カテゴリ:季節の行事( 52 )

節分

お正月が終わると成人の日、それが終わるとお店にはバレンタインのチョコレートがあふれ、かなり前から『恵方巻』のポスターが貼られる。
お店には節分の豆よりも『恵方巻』が大きな顔をしてずらりと並んでいた。
もともと関西の方の風習だということだが、いまや節分には恵方巻とすっかり定着した。
私も少し巻いてみようかと思い、少しだけ材料を買った。

餅花が飾られていた産直に美味しいお豆腐と『干し餅』を買いに行った。
そしたら今日は節分だからと枝から外したお餅をくれた。
『家で焼いて食べてくださいね!』という言葉を添えて。
d0337265_2152959.jpg


豆撒き

わが家のみ豆撒く声を憚らず 田中蘇水

今年も母に撒いてもらった。
無病息災は無理でも風邪にかかりませんようにくらい祈ろう!
d0337265_2184990.jpg

私が一日のうち長くいる台所にも『鬼は外 福は内』
酢の香る厨にも豆撒きにけり 水上秀一
d0337265_21115529.jpg

今年は甘いのと甘くないねぎとろやとびっこなどが入ったのも巻いてみた。
d0337265_21122440.jpg

おかずはスケソウ鱈を甘辛く炊いたもの
d0337265_21133478.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-02-03 21:13 | 季節の行事 | Comments(8)

餅花

餅花を見上ぐるたびに華やぎて 細見綾子
野菜を買いに産直へ言ったら、先週はなかった『餅花』が飾られていた。
秋田はこれから小正月行事が始まる季節
雪に閉ざされているこの真冬にお百姓さんたちはもう春からの農作業の無事と秋の豊作を祈っていたのだ。
紅い枝にくくられた色とりどりの餅花で窓辺は賑やかに華やいでいた。
今年は雪も降ったし豊作になることだろう。
d0337265_2038556.jpg


肝心の野菜は品薄で、どうした事かと思っていたら、雪の下に野菜はたくさんあるのだが、今度は雪が深くて掘れないのだそうだ。(ヤレヤレ)

秋田の美味しい大豆で作ったお豆腐を買って帰った。
d0337265_20475081.jpg

******************************************************************
スンドゥブチゲ
アサリのだしでつくった、体がとても温まる。
d0337265_20435625.jpg


ゆうべは『カジカ鍋』
カジカをぶつ切りにして味噌仕立ての鍋にした。
カジカはとてもいいだしが出て、美味しかった。
d0337265_20452861.jpg


愛嬌のある顔
d0337265_20461757.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-01-28 20:46 | 季節の行事 | Comments(14)

女正月

看護師さんが帰った後、母と女正月をした。
女正月は15日にやるところが多いようだが、成人の日も終わったし、頂き物の正月料理があるうちにやろうよと言うことになった。
老舗料理屋の錦玉子や帆立貝のうま煮、これで最後の黒豆など盛り付けた。
先雪が降る前に山で採ってきた笹など敷いた。

盛り付けの一皿粋に女正月  片山茂子

d0337265_21134943.jpg

錦玉子もほたて貝のうま煮もとても美味しかった。
来年は時間に余裕があったらこの錦玉子も作ろうと母と約束した。母の子どものころの正月料理の話もした。
小さい頃は子どもにも30センチ近くもある大きなきんきんの焼き物がついて、食べ切れなかった魚は次の日に味噌仕立ての鍋に入れてもらって美味しかったとのこと。
あとはきんとんや自家製の羊羹も美味しかったようだ。

椿の花という名前のお菓子は初売りの福袋に入っていたもの。
我が家の庭の椿と似ている包装に思わずにっこりした。
d0337265_21273577.jpg


**************************************************************
お弁当
 いわしの水煮缶で作ったそぼろで三色弁当
 12月はじめにつけたあつみ蕪の甘酢漬けは今でもサキサキとして美味しい。
 それを刻んで彩りにした。黒豆もこれで終り。
 
d0337265_21305063.jpg

晩ご飯
 いわしの塩焼きと久し振りの生野菜(とまと・きゅうり・あぼかど)
d0337265_21315463.jpg


More いい香り~
[PR]
by hanamomo08 | 2018-01-10 21:37 | 季節の行事 | Comments(6)

正月花

車椅子の母と一緒に暮らすようになって、お正月のいけばなは邪魔にならないこじんまりしたものにしている。
今年も知人が届けてくれた立派な花を何箇所かに分けて飾った。
初生けは心躍る。
特に雪が降り、花のない季節にこうして生き生きとした花を生けられることが嬉しい。
今年は黄色い花器に、白いカサブランカを一輪、万両や若松も小さく切って生けた。
鈴のようにころころと並んだ蠟梅の蕾ももうすぐほころぶだろう。
一輪でも梅はいい香りが漂って、数ヵ月後の春を夢見ることができる。
d0337265_18214083.jpg

上から撮るとこんな風に見える。
d0337265_1822546.jpg

そして上から照明をあてると、花器と花や枝のシルエットが映る。
d0337265_18225493.jpg


玄関には千両をたっぷりと生けた。
派手な模様の深川製磁の花入れがお正月にはよく似合う。
d0337265_18241335.jpg


我が家のお雑煮
お餅の大好きな母が『お雑煮作るよ』と言ったら大喜びしたが、餅は高齢者にとって詰らせると命取りになる食べ物。
一口一口、気を使って食べさせた。

鶏肉と鰹節のだしをとり、牛蒡、にんじん、きのこ、鶏肉、かまぼこという中身。
母のお餅は焼きたてをお湯にとり、小さくちぎってお雑煮にした。
一片の柚子が香ってお正月だな~としみじみ。
d0337265_18281575.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-01-03 17:45 | 季節の行事 | Comments(6)

2018年元旦に♪

2018年 あけましておめでとうございます。
昨夜は連日の台所仕事の疲れか、母と一緒に紅白歌合戦も終わらぬうちに寝てしまい、我が家の年越し蕎麦は新年明けてから食べる羽目になった。
そして悠長に朝ご飯を作っていたら、がっちりとダウンを着込んだ娘が『行かないの?』という。
なんとゆうべまで思っていた初売りも忘れてしまう始末。
9時からの初売りに大急ぎで出発したのが8時半、毎年買っているお菓子の福袋はなんとか買うことが出来ほっとした元旦の朝だった。
皆様、今年もどうぞよろしくお願い致します。

ゆずりは
我が家の東側の庭に生えてきた『ゆずりは』これはたぶん小鳥さんの贈り物だろう。
昔から縁起物の植物としてお正月のお飾りには欠かせない。
柏の葉のように、新葉が生長して古い葉が落ち、 新旧交代がはっきりしていることから譲る葉ということで『ゆずりは』と呼ばれている。
しずかなる冬木のなかの ゆずる葉のにほふ厚葉に紅のかなしさ  斎藤茂吉

d0337265_1344575.jpg


御歳取り
秋田ではおおみそかの晩におせちを食べる。
黒豆、にんじんとしらたきの生たらこ炒り、数の子、伊達巻、きんとん
北海道からの到来ものだとお福わけしてもらったいかの粕漬け、夫の上司の奥様のハタハタ寿司
サーモンのお刺身やパストラミハム、比内地鶏のきりたんぽ
皆で日本酒を頂き、あとはそれぞれ好きなお酒にした。
d0337265_13112745.jpg

娘作の伊達巻ときんとん(丁寧に裏ごししてあった)
d0337265_13125865.jpg

さすがの味、イカの粕漬けとハタハタ寿司
d0337265_13133318.jpg

普段お魚に飢えている人に食べさせたいと思っていた マゾイの塩焼き
d0337265_13142314.jpg


今日のお昼に食べた年明けうどん
d0337265_15171026.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-01-01 15:17 | 季節の行事 | Comments(30)

街へ行く♪

寒い寒い朝になった。
今年中に片付けたい用事があって、ものすごい風の中を街へ行った。
用事は先日誂えたYシャツを取りに行くのと、銀行や郵便局など。
デパートは今日で最後となるクリスマスセール、いつもよりお客さんが多い気がした。
和菓子屋さんに立ち寄るとショーウィンドーの中はほとんどお正月にちなんだお菓子が並んでいた。
私も一つ贈り物用に新年を迎える和菓子を選んだ。
d0337265_22493136.jpg


今年もチーズケーキを焼いた。
レモンをたっぷりいれ、PochiPochiさんの真似をしてヨーグルトを入れたらとてもさわやかな味になった。
玄関先で咲いているビオラのお花を飾った。
いつもなら雪の下になって見えないミントもきれいなので飾った。
d0337265_22565247.jpg


d0337265_2302512.jpg

************************************************************
晩ご飯
 生パスタ
d0337265_2334995.jpg

 うちで揚げたスパイスの効いたチキンにナムル
d0337265_2315354.jpg


寒さの中に建つこぶしの木、その枝の形の美しさに感動した。
d0337265_23202564.jpg



言葉にもリボンを結びクリスマス  亀井福恵

[PR]
by hanamomo08 | 2017-12-25 23:21 | 季節の行事 | Comments(10)

ジングルベル♪

昨年もそうだったが、今年も雪のないイブになった。
子ども達が小さかった頃のクリスマスの様子を母と懐かしく思い出して話した。
社宅の壁を飾り立て、、みんな紙の三角帽子をかぶって、クラッカーを鳴らして賑やかだった。
今は静かなクリスマスになった。

夕食後、夫がかけた『ホームアローン2』を母と一緒に最後まで観た。
ケビンと言うマカリスター家の末っ子が空港で家族とはぐれてしまうが・・・・・。

またしても脱獄してきた凸凹コンビの泥棒ハリーとマーヴに出会ってしまう。
母はこの映画を観るのは初めてなのだが、よほど気に入ったらしく、終始大笑いしながら楽しそうに観ていた。

最後にケビンはロックフェラーセンターのクリスマスツリーの前でお母さんと会えた。
d0337265_0385669.jpg

もう30年ほど前だが、このツリーを見た事のある夫。
実際に見た感動はすごいものだったらしい。
思いがけず、母と一緒に映画を観た今年のイブはとてもしあわせな夜になった。
d0337265_04455100.jpg

**************************************************************
クリスマスイブの食卓

d0337265_046747.jpg

牡蠣フライを肴に黒ビール
昨日友人が送ってくれた大きな、大きなボタン海老でカクテルサラダとハムとドライ無花果
焼きパプリカと海藻麺のサラダ
d0337265_050281.jpg


Moreこんな大きなボタン海老は初めてだった!
[PR]
by hanamomo08 | 2017-12-24 23:29 | 季節の行事 | Comments(4)

冬至南瓜

一年で昼の時間がもっとも短い日。
お昼ごろから雨が降り出し比較的暖かい一日だった。

大納言小豆は秋田の道の駅で買ったもの、南瓜はメキシコ産だ。
冬至南瓜海を渡って店頭に 上原口チヱ
冬至に南瓜を食べ、柚子湯に入ると風邪をひかないと言われているが、日が短く、寒い今の季節に栄養のあるものを食べなさいということなのだろう。

午後、内科の先生の往診でも南瓜が話題になった。
母はほとんど毎日南瓜を食べている。
サラダにしたり、揚げたり、コロッケにするときもあるが、ほぼ毎日食べているのは甘く煮たもの。
栄養豊富で母の健康を保っている食材の一つだ。
温暖なところで育てられた葉つき柚子の色にも元気をもらえる。
子どものころは柚子を見たことはなかった。
だから本物の柚子を冬至に間に合うように届けてくださることに心から感謝している。
d0337265_2026052.jpg


先生がお帰りになってから小豆を煮て、別の鍋で煮た南瓜とあわせ『冬至南瓜』を作った。
大納言小豆も南瓜も少し煮崩れて、南瓜と小豆が絡まってとても美味しかった。
母は晩ご飯の時、冬至南瓜をおかわりした。
『毎日冬至でもいい』と言ったのには大笑いした。
明日から少しずつ、少しずつ日が長くなる。
でもそれは気が遠くなるほどの『少しずつ』だ。
d0337265_20331512.jpg

*************************************************************
公園のお堀・冬
 お堀のほとりを歩いていたら、蓮をすっかり引き上げたお堀はシャーベットのように凍って様々な表情を見せていた。
丸い模様の場所
d0337265_20422293.jpg

きれいに凍った場所には街路樹の陰が映ってスクリーンのようだった。
d0337265_2043348.jpg

美容院が立っている場所は影になっているせいか、薄氷。
私が子どもの頃はここにお菓子やさんがあった。
このお店の鯛焼きが美味しかった。
どういうわけか鯛焼きの中身はこしあんで私好みだった。
その隣には老舗のかばんやさんもあった。
そしてみんななくなった。
懐かしいずっと前の時代のことを考えながら歩いた。
d0337265_20442584.jpg

帰りにも同じ道を歩き、駅前のお花屋さんを覗いた。
クリスマスにお花を贈る人が増えているそうだ。
『21時まで配達します』と書いてあった。
雪がないから、まるで都会の花屋さんのようだった。
d0337265_20524215.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-12-22 20:58 | 季節の行事 | Comments(8)

大黒様の御歳夜

東北のニュースで山形の庄内地方の『大黒様の御歳夜』を見た。
12月9日は大黒様のお歳とりだと思っていたら、それだけではなくこの日は大黒様のお嫁さんが来る日でもあるとのことだった。

秋田でも季節ハタハタがやっと接岸し、スーパーでは新鮮なハタハタが並んでいた。
でも去年に比べ、漁獲量はかなり少ないらしい。

庄内地方でもこの大黒様の御歳夜にはハタハタの田楽をお供えする風習があるという。
それと『まっか大根』もお供えする。
まっかというのは赤いという意味ではなく、『分かれている』という意味。(秋田でも同じように使われている言葉)
どうしてこのまっか大根をお供えするかはこちらに詳しく書かれていた。

我が家でも古い土人形の大黒様を一年ぶりに出した。
煤だらけの顔だが、なかなかいい笑顔だ。
d0337265_20235862.jpg

小ぶりだがぶりこの入ったハタハタの田楽
d0337265_20254873.jpg

まっか大根の代わりにじっくりと味が浸みたおでんの大根、
d0337265_20291683.jpg

山形の青菜を少しだけ漬物にしたので、その葉を刻んで入れた味噌汁、
そしてたくわんと赤蕪の甘酢漬け(これも山形産)をお供えした。
大黒様、どうぞ!
d0337265_2030492.jpg


More 田んぼ 冬の顔
[PR]
by hanamomo08 | 2017-12-09 21:14 | 季節の行事 | Comments(6)

七五三

週間予報に雪マークが並びだした。
時雨れてくる11月の真ん中の15日、カレンダーには七五三と朱書きしてある。
お昼ごろから強い雨が降ってきた。

先日最後の紅葉狩りに出かけた時、紅葉の間から可愛い姿を見つけた。
お祓いが済み、開放感で公園内を走っていた女の子。
疲れたのか、父親にカメラを向けられても、あっちこっち逃げ回って大変だった。
立ち止まると、今度は神社で貰った千歳飴が気になり、袋から出そうとするが、長い袋のため取り出しにくく、しまいに袋を逆さにして飴を出していた。(笑)
d0337265_20152571.jpg

我が家の子ども達の時もそんなもので、娘は数え年でやっと二歳になったばかりで七五三をしたので、転勤先の古い神社の境内をハイテンションで走っていた。
息子の時は初めて着た羽織袴に差した短剣が気になって、ご祈祷が終わったら地べたに座り込んで探検を出してその中身を出していた。
壊れはしないかとハラハラしたのを覚えている。

子育ての頃の遠しや七五三 稲畑汀子


今日のように雨が降ると干した柿が気になってしまう。
熱湯にくぐし、焼酎をスププレーしているから大丈夫だと思うが見に行ってみる。
表面がすっかり乾いてかなり水分が抜けてきていて大丈夫だった。
この分だとかなり柔らかく美味しい干し柿になりそうだ。
d0337265_2020795.jpg


庭の木もあっという間に葉が落ちて、梅もどきとコムラサキシキブは実だけになっていた。
こうなると小鳥さん達からは丸見えで、お正月まで持つかどうか、ちょっと心配だ。

投入れに宝石めきし梅擬 石川かおり
d0337265_2025361.jpg

*****************************************************************
晩ご飯
 海老の八宝菜風
 (海老、玉ねぎ、にんじん、もやし、ブロッコリー)
d0337265_20273222.jpg

お弁当
 生姜ごはん、牡蠣フライ、ひじき煮物、カリフラワー、赤蕪甘酢漬け
d0337265_20285242.jpg


More 手紙読み中
[PR]
by hanamomo08 | 2017-11-15 20:36 | 季節の行事 | Comments(14)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき

未分類

最新の記事

春の光
at 2018-02-22 16:06
あれから15年・・・・
at 2018-02-21 17:30
春が恋しい
at 2018-02-20 21:18
満開
at 2018-02-19 19:36
春めく
at 2018-02-18 21:16

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

可愛いかかと、足フエチで..
by saheizi-inokori at 22:03
可愛いお雛様ですね。 ..
by pass8515 at 18:51
お弁当のりんご 旦那様..
by こんの at 17:01
かぼちゃサラダ、なるほど..
by rinrin at 11:35
冬ソナ(私は見てないので..
by saheizi-inokori at 10:44
昨日までバタバタ忙しく、..
by hisako-baaba at 10:25
おはようございます。冬ソ..
by Deko at 08:30
同じ人生なのに、あれほど..
by sidediscussion at 23:22
こんばんわ。 冬ソナ。..
by pass8515 at 19:47
>o-hikidashi..
by hanamomo08 at 17:06

ブログパーツ

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...
rin時日報3

外部リンク

検索