カテゴリ:うつくしいもの( 15 )

耕す人

いつも通る道から見える小さな畑がある。
今年はなかなか暖かくならなくて畑の始まりが遅かった。

今日は偶然畑の持ち主を見かける事ができた。
鍬を持って一生懸命耕していた。
夏野菜は何を蒔いたり植えたりするのだろうか。
d0337265_2134275.jpg

左の方に小さな物置があって、そこにはポリタンクに入れた水が見えた。
家から持ってきたものだろう。
 
おばあさんのずっと奥のほうにはきれいな牡丹が満開だった。
私の目には何のお花かわからなかったが、カメラはしっかりとそれを捕らえていた。
牡丹の手前にはキャベツが一列に植わっていた。
葱もたくさん植えてあるし、後方に見えるのはじゃがいものようだ。
買い物してまた通ったがおばあさんの姿はなかった。
生きていくために、土を耕して働く姿は美しいな~と思った。
d0337265_21415367.jpg

*************************************************************
椿を浮かべる♪
2センチほどの枝先に咲いている椿を切ったが、花入れには無理なので、清水焼の器に浮かべた。
d0337265_22182411.jpg

椿の木の下は散った椿でいっぱいになっている。
まだ蕾もたくさんあるが、気温が上がってくると散るのが早くなる。
まるでエナメルでも塗ったかのような新しい葉もだいぶ大きくなった。
d0337265_2220486.jpg

晩ご飯
ササミの青紫蘇揚げ、鱈フライと秋田で獲れた『鯵』
d0337265_22232583.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-05-24 21:47 | うつくしいもの | Comments(8)

展望

今年の連休はお天気に恵まれた。
雑用は後回しにして、ドライブへ出かけた。
さくらこそ終わったが、今秋田は花盛り!
いろんな花に出会えるだろうと出発したが・・・・・渋滞だ。
路線変更したらなんと海の向こうに『鳥海山』が見えた。
鳥海山の麓は今菜の花が咲いて、美しい風景が広がっているはずだ。
もっとよく見える場所へ行こう♪と港の方へ行く。
陽気に誘われ、多くの人がきらきらと光る海で釣りや日向ぼっこを楽しんでいた。
d0337265_22561697.jpg

このタワーの最上階までのぼった。
d0337265_2257463.jpg

下から見上げると『万華鏡』のようだ。
d0337265_22581798.jpg

地上からちょうど100メートルの高さ、まずは鳥海山を望む。
d0337265_231496.jpg

こちらは我が家からも見える太平山
d0337265_2314744.jpg

一方こちらは男鹿半島 なまはげのおうちがある男鹿の本山、真山が見えた。
d0337265_2325891.jpg

そして、まだたっぷり雪を頂く白神山地も見えた。
d0337265_2334131.jpg

硝子越しとはいえ、何と気持ちがいいのだろう。
風もなくベタ凪の海を船が行った。
d0337265_2361220.jpg

****************************************************************
春の山菜の王様 『しどけ』を見つけ、母へのお土産に買った。
これはもみじがさとも呼ばれ、まだ出始めなので10センチほどの若い『しどけ』だった。
独特の風味が大好きで、味噌とあわせるとそのおいしさがひきたつように思う。
d0337265_23105920.jpg

さっとゆでて、味噌で和えた。
母には細かく刻んでお粥にかけてだした。
とても喜んで、『美味しい』が何度も出た。
d0337265_23154463.jpg


これも秋田産のこはだの酢〆
これほど新鮮なこはだはしばらくぶりで、昨日から酢につけて置いていた物。
柔らかい葱でぬたを作って添えた。
d0337265_23183424.jpg


More 秋田県民歌
[PR]
by hanamomo08 | 2017-05-03 23:19 | うつくしいもの | Comments(12)

長屋が原点

母がリハビリに出かけた後、大急ぎでお茶わんを洗い、母のベッドを整えテレビの前に座った。
日曜日に録画した『心の時代』を見たかったのだ。
建築家の安藤忠雄さんが出演していた。
(画像はテレビより)
d0337265_1523457.jpg

安藤さんは大阪の下町にある三軒長屋で母方の祖母に育てられた。
跡継ぎとして祖父母の家の養子になった)
夏は暑く、冬は寒い長屋のことを『夏も冬も腹立たしい家である』と言っている。
d0337265_154457.jpg

ある日長屋に二階を上げることになり、そこに来た大工さん達の仕事振りを見た安藤さんは建築家になりたいと思い始めたそうだ。
その大工さんはお昼ご飯も食べずにパンを齧りながら仕事をしていた。
大学に行く費用のない安藤さんはお昼ご飯の時間も惜しんで勉強をし、建築士の試験に合格した。
d0337265_1553391.jpg


ある日新聞社の社長に『建築が好きか、本は読んでいるか』と聞かれ、『建築の本を読んでいる』と答えたら、『建築と言うのは人間の心の世界を作る仕事、建築の本だけ読んでどないすんねん』と言われる。
そして進められた吉川英治の宮本武蔵や和辻哲郎の風土などを勧められて読んだ。
そして奈良や京都のお寺を訪ね歩いた。
そのあとはアルバイトでお金を貯め、ヨーロッパへ。
フランスのル・トルネ修道院は深い感銘を受けた。
その旅は7ヶ月にも及び神戸に帰ったときはすべてのお金を使い果たしていたそうだ。

28歳で建築事務所を開いたが、仕事は来なかった。
6年後、三軒長屋の真ん中を建てかえして欲しいという依頼が舞い込む。
それが安藤建築の原点でもあるコンクリート打ちっぱなしの家だった。
(この家は住吉の長屋として有名で、後に日本建築学会賞を受賞している)

大阪造幣局のさくらの通り抜けは有名だが、安藤さんは建築家でありながら寄付を集めてさくらの木を300本植えるプロジェクトを立ち上げる。
事務所員からは『建築家がどうしてそんな邪魔くさいことをするのか』と言われたが・・・・。

<建築というのは人間を包み込みながら、人間が生きていてよかったということを感じる場所だとするならば、さくらの季節にきれいなさくらを見て『生きていてよかったな』と思えるのならそれもまた建築なのっではないかと思っている。>と話す。
d0337265_15344114.jpg


安藤さんは今、100年前のニューヨークのビルの最上階のリノベーションを手がけている。
d0337265_16433739.jpg

依頼されたのは最上階だけだったが、屋上に緑の壁を作り摩天楼を眺められるような設計にしたという。
d0337265_15451553.jpg

7年前がんが見つかりあちこちの臓器を摘出している安藤さんだが、大阪弁で『しゃあない、人生なるようにしかならない』という。
『でも、人生終わるまでは楽しく、前向きに生きたい。どの人にも前向きに考えりゃ、前はいっぱいあるわけですよ』と素敵なことばで締めくくった。

これからはどんなものを作っていきたいかという質問に、『小さい物がいい、小さいほどいい。小さいものほどコミュニケーションがとりやすいですから』と答えた。
私が大好きな建築家吉村順三の言葉を思い出した。
『心地よいすみか』をつくる建築家とは、家を作ろうとする人に最大限寄り添うことができる人なのかもしれない。
普通の人が住む家 小さいもの、大建築家が語るこの言葉を聞いてとても温かな気持になった。

2012年 私の住む秋田にも安藤忠雄の設計した建物が出来た。
向いの千秋公園がその建物と繋がっているように見える水庭のある秋田県立美術館。
d0337265_1551866.jpg

快晴の日はこんな青い空も水に映って美しい。
d0337265_15514568.jpg

※この番組の再放送はEテレで4月1日(土曜日)午後1時~2時です。
*************************************************************
おべんとう
 海苔おにぎり(梅干とたらこ)
 秋刀魚の煮付け、かぼちゃ、ブロッコリー、きんぴらごぼう
d0337265_16592785.jpg


晩ご飯 銀色に輝く旬の生にしん焼き
d0337265_7271810.jpg
 
[PR]
by hanamomo08 | 2017-03-28 16:59 | うつくしいもの | Comments(10)

和色

数日前 牛乳のコップが割れてダイソーへ行った。
予備をいれて朝顔形のコップを二つレジに運ぶと、空いていたからかレジの女性が新聞紙で作っておいた紙袋に入れて包んでくれた。
ちょうど新聞広告のところで作った袋だったので、とてもきれいだった。
d0337265_224610100.jpg

袋から出してみると昨年11月24日の日の日経新聞のカラー広告だった。

味の素が作った『和食の日』の広告だった。

小さい頃はよく使っていた懐かしい色の名前があり、知らなかった色の名前もあった。
たとえば『狐色』小さい頃は良く使っていた名前
お稲荷さんの色だ。
d0337265_22543995.jpg


時々魚のあらと一緒に炊く大根は『幹色』と言うそうだ。
これは知らなかった。

そしてあと三月もたてばやまで採れる美味しい山菜の緑だってこんなに様々ある
これに一つ一つ色の名前がある日本という国はすばらしい。
d0337265_22574878.jpg

新聞で作った袋は、残念ながらセロファンテープを使っていたため、この広告をきれいに保存することは出来なかったが、この新聞広告との出会いはとても楽しいものだった。
d0337265_231445.jpg

d0337265_2332252.jpg

*************************************************************
今夜も和食
 シンジョウ(アイナメ)の味噌漬けを焼いた。
 味噌の香りがよくて、ご飯のおかずにもってこいだった。
d0337265_2352564.jpg


お弁当
 焼肉弁当(玉ねぎ・にんじん・豚肉、ショウガ、青菜)
 赤蕪の酢漬け、かぼちゃ、胡瓜のサラダ
d0337265_2371271.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-01-17 22:45 | うつくしいもの | Comments(12)

暮らし

寒に入って今朝はマイナス2℃だった。
数十メートル離れた家までの道が凍っていて歩きにくい。
お茶の先生のお宅にはつららが出来ていた。
いよいよ本格的な寒さがやってきた。
d0337265_2032126.jpg

家に戻ると我が家の藤の蔓もすっぽりと氷でおおわれていた。
d0337265_2045462.jpg

****************************************************************
花森安冶の表紙絵
少し前に録画した『日曜美術館』を見た。
ある号の表紙の絵はモダンなチェスとに土人形のお雛様、その後ろには外国のお土産のような藍色の絵皿が飾られている。
そしてその隣には花がいけられている。
どの表紙絵にも人の息遣いがあり、飾らない日常が描かれている。
『日々の暮らし以上のものはない』という言葉に凝縮されるように、毎日の暮らしを大切にしたいという花森さんの願いがこめられているような絵だ。

暮らしの手帖創刊号に書かれた言葉

「美しいものは、いつの世でも
お金やヒマとは関係がない
みがかれた感覚と、
まいにちの暮しへの、しっかりとした眼と、そして絶えず努力する手だけが、
一番うつくしいものを、いつも作り上げる。」

表紙にはらんぷが多く描かれている。
一人娘に送ったのもらんぷの絵だった。
らんぷは人々の暮らしを照らすもの、世の中を照らすものという意味合いがあったようだ。

日々の暮らしの中にひと時でも憩える場所を作りたい。
そんな花森さんの思いは今でも全然色あせていない。

私の好きな表紙 1972年8月号の表紙(NHK日曜美術館から)
d0337265_2140383.jpg

************************************************************
金曜日の夕食
ずっと買い物に行っていなかったので冷蔵庫は空っぽだ。
今夜は頂き物の手打ち饂飩を食べることにした。
桜えびと葱、玉ねぎとにんじんのかき揚げを作り、鰹節でとっただしをかけた。
これにお正月料理の残りを合わせてなんとか晩ご飯を済ませた。
d0337265_2154730.jpg

白菜とにんじん、えのきを薄味で煮て片栗粉でとじたもの。
d0337265_21562982.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-01-06 21:57 | うつくしいもの | Comments(12)

新笹

昨日は猛暑でじめじめとした一日だった。
町内会行事の手伝いで半日みんなで作業したが、どの人の顔も真っ赤で、汗だらだらだった。
夜も寝苦しく、窓を少し開けて扇風機をゆるくかけて寝たが、寝苦しい夜だった。
そしたら今朝、東北地方も梅雨入りの発表があった。
こんな時こそ、エアコンをつけて除湿するべきだった。
今日は朝からエアコンに働いてもらってとても快適だ。
d0337265_15242382.jpg

近くの笹薮に新笹が出ている。
お弁当のしきりに何枚かもらってくる。
きれいに洗って、さっと火を通し、よく水を切って冷凍保存した。
ゆでているとき、笹のいい香りがたった。
d0337265_1526784.jpg

母に和菓子を買いに行く。
『黒糖まんじゅう』の注文だったが、葛餅も買ってくる。
鬱陶しい時は目にも涼しさを♪
母からもらった少し水色がかった好きなお皿に今朝とって来た新笹を敷き、葛餅を盛った。
京黄粉と黒蜜をかけて食べた。
d0337265_15302345.jpg

お皿の模様が見えないが、波のような模様になっている。
d0337265_15351330.jpg


秋田の梅雨は、日照時間も長く大した事ないのだが、鬱陶しい季節をなんとか快適に乗り切りたい。
とにかく、体調を整える事かな。
食事、睡眠、運動ということはわかっているけど・・・・・・・・。
皆さんはどんな乗り切り方をなさっているのかな?

乾物を食べてしまおう・・・・・水の中で膨らんできた青豆の色がきれいだ。
d0337265_15384585.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-06-13 19:09 | うつくしいもの | Comments(16)

絵になった八橋人形

昨年の今頃秋田市のギャラリーで開かれた個展で求めた一枚の絵。
秋田に古くから伝わる十文字和紙に描かれた『八橋人形の内裏雛』
真っ白な和紙に書かれたものもあったが、味わい深い十文字和紙のほうを選んだ。
作者はイラストレーターの小西由紀子さん
我が家にある八橋人形と同じものが描かれている。

人形を飾った日にこちらも壁にかけた。
昨年の個展でお願いし、5月になってから出来上がった絵だ。
だから飾るのは今年がはじめて、八橋人形も時代によって、作家によって顔や着物の形が少しずつ違う。
リビングの壁にかけているので、日になんども見られてうれしい。
我が家の宝物がひとつ増えた。
d0337265_1619056.jpg

我が家の内裏雛
d0337265_1618665.jpg


パンケーキ
 
このごろパンケーキが流行とかで、友人は私をそのお店に何度か誘ってくれたが、そのいずれの日もいっぱいで入れなかった。
今日は母がいない日で出かけたいところもあったが、風が強いので家にいた。
お昼にホットケーキミックスを牛乳でといて焼いたものに食べごろのバナナと頂き物のカシスジャム、白神の蜂蜜をかけてたべた。
青森のカシスジャムは甘くなくてたっぷり食べられる。
d0337265_1774062.jpg


お弁当
鮭と梅干の海苔おにぎり
小松菜の胡麻和え、卵焼き、ひじきの煮物、かぼちゃの蒸し物
デザート 林檎とバナナのサラダ
d0337265_17103284.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-03-01 17:11 | うつくしいもの | Comments(6)

はんなり

天気予報で『真冬並みの寒気がやってくるでしょう』といっていた。
夕べ降った雪は豪雪並みの積雪になり、明けて今日は予報どおりの冷え込みになった。
外はマイナス7度、しかも快晴の景色はすばらしかった。
写真ではこれが限界だが、もっともっと美しい。
(画像クリックで大きくなります。)
d0337265_1811554.jpg

きりりと冷え込んだ朝のご褒美のような風景だ。
ずっと眺めていたいが、二月が後二日で終わる。
毎年のことだが、どうしても早めにお雛様を出すことができないのだ。
さあ、お雛様を飾ろう♪
物を増やさないようにひな壇はあるもので作って飾る。
(段を作るとまた物が増えるので)
毎年飾っている秋田の『八橋人形』
この素朴な土人形の最後の作り手の女性がなくなってしまったあと、八橋人形保存会なるものができて、後を継いでいる。うれしいことだ。
赤い布を敷き、薄い和紙とポコポコのクッション材に包まれたお人形を一体ずつ出して飾る。
雛壇がだんだん賑やかになってくる。
d0337265_18103164.jpg

雛あられも、菱餅もないが、母が楽しみにしている頂物の羊羹がある。
それをとりあえずおそなえした。
d0337265_1852990.jpg

数週間前、スキー場の近くで拾ってきた枝を水にさしておいたらきれいな葉っぱが出てきたのでそれを飾った。
いかにも春めいてきた感じの色でお雛様もうれしそうだ。
d0337265_18152616.jpg

リビングの飾り棚にはhisakoさんの可愛い姫だるまを飾った。
毎年この穏やかな表情を見るとこちらも微笑みたくなる。
hisakoさんとよく似ています。
d0337265_18184836.jpg

朝ご飯に起きてきた母もお雛様に大喜び。
そろそろちらし寿司の準備もしなくては・・・・。
*******************************************************************
餅を丸める女たち
これは先日近代美術館に展示されていた秋田の写真家『千葉禎介氏の作品「餅つき」』
昭和41年の作品
手際よく搗きたての餅を丸めながら女達がなにか話している様子が伺える。
幼稚園の頃、暮れに母の実家に遊びに行っていた私は祖母に連れられて隣の家にいった。
祖母の家の本家に当たる家では餅つきの日だった。
大きな蒸篭で蒸したもち米を臼に入れ、男の人たちが杵を振り上げて搗いていた。
本家のお嫁さんが粉をふった大きな板に搗き立ての餅をのせ、あれよあれよという間に丸めていくようすはまるで手品を見ているようだった。
餡子のはいった『あんびん餅』もつくり、切り餅もあんこ餅もどっさりいただいて帰ってきた。
この写真を見て、あの時の光景が思い出された。
あの日も親類の女性達はいろいろな話をしながら餅を丸めていたような気がする。
写真の女性の表情も生き生きとしている。
春から始まる農作業の話や子どもの話、いや姑とのやり取りなども話していたように思う。
d0337265_1846418.jpg

晩ご飯
 きりたんぽ
d0337265_19523113.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-28 18:11 | うつくしいもの | Comments(14)

自然からの恵み

小糠雨が音もなく降る土曜日、かまくらで有名な横手まで出かけた。
今日から近代美術館で『食 自然からの恵み』という企画展が始まった。
『食』は私にとってもとても興味深いテーマ どんな企画展なのか楽しみに出かけた。
d0337265_23254543.jpg


秋田は水田が広がり、海があり、山があり 自然の恵みがたくさんある豊かなところ。
画家や写真家もその秋田の食をテーマにした作品をたくさん描いたり撮ったりしている。
フラッシュをたかなければ撮影OKと書いてあったので今日はたくさんの有名な絵を撮らせてもらった。
福田豊四郎の1932年作の『山菜売る人達』
d0337265_23196.jpg

山で採れた瑞々しい山菜をむしろの上に並べて売っている様子
山で採ってきた花の枝もあり、小鳥も籠に入れて売られている。
向かって右端は秋田では『ヒデコ』と呼ばれたりする「しおで」山独活、蕨が並ぶ。
花の枝の入った桶の前には見事な根曲がり竹、白い花の咲いた山わさびも見える。
d0337265_2371438.jpg

そしてその隣は『さしぼ(いたどり)』だろうか?
d0337265_2381674.jpg

雪どけを待っての山菜採りはとても楽しかったに違いない。
採れたての山菜の色はどれもまぶしいほど緑だ。

そして、冬の間今のように青い野菜が手に入らなかった時代には、大切なビタミンだったのだろう。
この山菜は採ったらたくさんの塩で漬けておき、また巡ってくる春までの大切な食材にもなった。
私も僅かばかり漬けた蕨をお雑煮にいれたり、きゃのこ汁に入れて食べた。
お昼のお弁当は美味しいあきたこまちで握った『醤油おにぎり』とゆで卵
d0337265_23264588.jpg

*****************************************************************
晩ご飯
 いぶりがっこ&クリームチーズでワイン
他に、鱈の唐揚げ(醤油味)とセロリ、ツナサラダ、味の素の冷凍餃子
d0337265_23295195.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-13 23:08 | うつくしいもの | Comments(8)

能代凧

秋田の北に、かつては木都と呼ばれた『能代』というところがある。
そこに伝わる『能代凧』
父が買ってきたのか私の実家にもあって、子どもながらに『歌舞伎』とはこんなものかな~と見たこともない歌舞伎を想像していた。
この凧の歴史は古いものでは今から1千年以上も前、坂上田村麻呂が蝦夷征伐に来た時に能代の港であげた凧を目印にして寄港したという言い伝えがある。
そして、200年ほど前に港にやってきた北前船の形に似ているとも言われている。

これは能代凧の代表的な絵『べらぼー凧』
向かって左が女べらぼー、右が男べらぼー。
どちらも真っ赤な舌を出した怖い顔だが、これはどうも魔よけらしい。
インド神話に出てい来るカーリーという女神が元と言う説もある。
子どものころ母方の祖父の家の応接間の壁にも舌をだした魔よけのようなお面が二つ並んでかけてあった。
夕方薄暗くなったら部屋に入るのがなんとなく怖かった。
南の島へ行った人のお土産だったのだろうか?
d0337265_17165521.jpg

男の方は芭蕉の葉の頭巾をかぶっている。
女のほうは華やかな牡丹の模様の頭巾をかぶっている。
芭蕉と牡丹、寒い地方にはなじみのない植物。
これも北前船と関係がありそうだがよくわからない。
どちらも能代凧の絵師 故 北村長三郎さんの凧だと思う。

明日は小正月だが、昨日あたりから冷凍庫の中のような寒さで、レッグウオーマーが離せない。
もこもこしているのでごみ出しに行く時ははずさないと長靴に足が入らない。(笑)
ご近所の屋根の雪は鏡餅の下の段のようだ。
こうしてみると空と雪が同じ色で区別がつかない。
d0337265_20941.jpg

それでも時折天窓から薄水色のそらがのぞくとうれしくなる。
猛吹雪にはならずに済んで、雪かきもいらなかった。
市内のスキー場もやっと滑られるようになったらしい。
d0337265_172784.jpg

**********************************************************
おべんとう
 ヤリイカの煮付け、ポテトサラダ、牛蒡のたらこ炒り、漬物
 鮭と梅干のおにぎり
d0337265_20131763.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-01-14 20:14 | うつくしいもの | Comments(8)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

秋の蠅
at 2017-09-20 16:16
やっと・・・・・・
at 2017-09-19 21:08
祝う
at 2017-09-18 18:00
強風
at 2017-09-17 20:26
朝顔のスケジュール
at 2017-09-16 19:47

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

おんこの実ってイチイです..
by saheizi-inokori at 21:43
美味しそうなおこわですね..
by Deko at 17:03
夜汽車に乗って朝到着良い..
by Deko at 16:52
やれ打つな蠅が手をすり足..
by Deko at 16:42
> sidediscus..
by hanamomo08 at 16:15
> PochiPochi..
by hanamomo08 at 16:13
>ゆきさん こんにちは..
by hanamomo08 at 16:08
> unburroさん ..
by hanamomo08 at 16:01
> o-hikidash..
by hanamomo08 at 15:55
> oshibanayo..
by hanamomo08 at 15:49

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索