カテゴリ:草花( 123 )

蠟梅

お正月の花に入っていた蠟梅はすべて咲き、文字通り蠟細工のように透明感が出てきた。
香りも少し弱くなってきた。
蝋梅は中国から渡来したので『唐梅』とも呼ばれている。
明日あたり星屑のようになってぽつりぽつりと散っていきそうな予感がする。
こうしてお正月が終わっていく。

d0337265_22213219.jpg


透ける黄となりて蝋梅果てにけり 丹生をだまき

d0337265_22272829.jpg

*************************************************************
去年の今頃は母が風邪をひいて大変だったと記憶している。
風邪はウイルスで感染するものだが、免疫力を高めるのも風邪対策の一つ。
だから今の季節の食事には少し気を使ってしまう。
野菜をもっとふんだんに食べさせたいとは思っているが、何せ高い。
高いだけでなく、大根にしてもキャベツにしても小さくて品質が悪いような気がする。
ニュースで今月末には平常どおりの値段になるのでは?と言っていたので、少し安心した。

W鰊の晩ご飯

今夜は今年の冬の強い見方、にんじんを使って身欠き鰊やこんにゃく、大根を少し入れた煮物を作った。
暮れに産直で買った南瓜はとても甘かったので蒸して塩とマヨネーズ少々で味付けした。
d0337265_22363854.jpg

鰊は冷凍で売られていたものを三五八で二日ほど漬けたものを焼いた。
これにえのきとお豆腐の味噌汁をつけた。
d0337265_22365746.jpg


お弁当
 たらこおにぎり
 蓮根のきんぴら、紀文の伊達巻(到来物)、シュウマイ、キャベツの炒め物
d0337265_2239296.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-01-09 22:39 | 草花 | Comments(8)

薮柑子

今日も一日雨のような、みぞれのような雪が降ったり止んだりしていた。
一日どこにも出かけずに家の中で過ごした。
年末の小掃除は一日何か一つ片付ける事にしている。
今日はお風呂場の天井拭き、モップにタオルをつけて拭いた。
明日はシャワーホースをきれいにしよう。

母が時々口ずさむ歌がある。

こんこん小雨の降る晩に

きつねがからかささして来た

きつねのからかさ蛇の目傘


いそいそさしては来たけれど

裏の笹薮 薮小路

きつねのからかさ 蛇の目傘

きつね・からかさ・じゃのめがさとこの3つが繰りかえされる歌だ。
小学校一年か二年の時に担任の先生が教えてくれたそうだが、検索してみても題名が判明しなかった。
>うらのささやぶ やぶこうじ
このやぶこうじは、秋から冬に可愛い紅い実をつける『薮柑子』のこと蚊と思ったら薮小路のことらしい。

晩秋の千秋公園で見つけた藪柑子の写真が一枚あった。
お正月の生け花に使われる千両ほど実は多くないが、ぴかぴかと輝く実は色の少なくなった季節にはとてもなぐさめられる。
十両の渾名いきいき藪柑子 布川直幸
d0337265_2013853.jpg


ひなびたおやつ 塩豆
 
秋に産直で買った『晩酌茶豆』の乾燥豆
枝豆としても美味しい豆なので買い置きしていた。
今日はこれを一晩水で戻して、塩を入れて圧力鍋で煮た。
熱い焙じ茶を淹れておやつにした。
d0337265_2052036.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-12-16 20:05 | 草花 | Comments(10)

最後のいろどり

週間予報が外れて今日も快晴だった。
こういう外れ方はいつでも大歓迎だ。
でもこんないいお天気はもう数えるくらいしかないだろう。

めずらしく来客の予定がなかったので、大掃除の真似事を始めた。
といっても一度にはできないので、窓を開けて柄の長いモップで蜘蛛の巣とり。
この辺りは蜘蛛が多く、益虫だからと普段は大目にみているが、今日は年末に向けてきれいにした。

暖かい部屋で咲いた薔薇から新しい葉っぱが出ていた。
どうなるかわからないがローズヒップから種を取り出して植えてみようと思っている。
d0337265_2074826.jpg

コンクリートの隙間から出てきた紅い葉っぱ。
赤い葉っぱが出てきたのではなく青い葉っぱが紅葉したのだ。
ハワイアンキルトのような形でとてもきれいだ。
d0337265_20142999.jpg

いろいろ調べてみたら、『ヒメフウロ』に似ているが・・・・どうだろう?
ヒメフウロだとすれば可愛いピンクの花が咲いたはずだが、見ていなかった。
このままにしていて来年はよく観察しようと思う。
全体の画像はこんな感じだった。
d0337265_2016059.jpg


お天気がいいと動いてしまうので昨日買った暮らしの手帖がなかなか読めない。
東京子ども図書館を作った松岡享子さんが載っていた。
上京したらいってみたい場所のひとつ。
夕食後母が楽しそうに読んでいた。松岡さんが作った雪のブローチ♪
ご自分のセーターの端切れに一針一針雪の結晶を刺繍したもの。
松岡さんの輝く笑顔と手仕事が美しい。
d0337265_20361036.jpg


お弁当
 すじこと鮭の海苔おにぎり
 玉子焼き、カボチャ、ブロッコリー、大根とみがきにしんの煮物
d0337265_20372965.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-11-28 20:37 | 草花 | Comments(18)

紫式部

千秋公園の表門を降りる途中に『紫式部』の木がある。
我が家の庭のコムラサキシキブに比べ地味だが、まばらにつく紫式部の方が風情がある。
d0337265_20405715.jpg

うっすらと色づいた葉もきれいだった。
女らは声深めゆき実むらさき 加藤知世子
d0337265_2058440.jpg


息子が帰省した時大胆に切ってもらったえごの木に賑やかな小鳥の群れがやってきた。
尾がすっと長いエナガだった。
そして今度は四十雀もやってきた。
調べてみるとエナガと四十雀は一緒に群れを成して行動するようだ。
d0337265_20535076.jpg


昨日より気温は上がったが、朝からずっと雨の暗い一日だった。
朝ご飯のあと一瞬だが落雷で停電し、びっくりした。
このごろ秋田は雷が多く発生する。
冬に向かっているのだろう。

今夜は牡蠣フライとジャーマンポテト
d0337265_21122433.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-11-14 21:12 | 草花 | Comments(8)

杜鵑草(ほととぎす)

美味しいフランスパンが食べたくてパン屋さんへ行く。
前庭には秋の花が咲き乱れていた。
その中でも薄い色の杜鵑草(ほととぎす)が美しい。

ひつそりといつもの場所に杜鵑草 早崎泰江

d0337265_2139232.jpg

この花の造形美には感心する。
まるでたくさんのパーツを組み合わせて作ってあるように見える。
散るときにそう思ったのだった。
まるで組み立てた物が分解するようにひらりひらりと散っていく。

杜鵑草一夜の雨にみな散れり 松崎鉄之介
d0337265_21412715.jpg


我が家のいろはもみじ
 一週間前の我が家のもみじはまだ緑色だった
d0337265_21422026.jpg

それが今朝見たら紅葉が進んでいた!
d0337265_21432772.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-11-04 21:45 | 草花 | Comments(6)

石蕗

買い物帰りの道にしょぼんと集められたお墓がある。
その昔はきちんとした場所にあったのだろうが、田んぼや山を売ることになって、きっと一族がそこに集められたのだろう。
お墓のすぐそばにはどぎつい色の車修理工場。
どう考えても合わない風景。
お墓は道端のほんの僅かな土地に窮屈そうに建っている。

石蕗の花が咲き始めた。
紅葉の赤や黄だけになった、花の少ない季節につやつやした葉っぱの間からぐんと蕾が持ち上がって
鮮やかな黄色い花が咲く。

集められてしょぼんとしている数其のお墓には何の花も植えられていない。
新しいスーパーができてやたら交通量が増えた道で眠っている人々はとてもうるさく感じているだろう。
お墓の前に石蕗でも咲いていれば、少しはなぐさめになりそうだと思った。

集落のあれば墓あり石蕗の花 田中藤穂

夕方になって台風らしい風が吹いてきた。
太平洋側にそれて大した風ではないが、超大型台風とニュースで何度も聞くと、なんだか気になってしまう。
今日、こんな天気の日でも、母のためにリハビリの先生が車で来てくれた。
明日から少しお日様が出てくれたら紅葉見物に行くのだそうだ。

これはいつもこの季節に見せてもらっているお宅の石蕗の花
d0337265_17214244.jpg

葉にほたるが止まっているように見えることから蛍斑石蕗(ホタルフツワブキ)というそうだ。
これを書くとちょっと興ざめになるが、このほたるのような斑(ふ)はウィルスから出来たそうだ。
これはネットの情報だが、知らない方がいい情報もある。
石蕗の花ひねもす雨の音ばかり 保坂加津夫

黄色い石蕗の花びらが散ってくると、いよいよこちらはみぞれになったりする日があり、冬の到来が近くなる。
今日は二十四節気の『霜降』
朝から明日食べようと思っているおでんを煮込んでいる。
d0337265_17242314.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-10-23 17:24 | 草花 | Comments(12)

みせばや

今朝の気温は5.9度
数日前から朝晩はストーブが必要になってきた。
東京も寒くて、今日は12度までしか上がらなかったらしい。
ニュースでダウンの上にもう一枚コートを羽織った女性が映った。
普段暖かい場所に住んでいる人たちにとって、いきなりこうも気温が低くなると着込まなくてはならなくなるのだろう。

みせばやが真っ赤に染まった。
みせばやの赤は温かい赤だ。
『みせばや』という名は古い言葉で『見せたい』という意味だそうだ。
d0337265_22385448.jpg

玉の緒の花のくれなゐ葉のくれなゐ 大橋敦子
d0337265_22391083.jpg

※玉の緒はみせばやのこと

美しいゆうやけ
 
昨日たくさん買った野菜を切った。
ブロコリーの芯や、カリフラワーのまわり、赤大根の硬い茎などそのままごみにするとかさばるので干して水分を抜くためベランダに並べた。
それを見に行こうと外へ出たら、きれいなゆうやけ。
今日はパステルカラーのゆうやけだ。
山の向こうに日が沈む、きれいなゆうやけが藍色の雲に押されて沈んでいった。
d0337265_22404829.jpg


水がれいのからあげ
 男鹿でとれた水がれいを唐揚げにした。
 小麦粉と片栗粉をあわせた衣をつけてからりと揚げた。
 水がれいと呼ばれるこのかれいは水分が多いので、じっくりと時間をかけて揚げた。

 北あかりでポテトサラダをつくる。
 さらし玉ねぎをたっぷり混ぜると美味しい。
 産直で毎週買ったこのトマトはAさんの作ったもの。
 ぎりぎりまでもがずに赤くして、お店に並ぶ時には完熟。
 これで今年は食べ納め。
 今年の夏もこのトマトからたくさんの元気をもらった。
d0337265_22485934.jpg


 高野豆腐のオランダ煮
  料理はその名前の響きでも美味しさが変わる。
  小麦粉をはたいて油でちょっと焼いてから煮るから『オランダ煮』という名前がついたのか?
  肉厚の干ししいたけのだしが浸みて美味しかった。
d0337265_22521228.jpg

 
[PR]
by hanamomo08 | 2017-10-19 20:54 | 草花 | Comments(8)

すすき

朝方 夢を見た。
どこまでも続くすすきの原を歩いていた。
私は大事な物を持っていてそれを誰かに届けなくてはならないのだが、どっちを見ても同じ景色で、どっちにいけばいいのかわからず途方にくれていた。
歩いても、歩いてもすすきだらけだった。

明日が十五夜だという。でも満月はその2日後だとか。
それを思っていたからそんな夢を見たのかもしれない。
今夜もきれいな月が出ている。

すすきの穂たはみて地球(テラ)の息づかひ 市川英一

d0337265_20164767.jpg


独活の花が咲き、しばらくしてこんな黒い種がついた。
季節がまた少し進んだ。
d0337265_2020615.jpg

追加
昨年9月21日の独活の花
d0337265_14373364.jpg

**************************************************************
葱の青いところ
寒くなって硬かったねぎが美味しくなった。
青いところを細かく刻み、少量の油で弱火にしてじっくりと炒める。
じっくりと炒めると葱の甘さが増してくる。
それをたっぷり入れて出し巻き卵を焼いた。
白だし、みりん、砂糖で味付けし、炒め葱もたっぷり入れて焼きあがった玉子焼きはとても美味しかった。
d0337265_20305680.jpg


お弁当
 海苔おにぎり(塩鮭)
 葱入りだし巻き卵、白魚の卵とじ、にんじんと小松菜の炒め物、芋天、ブロッコリー
d0337265_20323054.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-10-03 20:33 | 草花 | Comments(12)

ごくろうさま 朝顔

一気に気温が下がり、肌寒い一日だった。
でも窓を閉め切って、動き回っていると結構汗をかく。
昨日から降り出した雨が朝は止んだので、ベランダの朝顔をみると、もう咲かないと思っていたのに小さな花が一輪だけ咲いていた。
風で飛ばされそうなので、切って飾った。
もともと大きな花ではないが、これは更に小さく、直径3.5センチほどだった。
2017年最後の一輪、今年もたくさんの喜びをありがとう。
d0337265_1655259.jpg


ゆうべは早く床に着いたので早く起きて日記を書いた。
誰に見せるわけでもないし、保存するものでもないが、『書く』ということは私にとっては大切なことだ。一週間ほどはサボっても思い出す訓練にもなっている。
三年日記なるものをつけて今年で終わるが、書くスペースが小さいので来年からはまた普通の大学ノートに戻そうかと考えている。
<どうして大学ノートというのだろう?>
立派な日記帖も数年つけたが、あまりりっぱだと捨てる時が大変なので、費用も場所もとらないノートがいいような気がしてきた。

雨の日は書類整理の日、母のものと我が家のものと、それに捨てる事がなかなか出来ないパンフレットとか、見直して整理。

エゴノキも一部は黄色になり、落葉も進んでいる。
あらわになったエゴの実には毎日やまがらがやって来て、安定感のいい枝に実を打ちつけて食べている。
巣にも運んでいるのだろうか?
仲間を呼ぶウィーウィーという可愛い声がしきりに聞こえる。
窓越しにカメラを向けてみるのだが、すばやくて撮れなかった。
d0337265_1772419.jpg

****************************************************************
新蓮根のきんぴら
d0337265_1782543.jpg

お弁当
小さなかぼちゃコロッケ、蓮根きんぴら、玉子焼き、ブロッコリー、ご飯に茄子の味噌漬け
d0337265_1791874.jpg


More プンプン
[PR]
by hanamomo08 | 2017-09-28 17:12 | 草花 | Comments(4)

秋桜

秋晴れになった。
看護師さんが見えるまで、30分ばかり本を読む。
時間がないと言ってしまえば、今の私は本を読めなくなる。
じっくりと読み進めたいのを我慢すれば、読書はできる。

今日我が家に来てくれた看護師さんは実に楽しそうに働く人だ。
もう少し私が若かったら、彼女を慕って同じ仕事を目指していたかもしれない。
母への言葉かけも、話の引き出し方も自然で、誰でも彼女にだったら話したくなるような人。
母はもちろん私も来てくれるのを楽しみにしている。
今日は自分のおばあちゃんの話をしていってくれた。
大好きなおばあちゃんは96歳になるそうだ。
80歳近くまで近くの旅館で料理を作る仕事をしていたから、今でも味付けは彼女の担当だと言っていた。
前向きで、明るいお祖母ちゃんが大好きだと言っていた。
県外にある実家に帰省するとき、おばあちゃんに珍しいお菓子をお土産にするのが楽しみだそうだ。
いい話をいっぱい聞いて、明るい秋の一日になった。

近所のお宅の秋桜が満開だ。
青空に色とりどりの花が映えてきれいだ。
強い風に揺れているが決して折れはしないがんばりやさん。

からだぢゆう風になつてる秋桜 森 酒郎
d0337265_20213867.jpg


ベランダの朝顔は朝晩の冷え込みで葉の色が変わってきた。
花は少なくなり、数えるほどになってきた。
枯れた姿のままちょっと我慢して、来年の種をとる。
d0337265_20232885.jpg


赤梅酢に漬けたみょうがを刻んで食べている。
小瓶に一つとって、あとは袋に入れて空気を抜き、汁ごと冷凍保存した。
思わぬ季節に食べるのも新鮮で楽しいものだ。
d0337265_20273267.jpg


晩ご飯
 サーモンの照り焼き、豚ヒレ肉のピカタとアボカド、黄色ズッキーニの味噌炒め
d0337265_20292450.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2017-09-21 20:44 | 草花 | Comments(6)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき

未分類

最新の記事

春の光
at 2018-02-22 16:06
あれから15年・・・・
at 2018-02-21 17:30
春が恋しい
at 2018-02-20 21:18
満開
at 2018-02-19 19:36
春めく
at 2018-02-18 21:16

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

可愛いかかと、足フエチで..
by saheizi-inokori at 22:03
可愛いお雛様ですね。 ..
by pass8515 at 18:51
お弁当のりんご 旦那様..
by こんの at 17:01
かぼちゃサラダ、なるほど..
by rinrin at 11:35
冬ソナ(私は見てないので..
by saheizi-inokori at 10:44
昨日までバタバタ忙しく、..
by hisako-baaba at 10:25
おはようございます。冬ソ..
by Deko at 08:30
同じ人生なのに、あれほど..
by sidediscussion at 23:22
こんばんわ。 冬ソナ。..
by pass8515 at 19:47
>o-hikidashi..
by hanamomo08 at 17:06

ブログパーツ

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...
rin時日報3

外部リンク

検索