カテゴリ:美味しいもの( 214 )

とびうお

強風と雨の一日だった。
食材が乏しかったので出かけたスーパーは雨のためか空いていた。
男鹿で獲れたピチピチの「とびうお」が安かったので買って帰る。

飛魚や故郷青空かも知れず  市川律子

海の上を飛ぶための立派なひれを切ってしまうのはかわいそうな気がした。
活きのいいとびうおは青々としてうろこがびっしりついていた。
三枚に下ろし、皮をはぎ、玉ねぎとにんじん、生姜を入れ味噌味をつけてすり身にした。
小判型に丸めて低温で揚げた。
d0337265_21235853.jpg

とびうおは『あご』とも呼ばれる。
『あごだし』というのはとても美しい。
だから出来上がったとびうおの薩摩揚げはとっても旨みがあって美味しかった。
d0337265_21273253.jpg

とまと、もやし、新玉ねぎ、きゅうりの醤油ドレッシング(醤油、酢、みりん、ごま油)和え
d0337265_2129532.jpg

****************************************************************
捨て漬け野菜
糠床にキャベツと大根の皮を漬けて発酵を促していたのだが、取り出して食べてみると結構美味しい。
いくらなんでも皮をそのままではあんまりなので、刻んで胡麻を振って食卓へ。
好評だった、糠床の味が良くなっているので、今日かぶを少し漬けてみた。
暑いので思ったより発酵が進んでいるのだろう。
d0337265_2134168.jpg


今シーズン初 エアコン
洗濯物を干したらあまりに湿度が高く、窓も開けられないのでエアコンをドライにしてかけた。
ゆうべも寝苦しい夜だったからか、疲れがとれず、午後母と一緒に昼寝をした。

不快指数の高い日でもほたるぶくろは次々に花が咲かせ心を和ませてくれる。
友人作の素敵な花入れに生けられた花はとても嬉しそうだ。
d0337265_21383694.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-06-27 21:38 | 美味しいもの | Comments(10)

すいか

今年初めての西瓜を買った。
小玉西瓜だが、少し前に大きな物が498円だった。
まあこのくらいの値段ならと思い籠に入れた。
少し前まであまりに高値で買わなかったから・・・・。

小玉西瓜は大きな西瓜に比べて歯ごたえに欠けるところがあるが、冷蔵庫にも入れやすいし、皮が薄いというお徳感がある。
西瓜売り場ではご年配の人たちはきまってスイカを持ってぽんぽんと叩く。
今は糖度センサーで管理されているから、はずれは少ないそうだが・・・・。
叩いてもどれが甘いのか私にはわからない。

こどもの頃は昼寝の後などに、母がアルミのお盆に切った西瓜をのせてきて、みんなで食べた。
アルミのお盆には派手な牡丹が描かれていた。
今のように西瓜スプーンなど添えられず、おもいおもいに西瓜をとって食べた。
みんなで食べるから西瓜はあっという間になくなる。
8分の1に切って売られている西瓜はなんとなく物足りないのだが、丸い西瓜をかうと冷蔵庫に何も入らなくなるのもわかっているから、やっぱり初めの頃は切ったものを買って来てしまう。
だから、西瓜好きとしては盛夏産直に並ぶ西瓜を心待ちにしている。
今日は最高気温が30度近くあった。
よく冷えた西瓜が美味しかった。
西瓜切る一家団欒遠のけり 向井芳子
d0337265_1815647.jpg

****************************************************************
ドイツの紅い薔薇 ラバ・グルート<Lava Grut >
d0337265_1825332.jpg


おべんとう
暑くなりそうだったので酢飯にして、鯖の缶詰を炒り煮したもの、いり卵、にんじんの千切りをのせ『ばら寿司風』にした。
 
d0337265_187268.jpg


※糠漬けに庭の山椒の実を入れた。
d0337265_1875354.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-06-26 19:28 | 美味しいもの | Comments(12)

お米のデザート

『あさづけ』は秋田の郷土料理の一つで、米粉で作る涼しげなデザートだ。
地域によって呼び名が違い、こざき練り(昔はこざき米で作っていたのでこのような名前)、米なますなどとも呼ばれている。
先日購読している新聞に入ってきた小冊子にこの『あさづけ』が紹介されていた。
母に見せると『懐かしいな~』と言うので作ってみた。
材料が米粉、さとう、酢、季節のくだもの・・・・・この材料だけでは味の想像が難しい。

たぶん昔の人は飯米には出来ない、二番米のようなこざき米を捨てずにこのようなデザートにして食べていたのだろう。
米どころ秋田の女性達の工夫を垣間見る思いがした。

母にとっても、母の祖母が作ってくれた思い出の夏のおやつだったようだ。
母の思い出の中のあさづけには定番の缶詰のみかんときゅうりの薄切りがのっていたそうだ。

小冊子には簡単に米粉で作る方法が載っていた。
私も米粉に砂糖と水を加え、粉っぽさがなくなるまで弱火でじっくりと練った。
とろりとしてきたら酢を加えるのだが、私はそれをレモン汁にした。
あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、くだものを盛った。
今の季節に作りたいと思ったのは今が旬のさくらんぼをのせたかったからだ。
この赤い一粒がのるととても豪華なあさづけに見える。
庭のミントも添えて、秋田の夏のデザートが出来上がった。
d0337265_21475165.jpg

あさづけという名前はどこから来たのかちょっと調べてみたら、秋田の五城目(ごじょうめ)の落合地区ではあさづけの上にかぶの漬物(浅漬け)をのせるということがわかった。
漬物の塩味があさづけの甘さを引き立てるのだそうだ。
かぶの浅漬けが『あさづけ』の語源かどうかはわからないが、米どころ秋田らしいデザートだと思うった。
ちなみにこのデザートは子どもたちには不人気で、我が家の子ども達も家庭科の郷土料理の授業で作って食べたらしいが、『美味しくない、きらい』という感想だった。
d0337265_21545272.jpg

******************************************************************
めかくし
 
キッチンの棚にはパン粉や小麦粉、片栗粉、胡麻・・・・・・そんなものを入れたワイヤーのかごを置いているが、とても雑然として見苦しいので、小さなカフェカーテンを吊るした。
このカーテン綿100%なので汚れたらすぐに洗える。
d0337265_21575716.jpg


晩ご飯
 活ほたてのお刺身
d0337265_21583285.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-06-23 21:58 | 美味しいもの | Comments(14)

鱚(きす)のてんぷら

夫の釣り仲間が『きす』を持ってきてくれた。
秋田の少し南・道川海岸で投げ釣りしたものだという。
きすは魚へんに喜ぶと書く。
上品な味で、とても嬉しい魚だ。
d0337265_213246.jpg

さばくのはちょっと大変な魚だ。
新鮮なうちに頑丈なうろこを取り、おなかを出して、三枚下ろしにする。
7センチくらいの小さいものはマリネ用に手開きした。
卵をとき、冷たい水を入れ、小麦粉を入れてさっくり混ぜた衣をつけて揚げた。
大根おろしをたっぷり添えていただいた。
母も大好物でとても喜んだ。
d0337265_217359.jpg

*************************************************************
新笹
 近くで新笹を採ってきた。
 まだ柔らかい物もあったのでまた後日行くとしよう。
 とりあえず今日は50枚だけ。
 さっとゆでて、水に取り、水分を拭いて冷凍保存した。
 今年は笹もちに挑戦したい♪
d0337265_2195714.jpg


秋田の笹巻き
笹の中に生の餅米を入れて、長時間煮て、笹をほどいてきなこや黒砂糖をつけて食べます。
硬くなってもゆでるとまた柔らかくなるので保存食だったようです。
土地によって形が違います。
この形は笹を3枚使っていると思います。
d0337265_533613.jpg


お弁当
 海老と魚肉ソーセージのピカタ、南瓜、ミニトマト、辛子明太子
d0337265_21131924.jpg


夕焼けと三日月
d0337265_21135452.jpg

d0337265_2114840.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-06-18 21:14 | 美味しいもの | Comments(8)

パエリア♪

パエリアはスペイン東部バレンシア地方が発祥の料理。
魚介類や肉、野菜を入れて炊いた洋風の炊き込みご飯だ。
私が小さい頃は色のついた洋食といえばオムライスの中身のチキンライスだった。
ドライカレーだってかなり大きくなってからレストランで食べた。
この頃の日本では世界中の料理が食べられている。
お向かいの奥様が台湾料理のお店で食べた辛いラーメンが美味しかったと感激していた。

和食が多い我が家でも好評なのがパエリア♪
地中海料理は秋田と食材が似ているからかもしれない。

パプリカ、玉ねぎ、ピーマン、シメジを炒め、それに殻つきの海老とあさりを入れて炊き上げた。
d0337265_2045228.jpg

うっすらとおこげもついて、美味しかった。
北海道産のあさりは大きくて美味しかった。
母には具材を刻んでからご飯に混ぜて食べてもらった。
スペインの料理だというと抵抗感を持つので、海老とあさりの炊き込みご飯だと言ったら美味しい、美味しいと完食した。
今日は『父の日』だそうで、私の父のことも思い出した。
父の日なんて祝ってあげたことがなかったな~とちょっと反省。

楽しかった昨日のことを話しながら囲んだ晩御飯。
蕾だった薔薇が満開になった♪
d0337265_20544241.jpg

******************************************************************
6月の田んぼ
 我が家のお米が作られている場所へ行ってきた。
 小さかった苗がだいぶ大きくなり、しっかりしてきた。
d0337265_20565597.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-06-17 20:56 | 美味しいもの | Comments(4)

チーズケーキ♪

週末が終わった。
夫は昨日は庭の草刈り、今日は家の外壁の修理をしたりと随分働いてくれた。

私はいつもどおりの週末で、お掃除をしたり、三度のご飯を作ったりしていたら終わってしまった。
家のことはずっとやっていてもあまり目には見えない。
花も飾った。
咲いたばかりのサハラは青い焼酎の瓶に生けた。
d0337265_2013347.jpg


クリームチーズの買いおきがあったので、久し振りにチーズケーキを焼いた。
いつも美味しそうなチーズケーキを作っているPochiPochiさんから伺ったように生クリームの代りにヨーグルトを入れて焼いた。
ケーキの飾りはそろそろ切ろうと思っていたビオラの花。
昨年12月に頂いてから寒い冬を越えてずっと咲き続けてくれた。
貴婦人の帽子をイメージして飾ったのですが・・・・・。
d0337265_2030318.jpg

ヨーグルトとクリームチーズで作ったチーズケーキはさっぱりして、しっとりしていてとても美味しかった。
d0337265_20313960.jpg


高台から田んぼを眺める♪
風が強く気温もあまり上がらず20度ぐらいで、秋のような雰囲気だった。
高台にある団地に上がり、田んぼを眺めてみた。
もう少し稲が伸びてくると緑の海原のように見えるだろうか。
d0337265_20404399.jpg

夕方、うろこ雲
d0337265_2041118.jpg

晩ご飯
 鯵フライ
d0337265_20414138.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-06-10 20:41 | 美味しいもの | Comments(14)

みょうがの芽

週末田植えの終わった田んぼを見に行った先(知り合いのところ)でみょうがの芽を採らせてもらった。
これからこれが大きくなって地下に実るのがみょうが。
新芽は柔らかく、しっかりみょうがの味がして美味しい。
d0337265_20223114.jpg

刻んで今朝のお味噌汁に入れて食べた。
みょうがの新芽はほんのつかの間だけの味。
これはブログで知った青森の方の郷土食 いか寿司に入れると美味しいのだが、この頃活きのいいイカとめぐり合えない。残念!
d0337265_2026213.jpg

今朝は半熟玉子、きのこ・豆腐・じゃがいも・みょうがのお味噌汁、にんじんのソテーという献立だったが、母にはじっくりと炒めたにんじんのソテーにブレンダーをかけて出した。
甘くてとっても美味しいと喜んでいた。
ブレンダーを使うようになってから、母はたくさん野菜を食べられるようになった。
蕨たたきも一瞬のうちに出来上がる。
d0337265_20301168.jpg


晩ご飯
 めばるの煮付け、海老とアボカド、新玉ねぎのマヨネーズ和え
d0337265_20312453.jpg

 キャベツ、胡瓜、ミズ、しょうがの浅漬け
d0337265_2032478.jpg


お弁当
 ゆうべの南瓜コロッケ、浅漬け、玉子焼き、にんじんソテー、ミディートマト
d0337265_2033429.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-06-05 20:33 | 美味しいもの | Comments(10)

てりの煮つけ

夫の釣り仲間から嬉しいおすそ分けがあった。
秋田では『てり』と呼ばれている『めばる(眼張)』
大きなものは30センチ近くもある大型めばるだった。
d0337265_21195282.jpg

実は夫も今日てりを釣りに行く予定であったが、船の都合でだめになった。
とても残念そうだったが、気を取り直し今日は庭の草取りをしてくれた。

てりは深海魚で、かなり海の深いところに住んでいる。
住んでいる深さによって体の色が違うそうで、深くなればなるほど赤くなるらしい。
眼張という名前の通り目が出ている。
これは海の底から釣り上げられて水圧が違うため目が飛び出てしまうのだそうだ。

日本酒を惜しげなく入れ、醤油とみりんも入れて煮つけにする。
身が厚いので落し蓋をしてじっくりと煮る。
煮汁が少しとろりとするまで煮付けるのが美味しい。
d0337265_2129777.jpg

ひじきの煮物も添えて今夜のご飯
d0337265_21303070.jpg

*****************************************************************
同じ色
暑くなったので母に綿のTシャツを着せた。
黄色い香水瓶に生けた鉄線とそのシャツがよく似ている。
六月の色だな~。
d0337265_21353960.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-06-03 21:35 | 美味しいもの | Comments(6)

みずと鯛の出会い

土曜日友人が自分の山で採ったたくさんの『みず』を持ってきてくれた。
まずは、ご近所さんにおすそ分けした。
みずは癖がなくどんな料理にでも合う初夏の山菜だ。
d0337265_21134796.jpg

薄い皮を剥くと歯ざわりがよくなるので、早速剥き始めた。
鮮度のいいうちにと黙々と剥いた。
剥き終えた後のみずの皮と赤い根っこ!
自然の色はなんと美しいのだろう!
d0337265_20381933.jpg

お湯を沸かしてさっとゆでると一瞬のうちにみずはエメラルドグリーンに変わる。
それを男鹿のチダイと一緒に塩味の鍋にした。
出始めのじゅんさいも少しだけ入れた。

我が家では定番の初夏の鍋、みずと鯛の出会う季節の鍋。
昆布でとっただしに鯛からの旨みが加わってあっさりしているが美味しい鍋だ。
(昨日の夕食)
d0337265_20413949.jpg


もう一つみずの美味しい食べ方 浅漬け
生姜を入れて漬けると美味しい!
d0337265_2182267.jpg

今夜の献立
男鹿で揚がったヒラメを味噌煮にした。
これも出会いものの根曲がり竹と一緒に煮た。
他に茄子の揚げ浸し、みずの浅漬け
d0337265_21115226.jpg

**************************************************************
ルピナスその後
 頂いたルピナスは花瓶の中で水を吸い上げ、曲がっていた花がまっすぐになった。
その後花が下の方から散り始めたので、今日短く切って生けなおした。
まっすぐだったルピナスは再びトラノオのように垂れ下がり、これはこれでいいなあ~と思った。
友人にもメールで送った。
d0337265_21174435.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-05-28 21:32 | 美味しいもの | Comments(4)

根曲がり竹

山菜の中で採るのがもっとも難儀だと言われているのが『根曲がり竹』だと思う。
たった一度だけ夫の友達が連れて行ってくれたたけのこ採りでのこと。
山の急斜面すれすれに槍のごとく生えているこの筍を私はなかなか見つけられなかった。
山を登るのが精一杯だったといったほうがいいのかもしれない。
それに最近は熊が出る!
たけのこは熊さんたちの大好物なのだ。

昨日友人が送ってくれた旬の玉手箱の中には立派な根曲がり竹もいっぱい入っていた。
早速皮を剥き、火を通した。
たけのこは早く下ごしらえすると、そこで老化がとまり、柔らかい。
鮮やかなエメラルドグリーンになる瞬間は毎年見ても感動する。
d0337265_20535119.jpg

ゆでたてを味噌マヨネーズをつけてぽりぽりと頂いた。

皮を剥いてゆでて、すぐに食べられる根曲がり竹も入っていて、今朝家族が好物の味噌煮にした。
鰹節のだしで、味噌少々大目の汁でぐつぐつと煮て、味噌にとろみがついたら出来上がり。
あっさりして何本でも食べられる。
歯の悪い母のために同じものをブレンダーで砕いて差し出す。
熱々のご飯に載せて食べるとシンプルながら根曲がり竹の風味が際立つ。
d0337265_2105748.jpg

孟宗筍の下の方は塩をまぶし、干して冷蔵保存にした。
d0337265_2112728.jpg


おべんとう
たけのこご飯、海老天、かぼちゃ、根曲がりの味噌煮
d0337265_21342.jpg

******************************************************************
花を飾る♪
大雨に打たれた椿もつぼみが少なくなったが、時々飾って楽しんでいる。
d0337265_2145592.jpg

きり戻したビオラは焼酎が入っていたフラスコに生けた。
来客が『何の香り?いい香りがする!』といったことではじめてこの花の香りに気づいた。
ほんとにいい香りだった。
d0337265_2175798.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2018-05-23 21:08 | 美味しいもの | Comments(2)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき

未分類

最新の記事

すだれ吊る
at 2018-07-16 22:12
馥郁(ふくいく)
at 2018-07-15 21:44
合歓の花
at 2018-07-14 22:27
安眠
at 2018-07-13 21:38
梅雨寒
at 2018-07-12 16:27

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

> PochiPochi..
by hanamomo08 at 11:23
>passさん こんに..
by hanamomo08 at 11:18
>mosakuさん こ..
by hanamomo08 at 11:14
>PochiPochiさ..
by hanamomo08 at 11:08
>unburroさん ..
by hanamomo08 at 11:02
おはようございます。 ..
by pass8515 at 07:19
青目 PCの不具合で、..
by aomeumi at 15:54
こちらにもフクイくらいが..
by saheizi-inokori at 14:59
ご自宅の庭に百合が自生、..
by sidediscussion at 11:29
合歓の花、今こちらでも咲..
by nana at 08:23

ブログパーツ

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...
rin時日報3

外部リンク

検索