山粟(やまあわ)

夜中三時頃、激しい雨で目が覚めたが、朝になって雨は止んでいた。
晴れていても、今は梅雨の季節、やっぱり蒸し暑い。

リハビリに出かける母はカーディガンを羽織りたいと言い出した。
今日は暑いからTシャツで大丈夫だという私の意見をなかなか聞き入れない。
高齢になると暑さ、寒さを感じにくくなるようだ。
結局寒かったら着るようにと荷物の中に入れてやることで納得!あ~あ。
私もこんな風になるのだろうか?とちょっと嫌になる。(笑)

今日は自分のためだけに一日使いたいと思ったのだが、現実はそうもいかない。
なるべく涼しいうちに買い物を済ませた。
昨日から皇太子ご夫妻が来県されており、大きな道路はものすごい警備体制だ。
その大きな道路を避けて、小さい道を通っていたらものすごく豪華な紫陽花を見つけた。
これほど大きな株になるには何年くらいかかったのだろう。
紫陽花の季節には毎年来てみようと思った。
d0337265_23322164.jpg


そこからまた通ったことのない道に出たら、今まで見たことのない草を見つけた。
直感的に『稲』・『稗』・『粟』を連想した。
穂が垂れてとてもきれいだった。
d0337265_017197.jpg

淡い黄色のこの植物は『山粟』だった。
初めてみる草で、ブログに書きたいと思い調べ始めたらかなり時間がかかってしまった。
夏の終わりには、にこの淡黄色野きれいな色は茶色になってしまうそうだ。
もしかしたら、秋になって茶色になったこの草は見ているのかもしれない。
穂が出始めた初夏の山粟の色を見たのが初めてだったのかもしれない。
ゆさゆさと風に揺れる淡黄色の山粟を見て、PochiPochiさんならきっと素敵な絵に仕上げるのだろうな~と思った。
山粟というが形状が粟に似ているからで、分類はイネ目イネ科ノガリヤス属 となっていた。
d0337265_234855.jpg

??????????????????????????????????????????????????????????????????
お弁当
ササミとパプリカ、きぬさやのマヨネーズ炒め、芋天、夏野菜の煮浸し、ちくわ、おかひじき
d0337265_23501283.jpg


晩ご飯
買い物に行ったら新鮮な鯵と鰹が安くてお刺身にした。
ローストビーフはワインのおつまみ
d0337265_23514944.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2017-07-12 22:53 | 草花 | Comments(6)

熱帯夜

北国の夏は夜になるとスッと気温が下がり、窓から涼しい風が入ってくるのだが、ここ数日寝苦しい夜が続いている。
1時半に一度目覚め、また眠っておきたのが4時前だった。
外の気温はどうだろうと窓を開けたら、きれいな朝焼け!
カメラを持ってきて撮った。
夜空と朝の空がうっすらと交わった美しい色合い。
寝苦しい夜だったがご褒美を貰った気持になった。
もう一度寝て2時間後に目を覚ました。
d0337265_2045237.jpg


今夜は鯛のお刺身
真鯛とチダイをお刺身にした。
こちらはマダイ
d0337265_20485926.jpg

こちらがチダイ
d0337265_20492182.jpg

チダイの方が少しだけ身が柔らかいがどちらも脂がのってとても美味だった。

おから
道の駅で買ったしっとりしたおからで作ったおかずとお菓子
胡瓜、新玉ねぎ、ハムを入れたサラダ
初物の秋田産そら豆と一緒に頂いた。
d0337265_20513081.jpg


おからどーなっつ
煮ておいたかぼちゃをつぶして混ぜた。
粉とおからをあわせたとき10グラムほどのとかしバターを混ぜたら風味がいい。
おからと小麦粉は2対1、水でなく牛乳を使った。
d0337265_20552897.jpg


おべんとう
鮭と梅干の海苔おにぎり
d0337265_205895.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2017-07-11 20:58 | 自然 | Comments(10)

鯛茶漬け

昨日友人4人と一緒につりに出かけた夫は、夜7時過ぎ、真鯛を釣って戻った。
d0337265_2224582.jpg

夕べはご飯が済んでいたので、今晩『鯛茶』にした。
透きとおるような鯛の白い身を胡麻だれに漬け込む。
ご飯の上に盛り、アラと昆布でとっておいた熱々のおつゆをかける。
鯛の身がうっすらと白くなっていく。
d0337265_22251857.jpg


夏野菜の揚げびたしは朝のうちに作って冷やしておいた。
茄子だけ揚げて、他の野菜はレンジにかけてある。
入っている野菜はズッキーニ、にんじん、玉ねぎ、黄パプリカ、トマト、茄子。
d0337265_2232258.jpg


あっさりとした中にもしっかりと旨みがあるのが鯛という魚。
アラから出ただし汁はたっぷり作って、じゅんさいのお吸い物にした。
鯛のきれいなあぶらがキラキラ光る。
d0337265_22343337.jpg


**************************************************************
猛暑日 33度あった!
梅雨であることを忘れてしまいそうな暑さだ。

テレビからもラジオからも、『冷房をつけ、こまめに水分をとって体調管理を』という言葉が流れている。
この猛暑は明日までで、水曜日は雨になり気温も26度くらいになるという。
それに期待して、あした一日何とかやり過ごそう。

散歩の途中で見つけた白い素敵なお宅の紫陽花。
d0337265_2241627.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2017-07-10 22:41 | 美味しいもの | Comments(6)

炎天

5時半、この時点でもう暑い!
釣りに行く夫のお弁当を作り、早めの朝食。
昨日道の駅で買った『シンシア』という女性の名前のような新じゃがを味噌汁に入れ、ブロッコリーをゆでてベーコンエッグを焼く。
洗濯物を干しにベランダに出ると、救急車の音が聞こえる。
それほど近くでもないが、遠くでもない。
何度か救急車を呼んだ経験のある私だが、この音はどうしても耳に慣れない。
母はイオン飲料の類を好まないが、試しに・・・・と思って飲んだものが気に入ったらしくほっと胸をなでおろした。

駅前に用事があって、出かけなければならなかった。
『今日はすごく暑いぞ!』と自分に言い聞かせながら表に出た。
紫陽花はちょっと元気を失っているが、鉢植えの薔薇はどれも皆元気にしていた。
薔薇に少し元気をもらって、いざ炎天の下へ。
こんな日は一本の電柱の影でもありがたいが・・・・・。

電柱の影に先客真炎天 清水公治


エアコンの効いた部屋から太平山を望む。
いつもよりちょっと街の顔をした太平山だ。
d0337265_23291983.jpg

思ったよりも早く用事が済み、デパートへ。
日曜日だからというよりも、暑いからという理由かものすごい人だった。
真っ赤に熟した秋田のトマトが大きな盆ざるに積まれている。
大きそうなのを選んでかごに入れた。
バック一つで外出しても、主婦の帰り道はいつも思い荷物がもれなくついてくる。
今夜の一品は火を使わない塩トマトに決めた!

炎天に負けてはならぬ母達者 竹内美智代


空はすでに夕方の表情になっている。
ご近所の松の新芽がこんもりと塀から出ている。
早く涼しくなって欲しいと願いながら帰った。
d0337265_23421748.jpg

家のそばからまた救急車の音。
北国の32度は厳しい暑さ、明日は更に一度上がる予報が出ている。
梅雨明けかと勘違いしそうだが、来週はまた雨のマークもあったようだ。

晩ご飯
 小海老のフライ、塩トマト、いそがきの味噌汁
d0337265_23463199.jpg


More 頑張れ!
[PR]
# by hanamomo08 | 2017-07-09 23:19 | 日々のこと | Comments(4)

男鹿半島の北側に 北浦という地区がある。
その地区の山の斜面に建つ雲昌寺は紫陽花の咲く寺として知られている。
境内に1200株あると言われる紫陽花に会いたくて、近所の友人を誘って出かけた。

車で1時間40分、昔ながらの細い商店街を抜けて着いたお寺の紫陽花は吸い込まれそうな美しい青だった。
副住職の古仲宗雲(しゅううん)氏が15年かけて育ててきた見事な紫陽花に感激した。
竹林と紫陽花のコントラスト。
d0337265_21122543.jpg

竹林のむこうに青い海が見える。
北浦漁港を見下ろす場所に建つお寺だった。
今年設けたという見晴台まで歩いていってみる。
青い紫陽花のむこうには青い海・・・・ため息が出るほどの美しさだった。
d0337265_2114069.jpg

散策道を下ったり上ったり、紫陽花を見に関東から来た方に会う。
『鎌倉の紫陽花寺以上にすばらしい。』と言っていた。
振り返って本堂を見る。ここも一面の紫陽花、お寺が紫陽花色の雲に浮かんでいるようにも見える。
d0337265_2118558.jpg

本堂に向かって上る。
両側の紫陽花がまたすばらしい、あたりの空気も青く染まりそうだ。
d0337265_2120273.jpg

ほの暗い小路に立つ優しい顔の石仏、一輪のまだ色づく前の紫陽花が咲いていた。
d0337265_21222471.jpg

お賽銭をあげ、手を合わせる。
ここにも紫陽花がいけてあった。
d0337265_21241313.jpg

手水鉢にも紫陽花が浮かべてあった。
d0337265_21253441.jpg

もう一度海の前の紫陽花を見に引き返す。
d0337265_21274641.jpg

何度も振り返り、目に焼付け心にも留めお寺を後にした。
グラデュエーションの美しいこの紫陽花も何日かかけて青く染まるのだろう。
d0337265_21285634.jpg


近づきて近づくほどに濃紫陽花 安藤久美子


More車にも紫陽花が・・・・・・
[PR]
# by hanamomo08 | 2017-07-08 21:40 | 草花 | Comments(24)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

やぶかんぞう
at 2017-07-27 17:03
餡バタートースト
at 2017-07-26 16:14
梅雨出水
at 2017-07-25 17:30
一夜明けて・・・・
at 2017-07-24 20:39
氾濫
at 2017-07-23 17:09

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

> oshibanayo..
by hanamomo08 at 21:21
>anello63さん ..
by hanamomo08 at 21:15
あんバタートーストのモー..
by pass8515 at 19:12
トーストに餡子! 実は..
by mother-of-pearl at 10:51
トーストどっちも鰯塩焼き..
by saheizi-inokori at 10:07
餡トースト好きです。 ..
by unburro at 08:17
東海地方では「小倉トース..
by やっこ at 07:43
雨が収まって良かったです..
by sidediscussion at 04:27
青目 餡トーストは名古..
by aomeumi at 22:12
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 09:30

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索