<   2016年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

桜桃咲く

上野公園の桜が満開になったとニュースで聞いた。
ヘリコプターから撮影した様子では満開の桜の木の下にブルーシート、そして立錐の余地のないほどの人人人・・・・・。
やっぱり日本人は花見が好きなんだな~とあらためて思った。
それとも酒が飲みたいからか。

近くの川の様子もどことなく春めいてきた。
風に少し冷たさは残っているが、日当たりのいい土手にはそろそろラッパ水仙が咲くだろう。
d0337265_194685.jpg

お昼前、電話がかかってきた、おととい桜桃の枝を届けた椿友からだった。
『貴方が持ってきてくれたさくらんぼの花が満開だよ~。外に出れないけど貴方のおかげでお花見ができてとってもうれしくて・・・・』と弾んだ声だった。
お雛様に供えていた白酒もおろして飲んでいるという。
『とってもきれいに咲いているから、貴方もお花見に来て!』と言われた。

我が家に生けた桜桃も咲いた。
鼻を近づけると甘い香りがする。
d0337265_20153695.jpg

光降り注ぐリビングで私も桜桃の花見を楽しんだ。
庭の椿も少しずつ蕾が大きくなってきている。
きれいに咲いたら真っ先に届けようと思った。
d0337265_20225955.jpg


雪どけ水で川の水もとうとうと流れている。
この和菓子も春らしい色合い。
川に小石を投げた時できる、水の輪をあらわしているのか。
d0337265_2027269.jpg


晩ご飯
 春ますの焼いたもの、さしびろの貝焼き
d0337265_20282564.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-03-31 20:18 | 草花 | Comments(8)

きょうぎ(経木)

このごろご無沙汰だが、市民市場に行くと必ず寄る魚屋さんがあった。
母も贔屓にしていたお店で、兄妹らしき2人が切り盛りしていた。
鮪のお刺身が主で、私は時々出る端っこのぶつ切りを買いに行っていた。
ちょっと時間がずれるとまったくなく、残念な気持で戻ったことも度々だった。
300グラムほど注文すると、いい香りの経木に鮪の刺身を包んでくれ、たっぷりのわさびも添えてくれた。
他のものに汁などつかないように、その上から包装紙で包み、ビニール袋に入れてくれた。
家に帰り、晩ご飯に包みを解くと、経木のいい香りがした。
経木の材料は杉やヒノキが多いと聞くからその木の香りがかすかにお刺身に移っているからだろう。

子どものころは、お肉でも、お刺身でも、そして和菓子も経木に包まれていた。
それがいつの頃からか、お菓子などはビニールの混じった防水性の紙に変わり、ラップで個別包装があたりまえになった。
それでも時々和菓子屋さんでは経木に包んでくれるお店が残っていて、行楽の日のために少し残しておいてある。
今日のおにぎりはそれで包んでみた。
d0337265_17461834.jpg

もったいないから、長さを半分にして、さらに縦に裂き、ひとつずつつつんだ。
炊きたてのご飯から出る湯気を程よく飛ばして、食べる頃にはちょうどよい具合になっていると思う。
d0337265_17474465.jpg

おかずに小さいヤリイカの耳と足を煮たもの、かぼちゃのサラダ、大根と胡瓜の浅漬け、ちぎりこんにゃくのおかか煮
海苔おにぎりの中は小さな梅干し(瓶のなか)と筋子
d0337265_17534733.jpg

あちこちから桜便りが届いている。
秋田も来月の中旬には咲きそうな雰囲気だが、どうだろう。
夕方、友人からお花見の計画をしていると電話が入った。
久し振りに満開の花の下で重箱を広げるお花見もいいなあ~と思った。
*****************************************************************
クリスマスローズ
友人宅のクリスマスローズをいただいた。
すみれの手ぬぐい額の前にかざったが、恥ずかしそうにしていてなかなか花を見る事ができない。
私がぐっとしゃがんで下からカメラを向けた。
d0337265_1894923.jpg

アネモネと同じキンポウゲの仲間、似ている。
d0337265_1816174.jpg

切花にするとあまり水揚げがよくない花で、今日は思い切って花だけ切って、水に浮かべた。
この花は水揚げだけでなく、暖かい部屋が苦手らしい。
お湯で水揚げする方法もあるがかわいそうなのでやめた。
d0337265_18153977.jpg


新発売のセブンドーナッツ 甘すぎる。
d0337265_18175994.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-03-30 17:51 | 日々のこと | Comments(14)

季節の花とジャムを携えて・・・

朝からよい天気、日向ぼっこしながら本を読もうと思ったが、庭のほうに目をやると、さくらんぼの木にたくさんの蕾がついている。
去年の今頃はもうとっくに枝を手折ってお雛様に飾ったのに、今年はなんだか忙しくて、そんなこともしなかった。
小さな脚立を持っていき、枝切り鋏で切って、手桶風の花器に投げ入れた。
萌黄色の和紙を広げその上に飾ってみた。
d0337265_15485669.jpg

花が咲くのは明後日あたりだろうか。
咲くと白に近い花も、蕾の頃だとこんなに紅が濃い。
d0337265_1550258.jpg

椿友にもこの枝を届けようと思いついた。
桜桃の木肌は桜の木肌同様美しく、太い枝も切ったのだが、持っていく相手は高齢、すぐに生けられるように鋏で切って新聞紙に包んだ。

もうひとつ、季節のお土産は先日作った八朔のマーマレード。
一瓶だけしか持っていかなかったのは、またいく日に持っていってあげたいから。
d0337265_15525325.jpg


10分ほどで椿友宅へ到着。
白いすみれはまだだったが、白い椿とクロッカスが出迎えてくれた。
玄関はいつも開いているので、リビングまで入っていく。
『おや、早いこと!』といつもの笑顔に出会えた。
持参したさくらんぼの枝を生けることにする。
彼女も長くお花をしていたので十分いける気持はあるのだが、水を入れた花器を持つのはかなりの重労働だから、生けて、飾るところまで責任持ってやってくることにしている。

桜桃を生ける花器を探しに一緒に奥座敷に行ったら、すばらしいお雛様が飾ってあった。
四月三日まで飾っておいているというお雛様は彼女が生まれた時にお母様方のお祖母様が贈ってくれたものだという。
88年前に贈られたお雛様。
戦争の時は彼女と一緒に疎開もした貴重なお雛様だった。
お雛様の上品な顔、見事な調度品を見せてもらって『今日はうれしいな~』というと、『私のお雛様を見てくれてありがとう。』とお礼を言われた。
こんなお雛様が飾られていたのを知っていたら、雛ちらしでも作って持ってくればよかったな~と思った。
早速お雛様の傍に桜桃の枝を生けた花器をおき、しばらく眺めさせてもらった。
d0337265_16514.jpg

一時間ちょっとお茶を飲みながらおしゃべりし、帰宅した。
まずはお元気そうでとても安心した。
この次はお花見弁当でもお届けしようかな♪
*************************************************************
お弁当
焼肉(豚肉、新玉ねぎ、にんじん)かぼちゃの煮たもの、小松菜の胡麻和え、りんご
d0337265_16442451.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-03-29 19:28 | | Comments(8)

海苔弁

紅鮭、ちくわ、海苔、きんぴら、たくわん・・・・炊きたてのご飯にこれをのせるとできるのが『海苔弁当』
昨日買ってきた紅鮭が海苔弁当にぴったりの薄さだった。
炊きたてのご飯をお弁当に詰め、おかかを振り、海苔をのせる。
あらかじめ空けておいたスペースには身欠き鰊の煮物、かぼちゃを詰めた。
海苔の上には焼きたての紅鮭を横たえ、甘い卵焼き、冷蔵庫に一本だけ残っていたちくわを磯部焼きにしてのせた。
赤と黄色と茶色のお弁当のアクセントになる緑はプチベール。
お店の海苔弁当にはタルタルソースのかかった白身魚のフライ、つやつやのきんぴら、しっかり揚げたちくわの磯辺揚げが入っているからカロリーも結構なもの。
私の海苔弁はたぶん市販のものの半分ちょっとのカロリーだと思う。
d0337265_2065016.jpg

***********************************************************
洗濯もの
 
数日前から洗濯物が外に干せるようになった。
今日もかけ布団のカバーや真冬に布団の襟に掛けていた暖かい小さなケットを洗った。
完全には乾かないが、ふんわりとしたいい感触だ。

晩ご飯
 塩わらびの即席漬け
 立派な塩わらびをいただき、胡瓜、雪の下にんじんの千切りを生姜醤油で和えた。
d0337265_20142991.jpg

 それに、蒸した春キャベツを梅干しで和えたもの、小さなヤリイカのお刺身。
d0337265_20141118.jpg

d0337265_20145274.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-03-28 20:14 | 美味しいもの | Comments(6)

春の妖精

ご近所の『きくざきいちげ』が咲き始めた。
毎年この花に出会うのが楽しみで、今年も早くから待っていた。
枯れた草などの間から控えめな、保護色とも言えるような葉っぱを出し、うつむきかげんの蕾が現れる。
日が当たるうちに褐色に近かった葉の色もしだいに緑っぽくなってくる。

よく晴れた日に蕾がきれいに開く。
もう少ししたら山のほうにも出かけてみよう。
そこでは白や薄紫の妖精たちにたくさん会えるだろう。
d0337265_2030966.jpg

************************************************************
憂鬱なことが片付いた。
三月は町内会の役員も新旧交代の時期。
我が家は今年度の役員だったが、次の人に役をお願いするのが最後の仕事だ。
家が割りに規則正しく並んでいるので、近所の次の人にそれをお願いに行ったのだが、初めから難色を示した。(我が家とほぼ同世代)
言葉遣いも荒く、伝えにきた私を目の敵のようににらんだ。
結局副班長ならということで話はついたが、今度は班長を引き受けてくれたもう一人が急に転勤になったと言いにきた。
再来年にこの役が回っていくはずの人は、今年は幹部のたくさんの役を引き受けてくださっている人だ。
私も困り果てて、そのお宅へ相談に行った。
数日後、『私がやりましょう』と快諾してくれ、安心した。

この地に越してきたころに比べると住人の高齢化が目立つようになり、親睦ということでやっている多くの行事なども大変になってきている。
でも、街灯の管理や、危険箇所の点検など目に見ないところで守られていることも事実。
今は働く時間帯もその人にとってまちまちだし、考え方もそれぞれだろう。
でも、やっぱり地域の人に助けられている部分もたくさんあるのだから、自分の少しの時間をこのことに当てるのは暮らしを守るために必要なことではないかと思う。
夕方夫と分担し、総会の資料を配布し、無事我が家の仕事は終わった。
***********************************************************
晩ご飯
ほたるいかの季節
胡瓜を塩もみしたものを添えて酢味噌をかけた。
春の味がまたひとつ食卓にのった。
d0337265_20483654.jpg

大きな鉢に盛ったのは『ふくたち菜』と新人参をしらすを入れて炒めたもの。
最後にごま油を一振りし、味付けは塩だけ。
ご飯は黒豆を香ばしく煎って炊き込んだもの。
きんきんの一夜干しも塩かげんがよく美味しかった。
これに大根とえのき茸の味噌汁、今夜の献立。
d0337265_2052231.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-03-27 20:53 | 日々のこと | Comments(14)

ほこりが気になる・・・

昨日のあの雪は何だったの?というようなよいお天気になった。
今日は母のリハビリの日、準備が間に合わなかったことなど今まで一度もないのに、5時半過ぎに私を起こした。
6時に目覚まし時計をかけていたので、この30分がうらめしい。

お天気なので家の中に光が降り注ぐ。
いつの間にか積もったほこりが目に付く。

キッチンに夫が付けてくれた小さな棚の上にもほこりが積もっている。
奥行き15センチの棚は料理に使う小さな道具の指定席で、とても重宝している。
d0337265_202862.jpg

上段、向かって左から、包丁とぎ、茶漉し、小さなすりこ木棒、じょうご、味噌こし、軽量カップ、はかり、サザエさんの缶に入っているのは唐辛子
中段は、おろし金2つ、蜂蜜瓶、シュガーポット、小さなタッパー、胡椒ひきなどスパイスが入った籠
下段は食卓に出す調味料籠、私一人用の急須、塩甕、小分けした日本酒、砂糖
棚にはキッチンペーパーを敷いて時々取り替えている。
目の前がきれいになって、気持がいい。
*********************************************************************
お昼は熱い更科蕎麦にした。
添えたのは「青菜」の名前で売られていた苦みの強い菜花。
しょうゆ漬けにしていたゆで卵と一緒にお蕎麦のおかず。
d0337265_2054078.jpg


おとといもらった酒饅頭
d0337265_2082739.jpg

おとといはふわふわの出来立てを食べたが、今日は硬くなってしまった。
蒸篭に入れて蒸すのも美味しいが、オーブントースターでこんがり焼いて食べた。
酒の香りが強く、あんこと皮のバランスがいいせいか、後味がいい。
d0337265_2092719.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-03-26 20:09 | 日々のこと | Comments(14)

また冬がきたような

ブログをやっていてよかったな~と思うことのひとつに、去年の今頃はどんな天気だったのだろう?と確かめることができることだ。
昨年も3月の23日に雪が降って寒い日だったと書いてあった。
今年は雪が少なくて暖冬だと言われていたのに、今朝は起きてみてまたびっくりだった。
えごの木にものすごい雪。
d0337265_15381558.jpg

山のほうもこのとおりの雪景色
d0337265_153952.jpg

今朝は慌てて出て行った夫の代わりに雪かきもした。
ひとつだけしまわずに残しておいた雪べらで重いシャーベットの様な雪をすくい投げ!
春の淡雪だからいずれ消えるとわかっていても、郵便屋さん、用事のある人が歩きにくいので一度だけきれいにした。

お昼近くにはこの通り青空が出て、エゴの雪もとけはじめた。
d0337265_15441159.jpg


5枚切りの山切り食パンでサンドイッチを作った。
ゆで卵、レンジでやわらかくした人参、新玉ねぎのみじん切りをマヨネーズで和えたもの、胡瓜とロースハムの2種類を作った。
厚いパンを2枚にうすっきってサンドしたらとても美味しいサンドイッチになった。
サンドイッチのパンはやっぱり薄いほうが美味しい。
d0337265_15473356.jpg

私のお昼
かぼちゃのサラダを挟んだ物もちょっと甘みがあって美味しかった。
d0337265_1548378.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-03-25 15:49 | 自然 | Comments(14)

吹雪く

4月が近づいているのに寒い!
・・・・・・でも春のせいか私は眠い。
そんな日に限って来客多し。

ケアマネージャーさんがきて、いろいろ話をする。
母が退院を希望した時、最初にお世話になった方だ。
元気で、面倒見がよく、頼れるタイプ。
私と同世代なので、抱える問題も一緒、今日も母の事意外もいろいろ話した。

お昼近く、舞っている程度だった雪が吹雪きになった。
d0337265_17264283.jpg

さすがに3月の雪はつもりはしないが庭のふきのとうも寒そうだ。
隣はずっと前友人が植えていった庭のひろっこ
d0337265_2041287.jpg


お店に行ったら、できるだけ近海の魚を買ってくる。
小さいとさばくのが大変だが新鮮で安いので小鯛を買ってきた。
d0337265_2043383.jpg

こんなにチビちゃんでもうろこがあるし、ヒレも鋭くてさばきにくい。
三枚におろして塩をし、薄く小麦粉をはたき油で焼いた。
菜花のゆでたものを添えた。
d0337265_20474248.jpg

大きな鯛は我が家の漁師に期待するとしよう。
いくらなんでもこんなチビちゃんではお刺身は難しい。(笑)

今日のお弁当に入れたはたはたも小さかった。
でもあぶらがのっていてとてもおいしいので三五八漬けにしていた。
甘い卵焼き、かぼちゃの煮物、たたき牛蒡のきんぷら、プチベール
d0337265_20532780.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-03-24 20:54 | 日々のこと | Comments(10)

伝統野菜

秋田で春一番に出てくる野菜は『ひろっこ』
これは先日紹介したが 葱の仲間で浅葱の新芽を食べるもの。
そのひろっこを追いかけて出てくるのが『さしびろ』
青い部分が多い葱で、秋田の伝統野菜のひとつ。
葱のように辛くなく、むしろ甘さが際立つおいしい野菜だ。
今日、買い物先で柔らかそうなさしびろを見つけた。
d0337265_2061233.jpg

今日は晩ご飯のおかずに赤海老を買ったので、海老の頭を酒煎りし、そのいいだし汁にお豆腐とさしびろを入れて卵で閉じた。
初物のさしびろは甘くてやわらかくて、やさしい葱の香りが春を感じさせてくれた。
d0337265_209816.jpg

赤海老の刺身とプチベール
d0337265_2094473.jpg

*************************************************************
寒さの中で
冷たい風が吹き、時折雪が舞い始める。
気温は7度までしか上がらない。
それでも春は少しずつ近づいていて、紅梅をはじめて見た。
d0337265_20181188.jpg

卵のような形のちいさな水溜りにも、青空が映っていた。
d0337265_20195725.jpg

でも川の様子はまだちょっと寒々としている。
d0337265_20215735.jpg


おべんとう
 海苔おにぎり(鮭・たらこ)
じゃこ天、たたき牛蒡のきんぴら、かぼちゃのサラダ、小松菜のおひたし、じゃがいもの焼いたもの
d0337265_2028315.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-03-23 20:29 | 美味しいもの | Comments(6)

志ん輔さん

土曜日、早めにおはぎで昼ごはんを済ませ、県民会館に向かう。
千秋公園のお堀を曲がるところあたりの「なかいち」の広場まえの信号の前で会場に向かう志ん輔さんをお見かけした。
カーキのコートを羽織った志ん輔さんはとても若々しくみえた。
車の中からなので声もかけられず、とても残念だった!
歩いていたら握手できたのにな~。
今日は楽しみにしていた『古今亭志ん輔 入船亭扇遊 二人会の日。
d0337265_1619810.jpg

志ん輔さんがこんなにもすばらしい落語家だと知ったのはずっと後になってからだったが、子ども達が見ていた「おかあさんと一緒」に出演していたので、私にとっては懐かしい人との再会だった。
本物の志ん輔さんとお会いするのは初めてだったがテレビでは何度かすばらしい落語を聴いていた。
噺をする時の表情がすばらしく、人情味あふれる語り口が魅力的な方だ。
d0337265_16193825.jpg

今回の演目は『子は鎹』
新築の時、大工の棟梁に教えてもらったのが『鎹(かすがい)』というものだった。
両端部にとがった釘がついてて、木材と木材をしっかりと繋ぎとめる役割をする。

酒で何度も失敗している大工の熊さんは、愛想を尽かし出て行ってしまったおかみさんときん坊のためにお酒を断つ。
三年の時がたち、仕事に向かう途中、熊さんは成長した息子に偶然出会う。
懐かしさでいっぱいになり、まじめに働いている熊さんはきん坊に50銭を握らせる。
これで書きやすい長いえんぴつを買おうと思って家に戻ったきん坊はそのお金を母親に見つけられてしまう。
そんな大金どこでどうしたの?と問い詰められ、おかみさんはどこからか盗んできたお金だろうと夫の持物である金槌をふりあげた。
とうとう、きん坊はこのお金はおとっつあんにもらったお金だと白状する。

おかみさんと熊さんは鰻やさんで再会、お互い他人行儀な言葉を交わしていたが、子どもであるきん坊は痺れを切らし『みんなで一緒に暮らそう』という。
昔から、『子は鎹って言うよね・・・・・・』と二人はしんみりという。
きん坊は『道理で、おっかさんはおいらを金槌で打とうとしたんだ。』
**********************************************************
初めて聴いた扇遊さんの『試し酒』も聴き応えがあった。
扇子を使って一升の酒を飲むところ、酒に酔ってきた話し方などなど、噺の中の人がそこにいるような気持にさせられた。
共に昭和23年生まれのお二人の円熟した落語は本当にすばらしかった。
合間に江戸情緒たっぷりの三増紋之助さんの曲独楽、林家正楽さんの紙切りも感激した。
今回はお囃子も生演奏、これもやっぱりテープの音楽とはまるで違った。

終わって外に出ると、薄曇だった空は青空になり、冷たい風の中を駅まで歩き、帰った。
d0337265_1792812.jpg


昨日も散歩から帰って素敵なデザインのパンフレットを開きながら落語の余韻に浸った。
ちょっとだけ硬くなった残りのおはぎを食べながら、落語に出てくるしょうもない人々の面白さ、ひたむきさ、可笑しさ、そして江戸の町に生きた人も今の人も人の気持は変わらないな~と思った。
志ん輔師匠の素敵なブログもどうぞ!
d0337265_17161979.jpg

***********************************************************
お弁当
 ウドと人参のきんぴら、卵焼き、春ますの焼いたもの、かぼちゃのサラダ
d0337265_17245011.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-03-22 19:20 | | Comments(12)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

秋の蠅
at 2017-09-20 16:16
やっと・・・・・・
at 2017-09-19 21:08
祝う
at 2017-09-18 18:00
強風
at 2017-09-17 20:26
朝顔のスケジュール
at 2017-09-16 19:47

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

おんこの実ってイチイです..
by saheizi-inokori at 21:43
美味しそうなおこわですね..
by Deko at 17:03
夜汽車に乗って朝到着良い..
by Deko at 16:52
やれ打つな蠅が手をすり足..
by Deko at 16:42
> sidediscus..
by hanamomo08 at 16:15
> PochiPochi..
by hanamomo08 at 16:13
>ゆきさん こんにちは..
by hanamomo08 at 16:08
> unburroさん ..
by hanamomo08 at 16:01
> o-hikidash..
by hanamomo08 at 15:55
> oshibanayo..
by hanamomo08 at 15:49

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索