母と新年会

三連休の真ん中の今日は朝から激しく雪が降った。
カーテンを開けるとエゴの木には雪の花が咲き、寒らしい冷え込みだった。
d0337265_16534611.jpg

昼近くになって雪は小止みになり、屋根の雪もザーザーと落ちてきた。
西の窓から見えるいつもの風景を眺める。
d0337265_16553060.jpg


夫は朝早く友達のところに出かけた。
元旦から何度もやっているくせに、『初麻雀』と言う名目で出かけた。
小正月は15日だが、私たちも『新年会』という名目でお楽しみをしようという事になった。

朝、炊きたてのご飯を半搗きしてだまこを丸めた。
d0337265_16592069.jpg

これを魚焼き機であぶってこんがりと焼き色をつけたかったが、母が食べられないといけないので
表面を乾かす程度に焼いた。

後はきりたんぽの手順と同じで、最後にせりを放し、『だまこもち鍋』の出来上がり。
きりたんぽを作る杉棒も持っているが、作るにはだまこの方が簡単でいい。
あちこちからいただいたがっこを切り、先日煮た花豆をだして新年会のはじまり。
グラスに入った白いものは夫の元上司の奥様が作ってくれた甘酒
何倍かに薄めてどうぞと書いてあった。
d0337265_1744051.jpg

滑らかな舌触りのとうふかすてらも、ハタハタ寿司もその方の手作りだ。
今年は質素な食卓が彼女の料理に随分助けられた。
d0337265_1792399.jpg

母と昔話をしながらゆっくりとだまこもちを食べ、初売りで買った美味しい和菓子もしっかりお腹に納まった。
d0337265_17114245.jpg

検索したらこんな俳句が見つかった。
『美しき日本の遠き小正月』

満腹になって、晩ご飯の準備がはかどらない、どうしよう。
[PR]
# by hanamomo08 | 2016-01-10 17:05 | うれしいこと | Comments(18)

ちっちゃな青果店

朝8時半、リハビリに出かける母に新聞を読んであげるひととき。
断捨離のやましたひでこさんが新しい本を出したという記事の右下に読者が投稿する『えんぴつ四季』というコーナーがある。
市内にお住まいの若松航子さんのエッセイが載っていた。
現在71歳の若松さんは昨年12月休憩スペース付きの小さな青果店を開いた。
旬の野菜や果物を美味しく食べていただき、そこを高齢者の人たちの交流の場としても楽しめるようにとの思いで開いたお店だった。
d0337265_20545167.jpg

さかのぼること45年前、夫に先立たれた若松さんのお母さんは、その翌年食品店を開いた。
そのお店を娘の航子さんも手伝い、お店は大繁盛した。
しかし、時代の変化で小売店が次々消えていった。
若松さん親子のお店も2008年に閉店する。

お店をやめて、訪ねてくれる人がいなくなると、お母さんはとても寂しがった。
『誰もきてくれねくて寂しいなあ~』母の言葉を何度も聞いた娘の航子さんは一念発起!
『親孝行につながれば万事よし』とのおもいで、小さな青果店を開く決意をした。

94歳のお母さんは陳列した商品を笑顔で眺め、お店に来てくれる人との会話も弾んで幸せそうだという。
素敵なエッセイの題は
  『ちっちゃな店~母への贈り物』だった。
いっぱい買ってくれたお客さんには配達のサービスもしているという。
お母さんを喜ばせたくてはじめたお店はたくさんの人も喜ばせるお店になっていることだろう。
春になったら私も行ってみよう。
その頃ちっちゃな青果店には何が並んでいるだろう?
新鮮な野菜の隣にはとれたての春の山菜もあるかもしれないな。
d0337265_20492883.jpg

**************************************************************
きのこソテー
 旬のちぢみほうれん草とベーコン、ブナシメジをバターでいためた。
 一日出かけていたので、北海道の大きなシマホッケの干物を焼いて簡単な夕食。
d0337265_20581547.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2016-01-09 20:52 | うれしいこと | Comments(8)

茶碗蒸し

カレンダーをみると21日に『大寒』と書いてある。
一年で一番寒い時期に突入した。

ぬれ雪だが午後からは真っ白になるほど降って、とても寒くなった。
夕方表に出たら、並んで歩いた足跡がみえた。
こんな寒い日でもまじめにウオーキングする人がいる。
ワンちゃんのいる家庭ではどんな天気でも休むわけにはいかないのだろう。
d0337265_209161.jpg


骨董の蓋つき茶わんは角館に紅葉を見に行った時に買ったもの。
お正月になると出してあれこれ入れて楽しんでいる。
寿の文字が書かれているのでおめでたい席のものだろう。
d0337265_20172317.jpg

かつお節と干しいたけでだしをしっかり取り、百合根をたっぷり入れて茶碗蒸しを作った。
Mサイズの卵4個、だし汁600ccの割合で卵液を作り、蒸し器に入れ中火で5分、弱火で3分これでちょうどいい蒸し加減だった。
青みがないな~と思っていたら『豆苗』が残っていた。
年越し蕎麦に使ったなるとも使い切ろう。
柚子の皮は香り付けに。
かたさもちょうどよく、とても美味しくできた。
d0337265_20211449.jpg

百合根や栗がなくても、お豆腐入れたり、小さくきったお芋を入れたりして寒い間はちょこちょこ作ろうと思った。

こっちは広島菜の一口おむすび。
昆布たっぷりの葉っぱのところを洗い、お醤油を少しまぶし、一口に握ったご飯を葉っぱで包む。
昆布のいい味が浸みていて、一口なのでいくらでも食べられる。
d0337265_20255543.jpg

もう一つ、広島菜を刻み、ごま油で炒め、お醤油、一味唐辛子をふって仕上げる。
滋味深い美味しいふりかけが出来上がった。
これを混ぜたご飯でお結びを作っても美味しそうだ。
d0337265_20274760.jpg


おべんとう
 牛蒡のたらこ炒り、ポテトサラダ、薄いソースカツ、ブロッコリー、ゆかりご飯
d0337265_20285137.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2016-01-08 20:22 | 美味しいもの | Comments(6)

七草粥

毎年のことだが、家にあるもので七草粥を炊いた。
これを食べると一年間風邪を引かないという言い伝えがある。
それはどうかわからないが、寒い日の朝に野菜たっぷりのお粥は体が温まった。

大根、牛蒡、にんじん、雪菜、大根葉、豆苗、きのこを鰹節のだしで炊いた。
味付けは塩だけであっさりと。
野菜から出る美味しいだしと塩だけでとても美味しいお粥になった。

一口食べた後、母が蕨も入れれば美味しかったねと言った。
今年は少しだけど、蕨を塩漬けにしておいた。
どうしてこう毎年忘れてしまうのだろう?
2次栽培した豆苗はお味噌汁にも入れたが、あの独特の臭みが消えている。
やはり、二番煎じは栄養がないのかな?
d0337265_20583694.jpg


昨日は二十四節気の『小寒』だった。
暖冬なのだろうが、小さくても寒に入るとやっぱり寒い。
今日も午後ものすごい吹雪になった。
d0337265_2133996.jpg

お正月も今日で一区切りついたので、手ぬぐいを替える。
頂き物だがとてもおめでたい手ぬぐいだ。
一番下に母の干支『ひつじ』が描かれている。
父方の叔母がさる年だった。62歳で亡くなった。生きていたら今年年女だった。
d0337265_2183570.jpg

今日もいつもと変わらぬ木曜日。
暖房の効いた部屋は意外に髪の毛が汚れる。
昼まえに母のシャンプーをした。

ちびちびと作っている正月らしい料理、今日は秋田の『牛蒡のたらこ炒り』
これは少しだけみりんで甘みをつける。
夜のワインに最後になったハタハタ寿司と一緒におつまみにした。
d0337265_21113696.jpg


お弁当
きんとんに煮林檎、卵のハムまき、サラダ、ほうれん草の胡麻和え
d0337265_2112226.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2016-01-07 21:13 | 料理 | Comments(14)

ぽつりぽつりと作る

暮れに煮たいと思っていた花豆は私のまさかのアクシデントでもう一度食品庫にしまわれたが、年が明けてからじっくりと二日~三日かけてもどした。
乾燥していたときも特大だった花豆がさらにふっくらとし、美味しく炊き上がった。
d0337265_20131311.jpg

一度ゆでこぼしてから、圧力鍋で炊いた。
やわらかくなってから、お砂糖と塩をいれ2~3分溶かす程度に火を入れた。
すぐに食べてみたいのをぐっと我慢して、それを一晩味を含ませた。
大きな豆だからじっくりと味を含ませた。
煮汁にとっぷりとつけて保存するとしっとり感が損なわれない。
d0337265_20164483.jpg


新年早々にいただいた『わらさ』も、毎日食べているとだんだん飽きてくる。
何とか目新しく美味しく食べる方法をと考えたら、柚子があることに気がついた。
『幽庵焼き』があった!
日本酒・醤油・みりんに漬け込んでいたわらさにさらに柚子を漬け込み、こんがりと焼いた。
こんがり焼けてからまたたれをかけ、柚子の果汁を絞った。

絞った人は母で、漂う柚子の香りを楽しんでいた。
d0337265_202466.jpg

皮ごと絞った柚子はとてもいい香りで、魚の味をさらによくしている。
d0337265_20255271.jpg


ぽつり、ぽつりと作った正月料理、明日も何か作ろうと思っている。
***************************************************************
勘違いしたの?
もしやと思って家の東側に行って見ると。出ていた出ていた。
でも春のように日が差さないから、蕗のとうは開いていなかった。
薄氷の張った枯れ葉の間からあおあおとしたばっけが顔を出していた。
d0337265_20311078.jpg


雪がちらついて寒い日だったが積もるほど降らなかった。
午後、買い物に行く途中、川には水鳥がいた。
つがいの鴨が見えた。
d0337265_20342220.jpg

懐かしい砂利道も見つけた。
幼い頃のままごとではこの泥水もコーヒー牛乳になった。
どこもかしこも舗装されてしまって、こんな水溜りを見つけるのも簡単でなくなった。
d0337265_20374723.jpg

明日は雪になるらしい。
でも本当かな?
d0337265_20383986.jpg


お弁当
 お正月だからお稲荷さんも華やかに!
 きんぴらごぼうを細かく刻んで酢飯に混ぜ、錦糸卵を飾った。
d0337265_20394554.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2016-01-06 20:39 | 美味しいもの | Comments(8)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき

未分類

最新の記事

柿に綿帽子
at 2017-12-17 17:27
薮柑子
at 2017-12-16 20:05
蓮根
at 2017-12-15 21:39
断る勇気
at 2017-12-14 16:02
堺のけし餅
at 2017-12-13 20:11

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

> PochiPochi..
by hanamomo08 at 16:51
やぶらこうじのやぶこうじ..
by unburro at 11:00
ネット・サーフィンしてた..
by こんの at 09:17
落語の「寿限無」のなまえ..
by saheizi-inokori at 07:50
あら、いけたわ。 昨夜..
by PochiPochi-2-s at 19:37
>saheiziさん ..
by hanamomo08 at 17:33
> oshibanayo..
by hanamomo08 at 17:31
>2017-12-15 ..
by hanamomo08 at 17:21
> PochiPochi..
by hanamomo08 at 17:17
>Dekoさん おばん..
by hanamomo08 at 17:01

ブログパーツ

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...
rin時日報3

外部リンク

検索