみえた。
こんな季節は雑草でも緑が見えると嬉しくなる。
ざっと見回したが蕗の薹は見当たらない。
でもきっと出ているはずと、ちょっと雪を掘ってみた。
『やっぱり、出てきていた!』手ごたえがあった。
白ざらめのような雪と瑞々しい緑のコントラスト、きれいだな~。
白ざらめのような雪は、雪の密度が低くなっている証拠、少しずつ春が近づいているのだ。

庭の辺の初のみどりや蕗の薹 能村登四郎

蕗の薹みどり何枚着てゐるか 山田弘子
d0337265_20262610.jpg


***************************************************************
ヤーコンのサラダ
りっぱなヤーコンをいただいた。
千切りにして水に晒してから使った。
胡瓜、にんじん、酒蒸ししたささみとあわせてサラダにした。
味付けはすり胡麻、醤油、みりん、パサつくささみもしっとりとして美味しかった。
d0337265_20315576.jpg

その栄養や効果は食物繊維とフラクトオリゴ糖の相乗効果ですばらしいものがある。
しゃきしゃきしてまるで梨のようだと思った。
d0337265_20333366.jpg


もう一つ珍しいもの、きくいもの粕漬け
たっぷりの酒粕に入ってやってきた。
見かけはまるで生姜のよう!
粕を漬けたまま切って食べてみた。
このきくいももヤーコン同様サクサクしている。
イヌリン効果で糖質の吸収を抑える作用をするため、余分な脂肪を溜めこまないのだそうだ。
これは私にぴったり!
ありがとうございました。
d0337265_2040146.jpg


おべんとう
 明太子と味噌漬けの海苔おにぎり
 じゃがいものガレット・玉子焼き・菜の花
d0337265_20421049.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-02-23 20:42 | 自然 | Comments(16)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

老舗雑貨店を守る女主人
at 2017-11-24 21:31
霜月の水庭
at 2017-11-23 20:27
紅茶
at 2017-11-22 20:55
母の誕生日♪
at 2017-11-21 20:17
冬薔薇
at 2017-11-20 21:10

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

青目 この番組、時々見..
by aomeumi at 12:09
こんばんは。 「イタリ..
by PochiPochi-2-s at 23:45
人生は必ず前に進んでいく..
by mosaku319 at 22:43
薔薇が咲きましたね。 ..
by nana at 21:11
鍋がおいしい季節になって..
by PochiPochi-2-s at 17:45
きれいに咲きましたね! ..
by PochiPochi-2-s at 13:49
>こんのさん そのまま..
by hanamomo08 at 12:57
>Dekoさん こんに..
by hanamomo08 at 12:55
> Hanaさん こん..
by hanamomo08 at 12:52
>やっこさん こんにち..
by hanamomo08 at 12:46

ブログパーツ

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...
rin時日報3

外部リンク

検索