カテゴリ:美味しいもの( 190 )

今日食べたいもの

訪問看護師さんが見えて食べ物の話になった。
隣の県にある実家に帰ると、両親だけでなく、回りに一人暮らしの叔父や叔母がいるらしい。
年老いた両親のために美味しいものを作ると、その叔父や叔母にもおすそ分けするのだそうだ。
一人暮らしだと作ろうと思っても材料をそろえるのも大変だし、長い時間キッチンに立っていられないそうだ。
だからそういうおかずのおすそ分けは何よりも嬉しいらしい。
この週末、帰ったら何を作ろうかと言う事になって、二人でいろいろ考えた。
あれこれ候補にあがったが、揚げたてのサクサクの春巻きがいいということになった。

先日産直がある町で栽培した『きくらげ』を買った。
何に入れたら美味しいかな?といろいろ考えていたが、春巻きに入れてもいいと思った。
d0337265_2044885.jpg

塩漬けにしていた孟宗だけを塩抜きし、春雨をもどし、きのことにんじん、豚肉、みじん切りの生姜をいれて作ってみた。
火加減が難しい。
強火であげると表面だけ焦げて、中に巻かれている皮まで火が届かない。
弱中火でゆっくりと揚げサクサクになった!
d0337265_20433874.jpg


枝豆、もろきゅう、春巻きで夕食
d0337265_20452116.jpg

春雨のパラりとした食感、コリコリとしたきくらげ、たけのこの歯ざわり・・・・・なかなか美味しい。
d0337265_20465669.jpg

*************************************************************
のうぜんかずら
 あちこちの家にのうぜんかずらが咲いている。
 去年も、一昨年もそう思ったが、この家の絡まり具合が一番好きだ。
 オレンジ色の花はぽとりと落ちてしまうが、この花を見ると『夏』を感じる。
d0337265_2050450.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-07-27 20:50 | 美味しいもの | Comments(18)

新じゃが

産直に行こうと思ったのは数日前の新聞でこんな短歌を見つけからだった。

新じゃがの味噌汁のかをりほわほわと どこか懐かし母の香に似て 

作者は秋田の潟上市にお住まいの瀬下京子さん。
瀬下さんの詠む歌は大好きで、昨年の春にもこんな歌をブログに書いていた。

春まだ早いうちから遠く九州の新じゃがが出始める。
少し前には茨城の新じゃがを買ったが、このごろやっと秋田のものが出てきた。
皮がむきやすいメークインと新品種の二種類を買った。

新じゃがを入れた味噌汁は家族皆大好きだ。
今夜は美味しい新じゃがの味噌汁を作ろう♪

新品種はシンシアというフランス生まれのじゃがいもだそうだ。
つるっとしていて皮ごとフライドポテトにしたら美味しそうだ。
d0337265_17114690.jpg

産直には細い夏大根もあった。
夏大根は水分が少ないが、その分ピリリとした辛味があって、薬味にしたり、直接ご飯にのせて食べたりしても美味しい。
今年初めての漬け茄子、焼き茄子用の長いなす、ささげ、胡瓜、真っ赤なトマト、フルーツトマト、・・・・・たっぷり一週間分買って帰宅した。
美味しい美味しいおからも忘れずに買った。
d0337265_170496.jpg

先日お祭だった土崎のあたりまで来ると大きな風車が見えてくる。
d0337265_16584920.jpg

左側に男鹿半島が見える。
d0337265_16595321.jpg

こっちは小さな風車 出戸浜海水浴場がある。
d0337265_1702734.jpg

帰宅したらちょうどお昼になっていた。

簡単に鯖缶を開け、夏大根をたっぷりおろして添え、トマトを切っただけ。
ご飯だけは圧力鍋で炊きたて!
d0337265_17134013.jpg


潟上は果樹園も多いところ、普通の家の庭でとれたような小さいスモモがこんなに入って200円
d0337265_17163764.jpg

甘いか、酸っぱいか、ちょっと賭けのようだったけど、ジャムにしてもいいかと買った。
それが甘かった、スイカすもものようだけど、名前は不明。
d0337265_17171128.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-07-23 16:32 | 美味しいもの | Comments(8)

Paprika

パプリカというカラフルな野菜が出回るようになったのはいつごろだったのだろう。
私がこどもの頃はなかったし、レストランなどで出されるようになったのもそんなに前ではなかったような気がする。
d0337265_216246.jpg

生をスライスしてサラダに入れて食べるようになったのもごく最近だ。
私は焦げ目がつくまで焼いて薄皮をむいたものをサラダに入れて食べるのが大好きだ。
以外に高い野菜で、ひとつ200円近くする。
先日、韓国産だが大きなパプリカを見つけ焼いてトマトと一緒にサラダにした。
d0337265_2162610.jpg

あまり大きなものは駄目だといわれる野菜だが、このパプリカはとても大きくて美味しかった。
値段もひとつ98円、とてもお買い得だった。
d0337265_2195390.jpg


晩ご飯のおかずはほかにかれいの煮つけ、梅酒のおつまみはありあわせのもの。
d0337265_21211026.jpg


お弁当
 焼きたらこご飯、玉子焼き、イカバーグ、厚揚げの煮物、糠漬け
d0337265_21293132.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-07-20 21:29 | 美味しいもの | Comments(12)

ナポリピッツァ

母がリハビリに出かけた後、『ぐるっと長靴 イタリア半島 4000㌔』という番組を途中からみた。
女優の野村佑香さんがイタリアを回っている。
ナポリにも立ち寄り、有名なナポリピッツァを食べていた。

マルゲリータというピッツァはイタリア王妃マルゲリータの名前からきているらしい。
王妃がこのピザを、バジリコの緑とモッツァレッラチーズの白とトマトソースの赤がまるで「イタリア国旗」を表しているようだとして、いたく気に入ったことが由来と言われている。
ぷっくりと膨らんだピッツァのふちには焦げ目がつき、なんとも美味しそうで食べたくなった。

美味しいお店はないか!いろいろ検索したら、駅前のピッツァ屋さんにこのナポリピッツァがあった!
しかも平日の格安ランチはいい!
若い友人を強引に誘い、開店に合わせお店に入った。
マルゲリータと魚介のパスタを注文、半分こする。
たくさんある飲み物が選べるが・・・・グラスワインもあった。
私は白ワインを、友人はグレープフルーツジュース。

間もなく焼きたてのピッツァが運ばれてきた。
生地にもしっかり塩味がついていて、バジルとモッツァレーラにトマトソースが絡まり美味しい。
d0337265_21454479.jpg

魚介のパスタにはムール貝、あさり、ホタテ、蜆、イカ・・・・。
太目のパスタに貝のだしが効いて上手い!
白ワインもすっきりしたのみ心地で満足だった。
d0337265_2146682.jpg

***************************************************************
満腹なので歩いて図書館まで行く。

お堀の蓮はまだ蕾、咲くまでまだ時間がかかりそうだ。
d0337265_2223350.jpg

睡蓮がきれいで、あちこちに鯉が泳いでいる。
めだかのように見えるのは鯉の稚魚?赤いポストのところの大木は何の木なのか?大きく枝を広げた形がすごくいい。
d0337265_21592479.jpg

図書館の窓からも庭のまぶしいほどのみどりが見える。
先日定期購読をやめた雑誌をめくる。
いい雑誌だが、たまる一方なので、図書館で見る事にした。
d0337265_222464.jpg

ランチでワインを飲んだので今日はワイナリーをやっている玉村豊男さんの本を借りた。
ピッツァのお店はあっという間に満席になったが、ざっと店内を見渡してみても、ワインを飲んでいるのは私一人だった。皆さん車で来ているのだろうな~。
こんなときは歩けばいい!と飲んだ言い訳。

晩ご飯
自分勝手だが、野菜中心の軽めの夕食にしよう♪
小ぶりの水がれいは粉をはたいてソテーした。
それに今夏はじめての『ところてん』
d0337265_22113379.jpg

それとなすとかぼちゃのおかか煮(いわゆる煮茄子という料理)
これは作り置いて冷たくして食べても美味しい。
d0337265_22111518.jpg


お弁当
 梅干と鮭の海苔おにぎり
 鰊の甘露煮、三つ葉入り卵焼き、インゲンとにんじんの和え物、かぼちゃ
d0337265_22133225.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-07-12 21:42 | 美味しいもの | Comments(8)

あんみつ

完熟のブルーベリーをいただいた。
そして、かわいいさくらんぼ、すいかすもも、キーウィ・・・・・こんなに果物がそろう事はないから、作ろう♪
そう思って夕べ寝る前に寒天を一本流しておいた。

お昼ご飯のあと、寒天を切り、黒蜜を用意し、果物を盛り付けた。
バナナも適度な酸味があっておいしいから一緒に入れた。
あれこれ盛り付けたら先日一パックだけ買って冷凍保存しておいた秋田の苺を思い出した。
せっかくだからこれも・・・・・。
てんこ盛りになったが、漉し餡とバニラアイスはちょっとでものせたい。
それで出来上がったのが今年のクリームあんみつ。
d0337265_18171349.jpg

クリームあんみつの撮影は忙しい。
アイスが融けてしまわないうちに撮らなければならない。
d0337265_18182195.jpg

さあ、おまちどうさま!
母には『お昼ご飯のあといいものがあるよ』といっておいた。

母はとても喜んだ。
あんことアイスを絡めながら果物を食べて、それから黒蜜のかかっている寒天を底から引き出し、味わっている。
冷凍の苺はかなり酸っぱいが、あんみつには酸っぱい果物がよく合う。
そういう意味ではキーウィもブルーベリーもあまりに甘すぎた。
母も私も最後まで残したのは『さくらんぼ』
佐藤錦が終わるころ出てくる『紅秀峰』
果肉がしっかりしていて食べ応えがある。
最後に残った黒蜜を飲み干して、ごちそうさま。
d0337265_18255887.jpg


永六輔さん 安らかに
 若い頃 永さんがパーソナリティーを務めていたラジオ番組に写真を送ったことがあった。
『美しい夕焼けの写真があったら場所を書いて送ってください』という呼びかけに、ちょうど友人と小旅行から帰ったばかりの私はきれいな海辺の夕焼けの写真を送った。
場所は山形の湯の浜温泉の風景だった。

写真は番組で紹介され、すぐに永さんから自筆のはがきをいただいた。
どこにしまったか定かではなく、ここで紹介できないのがちょっと残念だ。
あの楽しい文字で書かれた葉書を受け取った時はとても嬉しかった。
筆まめで温かい方だった。

その後、子供が大学に入って上京した折、買い物をしてたデパートでも偶然お会いした。
急いでいる様子だったから声はかけそびれてしまった。
刺し子の作務衣をお召しだった。
永さんはわたしのことなど覚えているはずもなかったのだが、お葉書をもらった身としてはとても、とても嬉しかったということを伝えたい気持ちがあったのだ。
晩年は病気とも闘い、今はずっと前に天国に行かれた昌子夫人と会えたことだろう。
ご冥福をお祈りする。
d0337265_1837971.jpg


More 夕方
[PR]
by hanamomo08 | 2016-07-11 17:34 | 美味しいもの | Comments(18)

鯛めし

買い物に行って、季節の食材が安く手に入ると嬉しくなる。
今日も二軒のスーパーをはしごして、数日分の食材を買ってきた。
魚で今美味しいのはイカ、鯵、それに鯛。
その三種類を買って帰り、イカは味噌と醤油少々を混ぜたものに漬け込んだ。
鯵は小ぶりながら鮮度がよく、鯵フライを作ろうと思ってさばく。
鯛は内蔵を取り、日本酒と塩で下味をつけ、こんがりと焼き鯛めしを炊いた。
圧力なべで5分、もっちりと美味しそうに炊けた。
昆布ごと鯛をさらに出し、骨をとってご飯にもどして軽く混ぜる。
ふっくらとして美味しい鯛めしだった。
d0337265_20213257.jpg

もうひとつ、季節の味、『そら豆』
先日テレビで見たやり方でゆでる。
塩を入れたひたひたの少ない水で蓋をして3分。
鯛めしのおかずにそら豆の塩茹で、大根サラダ(梅味)、胡瓜の中華漬け
d0337265_20253974.jpg


挿し木の薔薇が咲いた♪
昨日嵐のような雨の中、去年秋に挿し木にした薔薇が咲きそうだった。
向かって左がその薔薇。
d0337265_20303310.jpg

今日になってお天気がよくなったらすっかり咲いた。
挿し木で咲いた薔薇、とても嬉しい♪
d0337265_20322251.jpg


More 朝ごはん 昼ごはん
[PR]
by hanamomo08 | 2016-07-03 20:28 | 美味しいもの | Comments(20)

BONSAI

午後3時、晴れると思ってたくさん洗った洗濯物がおおよそ乾いたところで雨が落ちてきた。
やっぱり梅雨なのだ、エアコンの除湿ボタンを押し洗濯物を乾かす。
人間もとても快適で過ごしやすい。

近所のもみじの種が飛んできて根付いたのか、それとも小鳥がプレゼントしてくれたのか、庭の東側にもみじの赤ちゃんが何本か根付いている。
少し前に夫がそれを盆栽風に鉢に植えた。
名づけて『三色弁当』だそうだ。
d0337265_19492521.jpg

赤玉土、黒土、苔に小さなもみじを植え、きれいな石を置いたという。
本物の三色弁当なら茶色は鯖そぼろ、黒は牛そぼろ、緑は青海苔だろうか。
梅雨時なので、しっとりと湿り気をおび、とてもきれいだ。

先日朝のNHKニュースで盆栽の漆畑大雅さんの盆栽が取り上げられていた。
盆栽はいまや日本国内よりも外国の方たちに認められ、漆畑さんの盆栽園には外国人の弟子が次々にやってくる。
今までの盆栽の概念を越えたすっきりした姿に感動した。

我が家の薔薇
 
d0337265_1958439.jpg

これは夫の生家から移植した薔薇で、夫が去年挿し木したものが根付き、それももうすぐ花が咲きそうで嬉しい。

***************************************************************
晩ご飯
くろもと胡瓜の酢の物、水がれいの塩焼き、鰹のたたき、スナップエンドウ&きみ
d0337265_2014556.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-06-28 20:02 | 美味しいもの | Comments(10)

鯛のポアレ

今日も忙しい一日だった。
庭の紫陽花は雨のシャワーを浴びていきいきしている。
去年よりも13日早い梅雨入りで、晴れていてもどことなく蒸し暑い。
d0337265_2344258.jpg


東京の友人からはがきが届いた。
針葉樹に囲まれた湖での美しい写真が添えられていた。
フィンランドは美しい国だったと書いてあった。
いつもの美しい文字で近況も書いてあった。
手紙は本当にいいなあ~と思う。
明日から三日ばかり雨の予報、私も手紙を書こう。

晩ご飯
男鹿の鯛が釣れているらしく、新鮮で安い。
レストランのメニュー風に言えば今夜は『鯛のポワレ』
『ポワレ』とはフライパンで焼く事をいうらしい。
カクテルトマト、大根サラダ、かぼちゃのサラダを添えた。
ぶなシメジと舞茸のクリームソースをかけた。
d0337265_23301319.jpg

鯛がふんわりとしていて美味しい、皮のところが特に美味しい。
d0337265_23333075.jpg

鯛をのせた大きな皿も母がくれたものだ。
苺の白い花と実が描いてあって、好きなお皿だが、重すぎる。
重いというだけで、たまにしか使わない飯切りの中でひっそりと眠っていたのだが・・・・。
お皿の模様を見せながらきれいに盛りつけるられず、いろいろのせているうちに苺は隠れて見えなくなる。
こんな苺が描かれている。(裏にMikasaと書いてある)
d0337265_2339064.jpg


お弁当
 昨日のお昼のかき揚げを玉ねぎと卵とじにしたもの。
 しんじょう(アイナメ)の味噌漬け焼き、かぼちゃのサラダ
d0337265_23411981.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-06-15 23:41 | 美味しいもの | Comments(10)

川蟹がやってきた!

夕方、ご近所の方が丈夫で大きな袋を持ってやってきた。
『もずく蟹食べる?』というので『もくず蟹でしょう?』という。
私は『川蟹』として覚えていて、小さい頃からこの蟹味噌が大好きだ。

袋の中ではモゾモゾとたくさんのもくず蟹が動いていた。
ご近所さんは食べ方がわからないというので、我が家で料理して半分いただく事にした。
トングで捕まえようとすると、口から泡を吹きながら抵抗してくる。
d0337265_20464915.jpg

海で採ってきたというモクズ蟹は恐ろしい速さで横歩きし、毛のついた鋏を振りかざして私に向かってくる。
『ごめんね』と謝りながら、キッチンバサミで怖い鋏を切り落とし、甲羅と身に分ける。
中からオレンジ色のウニのような鮮やかな蟹味噌が出てくる。
黒く見えるのは卵で、加熱すると色が変わる。
d0337265_20542087.jpg

味噌たっぷりの甲羅に味噌を詰め、蟹味噌と味噌を混ぜて焼く。
こんがりと焼けたところをご飯にのせていただいた。
このモクズガニは上海蟹と味がとても似ているらしい。
d0337265_20551134.jpg

身のほうももったいないので煮出してざるで漉し、お豆腐と葱を入れて味噌汁にした。
焼いた蟹味噌と蟹汁を持っていくとご近所さんは目を丸くして驚いていた。
食べると美味しくてもっとびっくりすると思う、思いがけず美味しいものをいただいた。
****************************************************************
晩ご飯
 鯛のアラと大根を炊いたもの
d0337265_20585671.jpg


お弁当
 海苔おにぎり(八分搗き米)焼きたらこと梅干
 ささみの塩麹焼き、ブロッコリー、とまと、ほうれん草とにんじんの胡麻和え
d0337265_2111991.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-06-14 20:41 | 美味しいもの | Comments(16)

じゅんさい

今年もじゅんさいの季節がやってきた。
水草の一種だから、ちょっと青臭いところはあるが、ほとんど無味無臭。
ゼリー状のものに包まれているので暑い時期に『ツルン』とした食感がご馳走の食べ物だ。
今夜は普段はあまりお店に並ばない『まぞい』があったので、こってりとしたこの魚の旨みとあわせて、お吸い物にした。
ずっと昔のおわんによそって・・・・。
d0337265_17543748.jpg

しょうがを入れてさっぱりと仕立てた、夏のご馳走、じゅんさいとまぞいのお吸い物。
d0337265_1804723.jpg


今の季節あちらこちらで見かける木がある。
我が家の庭にも白い細かい花が咲いている。
秋になると黒い実がつく『イボタノキ』
棚田の手ぬぐいの前に飾った。
d0337265_1811594.jpg

小さいラッパのような形をした花が咲き、あっという間に散ってしまう。
こんな蕾のときが一番きれいだ。
d0337265_1812891.jpg


晩ご飯
 柳の舞の干物風(冷蔵庫で作った)
 大根とツナのサラダ
d0337265_23455912.jpg

 冷たくした『みずたたき』
 蒸し暑い今夜はこれがとても美味しかった。
d0337265_2347336.jpg

[PR]
by hanamomo08 | 2016-06-12 19:32 | 美味しいもの | Comments(10)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき

未分類

最新の記事

春愁(しゅんしゅう)
at 2018-02-25 21:22
ねぎのかき揚げ
at 2018-02-24 16:04
生もみじ饅頭
at 2018-02-23 20:14
春の光
at 2018-02-22 16:06
あれから15年・・・・
at 2018-02-21 17:30

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

野菜高騰 ショッピング..
by こんの at 12:06
あぁ サルチル酸ワセリン..
by こんの at 12:01
かき揚げと熱い蕎麦は私の..
by saheizi-inokori at 11:18
雪と雷、大変ですね。寒そ..
by sidediscussion at 21:08
>oshibanayos..
by hanamomo08 at 19:53
こんばんは。 そちらは..
by oshibanayoshimi at 17:47
>こんのさん ゆうべ書..
by hanamomo08 at 15:12
>2018-02-24 ..
by hanamomo08 at 15:10
> aomeumiさん ..
by hanamomo08 at 15:07
> Dekoさん hi..
by hanamomo08 at 15:04

ブログパーツ

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...
rin時日報3

外部リンク

検索

タグ