花疲れ

3連休明けの土曜日は雨になった。
母は土砂降りに近い雨のなか、リハビリの車が迎えに来て出かけた。

座ってしまうと居眠りが出そうな天気なので、気になっていたクローゼットの片づけをした。
この前片付けた時は、残しておこうと思って箱に入れておいた服をもう一度見直す。
その日によって自分の捨てる残すの基準も違うのか、やっぱり処分しようと思う服がたくさんあった。
未使用の寝具が多い。
お付き合いのお返しで頂いたもの、母がよこしたもの、私が買ったものはない。
友人のところのバザーに協力しようか。
どうしても処分できないものもある。(子供のが作った粘土細工、絵。)
子どもに見せると『こんなもの捨てて~』というから聞かずにそっととって置いている。

お昼ごろやっと終わった。
午後はぐたぐたして過ごした。
花疲どつかと椅子に深くかけ 塩川雄三
晩春の季語に『花疲れ』というのがある。
花見の疲れというのもあるが、美しい桜に酔いしれたあとの余韻めいたものもあらわしている。
今年も桜の季節が終わろうとしている。
あれよあれよという間に花が咲き、もう新緑が始まっている。
昨日5日は立夏だったが、今日はまた少し肌寒い。
七十二候では『かわず初めてなく』だが、この寒さだとかえるが鳴くのはもう少しあとだろう。

いつもの場所に咲くうすみどりのさくら、ずっと御衣黄桜だと思っていたが、ウコン桜というのもあって、ウコンの線が強いかなと思い始めている。
d0337265_20592767.jpg

昨日鯉のぼりを見に行ったところ咲いていた枝垂れ花桃もきれいだった。
一本の木にいろんな花をつける不思議な花だ。
菅江真澄が桃源郷と記した『手這坂』の桃はどれくらい咲いただろうか。
d0337265_2115251.jpg


立夏を過ぎてから咲くさくらを『余花』という。
余花の雨ひとりひと日を何もせず 岡本眸
[PR]
# by hanamomo08 | 2017-05-06 22:09 | 日々のこと | Comments(8)

鯉のぼり

桜が終わって川べりの雑木の新緑がまぶしい季節になった。
新緑の中に花桃の赤や桃色がアクセントになって本当に美しい風景だ。
d0337265_17591658.jpg

その川に、今では珍しくなった木の橋がかかっている。
車のなかった頃に作られたのだろう、人や自転車しか通れない橋。
そこに四月になると毎年数匹の鯉のぼりが泳ぐ。
今日は端午の節句だから近くまで行ってみた。
風が吹くととたんに元気になって泳いでいた。
鯉のぼり深呼吸してまた泳ぐ 堀内一郎
d0337265_1811276.jpg

もっと広い場所で、風をはらんで元気に泳ぐ鯉のぼりが見たくなり、少し郊外まで足を延ばした。
昨日今日と暖かかったせいか、田んぼがすっかり整備され、水が張られていた。
d0337265_186133.jpg

しろかきをしていている人がいた。
農作業の始まりを見ると心が浮き立つのは日本人の農耕民族としての表れか?
d0337265_1883612.jpg

周りの景色も美しい。
d0337265_18101254.jpg

もう『新緑の季節』といってもおかしくないほど、山が美しい。
山桜が所々に咲いていていい時に来たと思った。
d0337265_18102527.jpg

鯉のぼりを探す!あった!見つけた!
この鯉のぼりを揚げてもらっている子は何歳なのだろう?
カメラのシャッターを押す私も鯉のぼりと一緒に風を待つ。
元気に泳いでなければ鯉のぼりではない。
やっと風が来た!カシャッ!(コンデジを最大限にズームして)
d0337265_18133984.jpg

帰り道も山桜と杉の深みどりの共演!
『山笑う』まであと数日かな。
d0337265_18143430.jpg

***************************************************************
昔はみんな子どもだった
 
端午の節句はかしわ餅だろうが、『わたし、おいしいですよ♪』と言っているような大きなバナナがあったので、バナナケーキを焼いた。
d0337265_19592696.jpg

バターも、粉も、きび砂糖も100グラムずつでとても覚えやすいレシピで焼いた。
完熟のバナナの香りもご馳走だ。
d0337265_2032445.jpg


秋田ではまだ菖蒲の葉も大きくなっていないので、旧暦の5月5日は菖蒲湯に入れるだろう。
旧暦の端午の節句は5月30日だそうだ。
[PR]
# by hanamomo08 | 2017-05-05 20:04 | 季節の行事 | Comments(10)

八重ざくら

秋田出身の国学者 平田 篤胤(ひらた あつたね)生誕の地は小さな公園になっている。
その公園の八重桜が満開だった。
d0337265_20571321.jpg

何枚も花びらを重ね、ふっくらと咲く八重ざくら。
この愛らしい桃色は遠くからも目を惹く。
d0337265_2059257.jpg

昨日100Mの高さにあるタワーから街を見たとき、オレンジと白のタワーが見えた。
d0337265_212634.jpg

タワーのあるビルは鉄塔ビルとも呼ばれる『NTT秋田支社』
八重桜のむこうにその鉄塔が見える。
d0337265_2101717.jpg

染井吉野が大人の桜なら、この八重は少女のような可愛い桜。
燦燦と春の光が桜に降り注ぎ、後ろの建物にその影が写っていた。
d0337265_21104714.jpg


はじけるように咲く北国の春、八重桜の頃は新緑の季節の始まりでもある。
d0337265_21124629.jpg

*****************************************************************
連休二日目は少し外仕事をした。
庭の片付けはまだまだ続くが、花桃と咲き始めた我が家の椿を家の中に飾った。
d0337265_21154534.jpg

風が吹くと散り始めた花桃、去年にくらべたくさんの花をつけた。
d0337265_21165182.jpg

日光の蕎麦屋さんのつゆいれに生けた椿
d0337265_21185049.jpg


晩ご飯
 イイダコの煮付け、サラダ、ジャーマンポテト、丸干しイワシ
d0337265_21224350.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2017-05-04 21:22 | 草花 | Comments(6)

展望

今年の連休はお天気に恵まれた。
雑用は後回しにして、ドライブへ出かけた。
さくらこそ終わったが、今秋田は花盛り!
いろんな花に出会えるだろうと出発したが・・・・・渋滞だ。
路線変更したらなんと海の向こうに『鳥海山』が見えた。
鳥海山の麓は今菜の花が咲いて、美しい風景が広がっているはずだ。
もっとよく見える場所へ行こう♪と港の方へ行く。
陽気に誘われ、多くの人がきらきらと光る海で釣りや日向ぼっこを楽しんでいた。
d0337265_22561697.jpg

このタワーの最上階までのぼった。
d0337265_2257463.jpg

下から見上げると『万華鏡』のようだ。
d0337265_22581798.jpg

地上からちょうど100メートルの高さ、まずは鳥海山を望む。
d0337265_231496.jpg

こちらは我が家からも見える太平山
d0337265_2314744.jpg

一方こちらは男鹿半島 なまはげのおうちがある男鹿の本山、真山が見えた。
d0337265_2325891.jpg

そして、まだたっぷり雪を頂く白神山地も見えた。
d0337265_2334131.jpg

硝子越しとはいえ、何と気持ちがいいのだろう。
風もなくベタ凪の海を船が行った。
d0337265_2361220.jpg

****************************************************************
春の山菜の王様 『しどけ』を見つけ、母へのお土産に買った。
これはもみじがさとも呼ばれ、まだ出始めなので10センチほどの若い『しどけ』だった。
独特の風味が大好きで、味噌とあわせるとそのおいしさがひきたつように思う。
d0337265_23105920.jpg

さっとゆでて、味噌で和えた。
母には細かく刻んでお粥にかけてだした。
とても喜んで、『美味しい』が何度も出た。
d0337265_23154463.jpg


これも秋田産のこはだの酢〆
これほど新鮮なこはだはしばらくぶりで、昨日から酢につけて置いていた物。
柔らかい葱でぬたを作って添えた。
d0337265_23183424.jpg


More 秋田県民歌
[PR]
# by hanamomo08 | 2017-05-03 23:19 | うつくしいもの | Comments(12)

院展へ

母と絵を見にでかけた。
ゴールデンウィークに開催される院展には毎年一緒に出かけていた。
入院してからは一度だけ見に行ったが、あれから随分時がたった。
朝起きたらとてもいいお天気で、ほっと胸をなでおろした。
一週間前には芽吹いたばかりのメタセコイアの木がかなり青々としていた。
d0337265_2051822.jpg

母と一緒に出かけていた頃の重鎮たちもかなり鬼籍に入ってしまった。
母が気に入っていた郷倉和子さんの絵がなくて残念だった。
晩年は美しい梅の絵が多かった。

印象に残った絵
到着と名づけられた小田野 尚之さんの絵。
廃線になったローカル線で、夢にも出てくるほど好きな場所だという。

こちらは倉島 重友さんの分れ道
『突き当りの大きな藪椿の木を境にして左は丘の上への登り道、右は田園の彼方へ続く道。どちらに行こうかとためらっていたら、犬の散歩をする人の姿が見えた。12年間共に暮らしたリリィ(犬)を思い出す。犬より長生きする自信が持てないなら新しい犬は飼うまいと決めたけど・・・ 一人ぼっちの散歩は矢張り寂しい。 』
愛犬の事を思い出しながら、ご自身の老いのことも考えている作者の気持ちが伝わってくる作品だった。薮椿の大木が美しかった。

秋田は今散ったさくらが美しい。
鯉の泳ぐ池に散った美しい花びらを表現した那波多目 功一さんの水面の春も美しい絵だった。
数年前に夢の世界のようだった千秋公園の花筏を思い出させてくれた。

すっかり喉が渇いて アイスクリームを食べに!
今日はダブルが安かったので、キャラメルといちごを食べた。
d0337265_2111260.jpg

帰宅して冷たい稲庭饂飩を食べた。
母は疲れていつもより長い昼寝をした。
d0337265_21124488.jpg

*****************************************************************
お弁当
 にんじんと葱入り玉子、佃煮、昆布巻き、にんじんの糠漬け、野菜
 すじこと梅干のおにぎり
d0337265_21142160.jpg


5月になったので手ぬぐい額を替えた。
若い頃、一度だけ見たれんげ畑をまたみたいな~。
d0337265_21155162.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2017-05-02 21:15 | おでかけ | Comments(6)


日々折々のこと


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき
未分類

最新の記事

緑陰
at 2017-05-26 17:24
カッコー鳴く
at 2017-05-25 21:47
耕す人
at 2017-05-24 21:47
東の空に・・・・
at 2017-05-23 17:31
きざむ
at 2017-05-22 21:08

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

青目 蕨たたき・・・な..
by aomeumi at 10:45
蕨の曲線、直線、うつくし..
by wawa38 at 10:02
今日、秋田のわらびが届き..
by saheizi-inokori at 23:41
お料理やさんで出てくるよ..
by ゆき at 16:31
おばあさんの姿が(いいな..
by こんの at 07:47
いい写真ですね。人も椿も..
by miki3998 at 01:32
起きていられなくて早く寝..
by weloveai at 16:53
>aomeumiさん ..
by hanamomo08 at 15:22
> oshibanayo..
by hanamomo08 at 15:20
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 15:07

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...

外部リンク

検索