いまごろ?

こんな雪国でも元旦の神社はものすごい込みようで、駐車スペースも限られているので『後にしよう』ということになっていたが・・・・・。
あっという間に一月は過ぎ、もう二月も半ばになった。
古いお守りやらお札も納めなければならないので今日『初詣』に出かけた。
今頃初詣?と笑われそうだが、お賽銭をあげ、家族の健康をお祈りしてきた。
遅い初詣、お賽銭も小額、自分の都合で来た・・・・3拍子そろっていいかげんなので、お願いは『健康』をひとつだけ。
我が家のあたりとは比べ物にならない雪の量でびっくりした。
d0337265_1795459.jpg

結んだおみくじの上にも雪が降り積もっている。
d0337265_17103188.jpg

秋に来た時『しおん』が咲いていたポストのある場所には干しもちが掛けてあった。
d0337265_17123086.jpg

私も干し餅作ってみたいな。
d0337265_17124816.jpg


帰り道、田んぼも畑もすべて雪に覆われ、畝の上に降り積もった雪はやわらかい曲線を描いていた。
d0337265_17152100.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2016-02-11 19:30 | おでかけ | Comments(10)

銀世界 ふたたび

少しずつ日の出が早くなり、東の空にほんのり茜色を見つけるとうれしくなる。
外に出てみるとまた一面の銀世界、朝一番の雪かきをする。
まだ朝の6時なのにあちこちからザックザックと雪をかく音がしていた。
d0337265_22371942.jpg

お弁当を作る。
もどしておいたすき昆布で煮物を作る。
おにぎりの中身は梅干と錦松梅、にんじんを入れただし巻き卵を焼く。
ほうれん草のおひたしに味をつけて詰める。
d0337265_22422047.jpg

今朝もかなり冷え込んだ。
ベランダに出てみると、屋根からだけでなく、ベランダの手すりにまで小さなツララがたくさん下がっていた。
d0337265_2244544.jpg

訪問看護師さんがみえて、二月の寒さはやっぱり違うと話した。
母の手足を念入りにマッサージしながら、『このごろどんなものを作ったらいいか、献立が思いつかずに困っている』と言う。
きっちり一週間分立てておくのも難しそうだから、前の日に翌日の分を決めておいたらと言ってみるが、私自身も実行しているわけではない。
買い物に行って、食べたいものが決まる日だってある。
聞いてみると、やっぱりお肉の日が多く、魚は下ごしらえが面倒なのでお肉のほうが簡単にすませられるという事だった。
忙しい毎日の暮らしの中、何とか楽しく食事できたらいいねと励ました。
d0337265_22561645.jpg


午後1時間だけ片付け、その後は母にゆっくり付き合った。
新聞を読んであげ、一緒にココアを飲み、昔の話にもすこし耳を傾けた。
母の表情が和らいでいるのがわかる。

晩ご飯は先日栗原はるみさんが紹介していたセロリつくねにした。
新鮮なセロリがあったので、細かく刻み玉ねぎといためてから、お肉と合わせた。
d0337265_2381044.jpg

それに添えたのが『寒しじみ』
d0337265_23104312.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2016-02-10 22:57 | 自然 | Comments(8)

かどの三五八漬け

今でこそ鰊のことを『にしん』というが、ちょっと古い秋田の人はこの魚を『かど』という。
調べてみると、『かど』という呼び名は東北のあちこちに見られ、鰊の古名だそうだ。
室町時代の古い辞書にも『かど』という魚名が載っているらしい。
そして、鰊の卵は『かどのこ』と呼ばれていたらしい。
かどのこ・・・・・かずのこ 似ている。

小骨が多くて食べるのは苦手だが、季節の魚だし、夫も母も好物なので買ってきた。
かどは水分が多い魚なので、今回は三五八に漬けておいた。
二日漬け込んだ物を焼いたら香ばしくてとても美味しかった。
油の多い魚にはたっぷりの大根おろしを添えて。
d0337265_204162.jpg

塩漬けにしたものを切って、鍋に入れると秋田の人たちの大好きな『かどかやぎ』
夫は魚をとても上手に食べる。
かどもこの通り、これだけしか残らない。
d0337265_2011033.jpg

今夜は焼き魚のほかに、ほうれん草のおひたし、えのきとお豆腐の味噌汁、蕪の浅漬けの献立。
************************************************************
湿雪
このごろネットで天気を見ると、ただ雪というだけでなく、湿雪と乾雪のマークが出る。
d0337265_20465728.jpg

湿雪は『濡れ雪』と言ったりする。
降ってくる時は白い雪なのだが、水分を多く含み、地面に落ちるとシャーベットのようになっている。
もう少し水分を多く含んでいれば『水雪』となり、雨が混じれば『みぞれ』となるのだろう。

おべんとう
(しょうゆ卵、昆布巻き、牛肉と野菜の炒め物、蕪の浅漬け、黒豆
 
d0337265_20482713.jpg


More どらやき
[PR]
# by hanamomo08 | 2016-02-09 21:15 | 美味しいもの | Comments(16)

ままごと

今日は旧暦では元旦。
朝からもさもさと雪が降って気温があまり上がらなかった。

先日青目さんが雪のかかったブロックを暖かな毛糸の編み物のようだと素敵な表現をしてくださった。
そこが今朝はふんわりとした雪でびっしりと覆われていた。
d0337265_20412947.jpg

とめどなく空から落ちてくる雪を眺め少々うんざりしていたら、午後には消えてしまった。
d0337265_2040272.jpg

先日こちらでも蠟梅が咲いたというニュースがあったし、あと少しの辛抱だろう。

散歩の途中、可愛い姉弟に出会った。
小さい弟を真ん中にし、手を繋いで歩いていた。
すれ違いざまに、『バイバイ』と言って手を振ってくれた。
d0337265_20585821.jpg

同じ道を帰ってくる時、あの三人の声がした。
声のほうへ行ってみると、ままごとの最中だった。
このあたりでも、こうして外で遊んでいる子供は珍しい。
大きなお鍋に雪をへらで詰め込んで、パタッと返して超特大アイスの出来上がり。
私が子どもの頃も、ままごとには雪が、欠かせないものの一つだった。
『大きなアイス美味しかったよ♪』
d0337265_219748.jpg


***********************************************************
晩ご飯
  
牡蠣フライ、春菊とにんじんの白和え、
d0337265_21294282.jpg

紫蘇巻き
d0337265_21301327.jpg


おべんとう
 鮭弁当(蕪の一夜漬け、ひじきの煮物、ささみの寒麹付け)
 くだもの・・・・はっさくと文旦
d0337265_21352476.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2016-02-08 20:40 | 日々のこと | Comments(12)

雪祭り

友達の手伝いでボランティアに出かけた先で、懐かしいイベントに出合った。
我が家の子ども達も小さい頃よく出かけた『わらしっこの雪祭り』
高いビルの一室からみると、小さく見えて、まるで絵本の一ページを見ているようだった。
d0337265_2041286.jpg

長い、長いすべり台、雪で作った猫バス、ポニーがひく馬橇、そしてなつかしい『はこぞり』
d0337265_2175743.jpg

『箱ぞり』は赤ちゃんはだめだが、冬の幼児の乗り物だった。
私も小さい頃これに入って、大人に押してもらっている写真がある。
使い古しの毛布などを敷いて暖かくしていたが、吹雪になれば寒かったと思う。

母にも『箱ぞり』の思い出を聞いたら、腕のいい大工さんが作ったもので、屋号が入っていたのだという。
そして箱ぞりには大きなものもあって(大人用)、冬にお医者さんを迎えに行ったこともあったらしい。
空っぽの箱ぞりを押して病院まで行き、お医者さんを乗せてきたという。
帰りもまた送っていったのだろう。
今よりもずっと厳しかった冬、昔の人たちは随分大変だったなあ。
d0337265_20564755.jpg

雪降りしきる中、ハッカパイプやお面のお店も出ていた。
d0337265_20581322.jpg


帰り、NHKの建物に青空が映っていた。
とても寒かったが、晴れていてこれが二月の空か?と思った。
d0337265_215770.jpg

*************************************************************
玄米の醤油おにぎり
 疲れて帰宅し、食べたのは玄米で作った焼き醤油おにぎり
 やわらかめに炊いているが、30回ほど噛んで飲み込む。
 パクパクと食べられない分体にもいいように感じる。
d0337265_212332.jpg

おかずもこんなひなびたものばかり
 ひじきの煮物、もやしのカレーナムル、鶏ささ身の寒麹漬けを焼いたもの
d0337265_2134534.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2016-02-07 21:05 | 日々のこと | Comments(16)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

やぶかんぞう
at 2017-07-27 17:03
餡バタートースト
at 2017-07-26 16:14
梅雨出水
at 2017-07-25 17:30
一夜明けて・・・・
at 2017-07-24 20:39
氾濫
at 2017-07-23 17:09

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

> oshibanayo..
by hanamomo08 at 21:21
>anello63さん ..
by hanamomo08 at 21:15
あんバタートーストのモー..
by pass8515 at 19:12
トーストに餡子! 実は..
by mother-of-pearl at 10:51
トーストどっちも鰯塩焼き..
by saheizi-inokori at 10:07
餡トースト好きです。 ..
by unburro at 08:17
東海地方では「小倉トース..
by やっこ at 07:43
雨が収まって良かったです..
by sidediscussion at 04:27
青目 餡トーストは名古..
by aomeumi at 22:12
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 09:30

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索