<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

もみじ(その壱)

気温10度、すっきりしない天気だが、山のほうのもみじはどうだろうと、夫と出かけた。
我が家からそう遠くない場所なのに、幾分寒い感じがする。
常緑の杉の林の中に、うっすらと紅葉した木々が見えてきた。
遠くに目をやれば、ひときわ鮮やかなもみじの山が見えた。
そこを目的に車を走らせる。
くねくねとした山すそ沿いの道路をいくと、もみじ山が目の前に見えた。
子ども達が小さい頃何度も訪ねた神社の裏山のもみじだった。
ここは母との思い出もある神社だ。
断崖になっている場所におおきなもみじの木。
d0337265_17411293.jpg

神社の階段を登り、久し振りに大きな狛犬さんとも対面した。
d0337265_1813585.jpg

手入れされた庭に銀杏の黄葉が散り落ちて風情がある。
色とりどりのもみじが見えた。
d0337265_17441526.jpg

わずかばかりのお賽銭を投げ入れ、手を合わせる。
祈るのは『家族の健康』だけだ。
神社の外廊下を回りこんでもみじに少しでも近づいた。
大げさでなく、自分の顔まで染まりそうな鮮やかな色だ。
d0337265_1747325.jpg

銀杏の木が映りこんだ古い窓は少しゆがんでいて、懐かしい。
サッシが出てくるまでは、みんなこんな窓だった。
d0337265_1750477.jpg

小さなお不動さんが祀られている祠のところにはほととぎすの花。
これが最後のいろどり、一日一日、色がなくなっていき、やがて白になる。
d0337265_17521799.jpg

***********************************************************
ジャムトースト
 紅玉と無花果のジャムをのせたトースト
d0337265_17535676.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-10-31 17:24 | おでかけ | Comments(12)

薄紅

季節のものを使った厨仕事は『忙しいなあ~』と思いつつも、とっても心浮き立つ思いがする。
先日はたくさんの無花果を相手にしたが、今度は旬の林檎を使った楽しいジャム作りをした。
冷蔵技術の進歩でこれからも買えるようになった林檎だが、紅玉だけは出始めた時期に買って作りたいと思っている。
d0337265_19313095.jpg

皮をむき、刻んでグラニュー糖をまぶし、火にかける。(皮も入れる)
焦げないようにしながら、強火で10分、所々林檎の形が残っているのが好みなので、煮過ぎない。
レモンをたっぷり絞って少しだけ煮詰める。
d0337265_1935327.jpg

皮のところにいい香りがあるので、丁寧に皮についた果肉を漉して入れる。
d0337265_19363925.jpg

紅玉ならではの色、『薄紅』のジャム。
曇り空だったが、外で撮ってみた。
d0337265_1939075.jpg

そのうち、椿友のところにも一瓶届けたい。
d0337265_1940846.jpg

この色はうすべにいろ、うすくれないいろ、どっちの呼び方が合うだろう?
黄葉も残り少なくなったエゴノキの前で薄紅色のジャムは温かく見える。
d0337265_19451263.jpg

************************************************************
お弁当・・・・・にぎやかな色合い!
美味しくなった葱をたっぷり入れて、ベーコン、葱、にんじん、卵という具に塩コショウ味のあっさりした炒飯を作った。
今日の炒飯がとりわけにぎやかに見えるのは・・・・・・自家製の紅生姜を散らしたから。
おかずは、美味しい孫芋きぬかつぎ、かぼちゃ、ほうれんそう、鮭の黒酢漬け、柿
d0337265_1950625.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-10-30 19:52 | 手作り | Comments(14)

ら・ふらんす

『ラ・フランス そろりと剥けば心とはたとえばこんな象(かたち)とおもう』
私の好きな歌人 岩下静香さんの歌集 ナチュラルボイスから

たっぷりと水分を閉じ込めた瑞々しい和梨も美味しいが、秋が深まると登場する香り高い洋梨も魅力的だ。
とりわけ、ラ・フランスは滑らかさといい、甘さといい、毎年楽しみに待っている果物の一つだ。
洋梨は追熟して食べる果物で、その食べごろが難しい。
特に色が変わるわけでもないので、結局そっと押してみてその柔らかさを確かめるしかない。
d0337265_20524329.jpg

皮を剥いた時、果汁がたっぷりで滑らかにナイフがすすむ。
そんな時は、ぴったりと食べごろを言い当てたようでとても嬉しくなる。
芳醇な香り、すべらかな食感、でもその形だけはちょっとごつごつしていてユーモラスだ。
秋田の美味しい林檎の地 平鹿のラ・フランスを食べた。
小ぶりだが、甘くて喉越しよくとても美味しかった。
d0337265_20582825.jpg


とても大型の洋梨ルレクチェはつるりとした皮の色が明るく綺麗だ。
果肉もすべすべと繊細、とっても美味しい。
d0337265_214290.jpg

ゼネラル レクラーク
これも甘みの強い洋梨で、秋が深まったようないい色合いだ。
d0337265_21114875.jpg

************************************************************
柳の舞
d0337265_21205022.jpg

私の好きな魚で、塩を振って日本酒をかけておいたものを焼いた。
d0337265_2122770.jpg


秋鮭
こちらは苦手な魚なので、一口大に切って片栗粉を漬けて揚げ、黒酢と醤油、砂糖を煮立てたものに葱のみじん切りをたくさん入れ、漬け込んだ。
d0337265_21245164.jpg


おべんとう
 鮭の黒酢漬け、きんぴら、フライドポテト、長芋とほうれん草、すじこ
d0337265_2126325.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-10-29 21:26 | 美味しいもの | Comments(8)

おちば

公園の上り口はケヤキの落ち葉が敷き詰められ、その上にある坂道にはさくらの葉が落ちてくる。。
踏むのがもったいないくらい綺麗な落ち葉の絨毯。

小さな池には木が映り、水面にも色とりどりの落ち葉。
d0337265_20415747.jpg

なだらかな坂を上ると本丸跡に着いた。
さくらの季節にはたくさんの人がここで酒を酌み交わす。
今は落ち葉を踏む音と、地面に葉が落ちる音がかすかにする。
その静寂の中、元気のいいバイクの音がした、 ゆうびんやさんだ。
d0337265_20471656.jpg

この本丸には大きな銀杏の木が何本かあって、もうすぐ実が落ちるだろう。
料理屋さんの建物はかなり古く、その前に立っている銀杏の木を見ていたら少し前に見た美しい
この映画を思い出した。
銀杏の黄葉が敷き詰められた美しい風景が忘れられない。
いつかこの映画の舞台になった昭和村にも出かけてみたい。
d0337265_20515565.jpg

神社の前のメタセコイヤはまだ青く、トチノキの黄葉とのコントラストが美しかった。
メタセコイヤの木が金色に染まる頃、もみじの葉もきれいに色づくだろう。
d0337265_20535015.jpg

d0337265_20554339.jpg

さて、そろそろ帰ろうかな。
d0337265_20575518.jpg

**********************************************************
おべんとう
 醤油焼きおにぎり、卵焼き・きんぴら・鯵の南蛮漬け・胡瓜のからし漬け
d0337265_20593170.jpg


More 日没
[PR]
by hanamomo08 | 2015-10-28 20:44 | 美味しいもの | Comments(12)

さくらの紅葉

今日はぽかぽかと暖かく、絵に描いたような秋晴れだ。
大きな寝具をたくさん洗い、雨が降らぬうちにと千秋公園へ出かけた。
風もなかったので、お堀に映る木々が美しい。
d0337265_20425291.jpg

案の定、ケヤキはかなり落葉し、上り口はふかふかの落ち葉の道になっていた。
茶色いケヤキの落ち葉に彩を添えるのはさくらの落ち葉。
d0337265_2041566.jpg

二の丸には広場を取り囲むようにたくさんのさくらの木がある。
様々な赤に感動する!春の花に劣らない美しさだ。
d0337265_20442399.jpg

ちょっと石段を登る。
ここは私が子どものころ動物園になっていた。
八重桜の葉もほとんど落ち葉になっていた。
d0337265_20512192.jpg

コンビニ( 7-Eleven)で買ったドーナッツを食べながら歩く。
ひろった落ち葉と一緒に写真を撮った。
外で食べるとどうしてこんなに美味しいんだろう。
d0337265_2053038.jpg

公園では出会う人と挨拶をする。
カメラに詳しい紳士とも会った。
いい情報をたくさん頂いた、個展開催の時は駆けつけますよ!
(あ!でもお名前を聞かなかった)
こんな可愛いワンちゃんにもあった。(そう見えないが、高齢らしい)
d0337265_205884.jpg

つづく
*******************************************************
晩ご飯
 水がれいのから揚げ
d0337265_211584.jpg


お弁当
 海苔のおにぎり(明太子、鮭)
 炒り卵、かぼちゃ、お魚ソーセージ
d0337265_2145122.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-10-27 20:48 | おでかけ | Comments(10)

紅玉のケーキ

秋田産の『紅玉』が出回っている。
季節のものはあっという間に終わるので、旬の美味しいうちに作りたいものがあった。
まずは林檎のケーキを。
バターをよく練り、そこにきび砂糖と卵2個を入れて混ぜる。
そこへ粉を入れてさっくり混ぜ、いちょう切りの紅玉を入れた。
180度のオーブンで45分焼いた。
d0337265_2111912.jpg

紅玉の風味を味わうためにシナモンは入れなかった。
きび砂糖の香ばしいような甘さと紅玉の酸っぱさが見事に調和して美味しい。
d0337265_2145722.jpg

新しい一週間のスタート、秋晴れは明日一日だけになりそうだ。
塩鮭ごはん、かぼちゃ、卵焼き、小l鯛の味噌漬け、いかハンバーグ
d0337265_21415722.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-10-26 21:42 | 美味しいもの | Comments(14)

愉快な会話

日曜日の朝はゆったりと時間が流れる。
布団に入ったまま母が昨日のことを話し始めた。
昨日はデイケアの日で、リハビリや入浴、食事などの合間に自由時間があって、同じテーブルに着いた人同士でいろいろ話したそうだ。
子どものころは10歳以上も年の差があると話があわないものだが、大人になり次第その差は縮まってくる。
母のルームメイトも年はバラバラ、昨日は96歳のMさん、88歳のTさんとご一緒したそうだ。
始めに断っておくが、お二人はとても耳が遠いそうだ。
(テレビのボリュームは36くらいでないと聞こえないと言っている様だ)
それに対し、わが母はとても声が小さい。(私もいらいらするくらい)

一方Tさんは『今日は火曜日か』と聞いたそうだ。
その声が聞こえるのは母一人、『今日は土曜日ですよ』と何度言っても聞こえなかったらしい。
Mさんも耳が遠いのでTさんと母の会話が聞こえず、マイペースで自分のことを母に話し始めたらしい。
70代の娘さん夫婦と一緒に暮らしていて、毎日大きなお皿にすべてのおかずがのっていてとても味気ないこと。(いいと思うのですが・・・・・)
随分前から一日2食にしていること。(これもいいですよね、ホルトハウス房子さんご夫婦も一日2食だと本で読んだ)
娘に話をするともうその話は100回も聴いたから話さないでと言われること。(うんうん)
級長をしていたこと。(子どものころのことは鮮明に記憶している)
毎月ご主人の月命日にはお寺さんが回ってきて、お布施代がかかってしまうこと。
などなど・・・・・。
一方Tさんは、どうにも今日の曜日が納得いかず、職員を呼んで確かめたらしい。
職員に聞いても同じ答えだったがやっぱり釈然としなかったらしい。
結局家に帰ってカレンダーを見るということで話は終わったらしい。

そんなことをしているうちに二人は居眠りし始めたとのこと。
目覚めても会話はかみ合わないまま、私の声がもう少し大きければ二人の会話の橋渡しが出来るのに・・・と母は言っているが。
帰り際、母に大先輩のMさんが言った言葉、
『あ~今日は貴方にいろいろな話を聞いてもらって楽しかった。(かなり一歩通行ですが)実の娘って結構ストレスたまるものですよ。』と。
その言葉はTさんにも聞こえて、みんなで大笑いしたそうだ。
噛み合ってないけど、愉快な3人の会話!
楽しそうに昨日の様子を話す母を見て、
『やっぱり、出かけることはなかなかいい刺激になっている』と実の娘は思った。
『だからリハビリは週一回にしようかなどと言わず、今までどおり私のことも休ませてくださいね』
心の声(実の娘のほうも結構ストレス溜まるんです。)

ミセバヤがきれいに咲いている。
花言葉は『大切な貴方』もう少したつと葉っぱの淵が真っ赤になって見事になる。
d0337265_22582298.jpg

************************************************************
小あじ、小ガレイ
 お魚を仕入れに出かけたら、小さいけど新鮮な鯵とかれいが一パック100円。
二パックずつ買って、これで400円。(どちらも秋田産)
d0337265_2303433.jpg

小あじは南蛮漬けに、かれいは明日から揚げにしよう。
d0337265_2312513.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-10-25 22:31 | 日々のこと | Comments(10)

TSUKEMEN

今日は古くからの友人と出かけた。
早めに家を出て、行きたいと思っていた陶器展へ行く。
ギャラリー入り口には見事な『じょみ』の枝が生けられていた。
d0337265_2273110.jpg

シンプルでぬくもりのある陶器がずらりと並んでいた。
欲しい物があったが、またお店のほうに伺おう。

お昼ごはんはパスタを食べた。
私はちょっと辛目の海鮮トマトパスタを選んだ。
階段教室のようになった店内では、たくさんのスタッフがきびきびと働いていた。
d0337265_2157087.jpg

イカ、海老、ホタテ、浅利、蛸、そしてもう一つ貝がたくさん入ったピリカラトマトソース
トマトの酸味がさわやかで美味しかった。
珈琲を運んでくるタイミングがちょっと早かったことを除けば、はなまる。
d0337265_21595078.jpg

積もる話しをたっぷりして、外へ出たら、ものすごい雨、ほんの数メートル先の車まで行くのに
びしょぬれになった。
煮立つような雨の中を次なる移動先へ。
街路樹の銀杏がだいぶ色づいてきた。
d0337265_22891.jpg

随分前から楽しみにしていたTSUKEMENのコンサートへ。
若く美しい男性三人(ヴァイオリン×2とピアノ)のユニットで私は長いこと(高校生の頃から)
このメンバーの一人の父親のファンだった。(今もだが)
3人とも4~5歳の頃から楽器を学び、すばらしい音を奏でる大人になった。
かつてバイオリンの古澤巌のヴァイオリンを聴いたときも、その新鮮さに驚いたが、TSUKEMENの演奏もすばらしく充実していた。
海外公演もこなし、基本をきちんとマスターした人でなければ奏でることのできない音色を堪能した。
************************************************************
鯛茶
今ごろの鯛を『もみじ鯛』と呼ぶそうだ。
寒くなる今頃冬の準備に入るためか、あぶらがのってとても美味しい。
胡麻を炒り、だしと醤油でのばしたものに漬けて熱々のご飯にのせる。
d0337265_22272528.jpg

アラ汁を熱くして、鯛の上からかけた。
あ~幸せだな~
d0337265_22284827.jpg

   
[PR]
by hanamomo08 | 2015-10-24 22:29 | おでかけ | Comments(8)

秋じまい

日一日と秋が深まっている。
光を受けたエゴの葉が金色みたいに見える。
d0337265_22184331.jpg

母をベッドに寝かせ、私も日向でうとうとしようかなと思ったが、ベランダの朝顔と目が合った。
種をとりたくて水をあげていなかったので、葉はほとんどない。
明日は雨らしいので、片付けることにした。
あの小さな黒い種のどこにこんな力が宿っていたのかと思うほど、しっかりした蔓だった。
ネットを切らないようにして所々に鋏を入れ、しっかりと絡みついた蔓をはずしていった。
30センチくらいに切られた蔓はなんともいえない紫色で、溜まっていくとイ草のようで綺麗だった。
単調な作業に少し飽きてきたので、それで小さなリースを作ってみた。
熟しきれなかった種が所々から出ている。
d0337265_22301322.jpg

エゴの木にかけてみたら、なかなかいい色合いだ。
d0337265_2211263.jpg

中身が出た後の種の形も面白くて何個か束ねて記念撮影。
小さいが、火消しのまといに似ている。
d0337265_2229559.jpg

根っこを抜いたプランターは来年まで軒下で休んでもらう。
舞い込んだ落ち葉も片付け、ベランダを掃き、ささやかな私の秋じまいが終わった。
****************************************************************
おべんとう
 油麩丼、里芋の味噌汁、柿
d0337265_22194674.jpg


晩ご飯
 水がれいの煮つけ、蛸と大根の煮物
d0337265_22342048.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2015-10-23 22:20 | 日々のこと | Comments(10)

秋のいろ

秋晴れが続く。
夏の間増えてしまったどくだみの葉がいつの間にか赤く紅葉している。
無機質なコンクリートのブロックには野葡萄が垂れ下がり、日ごとその実は色濃くなってきた。
モノクロの冬が来る前の、自然からの贈り物。
d0337265_214397.jpg

d0337265_2174611.jpg

産直コーナーから買ってきた『もってのほか』
花をむしるのは、子どものころのお手伝いの一つだった。
d0337265_218428.jpg

菊は出始めの頃より寒さに当たり。甘さが増しているはずだ。
花びらをむしるたびに、いい香りがたった。
d0337265_21234996.jpg

秋の色は皆それぞれに美しい。
**************************************************************
クレープ
キーウィとバナナとみかん・・・・う~ん、ちょっと寂しい色合い。 
フルーツサンドの時と同じで残しておいた冷凍庫の苺が花を添えてくれた。
d0337265_21305258.jpg

中身はレンジで作ったカスタードクリームと果物。
クレープにはバナナがとてもよくあう。
d0337265_21343393.jpg


おべんとう
 海苔おにぎり(梅干しと味噌漬け)
 卵焼き、鶏の寒麹焼きとピーマン、かぼちゃ
d0337265_2137331.jpg

 
[PR]
by hanamomo08 | 2015-10-22 21:37 | うつくしいもの | Comments(4)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

やぶかんぞう
at 2017-07-27 17:03
餡バタートースト
at 2017-07-26 16:14
梅雨出水
at 2017-07-25 17:30
一夜明けて・・・・
at 2017-07-24 20:39
氾濫
at 2017-07-23 17:09

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

> oshibanayo..
by hanamomo08 at 21:21
>anello63さん ..
by hanamomo08 at 21:15
あんバタートーストのモー..
by pass8515 at 19:12
トーストに餡子! 実は..
by mother-of-pearl at 10:51
トーストどっちも鰯塩焼き..
by saheizi-inokori at 10:07
餡トースト好きです。 ..
by unburro at 08:17
東海地方では「小倉トース..
by やっこ at 07:43
雨が収まって良かったです..
by sidediscussion at 04:27
青目 餡トーストは名古..
by aomeumi at 22:12
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 09:30

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索