<   2017年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

夕日を受けて

今日も暑くなった。
甲子園も今日でベスト4がそろった。
秋田の高校は負けてしまったが、今年は東北勢が健闘していている。
午後から仙台育英の試合を応援する。
エースの長谷川君は秋田の出身なので力が入る。
相手チームにかなりの得点を入れられたが、最後の最後まで頑張って得点を入れた。
負けたのは悔しいが、彼らの心には今日という日がしっかりと刻まれたことだろう。

慌てて洗濯物を入れにベランダに出たら、お隣の百日紅が咲いていた。
夕日をうけてきらきらと輝いていた。

百日紅ひと日一日の美をこぼし 中野英歩
d0337265_2046970.jpg


フリルのような花がひとかたまりになって咲いては散っていく。
かなりの老木で、今年は花が遅いな~と心配していた。
たくさんの人に愛されている花だからたくさんの人がこの花を歌や俳句にする。
とてもきれいな俳句を見つけた。
咲き満ちるという言葉も美しいが、千のかんざしという言葉もいいなあ~とおもった。

咲き満ちて千の簪百日紅 杉本綾
d0337265_20561148.jpg

釣りにいく夫に付き合い早く起きた。
いつものようにでっかいおにぎり一つ、魚肉ソーセージ、バナナ、塩茹で卵とお茶をもって出かけた。
夕方4時過ぎまで連絡がなかったので、心配していたら大漁で帰ってきた。
一番大きな鯛は45センチだった。
d0337265_2054553.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-08-20 20:54 | 草花 | Comments(0)

夏薊(なつあざみ)

揚水の歌に出てくる『風あざみ』を間違えて『夏あざみ』だと思っていた。
実際に夏あざみというあざみはないと思うが、夏に咲くあざみだから『夏あざみ』と言ってのだろう。
あの歌には夏模様という言葉と風あざみが繰り返し出てくるのに、なぜ夏あざみと覚えていたのか可笑しくなった。
こういう勘違いは幼い頃からたくさんあって、誰かに言うと笑われそうで、本当のことを覚えた時点で、自分だけでこっそり笑って見送っていた。

お盆の準備ではまなすの実を採りに行った時、その奥で美しいあざみの花を見つけた。
仏さんの花とは別に一輪挿しにいけたらきれいだろうな~と欲しくなった。
d0337265_1611145.jpg

素手で折ろうと触った途端、棘の痛さに閉口してしまった。
間近に見ないとこれほどの棘で自分を守っているとは思えなかった。

夏薊まだ本心は明かされず 西澤ひで子


とんがった葉のかどに鋭利な棘を抱えて、花の美しさに見ほれて近づくものをけん制している。
『美しい姿は、どうぞこの場所で見ていってください。』と言われているようだった。
漢字で書く『薊』という字は、魚の骨のような棘が、刀のように刺す草という意味だそうだ。

もうすでに綿毛になっている花もあり、それが白髪の山姥のようにも見えた。
細い道の両側にたくさんのあざみの花が咲いていて、行き着くところに山姥の住むいえがある。
あざみの綿毛はそんな連想までさせた。

山姥の通ひし道や夏薊 堀江恵子

車から皮の手袋をとってきて、やっとの思いで一本手折った。
薔薇の棘だってあまり通さないその手袋をはめても、ちかちかと鋭利な棘は私の指を突き刺した。
それでも花がきれいだから家にもって帰りたい。
『だからここで見て、私の美しさを心に焼き付けて帰ればいいのに・・・』と言われているような気がした。
スーパー袋にやっとの思いで入れ、家に帰ってまたやっとの思いであざみを出し、痛い、痛いといいながら一輪挿しに生けた。
d0337265_1613316.jpg


たおやかに風に揺れて咲いていた夏あざみ、一輪挿しにおさまってそれなりにきれいだったが、翌日には萎んでしまった。
*******************************************************************
秋田のすいか やっぱり美味しい!
量ったら6.6キロ 値段は600円也。
d0337265_16133732.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-08-19 16:13 | 草花 | Comments(7)

元祖 メロン

小さい頃から甘いものは苦手だったが、くだものは大好きだった。
といっても、私が子どものころと言えば、林檎だって甘いのは『インド林檎』と呼ばれていた青いいびつな形のもの、みかんは祖母の遠縁にあたる人が毎年熱海から贈ってくれたすっぱいもの、そして夏はなんと言っても『まくわうり』だった。
2歳ごろから母の実家に泊まりに行っていた私の楽しみはそのまくわうり!
まだ口が回らなくて「まくわうり」と言えず『まうり』と言っていたそうだ。

昭和40年代になるとまくわうりよりもっと美味しい『プリンスメロン』が出てきた。
熟してくるとなんともいえないいい香りがしてよく食べたものだ。
遠足の時にも母がお弁当の片隅に入れてくれた。

ゆうべ母に武田百合子さんの富士日記を読んであげていたら、食後のデザートに『プリンスメロン』がよく登場していた。
彼女の富士日記はその日あった事だけでなく、買い物したものの値段も書いてあってとても興味深い。
今から50年も前の卵1ケースが100円と書いてあったところがあって、今もそれはあまり変わらないことがわかったりする。
富士日記のことを書き出すと止まらなくなるので、話を『まくわうり』に戻そう。

一年に一度だけ懐かしいまくわうりがお店に並ぶのがお盆。
蓮の葉の上にいろいろなものをのせて仏様にお供えする。
そのお供えの一つがまくわうり。
夏に採れるものだからお供えの一品になったのだろう。

そのまくわうりを草市でみつけた。
スーパーなどで売っているものは青く熟していないが、草市のまくわうりは熟していい香りがした。
一つ80円、全部で三つしか出ていなかったので一つだけ買った。
ご先祖様には申し訳なかったが、切らずにそのままお供えした。
(もうちょっと熟したら食べてみたいと思ったからだ)
お盆が過ぎて追熟したまくわうりは更にいい香りになった。
そろそろ食べごろだな!
d0337265_16543524.jpg

一時間ほど冷やして切ってみた。
懐かしい色と香り♪
プリンスメロンが出てきた時、これはまくわうりから作ったものだと父が話していた。
後で知ったがプリンスメロンだけでなく甘いアムスメロンもこのまくわうりから作り出されたそうだ。

厚めに皮をむいて輪切りにした。
香りはとってもいい!美味しそうだ!
程よく冷えたまくわ瓜を食べるのは何十年ぶりだろう。
甘すぎるメロンに慣れきっているから、覚悟して食べた。
甘さを期待せずに、覚悟して食べたせいかほんのり甘く感じた。
d0337265_17365124.jpg

『まうりたべたい、まうりたべたい!』と言っていた幼児の私はこれを食べていたのか・・・・。
今出回っているメロンに比べたら甘さは四分の一くらい、もっと少ないかもしれない。

食べながら、もうむこうへいってしまった祖母や祖父のことを思い出した。
夏休みは祖父母の家に泊まっていた。
工作も宿題も祖父母の家でほとんど仕上げた。
教員を定年で辞めたばかりだった祖父は私の夏休みの工作をいろいろ考え、私が来るのを待ちわびていた。
こんなのはどうだ?あんなのはどうだ?と提案し、それから私が選んで一緒に作った。

でもその頃からおやつには甘い西瓜やプリンスメロンが登場した。
農家でなかった祖父母の家にはまくわうりの姿はなかった。
すでにまくわうりの人気は過ぎ、もっと甘く美味しい果物が出てきていたのだろう。

昼ご飯のあと母と遠い思い出話をしながらまくわうりを食べた。
でも、まくわうりを口にした母は『なんと表現したらいいのか・・・・』とにやり。
甘くなかったのだ!
私のまくわうりへの思い入れが強すぎたせいで『美味しくない』とは言えなかったのか。

折りしも先日従姉妹の一人が手土産に持ってきてくれた『秋田美人』というメロンがあったので、母にはそれを切った。
『美味しいね~』
完熟の秋田美人メロンはかなりの糖度だと思う。

でも!私は今日一日はなつかしのまくわうりの余韻に浸ろうと思っている。
だから秋田美人メロンは食べなかった。
d0337265_17142461.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-08-18 17:30 | 美味しいもの | Comments(20)

日暮れ

お盆休みが終わり今日から夫は出社した。
どんよりと曇った木曜日、洗濯物を干しにベランダに出てもじりじりとした灼熱のような暑さはない。
数日前から涼しい風が吹き始め、ちょっとだけ秋の気配を感じた。
エゴノキを拠点に暑苦しい鳴き声で大合唱していたあぶら蝉たちも、一頃の勢いがなくなった。
夜にお風呂につかっていると窓の外から虫の声が聞こえた。

夏至から一ヶ月がたとうとしている。
早めに帰宅した夫が『日が短くなったね』と言う。
暗く寒い冬至から春になるまでは、気の遠くなるような速度でしか進まないような気がするのに、夏至が過ぎて秋までの時間はあっという間に過ぎていく。
d0337265_23315143.jpg


昨日、母が出かけた後に買い物があり郊外のお店へ行った。
秋のTシャツを一枚買い、バーゲンワゴンの中から処分価格で出ていたTシャツも一枚買った。
もう今年の夏は出番がないだろうが、来夏グレーのジャケットの下に合わせようと思い、かごに入れた。500円からお釣りがくるなんて驚きだった。
ノート?本?の柄のTシャツを買ったのは初めてだが、夏はこんな楽しい柄もいい。
d0337265_23382770.jpg


午前に来てくれた看護師さんは『来週から学校が始まるんです』ととても嬉しそうだった。
フルタイムで働きながら三人の子どもの夏休み中のお昼ご飯を準備するのは大変だったようだ。
自分のお昼は毎日ほとんどコンビニ調達だそうだ。
『毎日コンビニのお弁当で体大丈夫?』と言いそうになるのをぐっと飲み込む。
長い人生の中のほんのひと時なのだから大丈夫だろう。

さて、私はまだ逃れられないから食事の準備に取り掛かる。
夏野菜麻婆豆腐・・・・・・茄子とささげを切って煮る。
冷凍していたミニトマト アイコを取り出し、それも一緒に煮込んだ。
トマトが入った夏麻婆はさっぱりしてとても美味しかった。
d0337265_2345508.jpg


今玄関にはドライフラワーになったアナベルと紫陽花が飾ってある。
アナベルは白からまた黄緑になって、それを水を入れない花瓶にさしてある。
ご近所の大株の紫陽花もこんな風にシックな色合いになった。
少しずつ夏が遠のいていくようで、嬉しいような、寂しいような。
d0337265_23515711.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-08-17 23:08 | 自然 | Comments(10)

送り盆

早いものでご先祖様を送る日になった。

私流にもてなした今年のお盆も終わりになった。
生きているほうにも都合があるから、形式にとらわれず、心がこもっていればそれでいいと思う。

盆棚に飾ったお花やはまなすの数珠、お供え物などは決められた場所に出しておくと持って行ってくれる。
生ごみと一緒にゴミ袋に入れるのはなんとなく忍びないから、ありがたいこと。

お盆に食べようと思って買っていた美味しい海老、自分たちだけで食べるのがどうしても気になって、最後のお膳にのせた。
お酒も供えた!
義母はお酒は飲めなかったが、義父と私の父は飲めた口だから、海老ふらいと辛口の赤ワインは、案外喜んでいると思うなけど・・・・。
他には胡麻豆腐・焼きなすとささげのおひたし・漬物・じゅんさいのお吸い物。
d0337265_20361121.jpg

私たちも同じものをいただく。
d0337265_2111885.jpg

盆棚も片付け、またいつもどおりの居間に戻った。
いろんな方からお供えしてもらったたくさんのお菓子をこれから少しずつ頂く楽しみができた。
d0337265_21245165.jpg

夫と玄関先で送り火を焚いた。
おがらは準備していなかったので、蓮の香りのお線香とお寺から頂いた御香を焚いた。
気持ちのいい夜風の中でお線香を回すときれいな螺旋を描いた。
秋のお彼岸までしばしのお別れです。
******************************************************************
伸びてきたぞ♪
このごろブログのお友達のところできれいに咲いた朝顔を見せてもらっている。
見ごとな花を見せてもらうと少々気が急くのだが、やっと窓の半分くらいまで朝顔の蔓が伸びてきた。
d0337265_2117175.jpg

本葉が増えてきたら、横にも広がるように芽欠きをするとよいとネットで調べたが、プランターにたくさん植えたのでそのままにすることにした。

肝心の花芽はあるか、よく見てみると、あった、あった小さな蕾がたくさんついていた。
後何日したら咲くだろうか?
d0337265_21225770.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-08-16 21:26 | 季節の行事 | Comments(8)

終戦記念日

1945年の8月15日、母が終戦を迎えたのは女学校の2年生、13歳だった。
先生に校庭に座りなさいと言われ土の上に正座し、学校のラジオで天皇陛下のお言葉を聴いたそうだ。
口には出さなかったが、『これで自由になれる、よかった』と心から思ったそうだ。
同級生達もみんなそう思ったと後に話し合ったそうだ。

72回目の終戦記念日を迎えた。
昨日寝る前に読んだ新聞に載っていた『おにぎりの思い出』という作文を読ませて貰った。
横手市旭川の阿部 敏子さん73歳の書いた作文だった。

阿部さんは40年ほど前、8月15日の終戦記念日に家族それぞれが一日をおにぎり2個で過ごすことにしていたそうだ。
お子さん達が中学を卒業するまで10年ほど続けたそうだ。
その日の朝は、ご夫婦とお子さん三人分、計十個のおにぎりを作ることから始まったそうだ。
具材は梅干とおかか、みんな朝には食べなかったが、その後思い思いの時間に食べたそうだ。
子ども達はひとつだけ食べる子、一口食べて我慢する子、一度にみんな食べてしまう子、三人三様だったそうだ。
一日おにぎりたった二つ、あの空腹感には閉口したが、戦時中の親は自分の分を子どもに与えていたという話を聞いたと書いてあった。
『今の時代に生きている幸せをもっと大切にしなければと、しみじみ感じている』と結んでいた。
d0337265_2194910.jpg

お昼、家族には冷やし中華を準備したが、私は自分用におにぎりを二つ作った。
焼いたおにぎり二つ・・・一日これだけで過ごすことは私には到底無理だと思った。
今朝は朝ごはんもしっかり食べたし、晩ご飯も食べた。
でもこのおにぎりをしっかりと時間をかけてありがたく頂いた。
d0337265_210185.jpg

母とは終戦前日に爆弾が落とされた『土崎空襲』の話もした。
その日の夜、親戚の家にいたそうだが、土崎の上空が真っ赤になって見えたそうだ。

『戦争は絶対にしてはいけない』昨年8月21日に亡くなった101歳のジャーナリスト むのたけじさんの言葉が心に迫る。

むのさんは朝日新聞の記者だったが、「負け戦を勝ち戦のように報じて国民を裏切ったけじめをつける」と終戦の日に退社した。
その後故郷の秋田に戻り、横手市で週刊新聞「たいまつ」を創刊した。

終戦日梅干し一つ塩むすび 吉村摂護
******************************************************************
八月の田んぼ
 緑一色だった田んぼの色が少しずつ変わってきた。
 秋に向かってこれからどんどん黄金色になっていく。
 うっすらと色づいてきた田んぼが美しいと思った。
d0337265_2164166.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-08-15 21:09 | 季節の行事 | Comments(14)

盆花

もうすぐお盆と思っていたのに、ニュースでは都会へ帰る渋滞が40何キロとか言っている。
昨日来たいとこの一人も帰ったらしい。
彼も渋滞に巻き込まれたかな?

午前中はリハビリの先生が来てくれ、数日帰省したふるさとのお盆の話などしていった。
お赤飯に砂糖は入れるかどうか、県内でもその土地で違うらしい。

お昼ご飯の後、夫は時間をもてあましている仲間に呼び出され、出かけた。
母と盆棚からお菓子をさげてお茶を飲む。
昨日姪や甥に会って楽しかったらしく、あの子たちが幼かった日の話などして嬉しそうだった。
私も彼らともう少し話がしたかったのだが、それぞれが忙しい身、今朝はまたあの満員電車で仕事場に向かったことだろう。

秋田の郷土のお菓子『雲平』
米どころ秋田のもち米を砕いたもち米と砂糖を練って作る和菓子で、しっとりして、でもシャリシャリとした食感がある。
紫蘇の雲平(うんぺい)は塩味も効いていて、とても美味しかった。
d0337265_22511464.jpg


一族がさつと来て去る盆休み 林哲夫

昨日は朝早くから草市に出かけ、盆花を買おうと思っていたのに、大輪の菊花しかなかった。
盆の花は御先祖様が宿るとも言われているし、その花を目指してやってくるとも言われている。
だからがっかりして帰った。

帰宅していとこ達とお茶を飲んでいたら、親しくしているご近所さんがやってきた。
胡瓜と茄子の精霊馬を作ろうと思ったらきゅうりが一本もなくてねと言った。
程よく曲がった新鮮なきゅうりがあったので一本あげた。
お礼にと、御主人の実家からもらったという枝豆をくれた。

その時に今朝の草市に盆花がなかったことを話すと、『家にあるから持ってきてあげる!』という。
その花は夫の兄嫁さんが作った花で、自分の家の分は準備してあったので、必要ないからくれるというのだった。
今度は私が花を貰いに彼女の家に行った。
現在87歳の義姉はお盆になるとその家から出て行った夫のきょうだいたちに、毎年お盆のものを準備して待っていてくれるそうだ。

佛花らしくアレンジした花々は小ぶりのリアトリス、百日草、アスター、黄色の小菊がバランスよく配置され、きちんと切りそろえて、藁で結わえてあった。
そのままポンと花瓶に立てられるようになっていた。
ありがたいな~。
d0337265_22555449.jpg

リビングで私とご近所さんのやり取りを聞いていたいとこ達は、『都会にはこんなお付き合いはないな・・・』『こんな付き合いっていいね』とえらく感動していた。
お花の作者の兄嫁さんは現在87歳、腰は90度近く曲がっているが、広大な畑を耕し、たくさんの野菜を育てている。
巡り巡って我が家の盆棚に生けられた花々、温かな人の心がこもった花はいっそうきれいに見える。
d0337265_22304120.jpg


生かされてゐるを悦び盂蘭盆会 久保晴子

**************************************************************
晩ご飯
きだいの酒塩漬け、トマトのマリネ、もやしのナムル、豆腐かまぼこ、枝豆
d0337265_22375235.jpg


More からっと乾いた!
[PR]
by hanamomo08 | 2017-08-14 22:53 | Comments(14)

お盆

今朝は七時から始まる盆の草市へ行ってきた。
たくさんの新鮮野菜を買い、盆花もと思っていたら、彩のいいおみなえしやみそはぎの入った小さな花はもう売り切れだった。
高価な菊花は買う気になれず、帰宅した。

朝食の後、帰省中のいとこ達がやってきた。
横浜や仙台から5人、大賑わいだった。
美味しいシュークリームと冷たいお茶を飲みながら、思い出話に花が咲いた。
小さい頃の話、仕事の話、いくらでも話す事がある。
d0337265_219183.jpg


大きなせいろで蒸した赤飯をお土産に持たせ、またお正月にねと母と握手をして帰っていった。
その後私はお盆の料理を準備した。
はまなすの数珠も作った。
d0337265_21183794.jpg

三つ作るはずだったが、都合があって二つになった。その話は後日また。
盆棚もしつらえて、頂き物のお菓子など供えた。
d0337265_21191369.jpg

きみ(とうもろこし)と枝豆をゆで、戻しておいたぜんまいの炒め煮、蓮の葉のお供え作りなどなど。
夕方、夫が玄関で迎え火を焚き、ご先祖様をお迎えする。
秋田のお盆にはお赤飯が欠かせない。
てんこあずき(黒ささげ)の煮汁で染めた赤飯は赤というより紫に近い。
お膳には枝豆やとうもろこし、茄子と胡瓜の漬物、茄子の味噌炒め、ぜんまいの煮付け
d0337265_2122652.jpg

秋田のお盆のお供えはなかなか色鮮やかできれいだと思う。
今年もとめた蓮の葉はとても小ぶりで扱いやすかった。
明日はお酒が大好きだった父のために日本酒を供えよう。
お菓子類は口にしなかった父だった。(本物の酒飲み)
d0337265_21241222.jpg


お盆の晩ご飯はご先祖様と同じもの
d0337265_2127813.jpg

だけど生きている私たちには美味しい一品が加わった。
牛タンつくねをつまみながら、冷たいビールが美味しかった。
d0337265_21263471.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-08-13 21:27 | 季節の行事 | Comments(18)

はまなすの数珠

お盆前日は雨になった。
気温は高くないが蒸し暑く、梅雨のような一日だった。
近くに住む叔父のところへお酒とお菓子を届けたり、盆棚を飾ったりしていたら、夜になった。

お昼ごろ、知り合いの所へ行き夫とはまなすの実を摘んできた。
傘もささずに、一生懸命摘んだ。
はまなすの赤い実はご先祖様が戻ってくるときのあかりのようだと思いながら摘んだ。
所々にまだきれいな花も咲いていて、顔を近づけると薔薇の香りがする。
d0337265_20484620.jpg

摘んできた実は額をとり、きれいに洗って新聞紙の上で乾かしている。
これを糸で繋げると美しい数珠になる。
ハッとするような赤い実は盆のお供えにも彩を添えてくれる。

盆近くはまなすの実の赤きこと 大野林火 月魄集 昭和五十四年

d0337265_20514691.jpg


明日は早朝に盆の草市へいき、お花や野菜を買ってこよう。
***************************************************************
晩ご飯
 秋刀魚の蒲焼どんぶり
d0337265_20534536.jpg

 どのスーパーも高価なお刺身と出来合いのオードブルばかり。
 秋刀魚が不漁と言われているが、こんなに安い値段でいいのというほど安かった。
 開いて天ぷらの薄い衣をつけ、焼いてからたれを絡めた。
 小さなメークインを頂いたので、それでポテトサラダを作った。
 小茄子の一夜漬けは美味しくていくらでも食べられる。
d0337265_2057295.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-08-12 20:57 | 季節の行事 | Comments(6)

おみなえし咲く

お盆が近い。
午前中に行ったスーパーも大勢の買い物客で混んでいた。
お盆の準備がこの店ですべてそろってしまうほど至れり尽くせりの品揃えだった。
盆棚に供える郷土菓子や蓮の葉、スイカを買って私の買い物は終わった。
帰りに通った空き地に一面のおみなえしが咲いていた。
そういえば去年もここでこの花を楽しませてもらった。
でもおみなえしは去年よりかなり増えて見事だった。

女郎花黄の鮮らかに山の風 大橋敦子
d0337265_2227069.jpg


それにしてもこんなきれいな花にどうしてこんな漢字を当てるのだろう?

漢字では書かぬときめしをみなへし 木村茂登子

午前中はいい天気でむこうの山と空が背景になってとてもきれいだった。
d0337265_223028.jpg


ここはもともと田んぼだったところで、細い道からもかなり低い場所にある。
先日の大雨でかなり水が上がってしまったと思うが、この花の生命力には驚かされた。

淡淡あはあはと嵐のあとの女郎花 和田森早苗

おみなえしは風が吹くと揺れあって、その揺れる様子が美しい。
お盆のお墓参りには必ずこの花も持っていった。
あかむらさきのみそはぎと黄色のおみなえしの組み合わせはきれいだった。

揺れあうて噂話か女郎花 安西可絵

d0337265_22434847.jpg

帰ってから母とお盆の打ち合わせ。
私にとっては確認の意味だが、『かあさん、お盆のメニューの打ち合わせしよう♪』と言ったら母がとても嬉しそうだった。
『こわえまんま蒸かして、ぜんまいの炒め煮作って、あと枝豆ときみゆでればいいな~』と言った。
こわえまんまは赤飯のことで、強い(こわい)は硬いご飯のことを言ったそうだ。
それに焼き魚でも添えておいしい水茄子の漬物でもあればいいな~と思った。

晩ご飯は赤魚の煮付けにした。
冷凍だが大きくて脂が乗っていてとても美味しかった。
d0337265_22455397.jpg

細い胡瓜で漬けた辛子漬けも美味しく漬かっていた。
d0337265_22465969.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-08-11 22:54 | 草花 | Comments(12)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

夕日を受けて
at 2017-08-20 20:54
夏薊(なつあざみ)
at 2017-08-19 16:13
元祖 メロン
at 2017-08-18 17:30
日暮れ
at 2017-08-17 23:08
送り盆
at 2017-08-16 21:26

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

青目 ついこの間まで、..
by aomeumi at 18:43
>haruさん こんに..
by hanamomo08 at 17:30
> Dekoさん こん..
by hanamomo08 at 17:21
> unburroさん ..
by hanamomo08 at 17:16
> PochiPochi..
by hanamomo08 at 17:02
> nanaさん こん..
by hanamomo08 at 16:56
>こんのさん こんにち..
by hanamomo08 at 16:51
> oshibanayo..
by hanamomo08 at 16:49
あざみの紫がなんと美しい..
by sidediscussion at 16:41
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 16:38

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索