<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

バーゲン

昨日、郊外にある大型店へ行く用事があった。
たくさんのお店が入っていて、いい半面とても疲れるので普段はあまり行かない。
目的のものを買って帰ろうとしたら、冬物衣類のバーゲンセールだった。
高いところまでぶら下げられた大量の衣類を前に、圧迫感を感じ帰りかけたが、平台の中にいいものを見つけ、ワンコインからさらに5パーセント引きというので、買って帰った。
背中のないニットの羽織もの(日本製)
どこで作ったものでも特にこだわるほうではないが、日本で作られたものはやっぱり丁寧な仕上げでいいと思った。
車椅子に座っている母には背中がないほうが好都合だ。
朝晩はまだまだ冷えるので早速着せたらとても喜んだ。
ベージュと黒とこの色の三色会ったが、母の好きなローズにした。
d0337265_17592053.jpg


****************************************************************
バーゲン会場で思ったこと
あのものすごい数の衣類はすべて売れていくのだろうか?と思った。
今、遅ればせながらやましたひでこさんの断捨離の本を読んでいる。
あの本が大ヒットした時、『断捨離』という言葉自体にあまりいい印象を受けなかったので手に取ったことはなかったのだ。
知らず知らず増えていく物、少しずつ見直しているがなかなか片付かない。
快適にゆったりと、すっきりと暮らすにはどうすればいいか、今真剣に考えている。
本など見なくても片付ければいいのだが、参考までに手にした本を読みすすめると、片付けには片付けの奥深い哲学があることに気がついた。
せっかく生きていくのだから暮らしの中に彩りは欲しい。
もう一冊近々本が届くことになっている。
さて、私はすっきりと暮らすことができるだろうか、かなりあやしい。

お昼ごはん 玄米ドリアと野菜のマリネ
d0337265_18115532.jpg

発芽玄米のプチプチ感がとても美味しかった。
市販のドリアソースにチーズをのせて焼いただけ。
d0337265_18125766.jpg


お弁当
 ささみと葱の青海苔炒め、ポテトサラダ、秋刀魚の佃煮、ほうれん草
d0337265_18135155.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-29 18:13 | 日々のこと | Comments(8)

はんなり

天気予報で『真冬並みの寒気がやってくるでしょう』といっていた。
夕べ降った雪は豪雪並みの積雪になり、明けて今日は予報どおりの冷え込みになった。
外はマイナス7度、しかも快晴の景色はすばらしかった。
写真ではこれが限界だが、もっともっと美しい。
(画像クリックで大きくなります。)
d0337265_1811554.jpg

きりりと冷え込んだ朝のご褒美のような風景だ。
ずっと眺めていたいが、二月が後二日で終わる。
毎年のことだが、どうしても早めにお雛様を出すことができないのだ。
さあ、お雛様を飾ろう♪
物を増やさないようにひな壇はあるもので作って飾る。
(段を作るとまた物が増えるので)
毎年飾っている秋田の『八橋人形』
この素朴な土人形の最後の作り手の女性がなくなってしまったあと、八橋人形保存会なるものができて、後を継いでいる。うれしいことだ。
赤い布を敷き、薄い和紙とポコポコのクッション材に包まれたお人形を一体ずつ出して飾る。
雛壇がだんだん賑やかになってくる。
d0337265_18103164.jpg

雛あられも、菱餅もないが、母が楽しみにしている頂物の羊羹がある。
それをとりあえずおそなえした。
d0337265_1852990.jpg

数週間前、スキー場の近くで拾ってきた枝を水にさしておいたらきれいな葉っぱが出てきたのでそれを飾った。
いかにも春めいてきた感じの色でお雛様もうれしそうだ。
d0337265_18152616.jpg

リビングの飾り棚にはhisakoさんの可愛い姫だるまを飾った。
毎年この穏やかな表情を見るとこちらも微笑みたくなる。
hisakoさんとよく似ています。
d0337265_18184836.jpg

朝ご飯に起きてきた母もお雛様に大喜び。
そろそろちらし寿司の準備もしなくては・・・・。
*******************************************************************
餅を丸める女たち
これは先日近代美術館に展示されていた秋田の写真家『千葉禎介氏の作品「餅つき」』
昭和41年の作品
手際よく搗きたての餅を丸めながら女達がなにか話している様子が伺える。
幼稚園の頃、暮れに母の実家に遊びに行っていた私は祖母に連れられて隣の家にいった。
祖母の家の本家に当たる家では餅つきの日だった。
大きな蒸篭で蒸したもち米を臼に入れ、男の人たちが杵を振り上げて搗いていた。
本家のお嫁さんが粉をふった大きな板に搗き立ての餅をのせ、あれよあれよという間に丸めていくようすはまるで手品を見ているようだった。
餡子のはいった『あんびん餅』もつくり、切り餅もあんこ餅もどっさりいただいて帰ってきた。
この写真を見て、あの時の光景が思い出された。
あの日も親類の女性達はいろいろな話をしながら餅を丸めていたような気がする。
写真の女性の表情も生き生きとしている。
春から始まる農作業の話や子どもの話、いや姑とのやり取りなども話していたように思う。
d0337265_1846418.jpg

晩ご飯
 きりたんぽ
d0337265_19523113.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-28 18:11 | うつくしいもの | Comments(14)

かき氷

晩ご飯が終わり、後片付けをしようと何気なく天窓を見たら、真っ白な雪が積もっていた。
慌ててベランダにでると、次から次とまるでかき氷のような雪が落ちてくる。
もっと言うなら、大きなカキ氷機の下にいるような感じだった。
気温がさがって、雪自体の温度が低いのだろう。
d0337265_2220721.jpg

肉眼でも雪の結晶らしき形がみえた。

結晶が不完全な形なのは気温だろう。
寒い中、撮った中で何とかそれらしき形のものが一枚あった。
d0337265_2223686.jpg

真ん中あたりにもそれらしき形、外壁につけている電燈の色が反射している。
d0337265_2224121.jpg

ものの5分で退散、寒くて寒くて大変だった。
d0337265_22252560.jpg

***************************************************************
出かけた先でお昼になったので夏に蕎麦団子を食べた食堂へ行った。
久し振りに天丼をたべた。
揚げたての海老天がサクサクと美味しかった。
d0337265_22292219.jpg


買い物 生鰊二尾で298円
d0337265_22303347.jpg

晩ご飯
 鰊の塩焼き、春菊とにんじんの白和え、かぼちゃの煮物
d0337265_2231586.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-27 22:32 | 自然 | Comments(4)

平松洋子さん

休みの日の朝はゆっくり寝ていればいいのだが、子どものころからの癖で早く起きてしまう。
この前の日曜日も早く目が覚めた。
テレビをつけるとこの番組のゲストに食にまつわるエッセイでおなじみの平松洋子さんが出ていた。
何でも正蔵師匠は平松さんの大ファンらしい。

平松さんの最近のお気に入りはパセリカレーだそうだ。子どもの頭ほどもある大量のパセリをみじん切りにして炒め、スパイスをいれトマトピューレを入れて作るらしい。
私もいつか作ってみようかな。
お母さんに作ってもらった思い出の食べ物は何か?という質問に、『雛ちらし寿司』という答えだった。
平松さんは学校から帰るとお母さんのいる台所で宿題をしながら過ごし、食べ物を刻む音やおだしの香りがするその場所が大好きだったそうだ。
d0337265_20493744.jpg

一つ一つお寿司に入れる具を煮て、それを寿司桶の酢飯に混ぜていく作業は子どもながらに大変だな~申しわけないな~と思ったそうだ。
平松さんは同世代だが、お母様の大変なことも思いやれる子どもで、大人だったんだな~と思った。

私は申し訳ないなんて思わない子どもだった。
お寿司の時や誕生日の準備をしている台所は華やいでいてウキウキしたものだ。
家族のためにおいしいものをっている母も楽しそうだったし。
大人になって、あの頃の母と同じように私自身が楽しみながら家族のためにちらし寿司を作っている。
雛ちらしは、一つ一つの具材がまるで絵が仕上がっていくようで華やいだ気分になる。

二月も末、新聞の折込チラシの中にも雛ケーキ、飲食店の雛御膳・・・・などなどひな祭にあやかった売込みがいっぱいだ。
さて、週末はお雛様を飾ろう。
三日の今年の雛ちらしは何を入れようか?
秋に仕込んだいくらはもうお正月にたべてしまったから、何か代わりになるものを入れて美味しく作ろう。
d0337265_20504393.jpg

平松さんの雛ちらしはどんなお寿司なのだろう。
でんぶも手作りしていたというお母様直伝のお寿司なのだろうか?
テレビにはめったに出ない彼女の話を聴けて、早起きしてよかったと思った。
***************************************************************
変更!
ポテトサラダを作ろうと圧力鍋でじゃがいもを蒸しおえ、マヨネーズを入れようとしたらわずかしかない。
それでコロッケを作ることにした。
塩コショうしたじゃがいもに玉ねぎとにんじんの炒めたものを混ぜたシンプルなコロッケ。
お昼に揚げたてを食べた。
キャベツの千切りの代わりに白菜の千切り、これなら母も食べられる。
d0337265_20552545.jpg

お弁当
ひじきの煮物、秋刀魚の佃煮、ナムル、ちくわポテト 林檎入りきんとん
d0337265_20573627.jpg


More今朝は凍った!
[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-26 21:01 | 料理 | Comments(14)

椿もち

友人が山の椿を切って送ってくれたのはまだまだ寒かった一月の末だった。
たっぷりと水につけて時々霧吹きをして乾燥をふせぎ、10日あまりかかって椿は咲いた。
そのあと白い八重の椿も咲いて、一足早い春を楽しませてもらった。

椿餅は二月の和菓子
先日食材やさんで買ってきた道明寺粉で『椿もち』を作った。
なんとあの源氏物語にも登場する古くからあるお菓子
「若菜上」という帖に、若い人たちが蹴鞠のあと梨、柑橘類、椿餅を食べる場面があるようです。
ただし当時はまだ現在のようなあんこはなかったようで、甘葛という蔦の樹液を煮詰めたものを餅に混ぜたものだったらしい。(甘いお餅のようなものか)

花が終わってもつやつやと美しい椿の葉で道明寺粉で作った餡子入りのお餅をはさむ。
ひとつだけ葉をかぶせずに椿の花のようにしてみた。
芯の黄色は柚子の皮をすりおろしたもの。
d0337265_141796.jpg

鉄瓶で沸かしたお湯でお茶を淹れ、手作りの椿餅を楽しんだ。
d0337265_14104265.jpg

今朝はほんの少しだけど雪が降った。
細かなあられのような新雪はなんだか道明寺粉のようにも見えた。
d0337265_145479.jpg

平安時代に貴族たちも食べた椿もち、いつの時代も甘いものは食後の楽しみだったのだろう。
d0337265_1473363.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-25 15:29 | 美味しいもの | Comments(8)

ほかほか・・・・

昨日は夫のお弁当箱を探しに行った。
まだまだ寒い日が続くので、ご飯だけでも温かいものをと思っていた。
ランチジャーなるものは随分たくさん売られているが、なかなか気にいった物がなかったのだ。
去年の寒い季節には夫が忘年会でもらってきた大きなランチジャーに詰めていたが、見た目も寒々として、何しろ容量が大きくて、力仕事をするのならともかく、ゆうに二食分は入るものだった。
水筒やポットもそうだが、お湯にしても汁物もご飯も目いっぱい入れると保温力が発揮できるが、入れるものが少ないと冷めやすい。

私が随分前から探しているご飯だけ温かくという容器はなかなか見つからなかった。
今流行のスープジャーなるものは持っているが、容量が大きく、ご飯には深すぎた。
昨日その小さいものを見つけることができた。
ご飯専用でなくてもステンレス製で真空になり、容量もちょうどいい。
それでも平たいお弁当と違って少々食べにくさはあると思うので、専用スプーンもつけた。
お店のお姉さんは『これからお弁当を持っていく方へのプレゼントですね♪』といって、赤いラッピングをしてくれた。
d0337265_16393118.jpg

二月が終わるともうそんな季節だな~。
それにしても売り場が空いていたせいでお姉さんがそんな言葉をかけてくれたのが嬉しいと思った。
(人間、ゆとりが大切だな~と思った)
買ったランチジャー(スープジャーかもしれない)
d0337265_1642018.jpg

それに詰めた今日のおべんとう
レモン色のランチジャーには炊きたてのご飯
おかずは夕べのささみの揚げ物、野菜の煮物、かぼちゃ、秋刀魚の佃煮
d0337265_16445486.jpg


説明書には炊き立てを入れて約6時間保温できると書いてあった。
夫から『ご飯がほかほかしていた』とメールがきた。
寒い季節限定のランチジャー、あと一ヶ月くらいは使えそうだ。
*****************************************************************
また寒さがぶり返して、今朝は随分凍った。
今も雪が降っている。
今日は訪問の看護師さんやケアマネージャーが見えて熱いお茶を勧めた。
もう何年も来ていただいているので、お互いのこともよく分かり合って、話が通じて嬉しい。
家で療養する場合は本人・家族・支援してくれるスタッフのトライアングルが綺麗な形であることが大切だと思う。
そうでないケースもたくさん見聞きする中、母も私も本当によかったと感謝している。

母に『残り物を温めてお昼にしよう』と言うと、『明日は麺類にしようね』と私が昨日言っていたという。
そういえばそうだった。
細い縮れ麺のラーメンを買っていたので明日はそれにしようと言ったのは私だった。
「食べたいものがある」「食べる意欲がある」と言うのは嬉しいことだ。
ゆで卵を作り、やわらかく甘い軟白ねぎをたっぷり炒め、わかめをもどし(入れ忘れ)熱々のラーメンを食べた。
あっさりしたガラスープをたっぷりと吸った大きな麩が美味しかった。
d0337265_1712816.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-24 16:42 | 日々のこと | Comments(14)

買い物

霙の中、買いたいものがあって駅前まで歩く。
またしばらく雪景色が続きそうだ。
d0337265_20515118.jpg

万歩計は壊れてから買っていないので歩数はわからないが、買い物って結構な歩数になるはずだ。
ほとんど雨に近いみぞれの中を歩いた。
駅の中の食材のお店ではバレンタインのチョコが安くなっていた。
美味しそうなトリュフを一箱買った。
焼き海苔も安い、『雨の日に海苔を買うのはな~』とちょっと考えたが、やっぱり買った。

こんな楽しいものも見つけたが、我が家では出番が少ない。
雪だるまのお銚子と盃
可愛いものが好きな若い人なら飛びつくのだろうが、長年主婦をやっていると、もっとシンプルな形のほうが洗いやすいかなと思ってしまう。
d0337265_20345346.jpg

我が家で使っているスポンジが置いてあった。
このスポンジはかなり優れものだ。
買いたいと思うものも見つかり、
食料を買って帰宅した。
買ってきた焼きたてのフランスパンを食べる
d0337265_20453745.jpg

こっちは夫のお弁当(ソースカツ、かぼちゃ、卵焼き、菜の花)
d0337265_20503535.jpg

*******************************************************************
夕食
 
ささみの揚げ物(醤油とお酒で下味をつけた削ぎ切りしたささみを卵、小麦粉、片栗粉を混ぜた衣をつけて揚げた。)
d0337265_20575973.jpg

サラダは大根、わかめ、かにカマを醤油、酢、すり胡麻で作ったドレッシングをかけた。
d0337265_20573558.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-23 20:39 | おでかけ | Comments(10)

小望月

晩ご飯の準備ができ、東側の窓に目をやると煌々と輝く綺麗な月が見えた。
暦をみると明日が満月、だから今夜の月は『小望月』だ。
母を起こして月の見える場所に車椅子を止め、月を見せる。
電気を消してみると月の光は意外に明るい。
d0337265_2042442.jpg

こんな歌があった。
『春の夜 ひと日を語る夫の声 ガ行鼻音のくぐもりふかく』
             歌集 ナチュラルボイス(岩下静香)より
今夜の小望月もくぐもったような月だった。
まだ春でもないが霞がかったような輪郭のはっきりしない今夜の月はいかにも春の月のようだった。

新しい週が始まった、夕方わが夫からは早速『遅くなります』とメールが来た。
誰かと飲みに行く話がまとまったのかもしれない。
ひと日を語る夫はいないが、母とのんびりおしゃべりしながら私は一人ワインを飲むことにした。
d0337265_20422138.jpg

スモーク牡蠣のオイル漬けを開け、季節の菜の花の塩漬け、にんじんわかめのサラダを添えた。
菜の花はさっとゆで、軽く塩を振り、だし醤油に漬けておいたもの。
春の野菜はほろ苦い。
こってりとした牡蠣のオイル漬けとよくあう。
d0337265_20435139.jpg


ヘルパーさんに留守を頼みカットに行ってくる。
母の髪も伸びていたので今度は私が美容師になる。
髪を切ったばかりの母と娘の顔はちょっと変だが、来週あたりにはなじんでくると思っている。
d0337265_20485264.jpg

お弁当
 みつばとにんじん入り卵焼き、身欠き鰊の煮物、ポテトサラダ、菜の花
d0337265_20512572.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-22 20:51 | 自然 | Comments(10)

パステルカラー

昼過ぎに雨が上がって少しだけ春の気分。
花やさんに並ぶ花もパステルカラーのスイートピー
どの色にしようかな?
何色も混ぜるより、同じ色でまとめるのが好き。
d0337265_20161459.jpg

この水色の小花は何だろう?
白いフリージアもいい香りだ。
早春の長崎はこの花が咲いていた。
d0337265_2020528.jpg

道路の雪はほとんど消えてしまった。
d0337265_20325626.jpg

でも明日からまた少し雪が続くようだ。
これを何度か繰り返して本当の春が来る。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
シードル
d0337265_20352711.jpg

身欠きにしんの煮物、ポテトサラダ、めざし
d0337265_20383953.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-21 20:05 | 美味しいもの | Comments(6)

かわいいもの

雨水を過ぎて今日も雨が降り続いている。
d0337265_20412846.jpg

我が家の庭も雪がとけ、草の色が見えている。
蕗の薹も出ていることだろう。

買出しに出かけ、毎日食べている林檎を買ってくる。
3軒目の店が一番安く出ていて一箱買った。
これからは林檎も傷みやすくなるから、これが最後の箱買いだろう。
魚もたくさん買ってきた。
魚は下処理が必要になり、後回しにすると鮮度が悪くなるのでやってしまう。
うろこを取って内臓を出し、水気をふき取っておくだけでかなり鮮度が違ってくる。
今日はマコガレイ、水ガレイ、大きな鯵など買った。
*****************************************************************
****かわいいもの*****
いつもお邪魔するぎゃらりーに置いてあった小物
いったい何に使うもの?真上から見るとこんな感じ。
d0337265_20451920.jpg

正面から見ると『まあ、かわいいこと』ハリネズミだ~
d0337265_2047427.jpg

素敵な木彫りの台の端っこにコンパクトな姿で置いてあった。
d0337265_2049348.jpg


こちらは折り紙で作った巾着袋
紐もついていてとても可愛い♪
d0337265_20524564.jpg


散った蠟梅
 こんなイヤリングあったらいいなあ~。
 
d0337265_20554037.jpg

少し前にかけかえた手ぬぐい額
 ずっと柚子だと思っていたが、『たわわに実った夏みかんに雪』かもしれない。
d0337265_2057919.jpg

****************************************************************
晩ご飯
 鯵の唐揚げ、ほうれん草とえのき、にんじんのおひたし
d0337265_2125943.jpg

*************************************************************
[PR]
by hanamomo08 | 2016-02-20 20:58 | 日々のこと | Comments(10)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

やぶかんぞう
at 2017-07-27 17:03
餡バタートースト
at 2017-07-26 16:14
梅雨出水
at 2017-07-25 17:30
一夜明けて・・・・
at 2017-07-24 20:39
氾濫
at 2017-07-23 17:09

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

> oshibanayo..
by hanamomo08 at 21:21
>anello63さん ..
by hanamomo08 at 21:15
あんバタートーストのモー..
by pass8515 at 19:12
トーストに餡子! 実は..
by mother-of-pearl at 10:51
トーストどっちも鰯塩焼き..
by saheizi-inokori at 10:07
餡トースト好きです。 ..
by unburro at 08:17
東海地方では「小倉トース..
by やっこ at 07:43
雨が収まって良かったです..
by sidediscussion at 04:27
青目 餡トーストは名古..
by aomeumi at 22:12
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 09:30

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索