「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

散りつぎて・・・・

エゴの花にやってくる蜂の羽音が今日もする。
昨日と違うのは、蜂が蜜を吸うために花にもぐるとその花は散ってしまうこと。
風が吹くと散り、蜂が触れるだけで散ってしまう花もある。
d0337265_1549579.jpg

エゴの白い花を詠んだ歌は多いが、上田三四二の歌を一首

わが佇つはえごのしたかげ咲きつぎて散りつぎて時のとめどもあらず

次々に咲いて、次々に散っていくエゴの白き花。
歌の通り、とめどなく地面に落ちていく。
午後になったら花が敷き詰められて地面が白くなった。
d0337265_20135922.jpg

五月も今日で終わり、じめじめとした雨のイメージの強い六月が明日から始まる。
といってもすぐに梅雨になるわけでない。
苦手な暑い夏の前の六月も何とか乗り切りたいものだ。
季節の変わり目、体調を整えて過ごさなければと思う。

庭の隅に今年もクローバーが生えてきた。
シロツメクサ、カタバミ、蒲公英のような小さな花、そしてみやこわすれを練りうにの細い瓶に飾った。
茎が見えないように瓶に巻いたのはさおとめかずらの枯れた蔓。
シロツメクサに顔を寄せると幼い頃の香りがする。
d0337265_15575123.jpg

四つ葉のクローバーは成長する際に何らかの原因で成長点が傷つけられた結果 起こった奇形だということだ。
なるほど、このクローバーが生えている場所は踏みつけられることはほとんどない。
これを利用して四つ葉を作り出すこともできるらしいが、やっぱりこれは偶然見つけるのでなくては面白くない。
d0337265_162372.jpg

まもなく夕方、カタバミもたんぽぽも花を閉じてしまった。また明日咲いてね!
***************************************************************
美しい緑
 中西夏之のR.R.W4つの始まりという油絵(カレンダーの一枚)
前衛的な絵画は良くわからないが、この作品はなんとなく森を思わせるようなところもあっていいなあ~と思った。
この一枚とも今日でお別れ。
d0337265_1633139.jpg

これも今年最後かな?わらびたたきの美しい色
d0337265_16362414.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-05-31 15:56 | 草花 | Comments(10)

夏日

朝からぐんぐん気温が上がり、午後は30度近くあった。
家族の寝具もそろそろ夏仕様に。
掛け布団を干し、圧縮袋に入れ、たった一つの押入れにしまった。
肌がけ布団を出し、日に当て、カバーをかける。

いつもは居間の方で本を読んだり、テレビを見たりしている私が、母の部屋に出たり入ったりしているからか、母はニコニコしている。
いつも『私も手伝ってあげたいな~』と言っているので、ちょこまか動く私を見て、自分がしていた当時のことでも思い出していたのかもしれない。
かけているラジオを聴かずに、こっちのほうばかり気にしている。

昼、ご近所の人が業務用のパンを持ってきてくれたので、それでホットサンド。
ピザソースとチーズをはさんで小さなフライパンで押し付けながら焼いたもの。
バターも敷かずに焼くのでとてもヘルシーだ。
近くで採れたブロッコリーがとても美味しかった。(塩茹で)
d0337265_1872076.jpg

午後は久し振りの床拭きをした。
すぐに汚れるが、拭いた後はつかの間のいい足ざわりだ。
冷たい焙じ茶を淹れる。
今日から麦茶も作り始めることにした。
暮らしの中で、少しずつ夏の準備がされていく。
d0337265_18104767.jpg

道の駅で買った赤いアルストロメリアが咲き続けている。
大束だったので近所の人に半分差し上げて喜ばれた。一束180円だった。
d0337265_18122685.jpg

おべんとう
 揚げかまぼこ、カボチャ、ブロッコリーの塩茹で、浅漬け、筋子
d0337265_18131821.jpg

*****************************************************************
エゴの花
とにかくものすごい花数、見上げると圧倒されるほど。
d0337265_18145623.jpg

小鳥が運んできてくれた『うめもどき』も大きくなった。
蕗も茂って庭中緑に染まっている。
d0337265_18162253.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-05-30 17:30 | 日々のこと | Comments(6)

それぞれの考え

庭に出て花の写真を撮っていると、ご近所の人に『ちょっと・・・・・』と呼び止められた。
話が長い人なので、場合によっては長時間日光にさらされてしまう。
先日のひどい日焼けも目いっぱい日が当たる彼女の庭での産物だった。
ごみだしに出るだけと思って何気なく出てしまうが、先日のように話しかけられると、ついつい長くなってしまうのだ。

だから今日もちょっとためらったが・・・・・。
かいつまんで話すと、彼女は毎日のように自宅の庭に出ているので、そこを通る人に話しかけている。
家の在りかを訪ねられることも多いそうだ。
それで町内の中に名前のついた案内板をたててほしいと言うのだった。
私がここに住み始めたころはあちこちにその案内板があったのだが、いつの間にか消えてなくなった。
10年くらい前に『個人情報保護法』が施行されそんな流れになったのかもしれない。
彼女の言い分は、家を訪ねられて、『知らない、わからない』というのは忍びないということだ。
だから、案内板の設置をして欲しいのだと。(?)

意見を求められて、私は控えめに言った。
ごく少数かもしれないが、家のありかを教えて欲しくない人もいるはず、案内板を設置するには結構な予算もかかるしと言った。
『そんな人いる?家を教えてもらったらうれしいに決まっている』といってひかなかった。

先日私はお花見をしていた保育園の子どもたちの写真をブログに載せたら、次のようなコメントをいただいた。
『家庭の事情でひっそり生活されているご家族もいます。
この様な悪気のないブログに載せられた為に、居所を知られたくない人に知られてしまい、転居を繰り返す人もいる事をご承知おきください。 』
そんなこともあるのだ。配慮に欠けたことを反省し、可愛い子供たちの写真は削除した。

家の場所を教える教えないということも、なかなか難しい問題だ。
ご近所のその人も悪気など全然ない。親切心だけなのだ。
でも、今の時代、いろんな事情で知られたくない人もいるかもしれないと思ったのだ。
いろんな例をひいて説明したが、彼女にはそのような例は理解できないという感じだった。
私も母の事が気になったので今日はひとまず終わりにした。
『世知辛い、嫌な世の中になったものだ』と彼女は不満げな顔で家にもどった。
人の言いなりになる必要はないが、自分と違う意見にも耳を傾ける柔軟さも必要だと思った出来事だった。
********************************************************************
花桃に実がなった!
友人のところからいただいてきた小さな花桃にたくさんの花が咲いた。
d0337265_2131408.jpg

花が終わったあと、小さな梅のような実がついたのは今年初めて!
これもやっぱり桃のような味がするのだろうか?
d0337265_21353349.jpg


晩ご飯
 秋田で揚がった小さな鯵でお刺身、茄子、蛸の酢の物、冷酒
d0337265_21373684.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-05-29 21:19 | 日々のこと | Comments(6)

新茶を淹れて・・・・

庭の『都忘れ』が咲き出している。
近所の方から、赤いなでしこと我が家にはない桃色の都忘れをいただいたので、それをイタヤの花入れにたてた。
このなでしこは子どものころ我が家にもあった懐かしいなでしこだ。
茶花だったらもっと本数を少なくすっきり生けるのだろうが、今日は母とのお茶会だから賑やかなほど入れた。
d0337265_16241489.jpg

お菓子は『水無月』
夏越の和菓子として有名だが、こちらでは扱っていないお店が多いので手作りしている。
六月の末のものだが、一足早く試作してみた。
材料は白玉粉と頂き物のちょっと高級な大納言の甘納豆とお砂糖だけ。
レシピにはなかったが塩を一つまみ入れた。
蒸すこと20分、冷めてから三角に切り分けた。
d0337265_1628309.jpg

新茶を淹れて、五月の風を感じながらいただいた。
もっちりとしたお餅に惜しげなく入れた大納言が美味しい。
秋田のもち米で作った白玉粉はやっぱり美味しい。
草の中に出始めたシダの新葉を敷いて外でも一枚撮ってみた。
やっぱり自然光で撮ると食べ物が美味しそうに見える。
d0337265_16324716.jpg

***************************************************************
えごの花 満開
d0337265_16342639.jpg

あさってから雨の予報、そうなると散るかな?
d0337265_16351526.jpg


昨日の晩ご飯
 クロソイの煮付け 男鹿で揚がった大型のクロソイを煮付けにした。
 添えたのは季節の山菜 ミズ。
 魚のだしが絡まって添えたミズがとても美味しかった。
d0337265_16404535.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-05-28 16:41 | 日々のこと | Comments(8)

あの花も この花も

我が家のエゴが数日前から咲き出した。
雫のような形の蕾と、星のように開いた花が半々で、日に日に蜂が増えてきた。
体中黄色の花粉をまといながら一生懸命蜜を集めている。
d0337265_16433883.jpg

白山吹きも、アカシヤも空木もエゴの花も白と緑のさわやかな色合いだ。
大木になったエゴノキを見上げてみる。
d0337265_16443079.jpg

風が吹くと甘い香りが漂ってくる。
あっという間に咲いて、あっという間に地面が白くなるほど散る。
今年も稲葉京子さんの歌が浮かぶ。
『時いたり肩にこぼるるえごの花めぐみのやうなほろびのやうな 稲葉京子』
d0337265_16462278.jpg

花は待ち焦がれる私たちのために咲くが、もっと眺めていたいなどという人間の甘えなど聞きもせず、容赦なく散ってしまう。
このエゴの花は特にそんな感じがする。
d0337265_16522356.jpg

***************************************************************
みずたたき
先日友人からいただいたみずで『みずたたき』をつくった。
皮をむいたみずをさっと熱湯に入れ、冷やし、フードプロセッサーにかける。
細かくした削り節と味噌で味付けをした。
とろとろに粘りがあり、蕨たたきとはまた違ったさらっと感がある。
秋田の山菜も初夏のものになった。
d0337265_1656967.jpg

お弁当
 梅干しご飯
 かぼちゃの煮物・アスパラ・銀鮭の照り焼き・ゆで卵・にんじんのきんぴら
d0337265_16573078.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-05-27 16:57 | 草花 | Comments(10)

昭和40~50年代

少し前、県立博物館の出張講座のギャラリートークに出かけた。
d0337265_2002469.jpg

『昭和40~50(しごじゅう)年代を行く』場所は秋田県立図書館。
d0337265_200190.jpg

トークをしてくれたのは県立博物館学芸員の 畑中 康博さん
こちらを向いている背の高い男性が畑中さん(東京都のご出身)
d0337265_2024423.jpg

昭和40~50年代に使われた暮らしの中のものや写真を展示、解説してくださった。
『子どものころの懐かしいものに出会えるかな』という軽い気持で出かけたのだが、畑中さんのトークを聞いて、昭和40~50年代は秋田にも大きな変化があったことがわかり、とても興味深かった。
中でも食生活の変化!
特に秋田は塩辛い漬物や魚でご飯というパターンから塩分を少なくする運動も始まり、そこで登場したのが『洋食』だった。
それによってキッチン用品も変わってきた。
スープやカレーを作る鍋、洋食に使う器具、食器なども展示されていた。
我が家にもこんな琺瑯なべがあったな~。
d0337265_20295551.jpg

時代は日本の高度成長期、プラスティック製品が出てきて、バターケース、シュガーポットなど、懐かしいものがたくさんあった。
d0337265_20314289.jpg

子どものおもちゃにもリカちゃん人形が登場する。
私が小学生の頃初代リカちゃんが発売された。

個人所蔵のリカちゃん人形が展示されていた。
布団がベッドに、ちゃぶ台が食卓テーブルに、ほとんどの家で北側の寒い場所にあった台所が、対面式キッチンになり、ソファーが置かれ、すべてが洋風になっている。
ただ、ピンクのドレスを着た人形の立っている場所はたたみの部屋。
ここは香山家の仏間らしい。ここがいかにも昭和だな~。
d0337265_20384897.jpg

畑中さんの話はとても楽しく、興味深く、また別の機会にもじっくりと聞いてみたいと思った。
こういう企画展が開催されるという事は、昭和が遠くなったからだと思った。
***********************************************************
お弁当
  アジフライ、かぼちゃとキスの天ぷら、ポテトサラダ、アスパラ、ゆで卵
d0337265_2048321.jpg


晩ご飯に作ったもの
 にんじんのきんぴら・アスパラと豆腐のあんかけ(新玉ねぎ入り)
d0337265_20502811.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-05-26 20:42 | おでかけ | Comments(12)

アカシア

自転車で橋の辺りを通ったら、甘い香りがした。
見上げればアカシアの大木に白藤に似た房状の花がびっしりとついていた。
d0337265_17131878.jpg

これは正確には『ニセアカシア』というらしい。
ならば偽でない『アカシア』はどんな花なのか?
調べてみると『ミモザ』と呼んでいる『ギンヨウアカシア』だった。
葉っぱが似ているから、やっぱり仲間なのだろう。
一枝いただいて花瓶に生けたら部屋の中が甘い香りに包まれた。
棘もあって、『針えんじゅ』という名前があることにも頷ける。
d0337265_17165767.jpg


黄菖蒲と紫菖蒲
昨日古めかしい小さな小屋の前に咲く『黄菖蒲』を見た。
こちらでは仏さん用に畑で花を栽培している人が多いが、できれば、この黄菖蒲のように、背景がよいほうが花もひきたって見える気がする。
d0337265_1721298.jpg

こちらは紫菖蒲
今日は霧雨が降っていて、花色も冴えて美しいと思った。
d0337265_1722279.jpg


昨日玄関にいけた椿が一日で散った。
終わりに近づいた椿は雨で散った物も多く、最後の力を振り絞って咲いているようにも見える。
花だけを切って、昔の大鉢に水を張り、浮かべてみた。
玄関に人が来るたび『きれいですね』と褒めてくださって、椿もとても嬉しそうだ。
d0337265_17351374.jpg

お弁当
やまうど味噌のおにぎり・筍の煮物、ミズの浅漬け、ラッキョウ漬け、小松菜の胡麻和え
d0337265_17311196.jpg

山うど味噌
先日山で摘んできた山うどの穂先を刻み、少量の油で炒め、味噌を入れて少し練ったもの
同じ『うこぎ科』のコシアブラ味噌とも似ている味だった。
d0337265_17342870.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-05-25 17:26 | 草花 | Comments(10)

椿 咲ききる

連休ごろから咲き始めた我が家の椿もそろそろ終わりに近づいている。
大きくなった木の下は花がらでいっぱいだが、小さな蕾もまだあって、最後まで咲き切る姿には毎年感動させられる。
このまま散らせてしまうのももったいなくて、玄関に飾る事にした。
午前中の訪問先にも持参しようと高い脚立に上って、見ごろのものや蕾のところを探して切った。

花入れに生け、持参する枝をその辺に無造作に置いたら、それがまた華やかで、展覧会に出した作品を思い出した。
椿は大好きな花だが、生けるのはなかなか難しかった。
なかなか自由に操れない花であるだけに、生ける楽しみも大きかった。
d0337265_2110673.jpg

何枚も花びらが重なっているので、薔薇のように豪華な椿。
ひとつとして同じ模様が出てこない。
二日ほどしかもたないが、生けた時の輝きは他の花よりも強い気がする。
六月になる前にあと何回か生けられるだろうか。
隣にある桜桃には可愛い青い実がついている。
こうして季節は巡っていく。
d0337265_21141434.jpg


午前中初めての方に会いに行く。
手土産は椿、筍ご飯(今朝また炊いた)、蕨一束
d0337265_2118417.jpg


お弁当
 筍ご飯、かぼちゃ、ささみのフライ、みずの浅漬け
d0337265_21195017.jpg


More椿のファイルケース
[PR]
by hanamomo08 | 2016-05-24 21:19 | 草花 | Comments(8)

旬のもの

友人の山荘で筍掘りをさせてもらってから一週間が過ぎた。
d0337265_20391088.jpg

いただいてきた筍は何本あったのだろう?
親しくしているご近所さんにはたくさんおすそ分けした。
親戚の家にも配り、近所の高齢の人たちにもゆでたものを少しずつ差し上げた。
すぐに料理できてうれしいと皆さんに感謝された。
ちょうど帰省していた家族も大喜びで筍料理を堪能して帰った。

お味噌汁にいれ、ミズと一緒にお肉と炒め、煮物も数回、そして簡単で美味しかったのはオイスターソース炒め。
稲荷寿司の酢飯にも刻んだたけのこを入れた。
チャーハンにも!
あの日友人が用意してくれたお昼ご飯には珍しい筍料理があった。
筍の味噌漬けだった。
食感がどうか、たて切りと横切りを用意してくれた。
d0337265_20461885.jpg

筍は風味の変わらぬうちに保存もした。
薄切りにして、煮汁ごと冷凍した。小分けにすると好きな時に使える。
ことし始めてやってみたのが筍の塩漬け!
薄く切った筍に塩をまぶし、一日干し、それにさらに塩を多めにまぶして保存袋に入れて冷蔵している。(ネットで調べた保存法)
塩出しして料理に使えるらしい。
d0337265_20525112.jpg

こうして一週間であのたくさんの筍を食べたり保存したりした。
今夜最後の筍を料理した。
なんと言っても一番美味しい筍料理は『たけのこごはん』
もち米を二割ほど混ぜて炊いた。ごちそうさまでした。
d0337265_20523589.jpg


ここ数日よい天気が続いている。
今朝のごみだしのとき、話好きのご近所さんに呼び止められ、小一時間外にいた。
お昼ごろ、首がひりひりするので鏡を見たら、何と真っ赤になっていた。
五月は一年で一番紫外線が強いらしい。
海に行った時のような日焼けをしてしまった。
皆様もどうぞ気をつけて!ごみだしのときも日焼け止めクリームが必要だと思った。(笑)
d0337265_20563535.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-05-23 20:56 | 美味しいもの | Comments(10)

桐 満開

嵐のような帰省客を見送って、のんびりした日常がもどってきた。
今回の帰省の目的は子ども部屋の大掃除、びっくりするほどきれいに片付けていた。
傍で雑用を手伝いながら見ていると、案外片付ける能力がついたな~と実感した。
何度か引越しをして身につけたのだろう。
その大掃除で大量に出た段ボールなどリサイクルできる場所に持っていく。

空になった冷蔵庫を満たすため、食べ物を買いに出かけ、ちょっとだけ足を伸ばして活気づいている田んぼを見に行く。
昨日今日が田植えのピークらしい。
田植え真っ盛りだった。
田んぼで働く人々は皆いきいきとし、きびきびと農作業に打ち込んでいた。
d0337265_16372667.jpg

こちらは『補植』という作業、機械で植え切れなかった場所に手で植えていく作業。
d0337265_16385862.jpg


田んぼの向こうの山には満開の『桐』の花
d0337265_1641921.jpg

道路を隔てて、向かい側にも桐の花、風で一つ二つと散っている。
d0337265_16421013.jpg

ここからは太平山もきれいに見える。
日に日に緑濃くなる山をバックに桐の紫がとても映えてきれいだった。
d0337265_16434126.jpg


散り花
 瑞々しい笹の新葉が大きくなってきました。
 その笹の葉にぽとりと落ちた『桐の花』です。
d0337265_2258671.jpg

************************************************************
晩ご飯(昨夜)
 外食をやめて家で美味しいお肉を焼いた。
 山菜三昧だったが、帰省してはじめてのお肉。
 ステーキはわさび醤油で食べると旨い!
 柔らかい孟宗の煮物はいつ出してもぺろりと平らげる。
 母の好きな糠鰊の焼いたものを出したらそれも食べた。
 いぶりがっこをぽりぽりつまみながら美味しい日本酒も結構飲んだ。
 ちっとも酔わない、どちらに似たのだろう?
d0337265_1655193.jpg


久し振りに若いパワーを感じて楽しい数日だった。
近いうちにまた顔を見せてね。
d0337265_16532044.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-05-22 16:56 | 自然 | Comments(18)


日々折々のこと


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

如月
at 2017-02-21 17:34
春告魚
at 2017-02-20 20:22
桜桃の花
at 2017-02-19 20:16
季節はずれの『鰹』
at 2017-02-18 19:57
砂糖衣のお菓子
at 2017-02-17 17:14

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

青目 この濃厚なビスケ..
by aomeumi at 11:17
樹木の枝に白い雪が絵を描..
by sidediscussion at 10:53
「鉛色の空の奥はいつもこ..
by kotoko_s at 09:29
秋田の青空はつかの間です..
by hisako-baaba at 23:02
給料日に月給のすべてを使..
by saheizi-inokori at 22:09
>Dekoさん こんに..
by hanamomo08 at 15:35
> oshibanayo..
by hanamomo08 at 15:28
> PochiPochi..
by hanamomo08 at 15:25
> やっこさん こんに..
by hanamomo08 at 15:21
> weloveaiさん..
by hanamomo08 at 15:07

お気に入りブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索

タグ