すいか

今年初めての西瓜を買った。
小玉西瓜だが、少し前に大きな物が498円だった。
まあこのくらいの値段ならと思い籠に入れた。
少し前まであまりに高値で買わなかったから・・・・。

小玉西瓜は大きな西瓜に比べて歯ごたえに欠けるところがあるが、冷蔵庫にも入れやすいし、皮が薄いというお徳感がある。
西瓜売り場ではご年配の人たちはきまってスイカを持ってぽんぽんと叩く。
今は糖度センサーで管理されているから、はずれは少ないそうだが・・・・。
叩いてもどれが甘いのか私にはわからない。

こどもの頃は昼寝の後などに、母がアルミのお盆に切った西瓜をのせてきて、みんなで食べた。
アルミのお盆には派手な牡丹が描かれていた。
今のように西瓜スプーンなど添えられず、おもいおもいに西瓜をとって食べた。
みんなで食べるから西瓜はあっという間になくなる。
8分の1に切って売られている西瓜はなんとなく物足りないのだが、丸い西瓜をかうと冷蔵庫に何も入らなくなるのもわかっているから、やっぱり初めの頃は切ったものを買って来てしまう。
だから、西瓜好きとしては盛夏産直に並ぶ西瓜を心待ちにしている。
今日は最高気温が30度近くあった。
よく冷えた西瓜が美味しかった。
西瓜切る一家団欒遠のけり 向井芳子
d0337265_1815647.jpg

****************************************************************
ドイツの紅い薔薇 ラバ・グルート<Lava Grut >
d0337265_1825332.jpg


おべんとう
暑くなりそうだったので酢飯にして、鯖の缶詰を炒り煮したもの、いり卵、にんじんの千切りをのせ『ばら寿司風』にした。
 
d0337265_187268.jpg


※糠漬けに庭の山椒の実を入れた。
d0337265_1875354.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2018-06-26 19:28 | 美味しいもの | Comments(12)

浜昼顔

歩道の端にもこの花が咲き始めた。
海からどうやってここまでやってきたのか『浜昼顔』
d0337265_1553753.jpg

車などにくっついてきて種が運ばれたのだろうか。
道路沿いのコンクリートの隙間のわずかな土に生えて蔓を伸ばしていた。
花は白い筋が入ってとてもかわいい。
この花を見るとそろそろ朝顔の種まきをしなければと思う。

踏まれても踏まれても咲く浜昼顔 佐藤琴

d0337265_156638.jpg

*************************************************************
インスタントラーメン
 韓国ドラマを見ているとインスタントラーメンがよく出てくる。
 できあがると鍋の蓋にとって冷まして食べている。
 この前買い物に行った時、しばらく買ってなかった5食入りのラーメンを買った。
 醤油ラーメンが一番好きだが、夏はあっさりした塩味もいいと思ってそれにした。
 今日のお昼、レンジにかけたもやし、板きみ、ちくわをのせて食べた。
d0337265_1592698.jpg

 巨大なキャベツを買ったので、切ってレンジにかけ(半生)熱いうちにお醤油、中華だし、ツ
 加えて混ぜた和え物とトマトも一緒に食べた。
 ツナの油分が程よくキャベツに絡まって美味しくてたくさん食べられる。
d0337265_15122753.jpg

**************************************************************
今日は涼しい一日だった。
でも、まだ6月だというのに関東地方は35度を越えた所もあったらしい。
すでに夏バテの人も多いそうだ。
そうなると食事も大事、めったに食べない牛カルビをわさび醤油で食べた。
d0337265_1922376.jpg

私は好まないが夫は好物の『ほや』青紫蘇とレモンがよく合うとのこと。
d0337265_19242458.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2018-06-25 19:25 | 草花 | Comments(8)

ニュー ・ドーン - New Dawn

サハラがだいぶ咲ききった感じで、今度はやわらかいピンクのニュー ドーン がどんどん咲いてきた。
『新しい夜明け』という意味のこの薔薇は、花の色が少しシルバーがかったピンクのせいか、とても初々しい感じがする。(1930年作出の薔薇)
二日ほどで花びらがはらはらと散ってしまうのは惜しい気がするが、本当に薔薇らしい薔薇だ。
この世に誕生してから90年近く好まれる控えめで上品な色合いに私も年々魅せられている。
d0337265_1613045.jpg

甘い蜜のような香りがする。
ブログにも何度も書いたことだが、こどもの頃のデコレーションケーキに飾ってあるバタークリームの薔薇にそっくりで、見る度に懐かしい気持になる。

京都で求めた古い蛸唐草の一輪挿しに合わせたらどうだろうと思い、これから咲く蕾を生けた。
部屋の中は外よりもかなり暖かいのであっという間に開いた。
d0337265_1652845.jpg

そして気がついたのだが、この薔薇はとても美肌♪
あやかりたいほど花びらが美しい薔薇だ。
この上品な色合いは隣に取んな色の薔薇を植えてもよく合う。
****************************************************************
晩ご飯
 不本意ながら唐揚げした『コノシロ』
d0337265_2040412.jpg

本当は美味しく〆るつもりだったのに、車の中に置き忘れてしまい、唐揚げにした。
鮮度のいいコノシロはめったに手に入らない。
〆て食べたら美味しかっただろう。
でも唐揚げも美味しかった。鰊のような味だった。
コハダよりちょっと大きくなったのがコノシロ。
前に見た深夜食堂(韓国版)で秋夕(チュソク)の頃、あぶらののったコノシロを七輪で煙を出しながら塩焼しているシーンがあった。
美味しい魚だが、小骨が体全体にあって、はものように骨きりしてから唐揚げした。
[PR]
# by hanamomo08 | 2018-06-24 20:48 | 草花 | Comments(8)

お米のデザート

『あさづけ』は秋田の郷土料理の一つで、米粉で作る涼しげなデザートだ。
地域によって呼び名が違い、こざき練り(昔はこざき米で作っていたのでこのような名前)、米なますなどとも呼ばれている。
先日購読している新聞に入ってきた小冊子にこの『あさづけ』が紹介されていた。
母に見せると『懐かしいな~』と言うので作ってみた。
材料が米粉、さとう、酢、季節のくだもの・・・・・この材料だけでは味の想像が難しい。

たぶん昔の人は飯米には出来ない、二番米のようなこざき米を捨てずにこのようなデザートにして食べていたのだろう。
米どころ秋田の女性達の工夫を垣間見る思いがした。

母にとっても、母の祖母が作ってくれた思い出の夏のおやつだったようだ。
母の思い出の中のあさづけには定番の缶詰のみかんときゅうりの薄切りがのっていたそうだ。

小冊子には簡単に米粉で作る方法が載っていた。
私も米粉に砂糖と水を加え、粉っぽさがなくなるまで弱火でじっくりと練った。
とろりとしてきたら酢を加えるのだが、私はそれをレモン汁にした。
あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、くだものを盛った。
今の季節に作りたいと思ったのは今が旬のさくらんぼをのせたかったからだ。
この赤い一粒がのるととても豪華なあさづけに見える。
庭のミントも添えて、秋田の夏のデザートが出来上がった。
d0337265_21475165.jpg

あさづけという名前はどこから来たのかちょっと調べてみたら、秋田の五城目(ごじょうめ)の落合地区ではあさづけの上にかぶの漬物(浅漬け)をのせるということがわかった。
漬物の塩味があさづけの甘さを引き立てるのだそうだ。
かぶの浅漬けが『あさづけ』の語源かどうかはわからないが、米どころ秋田らしいデザートだと思うった。
ちなみにこのデザートは子どもたちには不人気で、我が家の子ども達も家庭科の郷土料理の授業で作って食べたらしいが、『美味しくない、きらい』という感想だった。
d0337265_21545272.jpg

******************************************************************
めかくし
 
キッチンの棚にはパン粉や小麦粉、片栗粉、胡麻・・・・・・そんなものを入れたワイヤーのかごを置いているが、とても雑然として見苦しいので、小さなカフェカーテンを吊るした。
このカーテン綿100%なので汚れたらすぐに洗える。
d0337265_21575716.jpg


晩ご飯
 活ほたてのお刺身
d0337265_21583285.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2018-06-23 21:58 | 美味しいもの | Comments(14)

夏至過ぎて・・・・・

昨日は一年で一番昼が長い『夏至』だった。
つまり言い換えれば今日からまた米粒ひとつずつ日が短くなるということ。
でもしばらくは日の長さを楽しもう。

昨日は夏至だとわかっていたが、疲れて早々と眠ってしまった。
そのせいか今朝は夜明けとともに目が覚めた。

近所に咲くホタルブクロ、いつかこの花に蛍を入れて光が透けるのを見てみたい。
d0337265_2214246.jpg


夏至の朝粗挽きブルーマウンテン  宮崎高根
夫の友人が退職の挨拶に手土産として持ってきてくれたコーヒーがあった。
粋な手土産だな~と思った。
封を切ったばかりのコーヒーの香りはいい。
ゆっくりとドリップで落とす間もいい香りが立ち込める。
梅雨の真っ只中だが、朝の空気はひんやりとして熱いコーヒーが美味しい。
d0337265_227551.jpg


晩御飯のあとゆったりとした時間を過ごすため、ともす灯り。
これもホタルブクロの花のようなデザインだ。
d0337265_2285751.jpg


忙しかった一週間が終わろうとしている。
d0337265_22101490.jpg


晩ご飯
 イカバーグ、春菊のごま油さっと炒め、ところてん
d0337265_2214168.jpg

おべんとう
 稲荷寿司、かぼちゃとキスの天ぷら、トマトとレタス
d0337265_22155513.jpg

[PR]
# by hanamomo08 | 2018-06-22 22:16 | Comments(8)


暮らしに花を


by hanamomo08

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
日々のこと
草花
美味しいもの

おでかけ
自然
料理
うつくしいもの
うれしいこと
手作り
思い出
季節の行事
つぶやき

未分類

最新の記事

すだれ吊る
at 2018-07-16 22:12
馥郁(ふくいく)
at 2018-07-15 21:44
合歓の花
at 2018-07-14 22:27
安眠
at 2018-07-13 21:38
梅雨寒
at 2018-07-12 16:27

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月

最新のコメント

> PochiPochi..
by hanamomo08 at 11:23
>passさん こんに..
by hanamomo08 at 11:18
>mosakuさん こ..
by hanamomo08 at 11:14
>PochiPochiさ..
by hanamomo08 at 11:08
>unburroさん ..
by hanamomo08 at 11:02
おはようございます。 ..
by pass8515 at 07:19
青目 PCの不具合で、..
by aomeumi at 15:54
こちらにもフクイくらいが..
by saheizi-inokori at 14:59
ご自宅の庭に百合が自生、..
by sidediscussion at 11:29
合歓の花、今こちらでも咲..
by nana at 08:23

ブログパーツ

フォロー中のブログ

APPLEPIE QUI...
夢見 油彦 の「ニッキは...
arinco's kit...
気まぐれフォト日記
ぽー&きぃ
まさかり半島日記
TERVE !!
アナログの家が好き!高座...
えいじのフォト徒然日記
人生万事塞翁が馬
湘南発☆韓わん生活(ハウ...
梟通信~ホンの戯言
VANILLAな哲ちゃん...
毎日手紙を描こう★貰うと...
八十代万歳!  (旧 七...
ライフノート
草のいろ
更紗の国から
流木民
春のよき日に
おうち*
暮らしのエッセンス   ...
維摩と語る
ハイチュウ Hai Trieu
お気楽散歩道 ...
押し花おばさんの気まぐれブログ
楽・遊・学・ビバ人生!!
旅空日記(写真家・三井昌...
明日晴れるかな
夢見る頃を過ぎても
一茎草花
ポルトガル便り~ヨーロッ...
●おのひきだし
やっぱり旅が好き♪
私がローマで独りで始めたわけ 
田園LIFE
四季日和
オランダおいしいくらし
北鎌倉のお庭の台所・藤田...
思いのままに
とーちゃんの写真日記・・
光と影をおいかけて
オイシイって楽しい!
出来るかな日記6
てぶくろ
模索中
山歩路通信―さんぽみちつ...
絵日記日和
風と花を紡いで
気がつけば50代
あれこれ逍遥日記 Vol.2
そらいろのパレット
春のよき日に vol.2
AKITTY's Room
驢馬の耳
夕暮れしっぽ
野ウサギの足跡
ばぶなばぶ
Boke帽子Ⅱ
風のとおる家から
てくてく散歩 Ⅱ
花図鑑
桜さくさくほろ酔い日記
京都岡崎の雑貨屋 器と暮...
rin時日報3

外部リンク

検索