神様達のお年とり

母が生まれた家はお店だった。
暮らしに必要なものは何でも揃う雑貨屋だった。
母の祖父、私の曾祖父がはじめたお店で、塩や油、炭や豆炭なども売っていた。
曽祖父のあとは私の祖母が店を切り盛りしていた。
その祖母から恵比寿さんの話を聞いた事があった。
『えびすさんのお年とりは12月5日だよ。』と言っていたのだ。
子どもだった私は何で12月31日ではないのか不思議だった。
どんな食べ物を供えたのかは聞かなかったが、昔の人はとても信心深かった。

ここに古い大黒さんと恵比寿さんがある。
我が家に伝わるものではなく、かなり前、市内の骨董品のお店からちいさなお皿を買ったとき、おまけで頂いた物だった。
少し壊れているのでおまけしてくださったものだったが、丁寧に包まれていたものを開けてみることもせず、随分長い間納戸に置いたままだった。
先日片付けをしていたら、それを思い出し、幾重にも包装された恵比寿さんと大黒さんを出し、対面した。
開けてびっくり、長い間旧家のどこかに祀られていたらしく、お二方とも顔がすすけていた。
大黒さんの方は割れていたので、夫が直してくれた。
d0337265_21242397.jpg

なかなかいい表情をしているが、八橋人形だろうか?
素朴な土人形をひっくり返したら12銭5厘と筆で書いてあった。
母に聞くと昭和のはじめ父方の祖父からもらう小遣いは10銭だったそうだ。
(母の祖父は慶応4年生まれだそうで、江戸時代最後の年に生まれている事になる)

それを思い出して、今夜は恵比寿さんのお年とりの真似事をした。
d0337265_2123759.jpg

きっとお供えするものは決まっているのだろうが、私流の祝い方で。
しばらく作っていなかったお赤飯をふかし、鯛ではなくしんじょうの味噌漬けを焼き、昨日安かった
もやしで作ったナムル、ビールのおつまみに海老のマヨネーズ炒め、里芋となめこの味噌汁というメニュー。
d0337265_21272065.jpg

神様の年取り行事は11月24日のお大師さまのお年取りから始まって、これだけの神様のお年とりがあるようだ。
このような行事を守っていく事は、日々の暮らしに感謝しながら生きていくようにとの教えのようなものがあるのだろう。
平成に生きる私が納戸から忘れていた古い恵比寿大黒様を出して、お酒を飲む口実にしているなどということがわかったら、神様達に叱られてしまいそうだ。(笑)

もらった恵比寿さんの右手に釣竿を持っていたような跡があった。
夫が何かの枝で釣竿をつくり、持たせてくれた。
私は竿の先に紙粘土で作った鯛でもくっ付けたらいいかなあ~と思った。
でも夫は左の脇に大きな赤い鯛を抱えているので竿だけでいいのは?という。
2匹目を釣り上げたということもあるとは思うのだが・・・・・・・。
d0337265_21535054.jpg

***************************************************************
お弁当
 海苔おにぎり(明太子と味噌漬け)
 金平ごぼう、卵焼き、ターツアイのナムル、焼き海老、漬物
d0337265_21555466.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-12-07 21:49 | 季節の行事 | Comments(12)
Commented by sidediscussion at 2016-12-07 22:18
大黒さまと恵比寿さまいつも二人連れのセットですね。縁起のいい神様がおまけに。
お祀りしてもらって笑顔が余計ほころびますね。
我が家の近くに七福神巡りできます。お正月には巡る方多いですよ。
Commented by koro49 at 2016-12-07 22:21
この人形好き。
素朴な表情がなんとも良いね^^。
momoちゃんが出してくれて、年取りをしてくれ喜んでいるね。
Commented by unburro at 2016-12-08 08:01
これは、有り難い‼︎
恵比寿・大黒とは、お目出度い‼︎

古いお家の高い所に、大切に祀られて、
その家を守っていた神様だ、ということが、
分かる佇まいですね。
これからは、いや、実は、今までもmomoさんのご一家を
守っているのでしょうね。

すてきな「お年とり」です。
Commented by oshibanayoshimi at 2016-12-08 08:06
恵比寿様も大黒様も、明るい所に、お出ましになって、戸惑っているかもしれませんね・・・・・
ご馳走も、品々、お神酒も?
楽しいお祭りですね!!!

momoさん、糠床、捨てないてくださいね。
Commented by saheizi-inokori at 2016-12-08 09:58
なんとも素敵な二体の神様、きっといいことがありますよ。
恵比寿ビールのラベルにごくまれに恵比寿様が釣り竿の先に鯛がかかっているのがあったような気がします。
Commented by aomeumi at 2016-12-08 14:31
青目
大人のおままごと・・・こういうことやものが大好きです。お母さまがご健在だから、色々伺えてうらやましいです。なにをするにも、しきたりがわからず、しかしもう、知っている人が身近にいません。
Commented by hanamomo08 at 2016-12-10 17:26
> sidediscussionさん
おばんです。
急に寒くなりました。
このお二人は随分前にかまどのある古い台所にしつらえた棚に置かれて、家族の歴史を見守ってきたのかもしれないと思うとすすけた顔ではありますがなんだか親しみを覚えます。
我が家に神棚は置いてないのですが、家を建てるとき、信心深い大工さんが神棚を置く場所を作ってくれ、そこに小さな鳥居までしつらえてくれました。
その場所は今春に行く星辻神社で買っただるまさんの居場所になっているのですが、そこにいてもらったらいいのかな?と考え中です。
sideさんの近くで七福神巡りが出来るんですね。
お正月近かったら伺いたいものです。
Commented by hanamomo08 at 2016-12-10 17:31
> koroちゃん
おばんです。
この顔の色合いを見るとたぶん太い梁のある大きな家の囲炉裏の火で燻されていたか、かまどのある土間に祀られてこんな顔色になったかと想像しています。
大黒様の表情が特にいいと思っています。
見ているとだんだん顔がほころぶというか・・・・。
片づけしなければまた数年忘れてしまいそうでしたが、見つけたので今年は年取りが出来ました。
喜んでくれたら私も嬉しいです。(~^)
Commented by hanamomo08 at 2016-12-10 17:34
> unburroさん
おばんです。
京都も寒くなりましたか?
こちらはぐっと冷え込みました。

>古いお家の高い所に、大切に祀られて、
その家を守っていた神様だ、ということが、
分かる佇まいですね。
私もそう思ってお二人を見ています。
本当は薄暗いひんやりとした土間の棚に祀られているのがお似合いのお二人です。
とても明るい部屋につれてこられてまぶしい思いをしているかもしれません。
今度は我が家を守ってくれる事でしょう。
Commented by hanamomo08 at 2016-12-10 17:39
> oshibanayoshimiさん
おばんです。
きっとお二人とも明るすぎて戸惑っているでしょう。
サングラスでもあればね!

お神酒も、おかずもみんな人間のおなかに入るもの。
これにかこつけて飲んでいるのは人間です。

糠床のことありがとうございました。
yoshimiさんのようにしてみたいと思います。
Commented by hanamomo08 at 2016-12-10 17:41
> saheiziさん
おばんです。
縁あって今我が家にいらっしゃるお二方、大切にしようと思っています。
そうですね、エビスビールは『恵比寿様』からきているんですよね。
釣竿の先に鯛、やっぱりつけたくなりました。
Commented by hanamomo08 at 2016-12-10 17:46
> aomeumiさん
おばんです。
大人のおままごと、その通りです。
今日は恵比寿さんの日だから、今日は大黒さんの日だからこれこれを作らなきゃ・・・・と昔の人たちもしていたことでしょうが、それは裏返せばそれにかこつけて美味しい物を食べられる日ということで、案外楽しんでやっていたかもれません。

母も祖母から聞いた事しかわからないのですが、まあだいたいのところがわかればそれで言いと思っています。
>なにをするにも、しきたりがわからず、しかしもう、知っている人が身近にいません。
そうですね。母が元気なうちにいろいろ聞いておきたいと思います。


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき

未分類

最新の記事

引っ越します
at 2018-09-01 21:52
おかず
at 2018-08-31 20:29
あめふり
at 2018-08-30 16:12
のうぜんかずら
at 2018-08-29 16:49
生家の薔薇
at 2018-08-28 16:04

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

>うららさん おばんで..
by hanamomo08 at 23:13
>aomeumi2さん ..
by hanamomo08 at 23:00
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 22:53
> mosaku319さ..
by hanamomo08 at 22:51
> sidediscus..
by hanamomo08 at 22:44
> PochiPochi..
by hanamomo08 at 22:40
今年に入り寂しい思いが何..
by o-hikidashi at 18:56
> pass8515さん..
by hanamomo08 at 14:16
>mosakuさん こ..
by hanamomo08 at 14:10
> sidediscus..
by hanamomo08 at 14:02

ブログパーツ

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...
rin時日報3
ポルトガル便り~ヨーロッ...

外部リンク

検索