カテゴリ:本( 2 )

水仙月の四日

だいぶ前に頂いた絵本がある。
宮澤賢治 著 『水仙月の四日』
d0337265_20533770.jpg

いかにも水仙が咲く春の日の物語のように思えるが、絵本の中に水仙の絵はない。
『水仙月』というのは賢治の造語のようで、水仙の咲く時期はその土地によってまちまちだから
はっきりと何月なのかはわからない。
賢治の物語は柔軟な考え方や想像力をを持っている人のほうが理解しやすいと思う。
今日は一人の静かな時間が持てたのでじっくりと読んだ。
題名が『水仙月の・・』なので、毎年雪が消える今頃になってあわてて本棚から取り出して読む。

雪婆んご(ゆきばんご)が表れて、三人の雪童子(ゆきわらす)に命じて雪を降らしてしまう話だ。

それだけ北国の冬は厳しく寒い。今年の冬は本当に厳しかった。
毎日降る雪を眺めて賢治はせめてもの慰めに雪をファンタジーとして捉えたのだろうか。

少し前の写真を振り返って見てみると、ついこの前までこの絵本のように急に雪が降ってきて真っ白になってしまった。

カシオピィア、/もう水仙が咲き出すぞ/おまへのガラスの水車/きつきとまはせ。/アンドロメダ、/あぜびの花がもう咲くぞ、/おまへのランプのアルコホル、/しゅうしゅと噴かせ。
絵本にはこんなフレーズが出てくる。
春が近づいて花が咲き出すと雪婆んごやその手下の雪童子らはその力が弱まる。
もう一暴れしてからいなくなろうかという心なのだろう。

雪童子の一人は雪の上に倒れた赤いケットにくるまった子どもを密かに助ける。
やがて春が近づき、その子の父親が迎えに来る。

我が家の庭にも水仙が芽をだした。
秋田の水仙月はやっぱり四月、ぽかぽかと暖かい窓辺で今年もこの絵本を手にとれてよかった。
d0337265_2151565.jpg

**************************************************************
お弁当
 赤飯、煮物、マカロニサラダ、がんもどき、ブロッコリー
d0337265_21522986.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-03-19 21:17 | | Comments(4)

雨の音を聞きながら

朝方ものすごい雨と雷の音で目が覚めた。
これで残っている雪はとけてしまうだろうと思いながら数日前に読んだ絵本のことを考えていた。
佐野洋子 作・絵 『おじさんのかさ』
d0337265_17393485.jpg

少し前に見ていたこのドラマの中にも登場した。
『立派なかさをもった一人のおじさんは出かけるときは必ず傘を持っていきます。
おじさんはかさをぬらしたくないために、雨が降ってきても傘をさしません。
でもある日、雨が降り出してきた公園で小さな男の子から『かさにいれて』と頼まれるのですが、かさをぬらしたくないおじさんは知らんぷりして聞こえなかったふりをします。
そこに傘を持った女の子がきて、楽しい歌を歌いながら二人は一緒に帰っていきます。
その歌がとても楽しそうなのでおじさんはかさをさしたらそうなるのかな~と気になります。
そしてついに傘を開きます』

「あめがふったらポンポロロン。あめがふったらピッチャンチャン」
女の子と男の子が歌っていた楽しい歌♪
おじさんはかさに落ちる雨の音を聞いて『本当だ!』と楽しくなります。

すべてのページに美しい青色が使われているのも魅力的です。
街にたくさんのかさの花が咲いたページの絵
d0337265_1756123.jpg


『おじさんは楽しい気分で家に帰り、ぬれたかさを乾かします。
そして「ぐっしょりぬれたかさもまたいいものだ。だいいちかさらしいじゃないか」と傘を見てうっとりしていました。』
d0337265_182431.jpg

*******************************************************************
雨の日曜日
珍しく夫とデパートへ行った。
頂いたYシャツの仕立てをお願いするため。
ふだんあまり行くことのない紳士服売り場、前に来たのは5年位前。
クリスマスシーズンのせいか、お洒落な男性達が買い物を楽しんでいた。
 
採寸してもらいクリスマス前には仕上がるらしい。
それにしてもYシャツにこんなにたくさんの襟やカフスの形があるのにびっくりした。

マフラーが欲しいというのでいろいろ出してもらって当ててみた。
そして迷いながらこんな色のマフラーを選んだ。
暖かそうなカシミヤのマフラーどうぞ大事に使ってくださいね♪
d0337265_18163230.jpg


帰ってきて遅いお昼ご飯 鍋焼きうどん
d0337265_18193041.jpg

たっぷりの葱、シイタケとしめじ、えび、そして昨日のかき揚げの残りをのせた。
漬け込んだあつみかぶの酢漬けを出して味見。
でもまだちょっとまろやかさが足りないのでもう少し漬け込むことにした。
d0337265_18223893.jpg

 
[PR]
by hanamomo08 | 2017-11-26 18:00 | | Comments(14)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき

未分類

最新の記事

引っ越します
at 2018-09-01 21:52
おかず
at 2018-08-31 20:29
あめふり
at 2018-08-30 16:12
のうぜんかずら
at 2018-08-29 16:49
生家の薔薇
at 2018-08-28 16:04

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

>うららさん おばんで..
by hanamomo08 at 23:13
>aomeumi2さん ..
by hanamomo08 at 23:00
> saheiziさん ..
by hanamomo08 at 22:53
> mosaku319さ..
by hanamomo08 at 22:51
> sidediscus..
by hanamomo08 at 22:44
> PochiPochi..
by hanamomo08 at 22:40
今年に入り寂しい思いが何..
by o-hikidashi at 18:56
> pass8515さん..
by hanamomo08 at 14:16
>mosakuさん こ..
by hanamomo08 at 14:10
> sidediscus..
by hanamomo08 at 14:02

ブログパーツ

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...
rin時日報3
ポルトガル便り~ヨーロッ...

外部リンク

検索