<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

下萌ゆる

今朝の冷え込みは厳しかった。
予報よりは少し高かったがマイナス6℃。
でも日中はすばらしい晴天だった。
母のいないわたしの休日だったが、探し物もあって、ついでにあちこち片付けていたら休みが終わってしまった。
片付けも、いいお天気にした方がいいから、いいとしよう。

また雪がちらつく日もあるだろうが、庭は日に日に雪が消えて土が現れている。
鮮やかな緑の葉を見せてくれたのは『みやこわすれ』

こんな俳句を見つけた。
下萌のやはらかき色撫でて見る 中村鎮雄
d0337265_15564448.jpg

ついこの前まで雪の下だったばっけがあっちからも こっちからも。

下萌ゆる小さき蕾をそっと抱き 三橋早苗
d0337265_1601090.jpg

写真を撮っていると普段は警戒心のつよいすずめがやってきた。
ちょっと首をかしげてちょこちょこっと横に移動した。

下萌ゆる雀一二羽横走り 塩田京子

今日の空にぴったりの句を見つけた。
d0337265_165238.jpg


下萌ゆるとは空の蒼水の青 稲畑廣太郎

昨年春の写真を取り出した。
今年は寒かったから きっと桜は少し遅れるような気がしている。
d0337265_1673864.jpg


だいぶ前に端っこを水につけておいた安納芋が見事な観葉植物になった!
緑を見ているといい気分だな~。
d0337265_16141796.jpg


広島の牡蠣フライ(こちらでは宮城の牡蠣が多いが、昨日は広島産だった)
久し振りに切り干し大根を煮た
d0337265_16163958.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-02-28 19:38 | 自然 | Comments(12)

snow bridge

近所で見つけた小さな、小さな『snow bridge』
少しずつ雪解けが進んで側溝に小さなsnow bridgeがかかっていた。
雪は水の周りから少しずつ消えていく。
本物の雪の橋は壮大なのだろうな~。
d0337265_17241265.jpg

ついでにちょっと高い場所まで上ってみた。
大きな屋敷があった場所に今は樹齢のある木だけが立っている。
d0337265_1726210.jpg

たかが数十メートルの場所を遠回りして帰る。
d0337265_1726305.jpg

竹薮もどんどん雪が消えている。
d0337265_17272760.jpg

************************************************************
手元に小さな灯り
 今朝、注文していたライトが届いた。
 軽くて小さいクリップ式のライトはパソコンのキーボードを照らすため。
 PCをつけているときにUSBと繋いでおけば充電できる(8時間)
 
 もう一つは寝る場所で使うもの。
 LEDライトで2つとも千円台。
d0337265_17351497.jpg

************************************************************
牛蒡味噌
 レンジに掛けた牛蒡を細かくして味噌、みりん、砂糖をいれて油でいためる。
 ご飯のともに。
d0337265_17365587.jpg


おべんとう
 海苔おにぎり(梅干し、茄子の漬物)
 かぼちゃ、菊芋の粕漬け、にんじん、ソーセージ、ブロッコリー
d0337265_1738721.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-02-27 17:16 | 自然 | Comments(6)

朝焼けがきれい♪

今日は日曜日、いつもより30分遅く起きた。
リビングはまだ少し暗かったが、カーテンを開けたら東の空がきれいな色に染まっていた。
夕焼けもそうだが、朝焼けの美しい色合いは長くは続かない。
小さなカメラでこの色をとらえる。
ずっと上の方はもうきれいな薄水色になっている。
d0337265_20313762.jpg

反対側の西側のブラインドを開けた。
対角線上にある東側の窓から朝日が差し込んでいた。
白いカーテンがうっすらと茜色に染まっている。
なんてきれいなんだろう。
ほんの僅かな美しい時間に出会う、今日はこれだけで満足だな~と思った。
d0337265_20355100.jpg

朝ごはんのあと、太陽の暖かさをかんじた。
天窓を伝わって屋根の雪がどんどん解けて流れてきた。
それが壁のスクリーンに映ってきれいだった。
d0337265_203785.jpg


お昼ご飯においなりさん
冷蔵庫にあった寿司の具(かんぴょうと干ししいたけの甘煮)、梅干の赤紫蘇を刻んでいれた。
去年作った紅生姜は小分けにして冷凍していたもの。
歯ざわりも変わらずとても美味しい。
d0337265_20393014.jpg

香川産の大きなブロッコリーをたっぷり入れたマカロニサラダも作った。
d0337265_20403062.jpg


遅いお昼ご飯だったので、6時から大好きなこの番組を母と一緒に見た。
お寺の中には尼さん二人とお手伝いのまっちゃんの笑い声が響く。
季節の恵みたっぷりの豊かな暮らし。
尼さんたちもヨーグルトを作って食べているらしい。
今夜、我が家のヨーグルトは苺の飲むヨーグルトだった。
尼寺まで歩いて40分ほどかかるらしいけどいつか行ってみたいな~。
晩ご飯
水がれいの塩焼きと大根と薄あげの煮物、豆腐と青葱の味噌汁
d0337265_2050671.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-02-26 20:51 | 自然 | Comments(12)

ひろっこ

三月になり雪解けが進んであちらこちらに土が見えるようになったころ、友達を誘って『ひろっこ』堀りにいったものだと母は幼い頃の思い出を話した。
三月といってもまだ寒い風の中、今のようなダウンジャケットなどない時代、『ひろっこ堀りには何を着ていったの?』と聞いたら『どんぶぐ着て長靴はいて行ったよ』ということだった。
※『どんぶぐ』というのはカーディガン式の袖つき綿入れ防寒着で、前に羽織の紐のようなものがついていてそれを結ぶ。
d0337265_20305982.jpg

今日その『ひろっこ』が売られていた。
土から顔を出すとそこは緑になるが、これは雪の中から掘り出した上等のひろっこだった。
この白いひろっこほど柔らかくて甘い。秋田の南部 ゆざわのひろっこだった。

鱈の切り身が少しあったのでそれも入れて作った『ひろっこのかやぎ』
※かやぎは昔大きな貝殻を日にかけて一人の鍋を作ったことからいう貝焼きがなまったもの。
鱈もお豆腐もえのきもふつふつと味噌味が浸みて美味しくなったころひろっこをわさっと入れる。
一煮立ちすれば食べられる。
d0337265_20342199.jpg

ひろっこは秋田の伝統野菜のひとつでアサツキの若芽。
1メートルもある雪の中から掘り出されるため、日に当たっていないので黄白色。
ねぎのことを古くは『ひろ』といい、それに秋田弁の小さい『こ』が語尾についたのでこの名前になったのだろう。
葱の仲間だけどとても甘い。
母も美味しそうに全部食べた。
d0337265_20401478.jpg

*************************************************************
青空
d0337265_20412280.jpg

買いたいものがあって郊外の大型店へ行った。
お店が大きいのでかなり歩いて、喉が乾く。
せっかく運動になっったのに、こんなものを食べてしまった。(笑)
d0337265_20435920.jpg

おみやげに初めて買ってみた『おとうふドーナツ』
d0337265_2045610.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-02-25 20:46 | 美味しいもの | Comments(8)

菜のご飯

まだまだ寒い日が続いているが、野菜売り場にはたくさんの春の菜が並び始めている。
先日の菜の花は噛んでいると少しほろ苦くて塩を大目に入れてゆでただけでとても美味しかった。
そのあとには『つぼみ菜』を食べた。
ゆでて醤油とマヨネーズで食べるのも美味しいが、一番好きな食べ方はごま油でさっと炒めて醤油をまわしかけ、熱々のご飯にのせて食べるもの。
熱いうちに食べるのが美味しいので、お味噌汁も、他のおかずもすべて揃えてから作った。
d0337265_16361879.jpg

つぼみ菜も菜花の仲間で、若い茎を搔いてとるので『かき菜』と呼ばれてもいる。
癖がなく、甘くておいしい春の菜っ葉だ。
今朝はだし巻きたまごとおろし、じゃがいもと豆腐、しいたけの味噌汁、かぼちゃを食べた。
名人のいぶりがっこも最後になり名残惜しい。
こういう青い野菜をたっぷりいただくと体の中がきれいになるような気がする。
d0337265_16421732.jpg


昼ご飯、冷蔵庫にあった高菜の醤油漬け(古漬け)で『高菜炒飯』にした。
漬けたばかりの青々とした高菜漬けよりも、少し乳酸発酵した高菜のほうが美味しい。
刻んだ高菜を炒め、残っていたしらすも入れ、一味唐辛子をたっぷり入れてご飯をいためた。
塩かげんを見て醤油を一振り。
d0337265_16452779.jpg

この木の器は青森県のブナの木で作られたものでとても軽くて気に入っている。
数年前に求めたが手入れもしやすく深さもあるので、ご飯だけでなく、様々なものを盛り付けられる。
面白いこの器の作り方はこちらでどうぞ。
d0337265_16514030.jpg


今日も寒い一日だった。
時折吹雪いたりしたが、こんな青い空も見られた。
今週唯一誰も来ない日で、久し振りに読書もできた。
『私にはもう遅いよ』と笑う母に曾野綾子さんの『老いの才覚』を読んでやった。
彼女の潔さはすばらしい。
母の言葉ではないが、これはこれから老いに向かう私たちの年代が読むといい本だと思った。
綾子さんは今月7日に朱門さんを亡くされたばかりだが、今日も厨で楽しそうにお料理を作っているような気がする。
d0337265_1653278.jpg


Moreプレミアアム フライデー
[PR]
by hanamomo08 | 2017-02-24 16:41 | 美味しいもの | Comments(10)

雪解けすすむ

今日も昼過ぎまで4人の方が母のために入れ替わりたちかわり来てくれた。
新しい介護サービスを利用する時には『契約』を結ばなければならず、母と暮らし始めてからたくさんの契約書を交わした。
代筆してくださる人が近くにいない高齢の人など、どうなさっているのかと思ってしまう。
皆さんが帰ったので庭に出てみた。
ここ数日雨の日が多く、随分雪解けが進んだ。
東側に回ってみると土がみえた。
こんな季節は雑草でも緑が見えると嬉しくなる。
ざっと見回したが蕗の薹は見当たらない。
でもきっと出ているはずと、ちょっと雪を掘ってみた。
『やっぱり、出てきていた!』手ごたえがあった。
白ざらめのような雪と瑞々しい緑のコントラスト、きれいだな~。
白ざらめのような雪は、雪の密度が低くなっている証拠、少しずつ春が近づいているのだ。

庭の辺の初のみどりや蕗の薹 能村登四郎

蕗の薹みどり何枚着てゐるか 山田弘子
d0337265_20262610.jpg


***************************************************************
ヤーコンのサラダ
りっぱなヤーコンをいただいた。
千切りにして水に晒してから使った。
胡瓜、にんじん、酒蒸ししたささみとあわせてサラダにした。
味付けはすり胡麻、醤油、みりん、パサつくささみもしっとりとして美味しかった。
d0337265_20315576.jpg

その栄養や効果は食物繊維とフラクトオリゴ糖の相乗効果ですばらしいものがある。
しゃきしゃきしてまるで梨のようだと思った。
d0337265_20333366.jpg


もう一つ珍しいもの、きくいもの粕漬け
たっぷりの酒粕に入ってやってきた。
見かけはまるで生姜のよう!
粕を漬けたまま切って食べてみた。
このきくいももヤーコン同様サクサクしている。
イヌリン効果で糖質の吸収を抑える作用をするため、余分な脂肪を溜めこまないのだそうだ。
これは私にぴったり!
ありがとうございました。
d0337265_2040146.jpg


おべんとう
 明太子と味噌漬けの海苔おにぎり
 じゃがいものガレット・玉子焼き・菜の花
d0337265_20421049.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-02-23 20:42 | 自然 | Comments(16)

美容液

先日デパートでばったり会った友人は『肌がもうぼろぼろ、ここらで大奮発せねば!』と高そうな美容液を見せてくれた。
友人は私より二歳お姉さん、長年フルタイムで働いていたキャリアウーマンだ。
今までもかなりグレードの高い化粧品を使い続けていたはずだが・・・・・。

私など、毎日のようにどなたかがお見えになるから、毎朝顔は洗うが、外出の時しかお化粧はしない。(自分の顔は見えないからね)
肌の復活のため、高価な美容液を見せてくれた友人には悪いが、『肌を休めることも大切だよ』と言えなかったが、そう思った。

食べるビタミン柑橘類の美味しい季節になった。
先日までなかったデコポンがお店に並んでいた。
今我が家にもたくさんのみかんが大集合している。
大きい中央のものから時計回りに 文旦、いよかん、天草、柚子、みかん、八朔、真ん中奥がレモン、手前が金柑。
d0337265_23141723.jpg

皆それぞれにいい味わいがあって美味しい。
数年前にはテレビで見たら母が食べたくなったと言って『紅マドンナ』というのも取り寄せた事がある。
知り合いが送ってくれた無農薬の柑橘類、これからは八朔のジャム作りが待っている。
少し置いた方が酸味が抜けて甘くなるというので食べたいのを我慢している。
もうそろそろいいかな?
*******************************************************************
がんばっている盆栽の三色弁当
 六月に夫が作った自己流の盆栽
三色弁当秋に葉っぱが落ち 春に向けてしっかりと赤い芽がついていた。 
この寒いのに植物はけなげだな~。
d0337265_17594126.jpg


晩ご飯
 牡蠣フライ&キャベツの塩もみ
d0337265_1801989.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-02-22 19:15 | つぶやき | Comments(6)

如月

如月はその寒さから着物を更に重ねて着ることからついた二月の呼び名。
今年の二月は名前の通り厳しい寒さが続いている。

足首が冷えるので裏がボアになっている短めのレッグウオーマーを履いている。
それでも椅子に腰掛けじっとしているとどことなく寒い。
底冷えとはこんな感じを言うのだなと思った。

日曜日に駅の中の食材屋をのぞいたら バレンタインのチョコレートの残りが安くなっていた。
日本のチョコレートが一番美味しいが、小さいものを一箱だけ買った。
ショートブレッドとウエハースも安さに釣られてレジに運んだ。
熱いお茶を淹れて食べてみた。
ショートブレッドは美味しいが味に変化がなくて飽きてくるのですっぱい苺ジャムを塗って食べた。
一枚食べてもカロリーが気になるほどバターたっぷりなのがわかる。
体に悪いものはどうしてこうも美味しいのだろう?
d0337265_17385360.jpg

お昼はサンドウィッチを作った。
一種類だと飽きるので、ジャムのほかにポテト卵サンドにした。
胡瓜や晒し玉ねぎを入れたので本格的な味になった。
パンにはバターを塗って、マスタードも入れた。
d0337265_17423672.jpg


昼過ぎ、曇っていた空が明るくなった。
鉛色の空の奥はいつもこの青空になっているのだ。
ただ雲でそれが覆い隠されているから見た目にはどんよりとした鉛色になっている。

如月の陽気に左右され乍ら 稲畑汀子
d0337265_17472240.jpg


その青空が出ているうちに部屋の掃除をした。
つかの間の青空は心のビタミン剤になり、行動を早くする。

それからまた細かな氷のような雪が降り始めた。
母を送ってきてくれたデイケアの方が『今道路の温度計はマイナス2℃でした。』と教えてくれた。
母の足をペットボトルの湯たんぽで温め、デイケアでの話を聴いた。
『今日は寒いから直前キャンセルの人が多かったと職員が話していたよ。』と言った。
母はデイケアはあまり積極的ではないが、帰宅すると今日見聞きした事をいろいろ話す。
やっぱり他所の人と会うのは気分転換になっているのだろう。
『おかげさまで私はゆっくり休む事が出来たよ。』と母に言った。
d0337265_17575721.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-02-21 17:34 | 自然 | Comments(10)

春告魚

朝の雪はのんのんと降っていたが、天気予報どおり雪は雨に変わりあっと間に消えてなくなった。
少しずつ春が近づいてきている。
d0337265_20153100.jpg


紅つけて朝市の女鰊売る 八巻絹子
寒風に晒されながらも、生き生きと鰊を売る女性がいる。
鰊を売る女性の口元が華やいでいる、もうすぐ春だ。
朝市のこの魚を見て、買う方も春を身近に感じているようだ。

春告魚と呼ばれるものはいろいろあるだろうが、北国の人にとっての春告魚は『かど』と呼ばれる鰊のような気がする。
美しい銀色に輝く生のかどを見ると春が近づいた事を感じる。
その隣には『ギバサ』や『ネカブ』などの海藻類も並んでいた。
外を見るとまだまだ雪があり、寒い毎日だが、あと少しでこの雪も消えるし、弥生三月が目の前だ。

四万十の菜の花も買ってきた。
水に放し、色を見て楽しむ。
d0337265_2017327.jpg

さっとゆでてそのまま冷まし、削り鰹とお醤油でいただく。
塩焼きの生かどには甘い大根おろしをたっぷり添えて今夜のご飯が出来上がった。
d0337265_20183136.jpg


春のかどの美味しいところはほろほろとした身と食べるとパラパラと崩れる数の子。
明日から一週間はまた雪だるまが並ぶようだが、食卓には少しずつ春が並んで嬉しい。
d0337265_2020555.jpg


お弁当
 ブロッコリー、昨日のハンバーグ、卵焼き、金柑、ポテトサラダ
d0337265_20215117.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-02-20 20:22 | 美味しいもの | Comments(4)

桜桃の花

数日前に折って生けておいた庭の桜桃がの花が満開になった。
桃の花もきれいだが、部屋で咲かせた桜桃は白に近く清楚でなかなかいい。
d0337265_194535.jpg

季節になってから咲く花よりも幾分小ぶりだが、香りだけは変わらない。
鼻を近づけると甘い香りがする。
d0337265_19472219.jpg


午後、NHKのアーカイブスを見る。
若い頃 耕冶人(こう はると)さんの本を読んだ事があり、とても懐かしかった。
今夜もう一度読んでみたい。
本の装丁は私の大好きな画家、書家 中川一政氏によるものだ。

*****************************************************************
寒い一日 最高気温0℃ 春はまた遠のいた。
クリスマスの頃を思わせる景色
d0337265_20122972.jpg


晩ご飯 久し振りのハンバーグ
d0337265_20164258.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-02-19 20:16 | 草花 | Comments(12)


日々折々のこと


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

春昼
at 2017-04-23 20:40
花見弁当
at 2017-04-22 22:06
さくら さくら
at 2017-04-21 20:44
コロッケ
at 2017-04-20 20:32
芽吹き
at 2017-04-19 17:01

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

↑Pochipochiさ..
by Deko at 19:32
お花見をしながらお弁当を..
by Deko at 19:22
「願くば 花の下にて 」..
by PochiPochi-2-s at 13:15
わぁ~本荘公園にお花見に..
by mosaku319 at 13:05
小さかった頃のお城の公園..
by PochiPochi-2-s at 12:47
雪国の人のお花見はほんと..
by saheizi-inokori at 10:24
> sidediscus..
by hanamomo08 at 07:55
>こんのさん おはよう..
by hanamomo08 at 07:49
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 07:47
> mosaku319さ..
by hanamomo08 at 07:43

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索