「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

いちじく

今朝はかなり冷え込んで、目覚めて掛け物を一枚重ねた。
いつの間にか本物の秋がやってきたようだ。
お風呂を洗ったり、床を拭いたり動き回っているうちは半そでのほうがいいが、ちょっと座っていると肌寒く感じて長袖のTシャツを着てほっとする。
数日前に早めに絨毯も敷いてよかったと思っている。

朝ごはんが終わったころ、美しい町に住む友人から季節のものがどっさり届いた。
一筆箋いっぱいに書かれた愛情たっぷりの文章。
紅葉し始めた大きな山葡萄の葉の上には真っ赤な野薔薇の実とあけび。
d0337265_21314893.jpg

その下には完熟のいちじくがどっさりと入っていた、
この薄緑色のいちじくは寒さに強い品種だそうだ。
完熟するとかなり甘くなる。
d0337265_21422627.jpg

そのまま生でいただいた、とろりとした蜂蜜の味と似ている。
『秋だな~』としみじみ思う。
d0337265_2143599.jpg


玄関先ではクリーム色の小さな薔薇がまた咲きだした。
サフィニアの鉢の片隅から小さなベゴニアの葉が出てきたのは夏の終わりだった。
それがどんどん大きくなって、真っ赤な花をたくさんつけた。

友人が送ってくれた野薔薇に我が家の秋の薔薇と夏の名残の赤いベゴニア、秋色になった紫陽花も一緒にしてちいさな籠に秋をとじこめた。
今年の紅葉は良さそうに思う。
一気に秋がやってきた年は紅葉がきれいだ。
『ゴブラン織りのような野山を見ながら一緒にお弁当を広げたいね!』
秋がぎゅっと詰まったような小さな手籠をみて美しい町に思いを馳せた。
ありがとう♪
d0337265_2215169.jpg


お弁当
 茄子とピーマンの味噌炒め、小松菜入り卵、竹輪、茄子漬け、ミニトマト
d0337265_22636100.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-09-30 21:50 | 美味しいもの | Comments(14)

みょうが

昨日いただいた野菜の中に見事な『みょうが』が入っていた。
今年は梅干を4キロつけて赤梅酢もたっぷりあったので、みょうがの季節になったら漬けようと張り切ってた。
でも、いいみょうがと出会えず、今年は無理かなと思っていたのだった。
だからこの見事なみょうがをみてとても嬉しかった。
いただいたみょうがにはクリーム色の花が咲いていた物もあり、形と色がきれいだと思った。
重なり合っているその形は春のたけのこを思わせ、そのすっきりとした香りは『Japanese ginger』という名前にふさわしい。
d0337265_21374460.jpg

今朝は早起きして、赤梅酢漬けを作った。
ほんの少しゆでたみょうがを水に取り、きっちりキッチンペーパーで水気をふき取って、煮きり酒に塩と砂糖を溶かし、赤梅酢を入れたものに入れて漬けた。
美味しそうな水茄子も漬けた。
d0337265_21422573.jpg

漬けあがったら刻んでお寿司に混ぜたり、熱々のご飯にのせて食べたい。
お弁当に入れた稲荷寿司に添えたのも自家製の紅生姜でこれも赤梅酢で漬けた。
d0337265_21473241.jpg


秋の気配
街路樹の銀杏の黄色と緑のグラデュエーションがすばらしい。
d0337265_21495811.jpg

柿の実も色づきはじめた
赤くなった柿を見ると茨木のり子さんの詩の一節を思い出す。

『姉も色づいてまいりました』姉と柿はよく似ている(笑)
d0337265_21554422.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-09-29 21:56 | 美味しいもの | Comments(12)

秋海棠

昨日から梅雨のような蒸し暑い天気が続いている。
今年は暑い夏だったせいか秋海棠の花がなかなか咲かなかった。
それが涼しくなってやっと咲き始め、何度か切っていけて楽しんでいる。
江戸時代に中国から日本に持ち込まれ、定着した花らしい。
日本古来の植物ではないが、もうこれほど長く咲き続けているからこの国にすっきりとなじんでいる。
長いこと病床にいた正岡子規はこのかわいらしい花をこのように詠んでいる。

 臥して見る秋海棠の木末かな
木末(こぬれ)に下がる桃色の花と黄色の金平糖は幼子のかんざしのようで病の床にいた子規にも見えたのだろう。
 いびつなる秋海棠の広葉かな 立子
左右不対称のこの葉の色がまた美しい。
花が終わってもこの葉だけを生けて楽しんだりする。
d0337265_17405337.jpg


そばに咲いていたイヌタデも小さな花瓶に入れてみた。
d0337265_17433977.jpg


ベランダの朝顔も種を取るばかりとなったので、秋の手ぬぐいを飾った。
山の紅葉は里の方より少し早い。
山葡萄の葉の紅葉をまた見たい。
なんとも深みのある赤で、白神の麓で見たそれは忘れられない。
山葡萄の額の前にも秋海棠の花、日暮れが早くなると灯りの恋しい季節になる。
d0337265_17471272.jpg


More うれしいな♪
[PR]
by hanamomo08 | 2016-09-28 20:14 | 草花 | Comments(16)

もう最後かな・・・・

ベランダの朝顔が終わりに近い。
大輪の方はもう2週間も前から紅葉し、大きな種がたくさんついている。
古代紫の小さな花も終わりに近づいてさらに花が小さくなり、毎朝一つか二つしか咲かなくなった。
でも花の色はますます冴えてきてきれいなので小さな香水瓶に入れてみた。
紫と黄色は補色の関係だ。
お互いの色をもっとも目立たせる色の組み合わせなのだ。
小さな香水瓶に合わせたような小さな朝顔だった。
d0337265_20235713.jpg

午後になって激しい雨になった。
朝顔も店じまい、これが最後かもしれない。
d0337265_2027380.jpg


いけばな展に行く
 友人から誘われいけばな展に出かけた。
私も友人も立派ないけばなには興味がないので、季節の花や木を楽しんで帰ってきた。
秋らしい実物がおおく、あちこちに赤い実がいけられていた。
柏葉紫陽花の葉もいろづいて、シックな色の菊とよく合っていた。
秋にはこんな花束もいいな。
d0337265_20302723.jpg

友人も超多忙でそそくさと解散、次回はゆっくりと食事でもしましょうということに。
**************************************************************
夕食
 じゃがいものチーズ焼きでワイン
d0337265_20321511.jpg

 かれいの煮付けと茄子の漬物
d0337265_20325165.jpg


おべんとう
 たらこおにぎり、からあげ、イカの焼いたもの、かぼちゃ、蒸し野菜
d0337265_203428.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-09-27 20:34 | 草花 | Comments(10)

芋ようかん

残暑が厳しい一日だった。
少し動いても汗ばんで、夕方のニュースで28度もあったことを知った。

母の髪が伸びてきたので、カットして洗ってあげる。
シャワーのほうが良かったかもしれないが、今日はここまで。
母親譲りの暑がりの私は汗だくになった。

昨日作っておいた『芋ようかん』を切り分ける。
大きくて見事なサツマイモで、しっとりと柔らかく芋ようかんを作ろうと思いついた。
形よく切るのが難しい。
こんなに暑くてもやっぱり熱いお茶があう。
もうすぐ9月も終わりだ。
d0337265_21421553.jpg


庭のげんのしょうこ紅葉していた。
朝方は布団を掛けなければ寒くてたまらない。
d0337265_21504455.jpg


晩ご飯
 大根の海老あんかけ、とりの唐揚げ
d0337265_21513396.jpg


Moreゆうやけがきれい
[PR]
by hanamomo08 | 2016-09-26 21:40 | 美味しいもの | Comments(8)

カマス到来

夫の釣り仲間がたくさんのカマスを持ってきてくれた。
カマスは秋が旬の魚だそうで、上品な白身の魚でとても美味しい。
『秋茄子は嫁に食わすな』といわれるが、秋のカマスも同様だとのこと。
それほど美味しい魚だ。

秋田の山形よりの海で釣ったカマスはざっと40匹。
魚がさばけるご近所に少しおすそ分けした。
d0337265_22113897.jpg

身が柔らかい魚なので、少し塩の力で引き締めよう♪
一夜干しが美味しい魚の代表格。
新鮮だから、うろこがびっしり、そのあと開いて塩水に一時間浸けた。
水分を取り、網や皿に並べて扇風機で風を送る。
d0337265_22161948.jpg

そろそろしまおうと思ってリビングに置いていた扇風機。
なんだかこのカマスのためにしまわなかったような気がしてならない。
扇風機の微風で乾かす事2時間、途中ひっくり返して、きれいな干物が出来上がった。

カマスの顔はちょっと怖いが、身はとても美しい。
d0337265_2222117.jpg


一晩冷蔵庫のチルドで味をなじませて、今夜さっと炙って食べた。
透明感のある白い身は、だしにつけたかと思うくらい味わい深く旨い。
塩だけでこれほど美味しくなるのは、やっぱりカマスが持っている力が大きいからだ。
d0337265_22264384.jpg

オクラを細かくたたいて味をつけ、豆腐にのせて崩しながら食べた。
平インゲンとにんじんの胡麻よごし
d0337265_22294591.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-09-25 22:24 | 美味しいもの | Comments(10)

新米

新米を取りに長い付き合いの農家に出かけた。
お天気がよかったので作柄も良かったと思っていたら、収量は少なかったらしい。
でも品質そのものは良かったようで美味しいお米になったと喜んでいた。
d0337265_2083198.jpg


新米の季節は林檎の季節とも重なる。
早生品種がいろいろ収穫されていて、色んな味を試食できる。
早生ふじや千秋、ときなどそれぞれに美味しかった。
林檎園の中を歩く。
d0337265_2071475.jpg

アルプス乙女は今年もたわわに実っていた。
d0337265_2075634.jpg

これは大きな林檎だった。
林檎の皮についている星がきれいだ。
d0337265_209284.jpg


今日、明日も稲刈りをする農家が多いだろう。
田んぼの中に小さな鳥居とお堂を見つけた。
d0337265_20123057.jpg

この田んぼの稲は好ましいほど黄金色になっていた。
なんてきれいなんだろうと思った。
d0337265_2014159.jpg


乗り合いタクシーの停留所だろうか。
小さなお堂は田んぼの神様を祭っているのかもしれない。
d0337265_20155675.jpg

**************************************************************
晩ご飯
 きりたんぽ
d0337265_2017050.jpg

 母に枝豆を食べさせたくてブレンダーを買った。
 こんなに便利なものならもっと早くから使えばよかった。
 絹ごし豆腐と枝豆をだしでのばして作った 枝豆豆腐。
d0337265_20191037.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-09-24 20:19 | おでかけ | Comments(6)

花畑

ネット注文した写真を受け取りに出かけた先で紫のお花畑を見つけた。
『三尺バーベナ』他所のお宅でも良く見かける花だが、こんなふうに咲いているのが一番きれいだ。
夏の花だと書いてあったから随分前から咲いていたのだろうが、初めて見つけた。
d0337265_220593.jpg

一輪挿しに入れたくて一本手折ろうとしたら、花が散り、風に吹かれてあっという間に額だけになってしまった。
ひとつひとつ小さな花が集まっていてとても可愛い花だ。
d0337265_2234944.jpg


ゆうやけ
明日は新米がやってくる
d0337265_2244734.jpg


お弁当
甘くない卵焼き、さわらの味噌漬け焼き、里芋の煮物
d0337265_2210432.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-09-23 22:06 | 草花 | Comments(2)

秋彼岸

彼岸の中日、今日は秋分の日。
昼と夜の長さがだいたい同じ時間になるのだという。
朝、ご飯を炊き終えて、今度はおはぎ用のもち米を炊く。
母が食べやすいように少しだけ柔らかめに炊いた。

手作りの漉し餡と、胡麻、きなこをまぶす。
仏様にお供えをする。
d0337265_21122418.jpg


秋晴れを期待していたが、今日はどんよりとした中日になった。
だから日暮れも早かった。

秋彼岸送れば日暮そこにあり 三浦カヨ子

ご近所の彼岸花がまだ咲かない。
あんなに暑い夏をすごし株が弱ったのか?去年の画像を載せてみる。
d0337265_21202587.jpg


今日のおはぎは小ぶりに作った。
それをさらに小さくし、少しずつ細心の注意をはらって母に食べさせる。
祝日に娘の作ったおはぎを詰まらせたなどという事になったら大変だから。
それにしてもおはぎの好きな母、昼と夜、ひとつずつ美味しそうに食べた。
d0337265_21242931.jpg


羽織るものむらさきが好き秋彼岸 茂木なつ
d0337265_21391189.jpg


色を詠んでいる俳句はなんとなく心躍る。
そろそろ母にも羽織るものを出してあげなければならない季節になった。
『むらさき』は母によく似合う色だ。
そういえば、紫苑も咲き始めた。
[PR]
by hanamomo08 | 2016-09-22 21:30 | 季節の行事 | Comments(8)

秋の花火

日曜日、『千秋花火』と銘打って花火が打ち上げられた。
我が家からもよく見えて、秋の花火もなかなかいいものだと思った。

こちらも秋の花火のようだと思った。
d0337265_22122980.jpg

『山独活』の花。黒くなって種となる。
d0337265_22134599.jpg

春の柔らかな独活は煮物、味噌汁、きんぴらにして美味、穂先の天ぷらは絶品だ。
この花火ももう少し早かったら天ぷらにして食べられたそうだ。
来年は是非やってみたい。
d0337265_2232491.jpg

昨日は20度、今日は6度も上がって寒暖の差が大きくて秋の天気は変わりやすい。
夜は薄い布団が必要になってきた。
秋の味覚もどんどん並び、彼岸を境にやっぱり暑さが収まったのはさすがだな~と妙に感心している。
イタドリの花もあちこちで見かけるようになった。
山では紅イタドリの赤い花も見たことがある。
野草ながらなかなかきれいな花だ。
マクロレンズをのぞくと豪華なシャンデリアに見えなくもない。
d0337265_22294194.jpg

************************************************************
大きなホッケを味噌漬けにして焼いた。
涼しくなって、焼き魚に里芋の味噌汁など美味しいなあ~としみじみ思う。
d0337265_22314295.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-09-21 22:31 | 草花 | Comments(16)


日々折々のこと


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

如月
at 2017-02-21 17:34
春告魚
at 2017-02-20 20:22
桜桃の花
at 2017-02-19 20:16
季節はずれの『鰹』
at 2017-02-18 19:57
砂糖衣のお菓子
at 2017-02-17 17:14

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

青目 この濃厚なビスケ..
by aomeumi at 11:17
樹木の枝に白い雪が絵を描..
by sidediscussion at 10:53
「鉛色の空の奥はいつもこ..
by kotoko_s at 09:29
秋田の青空はつかの間です..
by hisako-baaba at 23:02
給料日に月給のすべてを使..
by saheizi-inokori at 22:09
>Dekoさん こんに..
by hanamomo08 at 15:35
> oshibanayo..
by hanamomo08 at 15:28
> PochiPochi..
by hanamomo08 at 15:25
> やっこさん こんに..
by hanamomo08 at 15:21
> weloveaiさん..
by hanamomo08 at 15:07

お気に入りブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索