カテゴリ:日々のこと( 196 )

春の光

今朝の最低気温はマイナス7℃だった。
今日も青空になった。
満開を過ぎて散り始めた桜桃の花を片付け、窓を明けて掃除した。
春の光は部屋の隅々まで照らしてくれ、片付けないわけにいかなくいなる。
でも今日は寒い、最高気温は1度だもの。

明るさに馴れたる油断春寒し 稲畑汀子

先日八橋人形と一緒に飾ったのはhisakoさんのお人形。
ちりめんの着物を着た優しいお顔の手作りのお人形は毎年お雛様と飾っている。
「いつごろ頂いたのかな?」と思ってhisakoさんのブログを拝見しに行ったら2008年の1月ごろ。
お雛様にあわせて送って下さったのでしょう、あれからもう10年ですね。
d0337265_1544264.jpg


買い物に出かけ、本日の昼食はカップラーメン。
全粒粉ノンフライ麺なのでカロリー控えめ。
カップラーメンとしては味は合格点だった。
d0337265_15483345.jpg

お店の途中で見える沢胡桃の大きな木、だいぶ芽が膨らんできているのがわかる。
青空の中で、気持ち良さそうに手を広げて背伸びしている人のように見えた。
d0337265_15595647.jpg


お弁当
 稲荷寿司、ほうれん草とにんじんの胡麻和え、茄子の花寿司 林檎
d0337265_1663153.jpg


More つるつるになった♪
[PR]
by hanamomo08 | 2018-02-22 16:06 | 日々のこと | Comments(3)

春が恋しい

とても寒いマイナスの朝だった。
少しだが新雪が積もる中、診察券を出しにホームドクターのところへ。
雪が積もった木々の様子が面白い。
d0337265_2111999.jpg

半年ぶりに血液検査をしてもらい帰宅する。
私が帰る頃来院した人は3時間待ちと告げられた。
病気の人が多いのに驚かされる。
帰りは朝の雪が解けはじめていた。

そういえば昨日は二十四節気の『雨水』だった。
軒下のつららの先からも雨だれがぽたぽた、ぽたぽた・・・・・。
屋根の雪は積もるとザーっと落ちてくるが、雨水になって伝い落ちているのがわかる。

屋根雪の雨水の水が樋を出づ  田中武彦
d0337265_21102350.jpg


春は近くまで来ているだろうか、春が恋しい。
******************************************************************
晩ご飯

牡蠣のバターソテー(しいたけとにんじんの炒めもの、水菜のサラダ
d0337265_211646.jpg


お弁当
 海苔おにぎり(明太子、紅鮭)
 ほろほろ、南瓜、秋刀魚の佃煮、ハムとブロッコリー
d0337265_21183939.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-02-20 21:18 | 日々のこと | Comments(6)

満開

9日に庭から折って飾った桜桃の花がゆうべ満開になった。
20度前後の部屋の中で8日ほどで咲いたことになる。
びっしりと氷が張り付いていた天窓を雪解け水が伝って落ちる。
ほんの少しずつだが春が近づいてきた。
d0337265_1643161.jpg

おにぎりを包む海苔がなくなりそうなので買い物に出かける。
スーパーの店先においてある生花コーナーの桃の花は少しくたびれていた。
お雛様を飾ったらすぐに桃の花を生けたくなるのか、先週はたくさんあった桃の枝は少しだけになっていた。
週末はなかった林檎が出ていたので一箱買った。
海苔も忘れずに買って、和菓子屋へいき『さくら餅』を買った。
花が満開になったからという変な理由で質素なお茶会を開こう。
d0337265_19313773.jpg

今日が花の見ごろのようだ。
型で作った土人形だが、花の下ではちょっと嬉しそうに見えるのが不思議だ。
d0337265_16113654.jpg

部屋咲きだから、香りはないだろうと思いながら近づいて見ると、甘酸っぱい桜桃の花の香りがしっかりした。
夕方までいいお天気だったのに、また雪が落ちてきた。
さくらんぼの花は四月ごろ表で咲くとほんのりとした紅色だが、お雛様に生けたそれは雪のように白くてちょっと寂しい。
d0337265_1615051.jpg


ボランティアで頂いたかわいいチロルチョコ
西の方の道明寺、東の方のクレープ状の二つのさくら餅の絵が書いてあった。
いろんな人が買うからでしょう。
d0337265_16182771.jpg


母のいないわたしの休日、本も読んだ。
息子が書いた母の生涯。
男の子って繊細だな~そして、男の子を見つめる母のなんと温かいまなざし。
d0337265_16201338.jpg

お昼ご飯はフライパンと鍋の蓋で作った『ホットサンドウィッチ』
熱々が食べられて一人はいいなあ~。
d0337265_16223979.jpg

***************************************************************
晩ご飯
 牡蠣とあさりの鍋・ササミと胡瓜の胡麻酢和え
d0337265_1936731.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-02-19 19:36 | 日々のこと | Comments(6)

春めく


エルガーの愛の挨拶春立ちぬ 石田


朝5時半 日曜日は早起きの私。
つかの間でも自分の時間を楽しく過ごす。
音楽を聴こう。
今朝の一曲はエルガーの『愛の挨拶』昔から大好きな曲だ。
寒い朝だったが、優しいメロディーに気持ちがだんだんほぐれていく。
お湯を沸かし、温かいココアを飲んで一日のスタート。
外はマイナス3度、ベランダの手すりに小さなつららが並んだ。
d0337265_2121581.jpg


わが家の前はまだまだ雪の道路だが、駅前はかなり雪が消えて春めいていた。
d0337265_2141993.jpg

千秋公園の木々もたくさんの芽をつけていることだろう。
もう少し雪が消えたら散歩に行こう♪
むらさきに枝々潤み春立てり 岸洋子

d0337265_2152893.jpg

青空に冬木が映える。起伏のある土地に小さな蔵が建っている。
d0337265_2165067.jpg

母から頼まれた『豆パン』を買って家に帰った。
食べたい物があることは私にとっても嬉しい事だ。
d0337265_211150100.jpg

*****************************************************************
ふたたび作った『ほろほろ』
炒り豆腐に真鱈の子を入れた『ほろほろ』
d0337265_21151290.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-02-18 21:16 | 日々のこと | Comments(4)

まっ白なタオル

親子で営む理髪店がある。
お父さんと娘さん二人でがんばっている。
今日店の前を通ったら、二人してがんばっていた。
時折雪がちらつく寒い日だったが真っ白いタオルがたくさん干してあった。
タオルの数はお客さんがたくさんいたということかな。
家族にはいろんな試練があったけど仲良くやっている、よかったなあ。

理髪屋のタオル純白寒明くる 曽根富久恵

野菜の値段がなかなか下がらないが、ブロッコリーが少し安くなった。
ブロッコリーはつぼみがかっちりとかたいものがいい。
d0337265_18115827.jpg

あまり新鮮で見事なブロッコリーだったのでお花の代わりにならないかと思ってお雛様の前に立ててみた。
カリヤザキさんあたりならこんないけばなもありかもしれない。
d0337265_1810326.jpg


晩ご飯
 スンドゥブチゲ あさりがたっぷり
d0337265_20335283.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-02-16 17:02 | 日々のこと | Comments(10)

カレーライスの頭

気温が上がって雪がシャーベット状に解けてきた。
今朝は残り僅かなキャベツとにんじんを炒め、じゃがいもと葱と豆腐の味噌汁、それに温泉卵と言うごはんだったが、それで我が家の食材はほぼなくなったので、買い物に出かけた。

相変わらず野菜が高い。
三軒目のお店で安い大根を見つけ二本買った。(小さいが108円だった)
d0337265_20141041.jpg

『連休だからカレーを作ろうか』と夫に言うと大喜びの顔。
この前カレーを作ったのはいつだったのか、かなり久し振りだ。

パン屋さんへ寄って食パンを買う。
夫はゆうべトーストの夢を見たそうで、お昼はどうしても美味しいトーストが食べたいと言っていた。
夫がオーブントースターにつきっきりで焼いた。
こんがりと焼けたところに柔らかくなったバターを塗って食べた。
d0337265_200184.jpg


お昼が遅かったので今夜はあっさりしたメニューにしようと思っていたら、キッチンに夫が現れ、今夜はカレーかと聞くので「今夜はあっさりと・・・・」と言ったら『あ~やっぱりな』と。
私の頭の中には小学生の頃の息子が浮かんだ。
カレーや唐揚げなど大好きなメニューが変更になると『あ~やっぱり、そうだと思った』といじけるのだった。
夫の言葉にもそんな感じがして、可笑しくなった。
つまりカレーライスという言葉が出た段階でカレーライスの頭になってしまうのだ。

夫のあまりの落胆振りに呆れてカレーを作ることにした。
私は明日一晩寝かせた美味しいのを頂く事にした。
辛口なので今回は母用のカレーはなし。(母もまたカレー好き)

頂いた横手の雪の下にんじんをスティックにして味噌マヨネーズを添えた。
そして出来た今夜のカレー。
d0337265_2094268.jpg


カレーは季語にはなっていないが、こんな楽しい企画があったことを知った。
みなさんはどの歌が好きですか?

私の好きな一首
君からの 手紙は 福神漬けに似て 必須ではない 無いと気になる  兵庫 谷岡美紀さん

私と母は白菜と葱をたっぷり入れた たら鍋。
柚子を絞っていただいた。こっちも美味しかった。
d0337265_20184216.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-02-10 20:32 | 日々のこと | Comments(18)

春を待つ Ⅱ

お天気がよかったので、雛人形を飾った。
d0337265_1884065.jpg

「『雛人形はいい日に出してあげなさいよ』というおばあちゃん(母方の祖母)のしわがれ声が聞こえてくるようだね」と母と笑った。
今日は『大安吉日』だ。
なぜかちょっとだけ左を見ている女雛の表情が面白い。
長年連れ添って少しくたびれた夫婦のようにも見える表情だ。
d0337265_1881718.jpg


我が家に来て下さる人たちも母のところへ行く前にお雛様の前に来て眺めていた。
県外出身者には『八橋人形の』の説明をする。

午後、庭の桜桃の枝を高枝鋏で切り、両側に飾った。
花芽か葉芽かはもう少し待たないとわからないが、花だったらいいと思っている。

近所の木蓮のつぼみも大きくなったような気がする。
柔らかな白い花びらを厚い額が大事そうに覆っていた。

木蓮の蕾天指し春を待つ 落合きくゑ
d0337265_18184392.jpg

少しずつ春めいてきてはいるが、窓の外にはこんな大きなつららが下がっていた。
冬がまだまだ居座っている、それでも二月も一週間が過ぎた。
冷蔵庫が空っぽなので明日は美味しいものを買いに行こう。
d0337265_1818617.jpg


蒸かしジャガイモ
 熱々にバターと塩で
d0337265_19343916.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-02-09 17:30 | 日々のこと | Comments(10)

春を待つ Ⅰ

このところ寒さが幾分和らいで、最低気温はマイナスになっても日中はお日様がでている。
母がデイケアに向かった後、何本か不要な電話が入る。
勤めている友達は外に出ているとそれがなくていいと言っていたっけ。
加入しているカード会社の関連会社の保険代理店から一本、なんだかわからない印鑑の会社から一本かかってきた。
少し前まではがっちりと断っていたのだが、このごろはちょっと路線変更をして、やんわりと丁寧にお断りするようにしている。
そのように断った方がなんとなく後味がよい。でもはっきりと断る。

今朝は結構な積雪があったので雪かきをした。
木に積もった雪は風に飛ばされて落ちたりしてお昼ごろにはほとんどなくなった。
d0337265_19275840.jpg


お日様が出てきたので少しだけ模様替え。
いつの間にか積もった埃を払い、明日の準備もした。
窓を開けての掃除は気持ちがいい。

模様替春待つ心あるときに 稲畑汀子

壁の絵も架け替えた。
十文字和紙に描いたお雛様の絵を掛けた。
そして父から貰った版画、これはたぶん冬の角館の土蔵だろう。
合う額がないので版画のまま保存しているもの。
少し暖かくなったら額縁を探しに行こう。
d0337265_1935196.jpg


晩ご飯
肉鍋(牛蒡、葱、白菜、豚肉、豆腐)
白神ねぎが甘くてとろけそうだ。
d0337265_19364669.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-02-08 19:38 | 日々のこと | Comments(12)

冬の日

母の食事は長い。
ゆっくり食べるのはいいのだが一時間近くを一緒に付き合うのは結構大変な忍耐が要る。
そう多くない量の朝ごはんを今朝もゆっくり、ゆっくり飲み込んでいた。
その間に夫は出勤し、それからもなお母のゆっくりは続く。
母と暮らすようになって私も少し忍耐力がついていてもおかしくないのだが、それは一向に無理で、毎日、『早く食べて、早く飲んで!』を繰り返している。
あまり急かすと咽てしまったりするから、いらいらしながらも食べ終わるのを待つしかない。
高齢者に対し近道を探すとかえって遠回りになってしまうことは母から学んだが、それをしっかりと自分のものにする事ができないままだ。
これから先も出来ないままだろうと思う、たぶん。

朝の薬を飲ませ、やっと食後のお茶の時間、新聞を広げていた食卓に温かな冬の日が注がれた。
d0337265_17174424.jpg

少しでも太陽が出て家の中まで日が届くと嬉しくなる。
母はまぶしそうにしていたが、だんだん眠くなったようだった。
『ベッドにいく?』と聞くと『ここにいる』と答える。
温かな日を受けて気持ち良さそうな猫のようになって見えた。

眠くなる魔法よ冬の日の匂ひ 近藤喜子

穏やかな玄冬の日を纏ひけり 小林久子


回覧板を持って隣家に行ったら、ブロック塀の下にも冬の日。
真っ白な雪の道に光が降り注いでいた。
d0337265_17223955.jpg


今日もめまぐるしく変わる天気だった。
晴れたり、大粒のあられが降ってきたり、ふわふわと風花が舞ったりした。
それでも室内は暖かく、ストーブもエコにしないと暑すぎるくらいになった。
少しずつだが春が近づいてきている。

冬の日に後押しされて、食品庫の整理をした。
『空き箱捨てれない症候群』という持病がある私は食品庫の奥にたくさんのきれいな空き箱をしまっていた。
だんだんたまってくると入れたい物が入らなくなって、今日は『エイ!』という掛け声で処分した。
箱を平らにしてしまえば諦めがつき、海苔の缶やビン類も処分した。
片付けてみて気づいたのは、我が家には賞味期限切れで捨てる物がないということ。
これは私があまりストックを持たなくなったからだ。
このところ随分いろんなものが値上がりしているように思う。
多く買わなくなったのはそんなことも影響しているのかもしれない。
食品だけは消費税を上げないで欲しい。そんなことも思いながら片付けた。
片づけが済んでお日様に感謝。

お弁当
 海苔弁当
 小海老ときのこの炒め物、しいたけと揚げの煮物、南瓜の甘煮、漬物、ポテトサラダ
d0337265_17344615.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-02-06 17:20 | 日々のこと | Comments(4)

寒菫(かんすみれ)

冬になって雪が降ると撮るものに色がなくなる。
何か元気になるようなものはないかと探したら、昨年12月に知人から貰ったビオレがあった。
ポット苗の状態で15鉢も貰ったものの、もうすっかり雪も降っていたので今さら鉢に植えても育たないだろうと、とうとうそのままの状態で年を越した。
先日、最低気温がマイナス10度になった時は『くた~』となってしまってもう助からないと思ったが、暖かくなったら『しゃん』として元気になった。
秋植えの菫は春に植えたものより寒さに当たるせいか鍛えられていい花が咲くといわれているが、こんなポットで冬越しした場合はどうなのだろう。
こんな小さなすみれでも花は人を元気にしてくれる。

寒菫風雨雑言物とせず 長崎桂子

おほかたの女長生き寒菫 高尾豊子

d0337265_2092674.jpg


一歩外に出ればあとは寒い写真ばかりだが・・・・・・。
それでも冬になりたての雪よりは同じ雪でも心なしか春に近づいた感じがするのは不思議だ。
先日ブルドーザーが来て雪かきをし、積み上げていった雪の山から青空がのぞいた。
d0337265_2016499.jpg

雪国の消火栓には雪が降ってもわかるように旗がたててある。
日差しがあったので消火栓の影ができていた。
d0337265_2020810.jpg

少しずつ親の葉がさよならを始めた柏の大木
今日は吹雪く時もあったがこんな青空のときもあった。
d0337265_20214768.jpg


天気予報を見ると明日からまた雪だるまマークが並んでいた。
今シーズン最後の寒波かな、そう思って暮らそう♪

『牡蠣があるけどどんな風にして食べたい?』と母に聞くと『やっぱり牡蠣フライでしょう。』という。
牡蠣フライはキッチンが汚れて作る方は大変だが、食べる人は気楽に『牡蠣フライがいい』と言う。
まあ、牡蠣を買って来たのは私なのだからしょうがない!
白菜の千切りとサラダ玉ねぎをたっぷり入れたポテトサラダを付け合せた。
d0337265_20415715.jpg

おべんとう
 ぼだっこ(塩鮭)のおにぎり
 ゆで卵、ブロッコリー、ウィンナー、あつみ蕪の甘酢漬け
d0337265_20431248.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-02-05 20:47 | 日々のこと | Comments(10)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき

未分類

最新の記事

春の光
at 2018-02-22 16:06
あれから15年・・・・
at 2018-02-21 17:30
春が恋しい
at 2018-02-20 21:18
満開
at 2018-02-19 19:36
春めく
at 2018-02-18 21:16

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

可愛いかかと、足フエチで..
by saheizi-inokori at 22:03
可愛いお雛様ですね。 ..
by pass8515 at 18:51
お弁当のりんご 旦那様..
by こんの at 17:01
かぼちゃサラダ、なるほど..
by rinrin at 11:35
冬ソナ(私は見てないので..
by saheizi-inokori at 10:44
昨日までバタバタ忙しく、..
by hisako-baaba at 10:25
おはようございます。冬ソ..
by Deko at 08:30
同じ人生なのに、あれほど..
by sidediscussion at 23:22
こんばんわ。 冬ソナ。..
by pass8515 at 19:47
>o-hikidashi..
by hanamomo08 at 17:06

ブログパーツ

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...
rin時日報3

外部リンク

検索