ペコロスさん

『ボケることも 悪か事ばかりじゃ なかかもしれん』映画の中で流れるナレーション。
そう思えるまでにはたくさんの葛藤があったに違いない。
自分の親であるがゆえに、そう思いたくない気持ち、情けなさなど悩んだ末の言葉であろう。
今まで覚えていたことを一つずつ忘れていく母。
ハゲちゃびんの息子のことも帽子をかぶっていくと別の人だと思ってしまう。

エンディングテーマは一青窈の美しい歌『霞道(かすみじ)』
長崎の異国情緒あふれるランタン祭りの美しい風景にのって流れた。
今を忘れてしまったおかあさんは亡き夫や亡き幼馴染に会っている。
私たちには見えないけれど、お母さんは確かに懐かしい顔に会って笑顔だった。

今年91歳になられた大女優赤木春江さん、何とこの映画がはじめての主役だったそうだ。
撮影当時は89歳、ご高齢で、しかも難しい役柄を見事演じきった姿には感動した。
他の出演者もすばらしい顔ぶれ、竹中直人、原田知世、懐かしい島かおりさんの姿もあった。
d0337265_20274433.jpg

昨日友人を誘って出かけた映画ペコロスの 母に会いに行くはすばらしい映画だった。
パンフレットには
『だいじょうぶ。なにかと不安もおありでしょうが、笑いと愛をおとどけします。』という言葉が書いてあった。
先日の新聞にこの映画の呼びかけ人である中村順子さんの記事『自分らしく最期まで』が載っていた。
本人がどんな最後を迎えたいか、家族はどう思っているかを考え、できることを摺り合わせ、いろんな援助を上手く使いながら自分らしく暮らせたらどんなにいいだろう。
母の事も思いながら見たこの映画、見終わって温かな気持ちになった。

官庁街の運動公園の銀杏並木が綺麗だった。
d0337265_20384937.jpg


映画の話をしながら友人の手土産のモンブランでお茶を飲んだ。
友人も昨年天国にいってしまったお母さんのことを思っていたそうだ。
d0337265_20432091.jpg

***********************************************************
晩ご飯 えびかつ(紅玉のソテー添え)
d0337265_20452524.jpg


お弁当
 秋刀魚の佃煮、卵焼き、明太子ちくわ、かぼちゃ、にんじん
 ご飯は梅干しおかか
d0337265_2047412.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2015-11-06 20:49 | | Comments(12)

柿をむく

近所の方が別荘にある柿の木が豊作だったとたくさんの柿を持ってきてくれた。
数日前、夫にも手伝ってもらい柿の皮むきをした。
小粒の庄内柿は数週間で甘い干し柿になるはずだ。
久し振りの夜なべ仕事、干し上げたら次の日になっていた。
d0337265_2229438.jpg

縄につるし、熱湯のお風呂に5~6秒入ってもらい(防腐)水をよく切ってから干した。
柿は昨日、今日といい風に吹かれ、表面がすっかり乾いた。
これから徐々に中の水分が抜けていき、渋みも抜け、甘さが残って美味しい干し柿になる。
d0337265_10311844.jpg

***************************************************************
小菊
 小菊の葉も紅葉が進んだ。
 
d0337265_2236896.jpg

 
d0337265_22375587.jpg


お弁当
 塩こぶと梅干のおにぎり、(さつまいも、秋刀魚の佃煮、漬物
d0337265_22391441.jpg

 
[PR]
# by hanamomo08 | 2015-11-05 22:41 | うれしいこと | Comments(6)

お寺のもみじ

そのお寺を訪ねたのは八月の半ばだった。
お寺の後ろには美しい山があり、まっすぐに聳え立つ秋田杉の中に青々とした大銀杏があった。
d0337265_2151659.jpg

ふとしたご縁でお寺を見せていただき、住職ご夫妻とお話させていただく機会があった。
そのすばらしい風景に見せられ、その後も何度か訪ねると、『もみじの頃に是非いらしてください』
と言ってくださった。
数日前、そのもみじを見せてもらいに夫と出かけた。
黄色に変わったあの大銀杏も遠くから見えた!
駐車場からお寺の裏山を見た、美しい!
d0337265_21593342.jpg

『とてもいい時にいらっしゃいましたね』と歓迎され、お寺の中に入った。
今度はお寺の中から裏山を間近に見せていただいた。
真っ赤なもみじが迫ってくるようだった。
d0337265_2234311.jpg

作ったものではない、自然の山の美しさが見事だった。
見上げればこちらも赤に染まりそうなくらい美しいもみじの紅葉だった。
d0337265_22292511.jpg

お寺の玄関や床の間、そのほかの場所にさりげなく生けてあるお花に品があり、美しい。
床の間には『紫式部と小さな椿の実』
椿の実がはじけて今の季節らしいいいお花だった。
茶花の話しに花が咲き、楽しいひと時を過ごさせていただいた。
表に出てお寺の前に広がっている田んぼを見た。
刈り入れからひと月ちょっとたち、田んぼはうっすらと青くなっていた。
d0337265_2211305.jpg

『うっすらと雪が降ったころも綺麗ですよ』と奥様の言葉。
静かな白と黒の世界が見られると思うと、雪の季節を迎えるのも悪くない。
d0337265_22135439.jpg

************************************************************
おべんとう
 昨日の炊き込みご飯で作ったおにぎり、卵焼き、鮭のフライ、漬物、ポテトサラダ
d0337265_22193127.jpg


お昼 春菊と桜えびのかき揚げをのせて冷たい蕎麦
d0337265_22224181.jpg

夜は牛ももステーキを薄く切って黒胡椒たっぷりで焼いたものをおつまみにワイン♪
d0337265_2223080.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2015-11-04 22:15 | 自然 | Comments(12)

私の好きな風景

週末に出かけた神社のもみじの紅葉はすばらしかった。
その神社には母が元気な頃も一緒に何度も出かけた。
神社にお参りするのはもちろんだが、境内に『ウコギ』の木があって、春の新芽を何度か摘ませてもらった。
神社の前には飲み物やアイスクリームが置いてある小さなお店があり、律儀な母はそこで飲み物を買ってから、お店の人にお願いして摘んでいた。
お店の人もそれが食べられる木だとは知らない様子で、いつも快く摘ませてくれた。
だからそこは母にとっても思い出の場所なのだ。

先日、久し振りにそこを訪ねて、昔と何も変わっていない風景に嬉しくなった。
店の前には小さな郵便ポストがあって、宅配便の看板もあった。
まだ紫苑の花がきれいに咲いていて、変わらぬ様子を母に見せようとカメラにおさめた。
d0337265_215732.jpg

その横には作業小屋があって、冬の間に使う薪がきれいに摘まれていた。
母屋のほうに薪を運ぶ『ねこ』や長靴、自転車も置いてあった。
そこには確かな『暮らし』があって、こんな風景を見るとなぜかとても心落ち着く。
d0337265_2265326.jpg


今日はこんな風景に出会った。
玄関先や車庫の中にたくさんの菊の鉢が並んでいた。
d0337265_21453424.jpg

車庫の花はこの字型に並んでいて、横のほうに目をやると菊の鉢の上には玉ねぎがかかっていた。
ここも人々の穏やかな暮らしを感じさせる、私の好きな風景だ。
d0337265_21482119.jpg

**************************************************************
晩ご飯
 初ハタハタはまだまだ小さいが皆ぶりこだったので買った。
d0337265_21532024.jpg

 春に冷凍した孟宗筍、まいたけ、にんじん、牛蒡、薄揚げで炊き込みご飯を炊いた。
d0337265_2222569.jpg

 
[PR]
# by hanamomo08 | 2015-11-03 21:16 | おでかけ | Comments(8)

庄内柿の枝

昨日のこと、美しい風景の中を散歩中、柿もぎに精を出す家があった。
最近では柿の木があっても、もがずにそのままの家が多く、高い脚立に上って柿をもぐその姿はとてもよかった。
聞けば、いまは別の場所に家があって、柿の木だけになった我が家跡に毎年こうして来ているとの
ことだった。
散歩の途中だと話すと袋にもいだ柿を入れてくださり、これは枝つきだから玄関にでも飾ってとくださった。
d0337265_20455489.jpg

何でも去年は豊作だったから今年はならないと思っていたら、今年も鈴なりだと喜んでいた。
私にくださった枝にもびちびちと七個の柿の実がついていた。
d0337265_20461537.jpg

いただいた柿は今日渋抜きをして封をした。
綺麗な照葉の上の小さな柿がいとおしい。
d0337265_20462947.jpg

収穫が終わった柿の木の向こうには美しい草紅葉が見えた。
d0337265_2049548.jpg

*********************************************************************
浮世絵のような空
 夕方4時、気温は7度くらいで冷たい雨が降っていた。
 用事があって夫に電話すると、『今、空が綺麗で浮世絵のようだよ』という。
 早速上の部屋に行ってみた。
 雨が降っているのに美しい空だ。
d0337265_20545793.jpg

 本当に浮世絵のような色合いの空だ。
d0337265_20553610.jpg

晩ご飯
 秋鮭の一口フライ、ゆで卵があったのでタルタルソースを作った。
 レモンも絞ってかけたらさっぱりとした味。
d0337265_2058169.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2015-11-02 20:58 | うれしいこと | Comments(10)


日々折々のこと


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

春昼
at 2017-04-23 20:40
花見弁当
at 2017-04-22 22:06
さくら さくら
at 2017-04-21 20:44
コロッケ
at 2017-04-20 20:32
芽吹き
at 2017-04-19 17:01

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

↑Pochipochiさ..
by Deko at 19:32
お花見をしながらお弁当を..
by Deko at 19:22
「願くば 花の下にて 」..
by PochiPochi-2-s at 13:15
わぁ~本荘公園にお花見に..
by mosaku319 at 13:05
小さかった頃のお城の公園..
by PochiPochi-2-s at 12:47
雪国の人のお花見はほんと..
by saheizi-inokori at 10:24
> sidediscus..
by hanamomo08 at 07:55
>こんのさん おはよう..
by hanamomo08 at 07:49
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 07:47
> mosaku319さ..
by hanamomo08 at 07:43

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索